伊達稙宗単語

ダテタネムネ

伊達稙宗(だて たねむ1488年~1565年)とは伊達盛の祖であり、戦国のチンギスハンであり、州のお父さんである。伊達第14代当。当初は次郎高宗を名乗る。

槍働きで奥羽を取る

1488年出生。伊達尚宗は越後守護上杉氏の・積院。

1509年頃に督継承があったと見られ、将軍足利義稙が一時的に京都を奪還すると太刀1振、銭20貫を献じて祝賀し、返礼にの三幅一対絵を贈られている。

1514年最上義定長谷にて破る。
を義定の室として送り込み、傀儡化に成功。羽州探題・最上氏を実質支配下におく。
同年の死去にともない正式に第14代当となる。

1517年将軍足利義稙が再びに戻ったことを知ると、将軍太刀1振と30両を、細川高国太刀1振と20両を献じて偏諱を許され、名を稙宗にめるとともに左京大夫の叙任を受けた。
京大夫とは州探題の大崎氏が代々任官されてきた官位であり、それが伊達に取って代わられたことはすなわち州を手中に収める名分を得たことに等しいのである。

伊達は代々中央との外交を巧みに格上昇へと利用し、州での地位を堅持してきた。
それらが実を結んでついに羽の上位へ推され、飛躍の時を迎えることとなる。

 しかし、稙宗が稙宗たる所以はここからの「もうひとつの働き」によって決定付けられていく。

洞(うつろ)の形成

洞とは…
東北及び関東地方戦国大名に当時よく見られた、自らの血縁臣や大小の領結婚または養子入りさせることで一門に置き、自らの導的地位を確保する統治システム

だが戦国のチンギスハンはそれまでとは規模が違った。

身も蓋もい言い方をすれば
をたくさん娶って子をぽんぽこ産ませ、敵から臣までのべつまくなしに押し付けてみんな親戚にしてしまう」
というをやってのけたのだ。それなんてエロゲ?

生涯かけて正室の台心院と5人の側室をとっかえひっかえした結果、作りも作ったりなんと14男7女!(現時点で判明している人数)の子宝に恵まれたのである。
を繰り出す様、種馬が如くである。よくひからびなかったな…。

これにより
名、相馬大崎、中条、下館、二階堂田村、懸田、中館、梁理、桑折、葛西村田(敵味方の区別しに列挙)
が縁者となった他、寺の坊主握し、最大勢を築きあげることに成功している。

しかしながらこれは単なる色ボケではない。どこかの 放蕩坊主もびっくりであるが、この間も支配圏の拡充をして精的に活動している。

1520年童氏一族の上山義房が最上支配に反発し起、山形人衆も同調する。これを排して義房を討ち、最上氏を全統制下に置く。
同年相馬顕胤が戦勝を祝して助を使者に送る。

葛西氏岩城氏などと戦い縁組を和条件にした上で1522年には陸奥守護に任命。探題職しか存在しなかった羽において、その頂点に肩する格を確立する。

1532年本拠を梁から西山へ移す大事業を行う。
の地は伊達300年の本拠であったといわれ、梁八幡宮や伊達五山(臨済宗の五寺)を基に政治経済信仰の要として発展してきた。本拠移転後も伊達政宗初陣愛姫輿入れなどでたびたび歴史に名を残している。

1533年「蔵方之掟」を制定。「棟役日記」を作成。
蔵方之掟は質入に関する法度。利息の計算や贋物、盗品の扱いに関する罰則など。
棟役日記屋にかかる税の規定。棟役(むねやく)とは元来朝廷や幕府が儀を賄う為の臨時税であったが、時代とともに領経営の為の課税に変化している。

1536年戦国最大の171条に及ぶ分法「集」作成。
の名の如く詳細を極め、学に疎い者でも読みやすいようにかなを交えた文体が特徴。また、濁点が三点符である。
神社閣、盗賊、殺傷沙汰、土地売買、婚姻、損賠償など刑事ら民事に至るまで細かい規定が定められている。

  • 一部紹介
    祭礼…豊作でも手にせず、不作でも省略することなく、慣習通り励むこと。
    拾得物…西山のたもとに高札を掲げ、偽りなく申し出た者に返すこと。お礼は一割。横領は処罰する。
    百姓地頭…年貢を納めず他領へ逃げた場合、一族郎党を処罰する。
    軍法…合戦で味方に討たれた場合、通常の討ち死にとして扱う。
    …飼いを見つけたら持ちに返すこと。返さなければ盗人として処罰する。
    離婚…男が離縁した女の新しい夫に未練がましく言いがかりをつけるのは罪。女が男をとっかえひっかえするのも罪。
    殺人に酔って人を殺した場合、酔っていたと申し開きをしようとも通常の殺人と同罪である。
    器物損壊…他人のの塀を壊して松明にしてはならない、神社閣のお堂はなおのことである。
    姦通…死罪。仲立ちをした者も死罪。密会の間男を誅殺する時、夫は女房だけを助けてはならない。婚約した女を奪うことも密会と同罪あれれー?

残念ながらこの法が稙宗治世において実際に施行されることはなかった。→天文の乱

同年大崎氏の内乱へ南州の諸侯を従えて出動、当大崎義直へ次男(大崎義宣)を入嗣させることにより鎮定。州・羽州の両探題職を統制下に置くことに成功。

1538年「御段銭帳」を作成。
田畑に関する税を制定。段銭も元は儀の為の臨時税だったが、幕府の凋落とともに領の私税となっている。

などなど、文字通り精根尽きるまで定にひた走っている。雷神様もおもわず落涙。
何もかも順満帆に見えた稙宗だったが転機は実子によってもたらされることとなる。その人こそ伊達第15代当伊達晴宗である。

天文の乱

1539~1540年にかけて、越後守護・上杉定実(方の伯父、一説によると祖)へ三男・実元を入嗣させる話が立ち上がっては消えてを繰り返していた。
越後内ではその賛否をめぐって内部抗争が起き、これを好機と見た稙宗は小競り合いに軍勢を介入させるなどして縁組を推し進めようと画策。さらに入嗣条件優遇のため精鋭騎を御供に付ける約定をするなど、謀略を重ねた。
また稙宗の拡充政策に特に協的であった相馬顕胤婿)へ伊達領の一部を分与しようとしたが、嫡男・宗が猛反発し頓挫した(この領土分与については政宗の時代までの禍根となる)

このようなことを繰り返していてはの低下を招き、攻め取る領地もなくなっていく(辺り一面みんな親戚)
やがては自らの身代を危うくするだけだと判断した宗がついに強攻策に出た。狩りの帰途にあったを襲撃し、そのまま西山に押し込めたのである。
監禁は年をまたいで二度に渡り、稙宗は最終的に重臣・小梁川宗朝によって救出された。
これをきっかけにして前述の税制や法度による統治権の侵を恐れた配下が宗を旗頭に糾合した為、羽全土が二つに割れ、大乱へと突入した。

はじめは稙宗方優勢であったが、戦線を追われて相馬顕胤小高に匿われたり、蘆名盛氏が離反して大勢が決するなど長年に渡る領土定政策が全て泡に帰す結果となってしまった。

この戦いは1542年~1548年の間続き、羽の諸将はあまねく疲弊し、将軍の調停によってようやく終結に至った。
稙宗は和条件に従って督を宗に譲り、丸へ隠居。

晩年は相馬顕胤した長女・屋形御前の世話を受けて過ごした。
1565年(永8年6月19日)、丸にて死去。享年78。同日小梁川宗朝が殉死している。

名:智殿直山円入大居士

  • その功罪
    功は言うまでも広大な支配圏を築いたことである。縁組に伴うあらゆる紛争も、法整備と軍事行動両面で抜かりなく治め、稀代の君であることは間違いない。
    罪と言えるものがあるならばそれは洞のシステムそのものであろう。前述の通り隣みな親戚ではいずれ攻め取る領地が尽きてしまう。また、身内に紛争あらば当然介入して裁定しなければ導者の立場たりえず、かといって底的に鎮圧しようにも血を分けた者が相手では思い切った軍事行動を取りきれない。

この問題は洞を壊そうとして親と戦った宗にも襲い掛かり、政策の方向転換を余儀なくされている。
結局州では「遅れて生まれてきた暴れん坊」が好き勝手暴れてすべてをぶち壊すまで、生木を火にくべるような憤懣渦巻く戦を続けていくことになるのである。

現代で一番分かりやすい実例を挙げると
信長の野望」を伊達で始めたら周りが同盟・婚姻ばっかで攻めていけない、内政ばっかやってたら軍が手の付けられない事態にorz ←それ、全部稙宗のせいだから。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける伊達稙宗の力一覧。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 75 戦闘 59 智謀 67 政治 78 野望 79
天翔記 戦才 118(B) 智才 136(B) 政才 156(A) 79 野望 86
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 73 戦闘 34 智謀 74 政治 79
世記 采配 61 智謀 91 政治 94 野望 96
蒼天 統率 41 知略 80 政治 82
下創世 統率 41 知略 80 政治 82 教養 63
革新 統率 46 武勇 42 知略 89 政治 92
統率 46 武勇 42 知略 89 政治 92

性欲とかあったら120ぶっちぎりだろうな。きっと。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%8A%E9%81%94%E7%A8%99%E5%AE%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊達稙宗

9 削除しました
削除しました ID: f5YVUWx+CL
削除しました
10 ななしのよっしん
2014/04/14(月) 05:57:07 ID: UX1KqGsh+P
戦国大戦過去編でついに登場
息子ともども強かった
11 ななしのよっしん
2014/04/14(月) 16:52:12 ID: NFiZ1DoHtO
実元を使ったのは越後乗っ取って伊達本家を支えさせる為だし、
相馬顕胤を厚遇したのだって協的かつ合戦の強い婿だからだし、
稙宗は別に失策なんかしてなくね?

嫡男宗が勝手に嫉妬して疑心暗鬼になってパパの構想ぶち壊しちゃったとしか
12 ななしのよっしん
2014/05/24(土) 22:11:27 ID: kAfuX/wRgF
遅れてきた暴れん坊よりも稙宗時代で長尾まで支配下に収めたifのほうが興味深い
13 ななしのよっしん
2014/09/12(金) 06:52:33 ID: Kmih7k7jq6
稙宗・ちょっとした東北幕府みたいにして伊達の支配を確立したかった
宗・あくまで伊達そのものを強くしたかった

の違いか?
14 ななしのよっしん
2015/07/16(木) 21:42:34 ID: pbt+IsWp03
養子に出すにしても当時は臣も一緒に出すことになるから
宗からすりゃ有能な人材が外へ出て行きすぎるのも危惧したのだろう。
15 ななしのよっしん
2015/08/01(土) 03:34:33 ID: ZFXCFDgCBx
格の高い、相対優位にあるなら、縁戚関係をり巡らせ、諸を身動きできなくさせ
均衡状態を作り、以って自の優位を保つのは、とても有効な戦略と思う。
ただ、その範囲が東北周辺にとどまり、その間、外部たる他地方は苛な闘争を繰り返し、
勝ち組は君と領土をどんどん強大化していく。

時代が下るにつれ、苛な他地方戦国の習いが東北にも訪れ、れ合いでやってきた諸は慌てふためくことになる。その体現者が自分の曾孫なのは皮だけど、これ江戸幕府の鎖国政策の是非とも通じる気がする。
体制内だけ見ると、関係によく配慮された、共存共栄の静的均衡体制だけど、進歩は停滞する。
その間、外部では動的、苛な競争が勝ち組の肥大化と技術革新をもたらし、
やがては強い外圧となって襲い掛かってくる。どう対処するか。
現代のTPPも同じ構図だと思う
16 ななしのよっしん
2017/03/07(火) 19:37:25 ID: BrAjiFnYN0
相馬に対するような論功行賞が上手くいってれば、
源頼朝のようにすごい大きい勢圏を手にすることもできたかもしれないね。
でも稙宗の話を大まかにだが聞く限りでは、
とてもそこまで上手くいく前提が用意されていたとは思えないし、稙宗が用意できたとも思えない。
上のコメ宗が伊達だけ大きくしたかった的なこと書かれてるけど、たぶん実際は逆なんじゃないかなあ。
稙宗のお父さんも含め、庭を作っちゃったイメージがあるよ、稙宗。
色んな意味ですごい人だとは思うけど。
でも天文の乱は、理由もたくさんあるみたいだし、いずれ起こったことなんじゃないかなあ。
天文の乱は、伊達に痛みを与えただろうけど、庭をぶち壊すには必要な気がする。
17 ななしのよっしん
2017/12/10(日) 18:41:01 ID: inwczGSM/w
大志で固有志「洞の」持ち。
旧作カスタマイズ特選「寿三昧」みたいなのがあればっ先に選ばれる大名なんだろうなぁw

>>16
最後の一文に同意。

仮に天文の乱が起こらず稙宗が没するケースを考えた場合、残された洞の導権を巡る争いはやっぱり避けられないだろうし、
下手すれば、管領や関東管領の跡争いみたいな泥沼化も大いに考えられる。

・種宗→宗の権継承が短期間で了し、伊達嫡流による集権化が進んだ。
相馬との関係が特に悪化したが、その分、伊達軍事政策がより明確になった。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
18 ななしのよっしん
2019/02/04(月) 13:46:15 ID: vfvCD/cZRV
天文の乱失敗した事ばっか話題になるけどこの人は最強武士やで

政宗ですら出来なかった羽州山形童を切り従えてるし、伊達最大版図を築いて歴史上はじめて陸奥守護(そもそもこれは稙宗のためだけに新設された)になったんだから
ここまでデカい事をした州人は歴史的にいない

婚姻政策自体も、別に静的均衡だけを的にしたわけじゃない
その拠に羽を支配したら次は越後に影を行使してるし、以後の拡大を見据えてる
宗がもう少し従順で平和的相続ができたなら、州から覇を唱える事も可だったはず。少なくても時代遅れの信長ごっこしたひ孫よりは望みがあった