十〜忍法魔界転生〜単語

ジュウニンポウマカイテンショウ
十~忍法魔界転生~
ジャンル 時代劇、伝奇
漫画

原作

作画

山田風太郎

せがわまさき

出版社  講談社
連載誌  ヤングマガジン
連載期間 2012年8月号-

十〜忍法魔界転生〜」とは、山田風太郎原作せがわまさき作画による漫画作品である。ヤングマガジンに連載。

原作小説については→魔界転生

ストーリー

寛永十五年(1638年)、原。民部之介正剣豪宮本武蔵原の乱に軍監(戦の付役)として参戦していると聞きつけ、にかかりたいと言い原に出向く。しかし宮本武蔵は石のように座っているばかりで小笠原の兵にも「伊豆守信綱の方がよほど兵法に長けている」などと較され揶揄されていた。

惚けの拠に武蔵は皆殺しにしたはずの天草四郎時貞の一味、キリシタン大名小西行長の遺臣の「宗意軒(もり そういけん)を見た」という。

だが武蔵の言葉は真実であった。宗意軒は何故か生きていて女をで両断すると、中から脱皮するかのごとく死んだはずの天草四郎時貞が現れた。宗意軒の紐付きクナイによって小笠原の兵は殺されるが、由意はかねてより宗意軒のにかかりたいということであったと何事かを宗意軒に告げるが、武蔵はこのの出来事を黙してることはなかった。

七年後、正保十二年(1645年)三月名古屋城下広井郷、尾兵法師範、柳生下屋敷前、今にも倒れそうな美男が「間に合った…」とやってきた。この男の的とは…?

登場人物

柳生十兵衛三厳

主人公。『Y十M 〜柳生忍法帖〜』に引き続いての登場。今作の彼は、前作から1年ほど時が経っているが、飄々としていてつかみどころがいものの、優しく器の大きい人物、という造形は前作同様。 
他の剣豪べ、木刀を用いた技べではそれほど優れているわけではないが、真剣を用いた殺人においては類の強さを誇ると言われ、「ぜひとも転生衆に加えたい。十兵衛のためなら他の転生衆が二、三人死んでもかまわない」と、宗意軒から熱い視線を受けている。 

転生衆

宗意軒が、日本古来の術と、切支丹の資料から見つけた転生の術を組み合わせて生んだ法「魔界転生」によって生まれ変わりを遂げた武人達。
この法を使うには、自らの生涯に後悔を抱え、「同じ己でありながら別の己として生まれ変わり、今一度別の人生を歩みたい」という願いを持つ男である必要がある。
彼らがそれぞれもっとも魅を感じる女を用意し、その胎内に宗意軒のを切り取って1本入れておく。そして、男の死に際に、彼と性交する。男は死ぬが、女は生まれ変わった男を身ごもり、一トの後に転生が了する。

田宮坊太郎

術の開祖・田宮の一族の士。鍛錬の末に、謀殺されたの敵を見事に討ち果たした。
斎をもって「の化身」と言わしめるほどの優れた実を持っていたが、労咳に体を蝕まれ、復讐に全てをげた自らの人生を後悔し、かつての人・お類の体を通して転生する。 

宝蔵院胤舜

宝蔵院二代。「その法、に入る」と謳われた槍術の名手で、院を退いた今もその槍術は宝蔵院最強
技術と鍛錬もさることながら、五十六年に渡り童貞を守り通すことによっての腕を研ぎ澄ますという秘術を編み出したオナ禁マスター。もっとも官を揺さぶられるタチの女性佐奈を常に同伴させながら、絶対に手を出さず、恐らくは自慰もしないでいる。そうやって貯めた精によって、彼の無双のキレを帯びる。 
壮絶な決意でもって転生に挑んだ宗矩を見て、自らも転生を決意し、五十六年守り通した童貞を捨てて佐奈を通し転生した。 

柳生斎/柳生兵庫助利厳

柳生の初代。柳生宗矩柳生厳勝の息子
「尾の入」の異名の通り、麻呂を思わせる妙なホクロ(あるいは)と禿頭の持ちであるが、逞しい威を持つ。
こそが新陰流の本流であるという強い自負を持っており、宗矩をはじめとする江戸柳生に強い敵対心を持つ。その実は高く、若い頃には宮本武蔵に「久しぶりに生きた武人に会った」と言わしめた。
魔界転生には忌避的であったが、転生した宗矩に打ち据えられた屈辱から、自らも転生を決意する。よりにもよって息子であるに好意を抱いており、彼女が転生の寄り代にされると思われる。 

天草四郎時貞

原の乱の首領。寛永十五年に転生。転生衆の中で最初に転生した。
女性と見まごうばかりの美青年エルフ耳
戦闘狂士が多くを占める転生衆の中にあっては異質な存在であり、姦で胤をからかったり、兵衛の屋敷に押し寄せんとする他の転生衆を必死に押しとどめたりと、トリックスター的な活動がど。
女のを寄り合わせた糸でもってを裁断するなど、どこかで見たような法を用いる。 

柳生宗矩

将軍剣術南役。士としては異例の一万石という石高を持って召抱えられた江戸柳生長。
同様、由井正達の怪しい活動をいぶかしんでいたが、跡継ぎたる次男・が如斎に敗北し、並々ならぬ屈辱を受けてしまったことから、如斎への復讐のために、そして、高い地位と石高をめた自らの人生士として本懐であったかという積年の葛から、自らも転生を決意する。
長男・三厳のを「殺人」として忌避しているが、同時にその実を高く評価してもいる。
バジリスク~甲賀忍法帖~』冒頭をはじめとして、過去作にも登場している。

荒木又右衛門

柳生流の士で、“鍵屋討ち”で名を世にかせた。
この討ちは、外様大名と徳直参の複雑な因縁の中で生まれたものであり、見事討ちを果たした又右衛門はしかし、その名や注から、さらなる余計な争いを生みかねない危険人物になってしまった。結果彼は閉に近い扱いを受けてしまい、後悔の中、妻に二つの女を通して転生した。 

新免武蔵

言わずと知れた、播州宮本村の大剣二刀流の使い手。
のみを志して、六十二年に渡り女も知らず贅沢もせず、しまいには兵法を志してさえも捨てた“哲人”であっり、の大先輩ともいえる。しかし自身はその人生を悔やんでもいた。
天草四郎の転生の場面や、斎の回想など、いたるところに登場しているが、ど言葉を発しておらず、何を考えているのかいまひとつわかりづらい。

関連リンク

月刊ヤングマガジン | 十~忍法魔界転生~ | 作品紹介 | 講談社コミックプラスexit(第一話試し読み)

関連商品

関連項目

(いずれもせがわまさきによる山田風太郎作品の漫画化)

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8D%81%E3%80%9C%E5%BF%8D%E6%B3%95%E9%AD%94%E7%95%8C%E8%BB%A2%E7%94%9F%E3%80%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

十〜忍法魔界転生〜

14 ななしのよっしん
2015/11/03(火) 04:30:37 ID: KiRlm9BY+B
お品さんエロスギィ!
でもたまに素に戻るところがなんともw
15 ななしのよっしん
2017/03/28(火) 00:02:46 ID: oRye2KLZ3V
衛府の七忍だけじゃなく、こっちのタイトルニコ百あるのか。
作成者同じ人かね
16 ななしのよっしん
2017/05/14(日) 18:05:02 ID: AhDl6tCOjn
せがわまさきの描き方が良い
17 ななしのよっしん
2017/07/26(水) 04:36:52 ID: GaelGifSGn
転生衆はなんで地下で女殺して喰ってだんだろう?
18 ななしのよっしん
2017/08/12(土) 08:38:40 ID: llNGivf8u8
作中で関口弥太郎が出会った老人がなんか長岡五郎っぽかったけど、もし与五郎が今の武蔵の姿を見たらどう思うのだろうな?
昔:そのなりを理由に手合せを断られる
今:(武蔵が)御覧のあり様だよっ
正直、皮の一つや二つ言っても許されると思うよ。うん
19 ななしのよっしん
2017/08/20(日) 08:23:27 ID: itf0KoUe5h
老与五郎の登場にはビックリしたけど、ラマの時より良い顔をしてたな。
この人が武蔵打倒のヒントを与えるって展開になるのかな。
20 ななしのよっしん
2017/10/08(日) 16:39:08 ID: 7AhRRFQbWf
喇嘛を読んだばかりなので、いっときのゲスト出演だとしても与五郎のその後が描かれたのは嬉しかったな
ある落ち着いた孫想いのじいさんになっていたし、登世は姿こそ出なかったけど共に年を重ねられているというのが感慨深い
21 ななしのよっしん
2018/03/27(火) 18:33:18 ID: QzOI7oMzTI
大納言様は死なずに済んで良かったな・・・。
22 ななしのよっしん
2018/06/29(金) 21:57:51 ID: 2tB8j2qHRq
号で最終回でした
あんな渋い終わりかたなんだな(原作未読)
23 ななしのよっしん
2019/03/22(金) 09:40:21 ID: ZcWhIR+ziT
まったく訳のわからない打ち切りエンドだった

最後の最後で意気揚々と駄口を叩きまくった挙げ句に一振りで決着

若い頃から戦いが好きで色んなやつと戦ってきたけど負けたことなかったわー
いやほんと色んなやつと六十回くらい戦ってきたけど余裕だったわ」
みたいな事をいちいち小難しく言い放ったのちにおさらば

一体なんだったんだ...?