転生炎獣単語

サラマングレイト
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

転生炎獣とは、遊戯王OCGに登場するカード群であり、アニメ遊☆戯☆王VRAINS」では穂村尊Soulburner)が使用している。

概要

2018年7月14日の「SOUL FUSION」にて、属するカードが初登場した、炎属性サイバース族で構成されたアニメテーマ

間的なパワーメタカードに対しての耐性が高い方向性ではなく、「高い安定性を持つテーマ」として、2018年12月8日に発売の「ストラクチャデッキソウルバーナー-」にてその完成を見せた。その結果大会でも活躍し、後に海外で登場した際にもトップクラスパワーを発揮した。

また、《転生炎獣ベイルリンクス》により、このカード群に属していないサイバース族も採用圏内に入り、相性の良いモンスターとして《レディ・デバッガー》、《フレイムバッファロー》、《バックアップ・セクレタリー》等が挙げられ、英語圏の遊戯王TCGでは2019年4月末の制限改訂により《レディ・デバッガー》がいちく制限カード定されている。その直後、《フレイムバッファロー》の採用が増加した。

《転生炎獣サンライトウルフ》によるサルベージや妨出来るカードと組み合わせることで、継続的に妨し続けることで高い防御性を発揮するため、高い安定性を持つが故に持久が非常に高いのが特徴。

オブファイア」とついたカード群がアニメで登場していたが、OCG化される際にはルール効果で「サラマングレイト」カードとして扱うように変更されている。

転生リンク召喚

「転生リンク召喚」とは「特定リンクモンスター素材としてそれと同じリンクモンスターリンク召喚をする」ことであり、OCG化の際には「転生リンク召喚」とは記述せず、カード名や同名のリンクモンスターなどを書き記すことで再現されている。アニメでも後にこの変更に合わせられている。

この記事では「同名のモンスター素材としたリンク召喚」を《転生炎獣の聖域》の効果で1体のみにした場合でも、それ以外の方法で2体以上の素材の中に含んだ場合でも「転生リンク召喚」として扱う。
その他にも再度融合召喚したり、再度儀式召喚するものもあるため、それぞれ「転生融合」、「転生儀式」として扱う。

また、これらの転生召喚自体は元々のカード名が同じである必要はなく、《フォーマッド・スキッパー》等を用いてカード名を変え、それを素材とした場合でも成立する。

カード紹介

以下、遊戯王カードwikiから引用

メインデッキの効果モンスター

2018年7月14日発売”SOUL FUSION”

転生炎獣ミーア/Salamangreat Meer
効果モンスター
2/炎属性/サイバース族/攻 800/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが通常のドロー以外の方法で手札に加わった場合、
このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札からこのカード以外の「サラマングレイト」カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

ドロー以外の効果で手札に加わると自身を特殊召喚する効果を持ち、仮に素引きしていても手札のカテゴリカードを捨てることで自身を特殊召喚出来る。

転生炎獣フォクシー/Salamangreat Foxy
効果モンスター
3/炎属性/サイバース族/攻1000/守1200
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
その中から「サラマングレイト」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードデッキに戻す。
(2):このカード墓地に存在し、フィールドに表側表示の魔法カードが存在する場合、
手札から「サラマングレイト」カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、フィールドの表側表示の魔法カード1枚を選んで破壊できる。

召喚した時にデッキトップから3枚から「サラマングレイト」を手札に加える。成功するとは限らないが手札確保も狙える。(2)の自己再生には表側の魔法がなければいけないが、相手側になくても《転生炎獣の聖域》を発動しておくことで条件を容易に満たせる。

転生炎獣ファルコ/Salamangreat Falco
効果モンスター
4/炎属性/サイバース族/攻1200/守1600
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカード墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サラマングレイト」魔法カード1枚を対として発動できる。
そのカードを自分フィールドセットする。
(2):このカード墓地に存在する場合、
「転生炎獣ファルコ」以外の自分フィールド
「サラマングレイト」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを持ちの手札に戻し、このカード墓地から特殊召喚する。

墓地に送られた場合に、墓地魔法を設置する効果と「サラマングレイト」モンスターを手札に戻すことで自己再生する。戻す「サラマングレイト」は《転生炎獣ガゼル》を筆頭に手札から展開するものが良いだろう。

転生炎獣Jジャガー/Salamangreat Jack Jaguar
効果モンスター
4/炎属性/サイバース族/攻1800/守1200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備を攻撃えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(2):このカード墓地に存在し、
自分フィールドに「サラマングレイト」リンクモンスターが存在する場合、
「転生炎獣Jジャガー」以外の自分の墓地の「サラマングレイト」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターデッキに戻し、墓地のこのカード
自分の「サラマングレイト」リンクモンスターリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

守備貫通効果と墓地の「サラマングレイト」モンスターデッキに戻して自己再生を行う効果を持つ。《転生炎獣サンライトウルフ》の効果発動のトリガーになりやすいモンスターだが、墓地ソースを減らしてしまう点に注意。

2018年10月13日発売"SAVAGE STRIKE"

転生炎獣ウルヴィー/Salamangreat Wolvie
効果モンスター
4/炎属性/サイバース族/攻1700/守1000
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカード素材としてリンク召喚に成功したモンスターは、
そのターン戦闘・効果では破壊されない。
(2):このカード墓地からの特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の炎属性モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(3):このカードが効果で自分の墓地から手札に加わった場合、
このカードを相手に見せ、自分の墓地の炎属性モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

リンク素材にすると破壊耐性付与、墓地から特殊召喚するとサルベージ、手札に加わった時にサルベージ。《転生炎獣サンライトウルフ》との噛み合い自体は良いのだが効果自体が他に役割を取られやすい。どの効果も「サラマングレイト」を必要としないため【サラマングレイト】でなくても採用を検討出来る。

転生炎獣パロー/Salamangreat Parro
効果モンスター
5/炎属性/サイバース族/攻2000/守1000
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から攻撃表示で特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「サラマングレイト」モンスター1体を対として発動できる。
このカードの攻撃はそのモンスターの攻撃と同じになる。
(3):このカードリリースして発動できる。
自分は2000LP回復する。

相手の攻撃宣言時に自身を展開し、特殊召喚することで墓地の「サラマングレイト」の攻撃コピーする効果を持つ。(3)効果でリリースすることでライフを回復できるが、どちらかと言うと返しのアタッカーに向いているカードのため、基本的には使わないが回復量も大きい。

転生炎獣フォクサー/Salamangreat Foxer
効果モンスター
3/炎属性/サイバース族/攻1200/守1000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地の「サラマングレイト」モンスターが3体以上の場合、
このカードを手札から墓地へ送り、自分の墓地の「サラマングレイト」リンクモンスター1体と
相手の魔法ゾーンカード1枚を対として発動できる。
墓地モンスターEXデッキに戻し、対フィールドカードを破壊する。
(2):このカード墓地に存在し、相手の魔法ゾーンカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。

墓地の「サラマングレイト」リンクモンスターサルベージと相手の魔法の破壊を同時に行うカード。そのため両方に対がいなければ効果を発動出来ない。墓地にいる場合に相手の魔法が破壊されたら自己再生できるが、いずれかの制限がついているためこのカード単体で完結出来ない。発動トリガーは《転生炎獣フォクシー》を使うのが良いか。

2018年12月8日発売"ストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-”

転生炎獣ラクーン/Salamangreat Racoon
効果モンスター
1/炎属性/サイバース族/攻 400/守 800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「サラマングレイト」モンスターが相手モンスターの攻撃対に選択された時、
このカードを手札から墓地へ送り、その戦闘を行うモンスター2体を対として発動できる。
の相手モンスターの攻撃分だけ自分のLPを回復する。
このターン、対の自分のモンスター戦闘では破壊されない。
(2):このカード墓地に存在し、自分の「サラマングレイト」モンスター
戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
このカードを手札に加える。

手札から効果を発動してライフ回復と戦闘態勢付与を同時に行い、墓地サルベージ効果も発動条件が緩いため再利用もしやすい。

転生炎獣モル/Salamangreat Mole
効果モンスター
1/炎属性/サイバース族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分がリンクモンスターリンク召喚に成功したターンの自分メインフェイズに発動できる。
手札のこのカードリンクモンスターリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):自分フィールドモンスターが存在しない場合、
墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「サラマングレイト」カード5枚を対として発動できる。
そのカードデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

手札からリンク先に特殊召喚出来、条件も緩いため《転生炎獣サンライトウルフ》との噛み合いが良い。また、墓地にいる時にカテゴリ限定の《貪欲な壺》のような効果も持っている。

転生炎獣ガゼル/Salamangreat Gazelle(制限カード
効果モンスター
3/炎属性/サイバース族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送る。

(1)効果は他の「サラマングレイト」をリンク素材とすることでも自身を特殊召喚出来、墓地送り効果も召喚・特殊召喚両方に対応していて非常に扱いやすく、《転生炎獣サンライトウルフ》の(2)効果を使うためのサポートカード群や自己再生をする「サラマングレイト」などを手墓地に送れる中核の一つとなるモンスター

転生炎獣スピニー/Salamangreat Spinny
効果モンスター
3/炎属性/サイバース族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「サラマングレイト」カードが存在する場合、
このカードを手札から捨て、
フィールドの表側表示モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃ターン終了時まで500アップする。
(2):自分フィールドに「転生炎獣スピニー」以外の「サラマングレイト」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカード墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

自分自身を墓地に捨てて、更に自己再生するという流れをフィールド上に「サラマングレイト」があればこのカード1枚で完結出来、非常に扱いやすい。自己再生した際に除外デメリットがついているが枚数採用するかエクシーズ素材に利用することで回避が出来る。特性上、《転生炎獣サンライトウルフ》や《転生炎獣ミラージュスタリオ》と共になるエクシーズ素材として《転生炎獣ガゼル》との相性が非常に良い。

転生炎獣フォウル/Salamangreat Fowl
効果モンスター
4/炎属性/サイバース族/攻1800/守 200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「転生炎獣フォウル」以外の
「サラマングレイト」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送り、
相手フィールドセットされた魔法カード1枚を対として発動できる。
このターン、そのセットされた魔法カードは発動できない。

特殊召喚条件も非常に緩く、こちらの効果をメインに扱って展開していくのが一番利用価値が高い使い方。打点も高いためアタッカーとしての利用も十分。(2)効果は普通に使用するとディスアドバンテージになりがちなため、墓地に送る手段として利用するか場合によっての選択肢の一つと考えておくのが良いだろう。

転生炎獣Bバイソン/Salamangreat Beat Bison
効果モンスター
8/炎属性/サイバース族/攻2800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地に「サラマングレイト」モンスターが3体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):相手フィールドの表側表示のカードの数まで、
自分の墓地の炎属性リンクモンスターを対として発動できる。
そのモンスターEXデッキに戻す。
その後、戻したカードの数まで相手フィールドの表側表示のカードを選んで、
ターン終了時までその効果を効にできる。

特殊召喚条件は「サラマングレイト」の特性上難しくはなく、リンクモンスターの回収も行える。数までなので必要最小限の回収を行うのも良い。

その他

転生炎獣フェネック/Salamangreat Fennec
効果モンスター
3/炎属性/サイバース族/攻1600/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
EXデッキから特殊召喚された自分フィールドサイバース族モンスター
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードリンク2以上のサイバース族リンクモンスター
リンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「サラマングレイト」通常魔法カード1枚を手札に加える。

2019年1月12日発売の「DARK NEOSTORM」に登場したモンスター

効果は受動的だが、【サラマングレイト】や【サイバース族】であれば発動機会は訪れやすいだろう。「サラマングレイト」通常魔法という範囲が少しネック

転生炎獣コヨーテ
効果モンスター
3/炎属性/サイバース族/攻1000/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードリンク素材として墓地へ送られたターンエンドフェイズに以下の効果から1つを選択して発動できる。
「転生炎獣コヨーテ」以外の自分の墓地の「サラマングレイト」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
「転生炎獣コヨーテ」以外の自分の墓地の「サラマングレイト」カード1枚を対として発動できる。
そのカードを手札に加える。

2019年3月20日発売の「ザ・ヴァリュアブル・ブック21」の付録として登場したモンスター

発動タイミングエンドフェイズと遅いのがネックだが、発動条件も緩く特殊召喚時に効果を発動するモンスターと連携するのが良いだろう。サルベージ効果もある。

リンクモンスター

転生炎獣ヒートイオ/Salamangreat Heatleo
リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
リンクマーカー:上/左下/右下】
属性の効果モンスター2体以上
(1):このカードリンク召喚に成功した場合、
相手の魔法ゾーンカード1枚を対として発動できる。
そのカードを持ちデッキに戻す。
(2):このカードが「転生炎獣ヒートイオ」を素材としてリンク召喚されている場合、
ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体と、
自分の墓地モンスター1体を対として発動できる。
フィールドモンスターの攻撃は、ターン終了時まで対墓地モンスターの攻撃と同じになる。

SOUL FUSIONで登場した、このカテゴリでのエースモンスター

リンク召喚時のバウンス効果にはターン制限がないため、転生リンク召喚を行うことで2度のバウンスが可。また、墓地モンスターの参照が「サラマングレイト」に限られておらず、消費した手札誘発を使って攻撃を0にすることも可

このカード単体では切り札になり得ないが、これを補うサポートカード群が多く存在している。

転生炎獣サンライトウルフ/Salamangreat Sunlight Wolf
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイバース族/攻1800
リンクマーカー:上/下】
属性の効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
自分の墓地から炎属性モンスター1体を選んで手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及び
その同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できない。
(2):このカードが「転生炎獣サンライトウルフ」を素材としてリンク召喚されている場合に発動できる。
自分の墓地の「サラマングレイト」魔法カード1枚を選んで手札に加える。

SAVAGE STRIKEで登場した、このカテゴリの中核の一つとなるリンクモンスター

リンク先にモンスターを出す必要があるが、特殊召喚するモンスター定はなく、墓地から炎属性モンスターであればサルベージできるため、「サラマングレイト」たちはもちろん使用済みの「灰流うらら」も手札に戻すことが出来る。

転生リンク召喚を行うことで発揮する魔法の回収は1ターンに1度用いることが出来るため、《転生炎獣の炎陣》、《サラマングレイト・レイジ》などの再利用を行ったりこれらをあらかじめ《転生炎獣ガゼル》で墓地に置くことで間接的サーチにもなる。

転生炎獣ベイルリンクス/Salamangreat Balelynx
リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/サイバース族/攻 500
リンクマーカー:下】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの「サラマングレイト」カード戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

トラクチャデッキソウルバーナー-のエクストラデッキ強化パックにて封入されて登場した、リンク1の転生炎獣。

このカードの効果によって、「サラマングレイト」たちが強固な防御性を持つことが出来、《転生炎獣の聖域》を採用する理由の一つになっている。また、リンク素材の要もかなり簡単で、「サラマングレイト」以外のサイバース族の採用でデッキの回転を上げる要因になっている。

転生炎獣アルミラージ
リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/サイバース族/攻 0
リンクマーカー:右下】
通常召喚された攻撃1000以下のモンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードリリースし、自分フィールドモンスター1体を対として発動できる。
このターン、そのモンスターは相手の効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカード墓地に存在し、通常召喚された自分のモンスター戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

PREMIUM PACK 2019で登場したリンクモンスター

サラマングレイトに属しているが、効果やリンク素材の関係上、カテゴリとの関係性の薄いカードになっている。《リンクリボー》とべてレベル制限がなく、メインフェイズ1でもリンク召喚が出来るのが利点。

転生炎獣パイロ・フェニックス
リンク・効果モンスター
リンク4/炎属性/サイバース族/攻2800
リンクマーカー:上/左/右/下】
属性の効果モンスター2体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「転生炎獣パイロ・フェニックス」を素材としてリンク召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドカードを全て破壊する。
(2):相手の墓地リンクモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを相手フィールドに特殊召喚する。
(3):相手フィールドリンクモンスターが特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃分のダメージを相手に与える。

CHAOS IMPACTで登場するフィニッシャーリンクモンスター

転生リンク召喚した場合には、相手のカードをすべて破壊する効果を持ち、(2)と(3)の効果は相手のリンクモンスター生してそのリンクモンスターの元々の攻撃分のダメージを与えるという一連の動きにつなげられる。

その他のモンスター

転生炎獣エメラルドイーグル/Salamangreat Emerald Eagle
儀式・効果モンスター
8/炎属性/サイバース族/攻2800/守2000
「転生炎獣の降臨」により降臨。
(1):このカードが自分フィールドの「転生炎獣エメラルドイーグル」を使用して儀式召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体をリリースして発動できる。
このターン、このカードは以下の効果を得る。
このカードが相手モンスター戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃分のダメージを相手に与える。

SOUL FUSIONで登場した儀式モンスターどこかで名前を見たことがあるかもしれないがそのどちらとも名前が微妙に違う上に別物である。

モンスター全体除去効果と転生儀式召喚を行うと、相手モンスターとの戦闘時に相手を破壊してバーンダメージを行う効果が付いているが、両方の効果の噛み合いが良くない。基本的に(1)の全体除去効果を基本とするのが良いだろう。

また、単体性が非常に厳しく、カテゴリ上での採用が純に難しく、採用するにあたっても儀式召喚以上のサポートが必須になる。

転生炎獣ヴァイレットキマイラ/Salamangreat Violet Chimera
融合・効果モンスター
8/炎属性/サイバース族/攻2800/守2000
「サラマングレイト」モンスターリンクモンスター
(1):このカード融合召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの攻撃ターン終了時まで、素材としたモンスターの元々の攻撃を合計した数値の半分だけアップする。
(2):このカードが元々の攻撃と異なる攻撃を持つモンスター戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
このカードの攻撃はそのダメージ計算時のみ倍になる。
(3):「転生炎獣ヴァイレットキマイラ」を素材として融合召喚したこのカード
戦闘を行うモンスターの攻撃ダメージ計算時のみ0になる。

SAVAGE STRIKEで登場した融合モンスター

融合素材には「サラマングレイト」とリンクモンスター定されており、《超融合》を使うことで【サラマングレイト】に対するメタにもなり得る。

打点も効果によってかなり高い数値が見込め、更に戦闘ダメージを増やすことができる。また、選択肢の一つとして転生融合召喚を行えば、相手の攻撃を0にし、更に戦闘ダメージの増加や打点突破を狙える。これら3つの効果は噛み合っており、場合によっては利用しやすい。ただ理に転生融合しなくてもよく、選択肢の一つとして考えておこう。

転生炎獣ミラージュスタリオ/Salamangreat Miragestallio
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/炎属性/サイバース族/攻2000/守 900
レベルモンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は炎属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):X召喚したこのカードが「サラマングレイト」リンクモンスターリンク素材として墓地へ送られた場合、
フィールドモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを持ちの手札に戻す。

「ストラクチャデッキソウルバーナー-」のエクストラデッキ強化パックに封入されて登場した、エクシーズモンスター

エクシーズ素材縛りはないが、【サラマングレイト】での利用が基本になる。この縛りの緩さは【サラマングレイト】をテーマ外で補強したモンスターで満たせると考えられる。また「サラマングレイト」でもレベル3のモンスターが存在している。

エクシーズ素材取り除いてテーマモンスターリクルートを行い、更にリンク召喚につなげることで、敵モンスターバウンスを行うという流れをむことが出来る。

通常魔法カード

転生炎獣の再起/Salamangreat Recureance
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地カード名が異なる「サラマングレイト」モンスター2体を対として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):セットされたこのカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣の再起」以外の「サラマングレイト」魔法カード1枚を手札に加える。

DARK NEOSTORMで登場。

サラマングレイトの2種類のサルベージを行い、セットの状態で破壊された場合はサーチになる。(2)効果のサーチは【サラマングレイト】自体、自分の裏側の魔法を破壊することを得意としていないため、相手の行動に任せることになる。

フュージョンオブファイア/Fusion of Fire
通常魔法
このカード名はルール上「サラマングレイト」カードとしても扱う。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札及び自分・相手フィールドから
「サラマングレイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

SAVAGE STRIKEで登場。

「サラマングレイト」の専用融合魔法。《転生炎獣ヴァイレットキマイラ》の融合召喚に利用するが、「サラマングレイト」に属するこのカードを使うか、相手ターンで使える速攻魔法である《超融合》を使うかは個人によって分かれるところ。

フューリー・オブファイア/Fury of Fire
通常魔法
このカード名はルール上「サラマングレイト」カードとしても扱う。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを2体まで選んで
守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は効化される。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は1回しかEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

RISING RAMPAGEで登場。

「サラマングレイト」を2体まで特殊召喚出来る効果を持つが、非常に【サラマングレイト】にとって痛いデメリットを抱えており、通常魔法のため打ち消す方法もないため使う場合はデメリットを軽減できるようにしたい。

その他魔法カード

2018年7月14日発売”SOUL FUSION”

転生炎獣の聖域/Salamangreat Sanctuary
フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードフィールドゾーンに存在する限り、
自分が「サラマングレイト」リンクモンスターリンク召喚する場合、
自分フィールドの同名の「サラマングレイト」リンクモンスター1体のみを素材としてリンク召喚できる。
(2):自分のモンスター戦闘を行うダメージ計算時に、
1000LPを払い、自分フィールドリンクモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃を0にし、そのモンスターの元々の攻撃分だけ自分のLPを回復する。

同名1体をリンク素材にする効果は後半の押しで使うことも多く、(2)効果も使いにくさはある。ただし、《転生炎獣ベイルリンクス》でサーチできるフィールド魔法で、手札に余っても《幻創ファンタメイ》の効果でデッキに戻すカードとしても使えるため、1枚投入して用いられることが多い

転生炎獣の降臨/Rise of Salamangreat
儀式魔法
「サラマングレイト」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドモンスターリリースし、
手札から「サラマングレイト」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
自分フィールドに炎属性リンクモンスターが存在する場合、
自分の墓地の「サラマングレイト」モンスターリリースの代わりにデッキに戻す事ができる。
(2):このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札から「転生炎獣エメラルドイーグル」1体を召喚条件を視して特殊召喚する。

現状、《転生炎獣エメラルドイーグル》以外に儀式モンスターが存在しない。(2)の効果によって《儀式の下準備》で手札に加えることが可墓地の「サラマングレイト」でリリース代用できることも活かしたい。また、(2)効果は受け身ではあるものの転生儀式召喚を狙うトリガーになるだろう。

転生炎獣の意思/Will of Salamangreat
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(2):魔法ゾーンの表側表示のこのカード墓地へ送り、
自身と同名のモンスター素材としてリンク召喚した自分フィールド
「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターリンクマーカーの数まで、
自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する。

(1)効果で自己の特殊召喚効果を持たない「サラマングレイト」の展開を狙えるカードで、転生リンク召喚を行っていれば大量展開を狙うことも可

2018年12月8日発売"ストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-”

転生炎獣の炎陣/Salamangreat Circle
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を手札に加える。
自身と同名のモンスター素材としてリンク召喚した
自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対として発動できる。
このターン、そのリンクモンスターは自身以外のモンスターの効果を受けない。

サラマングレイトのサーチカードとして扱うがの基本だが、「サラマングレイト」リンクモンスターに効果耐性の付与を行い、速攻魔法であることも含め、【サラマングレイト】の安定性を高めるカード

転生炎獣の/Salamangreat Claw
装備魔法
「サラマングレイト」モンスターにのみ装備可
(1):「転生炎獣の」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):装備モンスターは、戦闘・効果では破壊されず、
守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備を攻撃えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):装備モンスターが自身と同名のモンスター素材としてリンク召喚した
自分の「サラマングレイト」リンクモンスターの場合、
装備モンスターは1度のバトルフェイズ中にそのリンクマーカーの数までモンスターに攻撃できる。

装備モンスターへの耐性付与はオマケにやや近く、どちらかと言うと(3)の複数回攻撃を活かしたいカード。複数回貫通効果を持つ攻撃によって高いダメージを狙える。

2019年4月13日発売"RISING RAMPAGE"

ライジング・オブファイア
装備魔法
このカード名はルール上「サラマングレイト」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドモンスターが存在しない場合、
自分の墓地の炎属性モンスター1体を対としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
装備モンスターの攻撃500アップする。
このカードフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
(2):このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
フィールドモンスター1体を選んで除外する。

属性専用のカードだが、モンスターが存在しない場合にしか使えない。(2)は対を取らない除外で破壊された場合のディスアドバンテージを軽減できる。

罠カード

2018年7月14日発売”SOUL FUSION”

サラマングレイト・ギフト/Salamangreat Gift
永続
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札から「サラマングレイト」モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を墓地へ送る。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):自身と同名のモンスター素材としてリンク召喚した
「サラマングレイト」リンクモンスターが自分フィールドに存在する場合、
手札から「サラマングレイト」モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

サラマングレイトを墓地に送り、1ドローするカード。か転生リンク召喚した「サラマングレイト」がいれば2枚のドローに増やせる。

2018年12月8日発売"ストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-”

サラマングレイト・レイジ/Salamangreat Rage
通常
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「サラマングレイト」モンスター1体を墓地へ送り、
フィールドカード1枚を対として発動できる。
そのカードを破壊する。
自身と同名のモンスター素材としてリンク召喚した
自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターリンクマーカーの数まで、相手フィールドカードを選んで破壊する。

基本的には1:1妨カードなのだが、転生リンク召喚している「サラマングレイト」がいれば手札消費をなくして除去枚数を増やすことが出来る。現状だと上限除去枚数は3枚になる。《転生炎獣サンライトウルフ》で再利用が可なため、体制を整えれば、相手にターンを渡す度に2枚の除去が控えているという状態を形成することが可である。

サラマングレイト・ロアー/Salamangreat Roar
カウンター
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「サラマングレイト」リンクモンスターが存在し、
モンスターの効果・魔法カードが発動した時に発動できる。
その発動を効にし破壊する。
(2):このカード墓地に存在する状態で、
自身と同名のモンスター素材として「サラマングレイト」リンクモンスター
自分フィールドリンク召喚された場合に発動できる。
このカードを自分フィールドセットする。
この効果でセットしたこのカードフィールドから離れた場合に除外される。

通常発動する分には転生リンク召喚をしていなくても「サラマングレイト」リンクモンスターがいれば万効のカウンターで、転生リンク召喚トリガーに自らフィールドに舞い戻ってくる。

この効果も相まってロアーをセットしつつ《転生炎獣サンライトウルフ》でレイジを戻して妨を強くするか炎陣を戻して手札補充や耐性を持たせる等の選択肢を取ることが出来る。ただしこの(2)効果のセット効果を使って発動したら除外される。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BB%A2%E7%94%9F%E7%82%8E%E7%8D%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

転生炎獣

13 ななしのよっしん
2019/09/02(月) 17:11:34 ID: 0KDQ/kualz
ガゼルの本当のヤバさはミラージュスタリオもあるがそれよりもロアーやレイジを即座に墓地に落とせるところにある
ロアーを墓地に落とし、ウルフで回収して構える布駄がない(レイジでも同じことが言える)
14 ななしのよっしん
2019/09/02(月) 18:03:05 ID: uD/bcjuJTd
転生炎獣って現状1番安く組める環境デッキなのかね?
15 ななしのよっしん
2019/09/09(月) 18:58:17 ID: dnpr6J6GQ7
トラク3で大体パーツうし
サンライトウルフ3枚でも1500-2000程度
フュージョンオブファイアキマイラ300円位?

後は最低レアリティで汎用の高いカード集めてもせいぜい1万いくかどうかじゃね

10月でもし炎陣規制されてマイニング必須化とかすると一気に5000-7000円+されて高額デッキになる・・・と言うかマイニングが更に値上がりするだけなのでそれはマジでやめて欲しいな
16 ななしのよっしん
2019/09/12(木) 19:19:01 ID: dmvk4q1bXf
>>15
多分マイニングも制限になるんじゃないかと。あれカードサラマングレイトマイニングの間違いだろってレベルで相性いいし、サラマングレイト抑止するならデバッガーよりあっちだと思う(デバッガーは準でいいと思う)。んで炎陣セットで縛った上でパフォーマンス出すとか。
17 ななしのよっしん
2019/09/13(金) 21:43:58 ID: 1GE9FGQ7GL
そういやソルバストラクにトランスターン入ってるけど、ガゼルアクセス的ならダウンビートのが使いやすそう。炎陣のみならずマイニングもそろそろヤバそうだし、代替として検討の余地あるかと。
18 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 16:11:28 ID: dnpr6J6GQ7
ダウンビートは考えてなかったなー
シーアーカイバー突っ込んでミラージュスタリオコンボガゼルアクセスする事を自分は考えてたけどJジャガーファルコからアクセス出来るので良いですね
19 ななしのよっしん
2019/09/17(火) 00:52:29 ID: dnpr6J6GQ7
10中89規制されると覚悟してたんですけどまさかのノータッチどころかデバッガー返してくれてんですけど良いんですか?(歓喜)

規制を想定したプラン駄になったけどこれは全くもって喜ばしい

20 ななしのよっしん
2019/09/17(火) 19:03:11 ID: dmvk4q1bXf
>>19
多分未開域の対抗に据えるづもりではないかと。産壊れVS外来壊れ的な。
21 ななしのよっしん
2019/09/18(水) 21:48:01 ID: dhZqxhasZq
マイニング手つかずどころかレディ・デバッガーも1枚帰ってきたな。マイニングますます高くなってて笑える(白目
22 ななしのよっしん
2019/09/26(木) 17:19:01 ID: dmvk4q1bXf
やっぱコヨーテだけカードパワー的に浮いてるな。せめて除外ゾーンカード再利用する効果あればスピニーの使いどころ広がるのに・・・。

急上昇ワード