K9999単語

ケイフォーナイン
7.0千文字の記事
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

漫画AKIRA」の登場人物…ではなく、SNK格闘ゲームTHE KING OF FIGHTERSシリーズに登場するキャラクター

シリーズ第8作「THE KING OF FIGHTERS 2001」で初登場。翌年の「THE KING OF FIGHTERS 2002」を最後に欠場している。
また本項では「THE KING OF FIGHTERS XV」に搭乗するクローネンについても記述する。

プロフィール

格闘スタイル自身の
誕生日:不明
身長168cm
体重:58Kg
血液型B型
出身地:不明(日本?)
趣味バイク
大切な物:バイク
好きな食い物:ピーナッツ
嫌いな物:命する、命
得意スポーツ:なし(なにをやらせてもだめ)
CV佐々木望

概要

秘密結社「ネスツ」が生み出した草薙京9999クローン。ただし、劣化コピーを繰り返したため外見は似ても似つかない。
炎を操るも微弱であり、偶然に体が特殊変化したために改造され戦闘員として生きる事を許された。自分がクローンであることを知らず、のように移植され記憶を消された人間だと思い込んでいる

戦闘力ネスツの中でも高いが、ネスツから同じ改造人間やKUSANAGIとよりも劣等だと見なされ続けており、彼らに異常なまでのコンプレックスを抱いている。「2001」の新キャラクターの中では事実上の玉的な扱いであり、OPでもクーラ・K9999がお互いのカスタムグローブを突き出して対させるようなカットがあるように、同作のストーリーにもデモを含めて絡んでくる。

ぶっ飛ばし攻撃のボイスが「うるさーい!」、投げはずしでは「どけ!馬鹿」と精的に不安定で粗暴だが、相棒アンヘルに対しては彼なりの気遣いも見せる。

「2001」ではクーラ・ダイアモンド、フォクシーアンヘルネスチームを結成して出場するが、ネスツ幹部であるフォクシーとの折り合いは悪く、ネスチーム以外の中間デモではチームメイトのフォクシーを襲撃し、アンヘルと二人で行動を共にした後、エンディングでは壊滅したネスツの本拠地を滅に破壊していた。小説版ではイグニスを倒した達の前に立ち塞がり戦闘になるが、そこで物語が終わる為結末は不明であった。
ネスチームエンディングの後については、ネオジオバトルコロシアムのHP内に記載されている用集の解説にて「どこかへ消えてしまった」とされている。

草薙京の新たなクローンということでそれなりにプッシュされたキャラであったが、翌年の「2002」はドリームマッチのため、公式ストーリーに直接絡む場面は結局「2001」のみというレアキャラクターとなってしまった。しかしその設定や性から、操作キャラとしてもネタとしても人気が高いことで知られる。

突っ込みどころ

容姿やゲーム内のモーションは漫画およびアニメ映画AKIRA」に登場する雄(島鉄雄)のパロディ…というかパクリであり、あろうことか担当声優まで映画と同じ佐々木氏をキャスティングして時を経て同じセリフを言わせている。

実際に「2002」に登場するKUSANAGIクローン)は「AKIRA」のもう一人の主人公である金田を演じた岩田光央氏がを当てており、2人で「AKIRA」の掛け合いを再現している(草薙京プロトタイプである霧島金田要素があった事や、岩田氏が彼のをあてていた事もあるのでその繋がりともとれる)。

KOFのみならず古今東西格ゲーにおいてパロディネタは枚挙に暇がないが、ここまで底的に再現したものは他に数える程しかなく、これにはAKIRAファンも怒りを通り越して呆れ果て、あまりの再現度に絶賛するものもいたとか。

ちなみに当時のアルカディアによれば、企画当初は装甲騎兵ボトムズキリコモデルにしたキャラクターとして設定されていたようで、い短髪型はその名残だったという。しかし旧SNKの解散直前にゲリラ的に会社を3つに分担するなど資・人材・期間の厳しい中制作されたKOF2001の開発現場は、スポンサーの要望がキャラデザインに波及するほど厳しい状況で、また企画をまともに練られる人材も不足していたようで、当初の面なくいつのまにか雄のようなキャラになったとのこと(ブレッツァソフト内のデザイナー暴走?)

唯一の黒歴史キャラとして

そんな訳で「2002」以降はすっかり黒歴史化されており、「2002」リメイクの「NEOWAVE」「2002UM」には出場していない。
特に「NEOWAVE」では、クーラが混合チームと称して草薙舟・矢吹真吾チームを組むなど明らか不自然チーム編成になっており、更に庭用でアンヘルのみが追加された為一人だけハブられた形となり、彼が出場出来ないがために不自然チームが産まれてしまった事が浮き彫りになってしまった。

またKOF公式サイトキャラクター紹介ページでは彼の項だけ画像や担当声優の表記が消されている。開設当初は元ネタの存在を認めながら(島鉄雄と明記はしていないが)堂々と載せていたが、時間が経つにつれどんどん情報削除されていった。当時のスタッフく「再使用するのにこれくらい差し支えのあるキャラもいない」。だが辛うじて「2001」及び「2002」公式サイトキャラ紹介では残っている。

「2002UM」では代役としてK9999と似たような技を持つネームレスが登場した。PS2版ネオジオモード無印2002のベタ移植)やギャラリーにはしっかり彼が残っている。

格闘ゲーム以外では、同社の恋愛シミュレーションゲームデイズオブメモリーズ」では、アンヘルが彼らしき人形を持っているシーンが存在する。
グリーモバゲーKOFソーシャルゲームではカード化して再登場している(現在はいずれもサービス終了)。ちなみにこの際カードの絵を描き下ろしたのは当時のKOFシリーズ同様ヒロアキ氏である。

実のところ

度が過ぎている印こそあれ、格闘ゲームにおいてはパロディはざらにあることで、本キャラだけが封印措置を受けたのは何故だったのか。

SNKデザイナーだったFalcoon氏(現:SNKエンタインメント)によれば、K9999が封印された理由は一般に思われている理由ではない(それが理由なら他にも封印されるべきキャラクターはゴマンといるexit)とのことで、パクリ以外の問題で拗れてしまったことが示唆されている。
「2001」発売当時、運営体が3つの会社に分裂していた事(2003年に統合)に関する社内の確執や、スポンサーとの轢を摘するもあるが、結局公式の発表はないのが現状である。

近況

KOF XIV:相棒アンヘルのストーリー再登場

ネームレスが登場したことによって、(「2001」のストーリーの一部を含め)彼の存在もなかったことにされたのではないかという憶測が生まれていたが、2016年、彼の相棒であるアンヘルが「THE KING OF FIGHTERS XIV」に参戦が決定。メイ・リーボスも含めて「2001」が初出のキャラクターサブキャラクターとして「2000」から登場のフォクシーを除く)が公式ストーリーに再び絡むのは実に15年ぶりのことだった。そしてその際、XIVの小田泰之プロデューサーへのインタビューexitの中での

Q.アンヘルが戻ってきていますが、K9999に何が起きたか々に明らかになるのでしょうか?

という質問に対し、

A.小田氏:おそらくいつかアンヘルパートナーであるK9999に何が起きたか発表できることになるでしょう

となかったことにされていたと思われていた中での衝撃の発言。
この発言をそのまま解釈すれば、ネームレスもK9999も同一の世界観を共有していることになる。
そして、まさかデザインそのままということはいのだろうが、再登場の可性があるのだろうか?
アンヘルは「XIV」の再登場に際し、「2001」のストーリー以降ネスツを離反したという設定が追加されたが、K9999も同様なのだろうか。というかじゃあ何でK9999のドットに手を加えずネームレスという別キャラを…

今後の展開が待たれる。

アケアカNEOGEO:忠実移植の実現

XIV」発売の同年より、アーケードネオジオMVS)の忠実移植コンセプトとするコンテンツ配信サービスアケアカNEOGEO」がサービスを開始した。

2015年Falcoon氏発言もあり、K9999の出演作品である「KOF2001」「KOF2002」については配信不可能か修正を余儀なくされるのではないかという憶測もあったが、2018年に何事もなく配信開始。現行機種でもK9999の姿を拝めるようになった。

KOF XV:クローネン降臨

2022年発売の「THE KING OF FIGHTERS XV」にて、「XIV」から続投のアンヘルに続いて新キャラクター「クローネン」の登場が発表された。

見ての通り、青髪黄色の上着、グローブとK9999の特徴を残しつつ、大きな炎や巨大なドリルへの形状変化などネームレスに見られた要素も追加し、をより使いこなせるようになったK9999を思わせる人物となっている(技のモーションや赤マント雄の要素が残っているものの、前述の通りK9999が再登場できなかった理由は単に「雄に似すぎているから」ではない)。担当声優こそ後述するようにKENN氏へと変更されたが、そもそも前作で多数のキャラが変わっているのでこの辺りは時代の流れというべきか。

一応PV時点では正体不明の人物だが、草薙京に対する「別人にしてもそのツラを見てるとイライラしてくる」と言う台詞もK9999を強く思わせるものであり、PV開後に「K9999」がTwitterのトレンドに上がっていた。クローネンチームを率いてアンヘルクーラ行動を共にしているが、これは「2002(無印)」の「2001チーム」と同様のチーム構成である。

そして「KOFXV」が発売し、クローネンチームストーリーエンディングにて、遂に彼がK9999であることが明かされた。捨て鉢な性格は相変わらずだが、ネスツが壊滅したことによって落ち着いた生活染んだようで性格はアンヘル摘されるなど多少は丸くなっており、かつて「2001」のストーリーデモで一着あったクーラ・ダイアモンドとも、既にお互いに元ネスツという肩書であることや、一緒に生活する事によってわだかまりは解けた様子であった(但し彼女を迎えに来た保護者であるフォクシーダイアナらには依然として警されている模様。というか手を挙げられたのフォクシーだし…)。

プロフィール(クローネン)

本名:クローネン・マクドガル
キャッチコピー:類稀なる
格闘スタイル:制御した右腕
誕生日:不明
出身地:不明
血液型B型
好きな食べ物:ナッツ類、レーション
CVKENN

性能

動きが速い波動昇タイプだが、技はどれも癖がある。

機動はあるものの致命的なまでに防御が低く、攻撃も高くない。「2001」ならタクティカルオーダーシステムでフォローできるが、「2002」ではすぐにやられてしまうこともしばしば。

特筆すべき点として、ダウンさせないスライディングのしゃがみDが特殊技のように他の通常技をキャンセルして出せるのだが、何故かどこキャン状態だと必殺技からもキャンセルで出せるため、弱「割れォ!」→強「割れォ!」→しゃがみD(空振り)→「…」などが繋がる。

ゲージ溜めは総じて低いが、多段ヒットの遠立ちCやJCは当たればそれなりにダメージを取りつつゲージ回収が可。とはいえ基本的には中堅大将に据え、ゲージを持った状態で戦いたい。

ゲージがあればMAX超必殺技の「が…勝手に…ぅわあああ!!」がコマンドが簡単で性が非常に良く大きな武器になる。D投げ(いつまで遊んでんだよォ!)→「が勝手に・・・・ぅわあああ!!」だけで大体4~5割、うまくいけば6割程のダメージを奪える。これを使えば一発逆転もじゃない・・はず。

苦手なキャラビリー山崎ウィップライバルやKUSANAGIに対してはそこまで不利ではない。

主な使用技

うるせぇー!/スパイラルスマッシュ(A)
手をドリルに変形させて攻撃する。6段ヒットダウンを奪える。MAX発動中2段キャンセル
クローネンも同様の技を使う。
あっちへいってろォ!/ブレイズ・スロアー(+AorC)
のような飛び道具、に見えるが何故か打撃判定。そのため当て身技で取られてしまう。
雄が使った技の再現だが、ボイスは別のシーンから取られている。
クローネン版では砂ではなく炎を発生させる技になっており、これはK9999が以前よりもを制御できる事を示しているのではないかとも言われている。またネームレスの技同様こちらはきちんと飛び道具判定になっており、EX版に至っては飛び道具を貫通する、連続技の始動に使えるなど用途が幅広い。
割れォ!/ヒートシールド(+AorC)
炎を発生させる技。対に使える。MAX発動中ならば弱から強への繋ぎが可。弱は発生がく、強はAなどで追撃可
劇場版雄がアキラカプセルを割るシーン元ネタと思われる。
クローネンが使用するのもほぼ同様の技。
砕けろォ!/ストライク・スラッシュ(+AorC)
2002から装備された。低を跳んで炎で振り払う。弱は強制ダウンを奪う、強は発生が遅いがAなどで追撃できる。ボイスが「砕けろォ!」と聞こえたら空耳。弱は「消えろォ!」、強は「うるさい、消えろ!(ぅるさぃ、きぇろォ!)」である。これは劇場版空耳再現しているとも言われる。
クローネン版は変形させた腕による攻撃となり、他の技とべて大きくモーションが変わった。EX版はヒットすると相手をバウンドさせて追撃できる。
…/インファーナル・プロナンス超必殺技)(+AorC/+AorC)
自分の周りに円形の飛び道具判定を発生させる。極めて強な対技。
元ネタ漫画および劇場版雄が使用した技。技名は漫画版でのアキラ台詞で、「2002」のボイスはさらに別のシーンから取られている。
クローネン版は必殺技同様、炎をう技に変更された。コマンドも波動2回に変更されたが、フュージョンブラスター共々隠し要素としてK9999のコマンドでも出せる。
てめぇも往っちまえ!!/フュージョンブラスター超必殺技) (+BorD/+BorD)
腕を銃器に変えて炎の弾を連射する技。「2001」ではCPUヒットさせると異様にスコアが入ったためスコアラー御用達の技だった。
技名はやはり雄の台詞だが、動作は「BLAME!」の重力子放射線射出装置パクリと見られる。
クローネン版は他の必殺技べて見たもほぼ変化がない。MAX版は単射に変化し威が上昇するタメ撃ちが可になるが、どちらかといえばコンボタイミングを取る要素と言える。
が…勝手に…ぅわあああ!!/カラミティオーバードライブMAX超必殺技) (ABCD/CD)
腕が暴走して攻撃?を繰り出す。攻撃判定が太く画面端まで届くため事実上回避不可能、何でも判定のため通常投げからさえ連続技になり、削りにも使える非常に優秀な技。
漫画劇場版雄が繰り出した攻撃?が元ネタ。技名とボイス劇場版暴走シーンから。
クローネンが使用するものは触手状のドリルアームを出す技だがほぼ同じ。CLIMAX超必殺技となり3ゲージ使用技になった他、威も下がった。だが何でも判定なのは健在で、幅広い用途で使用が可。簡単だったコマンドも共通コマンドに変更された…と思いきや、隠しコマンドとして以前のコマンドでも出るため実質一人だけ簡易コマンド有りという特権となっている。
これは、まるで…!!(MAX2)(中で   )
K9999が宙に浮き全画面にを浴びせる技。まるで雄。だが発生が非常に遅く動作はバレバレ、この技が出せる状態なら「が(略)」が使えるので使う必要がないロマン技。レバーガチャガチャやるとバックステップから暴発するので存在を忘れたら忘れたで痛いに遭う。
元ネタ漫画4巻P368の覚醒シーン。技名はケイの台詞「これは、まるで…!?」。衣装もそのままに変化するためニコニコではこの技が使われると「これは、まるで…雄」とコメントされる。
ネームレスやクローネンにはこれに相当する技はない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/k9999
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

K9999

176 ななしのよっしん
2022/02/21(月) 21:03:08 ID: mrVzRG0Hbm
>>173
•••」はともかく、「てめぇも往っちまえ!!」はそもそもレイジングコマンドで出すような技じゃないからなぁ。
しかし、今回コマンドが変わったおかげで当時のコンセプトだった「初心者向けキャラ」になったな。

177 ななしのよっしん
2022/02/22(火) 09:34:51 ID: oloFQwonaJ
>>175
小説版だとK'絡まなかったり使って不安定にならなきゃ皮屋でこそあれ割と陽気なお兄ちゃんだったし(まあアンヘルとは上手くやってるという設定から広げた性格なんだろうけど)
ネスツに仕切られてるのが嫌だっただけで元々そんな何でもかんでもぶっ壊すみたいな性格じゃないのかも
178 ななしのよっしん
2022/02/24(木) 13:20:54 ID: dnBPd+lDDL
>>175
皇帝バッド・ゲドウはある意味クローネンとは逆のキャラだと思う
179 ななしのよっしん
2022/02/28(月) 22:09:46 ID: r2apm3fQwg
クローネン必が旧コマンドでも出せてビックリ
何でコマンドリストに載せないのだろう
180 ななしのよっしん
2022/03/01(火) 08:26:19 ID: J2RqBirEEx
EDカッコ良すぎて笑った
181 ななしのよっしん
2022/03/18(金) 20:35:53 ID: xkSzDJEwg5
と牙さんと組むと苦労人化するて誰うま
182 ななしのよっしん
2022/03/24(木) 02:27:04 ID: UXK8ePakN/
グローネンってまさか本名なんじゃ?
183 ななしのよっしん
2022/03/25(金) 20:39:15 ID: mrVzRG0Hbm
>>177
それ考えると精年齢明らかクーラK’より上だと思う思うな。
クーラは未だにダイアナとフォクシー(あとウイップも)に甘やかされてるし、K‘は面倒事はマキシマ頼りな傾向があるし。
まあアンヘルの功もあるんだろうけど。
184 ななしのよっしん
2022/04/08(金) 14:10:54 ID: 1TeGdaONiV
>>182
ネスツがクローン人間らしい本名つけるわけない
185 ななしのよっしん
2022/07/03(日) 04:26:14 ID: nOi3scO96z
>また本項では「THE KING OF FIGHTERS XV」に搭乗するクローネンについても記述する。

搭乗→登場

おすすめトレンド