大乱闘スマッシュブラザーズDX単語

ダイラントウスマッシュブラザーズデラックス

4.1千文字の記事
掲示板をみる(585)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

大乱闘スマッシュブラザーズDXとは2001年11月21日任天堂から発売されたゲームキューブ専用ソフトである。

概要

大乱闘スマッシュブラザーズDX
基本情報
ジャンル 対戦アクションゲーム
対応機種 ゲームキューブ
開発元 HAL研究所
発売元 任天堂
発売日 2001年11月21日
年齢 CERO:A
ゲームソフトテンプレート

NINTENDO64で発売された大乱闘スマッシュブラザーズの続編。よく「スマブラDX」「スマデラ」と略して呼ばれる。

ファイターとして使えるキャラクターは前作の12体に加えて新たに13体が追加され、総勢25体に。
ハード移行によるグラフィック美麗化やアイテムステージの増加はもちろんのこと、他にもフィギュア等の収集・鑑賞用の新要素、「アドベンチャー」「オールスター」といったやり応えのある新モードも追加され、内容が前作より大幅にボリュームアップした。

対戦システム面では、後述する新アクション実装やそれを応用した入難易度の高いテクニックの増加、ゲームスピードの高速化によって、結果的に前作より腕と経験による差が出やすい上級者向け仕様となった。その為、スマブラ本来の「初心者から熟練者まででも楽しめる」というコンセプトからやや外れた物になってしまった事を、ディレクター桜井政博が本作に対する反省として過去ファミ通コラムなどで述べている。
しかしそのようなハードでストイックなゲーム性が対戦格闘ゲームを極める猛者達に受けている事もまた事実であり、今でもアメリカ最大級のゲーム大会であるEVOの競技種として採用される程の根強い人気を誇る。

ちなみに前作では、ゲーム中に登場するファイター現実ぬいぐるみ人形が動いているという設定だったが、本作からはフィギュアに強いイメージが吹き込まれ、それが生き物のように動いているという設定に変更されている(これは以後のシリーズでも共通)。

本作の続編として、Wii向けに『大乱闘スマッシュブラザーズX』が2008年に発売された。

新システム・仕様

スマッシュホールド

各種スマッシュ攻撃がAまたはZボタンを押し続けることで一定時間溜めれるようになった。溜めている間にボタンを離すことで、溜めた時間に対応した威スマッシュ攻撃が出せる。溜めなしでは倒せないでも溜めれば倒せることがある。

スマッシュホールド中のキャラクターは他の操作が出来なくなるので注意。

シールド

L/Rボタンシールドることが出来るが、ボタンの押し込む深度によって薄く大きいシールドにしたり濃く小さいシールドにできる。シールドの濃さによって削れ方やノックバックガード硬直が変わる。

ジャストディフェンス

攻撃が当たる直前に深押しシールドると、ジャストディフェンスとなりシールドる。ジャストシールドは『シールドが削られない効果』と、『ノックバックが大きくなる効果』と『シールド解除が振り向きを除く任意の行動キャンセルできる効果』がある。
ちなみに次作『X』以降は「ジャストシールド」に名称が変更されている。

シールドリフレクト

相手の飛び道具を当たる直前で深押しガードすることでその飛び道具を反射して相手に当てる事である。ただし、その威は半減する。このシステムにより飛び道具の有がもたらすキャラ格差は較的少ない。

空中緊急回避

64版とは異なり、本作では中でL/R+スティック中緊急回避が行える。中緊急回避後は着地するまでキャラクターは操作不能になる。これにより中戦で取れる選択肢が増えた。中緊急回避動作中は崖に掴まることが出来なくなる。
ちなみにこれを地上スレスレで使ってキャラを滑らせるように着地させることで、隙の少ない移動・回避の手段として応用する非公式テクニックが生まれており、プレイヤー間では俗に「」と称される。

ベクトル変更

攻撃を受けて吹っ飛ばされる間にスティックを弾くと、吹っ飛ぶ方向をある程度制御できるというもの。本来の吹っ飛び方向に対して垂直方向に入した時が最大変更となる。横方向の攻撃を受けた時、斜め上方向に吹っ飛ぶようにベクトル変更を入して撃墜を回避する、といったように使う。

着キャン、ヒットストップずらしと共に、なぜか説明書で一切触れられていない。

着地キャンセル

中A攻撃の攻撃動作中に着地すると着地隙が大きくなるが着地する直前にガードボタンかZボタンを押すと着地隙を軽減できるというもの。これにより普通は繋がらないような連携やコンボが組めたりする。

64版の着地キャンセルはどんな中A攻撃を出していてもすべて通常着地隙(4F)にするという悪な性質を持っていたが、DXでは本来の着地隙のおよそ半分の隙に調整された。

メテオ返し

64版で猛威を奮ったメテオワザだが、本作ではメテオを食らってから8F以降にジャンプボタンで吹っ飛びをキャンセルして復帰出来るようになった。更にメテオ属性を持つワザは軒並み発生が遅くなったり等調整が図られたため、場外→叩き落とされ低撃墜という事態はほとんどなくなった。
・・・かと思われたのだが・・・

裏メテオ

本作にはファルコ中下A、マルス中下Aなどメテオ属性を持たないにも関わらず斜め下方向へ吹っ飛ばすワザが存在する。これらは通称裏メテオと呼ばれており、メテオ属性を持たないためメテオ返しができず非常にバースト手段となる。

空中アイテムキャッチ

投げられたりしたアイテムと操作キャラが重なったときにZボタンを入するとそのアイテムをキャッチできるようになった。投げられた物以外にも、台の下からジャンプして台の上に落ちているアイテムを台に乗らずに取るということも出来る。

三角飛び

中でに触れる間にとは逆の方向にスティックをはじき入するとを蹴って跳ぶ。マリオファルコンシークサムスフォックスピチューファルコこどもリンクが使用可ターゲットを壊せにおいて、一部のキャラクターはこれを使わないと攻略できない。

必殺ワザ(B攻撃)の追加

64版ではB攻撃はNB、上B、下Bの3種類だったが、新たに『横B』が全キャラに追加された。
この追加に伴い、リンクプリンネスの前作でのNBは横Bに移され、別の新たなNBを用意されている。

投げワザの追加

64版でもZボタン、またはガード+Aボタンでつかんだ後、スティック前か後ろで相手を投げることができたが、本作ではスティック上と下でも投げワザを出すことができ、各キャラはそれぞれ4種類の投げワザが出せるようになった。
この追加に伴い、カービィピカチュウキャプテン・ファルコンプリンといった前作の投げワザが残っているキャラは、それらがそれぞれ別方向の投げワザに変更されている。

ルーペ状態 

本作以降は画面の外の領域に入り、ルーペ状態になると150まで徐々にダメージを受けるようになった(バーストはしない)。

自滅点

追加ルールで自滅点を-1点から-2点やしに変更できるようになった。

プレイヤーキャラクター

ニコニコ動画におけるスマブラ

ゲームキューブ本体のシェアがあまり伸びていない中での発売だった為か
初代の大乱闘スマッシュブラザーズWii大乱闘スマッシュブラザーズX動画よりは少ない。

かといってスマブラDXの人気がないわけではなく、Xが発売された後も中古では較的高値で売ってたりする。
アレンジの多くを酒井省吾氏が担当しているためか、秘かにBGMも秀逸だったりする。

また、動画タグとしては大乱闘スマッシュブラザーズDX、スマデラ、スマブラDXなどがあるが
普及率から考えてスマブラDXが望ましい。

イベント用ディスク

本作の発売日前後に、一部の地域で「イベントディスク」なる正体不明のディスク撃されている(試遊台のGCに放り込まれていた)。
このディスクは以下の特徴を持つ。

このため、撃者によっては「かが隠しキャラを出してしまった、これではネタバレだ」と受け取られることもあったようだ。
(なお、通常の体験版では上記の通り隠し要素の解放は仕様として不可能となっている)

ちなみに本項を追加した編集者も某所でイベントディスク撃している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/24(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/24(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP