今注目のニュース
峯岸みなみ、27歳誕生日に「色々あるけど…」
シンプルだけど画期的かも 14歳の少女が考案したクルマの意外な死角を解消する方法がすごい
「桜を見る会中止は国民感情への配慮」三浦瑠麗氏に批判殺到

澤村拓一単語

サワムラヒロカズ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(229)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

澤村拓一(さわむひろかず、1988年4月3日-)とは、栃木県出身の格闘タイプポケモン投手)である。現在読売ジャイアンツに所属。

概要

佐野日本大学高等学校時代までは名の存在だったが、中央大学に進学してから頭を現し、2年から投手して活躍。東都大学野球リーグを代表する投手になる。最速157km/hをマークする速球と、最速147km/hのフォークを中心に多変化球を駆使し、4年リーグでは最優秀投手く。

斎藤佑樹大石達也と共に2010年ドラフトの最大の玉として注を浴びる。その名字と剛速球から沢村栄治を彷彿とさせることで読売ジャイアンツ(以下巨人)が1位名を表明し、澤村もメディアを通じて巨人志望であることが伝えられる。ドラフトでは競合名が予想されていたが、結局巨人の単独1位名となり入団。

この巨人の一本釣りに関しては、前年、他球団の名を二度蹴って巨人に入団した長野久義の存在もあり、「入団拒否をちらつかせた出来レース」「メディアを利用した事実上の逆名」との批判が起こり論議を巻き起こした。

巨人時代

2011年(1年)はオープン戦から好投を見せ、開幕ローテーション入りを果たす。4月15日広島東洋カープ戦で初登板し7回途中2失点(自責0)と好投するが、後続に勝ちを消され、ルーキー勝利は2日後に勝利を挙げた斎藤佑樹に譲った。2試合となった4月21日阪神戦にて、7回1失点に抑え初勝利。その後も安定した投球内容を続け、毎試合先発の役割は果たすものの、重度のムエンゴ病を発症し常に負けが先行する。
9月2日時点で防御率2.49ながら6勝11敗、勝ち以外は文句のつけようのない成績ながら新人王が危ぶまれ、9月8日中日ドラゴンズ戦では10回失点でも勝ちがつかず。いよいよムエンゴもここに極まれりという状態だったが、ここからようやく好投に援護が回ってくるようになり最後の最後で5連勝。11勝11敗の五分に持ち込み、防御率1.97まで下げ、勝ちでもついに文句を言わせない数字に乗せた。シーズン終戦200イニングと防御率1点台を狙って先発したが、村田修一に2本塁打を浴び2失点。防御率は2.03となり、堀内恒夫以来のルーキー防御率1点台を逃したが、29試合で11勝11敗、防御率2.03(リーグ3位)、投球回数200回(セ・リーグルーキーでは江夏豊以来)、5投(リーグ2位)、174奪三振リーグ3位)、WHIP0.97と、圧倒的な成績を残して新人王を受賞した。


2012年は「相手を制圧するピッチング」を標に改造で7kg増量。しかし交流戦から調子を崩し、9月には二軍降格も経験。最終戦なんとか10勝を挙げたが(巨人ルーキーからの2年連続二桁勝利堀内恒夫以来45年ぶり)、2年連続で二桁敗戦も記録した(同じく江川卓以来32年ぶり)。27試合で10勝10敗、防御率2.76。日本シリーズ第2戦では、陽岱鋼中田翔ボールをぶつけ、さらにけん制のサインを見落としたことから阿部慎之助にぶたれ、その後は8回失点と好投した。


2013年キャンプにおいて『脱』を意識した投球フォームに改造WBC日本代表合宿を控えてのフォー改造であったが功を奏したのか日本代表紅白戦で好投。そしてWBC日本代表に選出される。WBC本戦では4試合に中継ぎ登板、3回1/3を1失点という成績だった。
シーズンはとにかく援護のなさが立った。中盤まではそれでも何とか防御率2点台で踏み留まったが、その後は徐々に精を欠いていき「援護があったら吐き出す」「好投すると援護がなくなる」と呪われてるレベルムエンゴを発揮し、シーズン終盤になるとあまりの援護運のさに先発から中継ぎへと配置換えされた。中継ぎ登板は12登板1勝1敗6ホール防御率0.63と中々の好成績であったが、結局34登板で5勝10敗防御率3.13と大きく負け越した。似たような防御率であるチームメイト菅野が13勝、若干悪い内海も13勝であることからその凄惨さが分かるであろう。
なお援護率2.78で規定投球回到達者で両リーグ中最下位だった。


2014年は右肩の違和感で開幕を二軍で迎えた。しかし5勝3敗と結果を残せず、さらに阪神タイガースとのクライマックスシリーズでは上本博紀の頭部に死球を与え、危険球退場となってしまった。


2015年西村健太朗に代わる抑えとして開幕を一軍で迎え、開幕戦の3月27日プロセーブを挙げた。60試合に登板し、36セーブ、3ホールド、防御率1.32と新守護としての責務を果たす。しかし、ヒットでランナーを出すなど、三者退でイニングを終えない所謂「劇場」を起こす事も多く、後述のあだ名もあいまって『マッスルミュージカル』と呼ばれた。さらにこの年入団した同じく格闘タイプ戸根千明投手からの継投は『マッスルブラザーズ』とも呼ばれている。オフにはプレミア12日本代表に選出された。


2016年は引き続き抑えとして開幕を一軍で迎えた。開幕戦の3月25日で今季初セーブを挙げた。一度も離脱することなく2年連続60試合登板37セーブで自身初のタイトルとなる最多セーブ投手タイトルを獲得した一方で、リーグワーストの9暴投を喫した。


2017年キャンプで右肩の鍼治療を受けたが、状態が良くならなかったことから検を受けると、「長胸神経麻痺」と診断され長期離脱。この年の一軍での登板はなかった。


2018年中継ぎで復帰。49試合に登板し24ホールドを挙げたが、1勝6敗と負け越した。

人物・その他

応援歌

球団 レス No プレイヤー
巨人 応援歌のピコカキコ一覧#162 8765
8765

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2011年 巨人 29 29 5 1 11 11 0 0 .500 200.0 45 174 53 45 2.03
2012年 27 26 2 1 10 10 0 0 .500 169.2 54 138 56 54 2.86
2013年 34 22 3 1 5 10 0 6 .333 158.1 43 148 58 55 3.13
2014年 12 11 2 1 5 3 0 0 .625 72.2 14 66 31 30 3.72
2015年 60 0 0 0 7 3 36 3 .700 68.1 21 60 12 10 1.32
2016年 63 0 0 0 6 4 37 4 .600 64.1 22 55 20 19 2.66
2018年 49 0 0 0 1 6 0 24 .143 52.1 27 54 29 27 4.64
NPB:7年 274 88 12 4 45 47 73 37 .489 785.2 226 695 259 240 2.75

タイトル・表彰

タイトル
最多セーブ投手 1回 2016年
新人王 - 2011年
オールスターゲームMVP 1回 2013年第1戦

関連動画

プロ入り前

巨人時代

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 227ななしのよっしん

    2019/05/26(日) 17:46:21 ID: 3+8M/e+r4f

    少なくとも今死ぬ気で投げてるよ
    自由契約になったらみんな想像つくでしょ?

  • 228ななしのよっしん

    2019/08/06(火) 14:17:15 ID: b2hKiMrLLH

    そもそも澤村がに酔って暴力事件を起こすのはこれが1度ではないという事実がある
    それを前提としてID: mwUVXNVDcNが言いたい事をめると

    ・反している上に、迷惑を掛けた相手がどうでもいい一般人なので全く問題はない
    巨人入りできるぐらいの才を持った選手ならこれぐらいの違法行為は社会が大に見ろ

    1度ならず2度までも同じ過ちを犯しておきながら、本当に反していると言えるのか
    法治国家においてある特定企業や団体だけ優遇しろという法制度を根幹から揺るがしかねない

    正論とはいったい・・・うごごご

  • 229ななしのよっしん

    2019/10/21(月) 12:31:36 ID: 3+8M/e+r4f

    マスコミ阿部慎之助いなくなったらトレードされそう」

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/16(土) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/16(土) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP