今注目のニュース
『ドラクエウォーク』人気に潜む3つの懸念。真の覇権ゲームになるには…
実写化が期待されるマンガ6選…マンガ通なら知ってて当然!?
魚だってなでられたい。水槽清掃員にピタっと寄り添いなでてもらうのを待っている猫みたいな魚

発令!第十一号作戦単語

ハツレイダイジュウイチゴウサクセン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(657)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

発令!第十一号作戦とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」において2015年4月28日から5月18日まで実施された、期間限定域(イベント)である。

通称2015イベントイベ)。

概要

今回新規に追加された艦娘は、

このうち葛城・Littorio・秋津洲域突破報酬で、高波Romaドロップにて手に入る。

前回のイベントにて新実装された「甲」の難易度選択システムが今回も実装されており、作戦は全ての提督が選択可でさらに歴戦の提督は「作戦」「甲作戦」も選択できる。
今回も域ごとに難易度選択する方式になっており、クリア前ならゲージ全回復と引き換えに難易度変更できるのも同じだが、追加ルールとして作戦クリアした次の域は「甲作戦」が選択できなくなる。つまり、ある域で作戦クリアをした場合、甲作戦に戻るには次の域を一旦作戦クリアし、その次にようやく甲に戻れるという事になる。突破報酬などの兼ね合いである域を甲でクリアしたいと考えている場合、その1つ前の域の難易度選択も忘れてはならない。

さらに今回は戦の温存・投入に伴う艦娘出撃識別札2014年イベント以来再び実装された。
概ね14と同じ仕組みであり、一度でも出撃させるとその域の札が貼られて他のイベント域に出撃できなくなるが、一般域や演習への参加、装備の付け外しは札に関わらず可であり、また支援艦隊として出る分には関係ない。
なおイベント域全域にお札による出撃制限があった14と異なり、今回のイベント域でお札によって出撃制限がかかるのはE3・4・5の3つの域だけであり、E1~2およびE6には出撃してもお札が貼られることはく、異なるお札が貼られている艦娘を混在させた艦隊で出撃する事も可
また、作戦を選択している場合、お札の有に関わらず自由に出撃できる。出撃させれば以上と同様にお札が貼られはするが、以上の難易度に変更しない限り関係で、お札が貼られていても出撃させられる。

また、イベントと直接の関係はいが、イベントが開催された同23日に「艦これ」が2周年を迎え、時期を同じくして一部の艦娘にも専用の追加ボイス実装されている。

新システム【能動分岐】

今回のイベントで追加された新システム

05▼新システム動分岐】について
これまで「艦これ」では、全ての艦隊針路分岐において艦隊編成などの条件等を含む羅針盤分岐でしたが、本日のアップデートにより一部のポイントにおいて、提督動的な判断によって艦隊の針路選択が可な「動分岐」が実装されます。

出典:「艦これ」開発/運営twitterexit

提督たちを散々翻弄してきた羅針盤が、ある域の特定ポイントに限り自分の意志で艦隊の針路を決定できるようになっている。
選択可域のポイントが発するので、向かいたい先のポイントクリックすればOK。進む先の針路や待ち構える敵艦隊及びこちらの艦隊の戦を考え、最適な選択をしていきたい。例によって、ながらプレイなどによる誤クリックに注意。
ちなみに動分岐ポイントでは、燃料などの消費は発生しない。

作戦内容

第1作戦海域【発動準備、第十一号作戦!】

第十一号作戦が発された!
作戦に先立ち、軽巡駆逐艦で編成された戦隊による作戦域の威偵察を実施せよ!

最初のステージ軽巡洋艦駆逐艦のみの編成で出撃可
始めの域だけに敵艦隊の編成やマップ構成も割とあっさりしており、歴戦の提督にとっては肩慣らし程度の難易度。出撃制限(お札)も関係なので、最も練度が高い筆頭戦を投入してかまわない。安として、キス島撤退作戦(3-2)をクリアできた提督であれば、や甲でも充分太刀打ちできるはず。

また、動分岐システム速登場し、北周りと南回りでどちらの針路を進むかを提督が任意で選択できる。
北周りは中が2戦で済む代わりに、リ級flagshipチ級flagshipをなどといった強な艦隊が待ち構えるため事故率が高い。南回りの場合は潜水艦隊や水上部隊と戦い、中が3戦になる代わりに敵が北回りよりも弱めなので安定して進める。それでも運が悪いと潜水艦軽巡撃が刺さって大破に追い込まれたりもするが。
艦隊の戦提督プレイスタイルに合わせて、最適な針路を選んでいこう。

このステージ作戦クリアした場合は上述の通り、下記のE-2で甲作戦を選択できない。

ボス重巡リ級flagshipボスとしての登場は2014年のE-1以来で、戦艦空母べればさほどの相手でもないが、今回は駆逐艦軽巡だけで戦う以上やはり結構な強敵となる。火力や装甲の高さは論、夜戦に持ち込んでも駆逐棲姫ばりにかなり高い確率カットイン攻撃を放ってくる。
さらに甲作戦で進めた場合はゲージ破壊が前になると、随伴艦としてなんと2015年イベントに登場した軽巡棲鬼が再び地方巡業やってくるので一層撃破が難しくなる。心配なら支援艦隊を出撃させるのも可。

なお域突破報酬であるが、例によって高難易度の方がである・・・はずだが、甲・の順に「試製51cm連装」「試製46cm連装」「試製35.6cm三連装」となっている。
フィット補正の有による命中率の上下が存在する戦艦大口は攻撃が高い方が良いとは必ずしも言えず、艦によっては51cmより46cmの方が望ましい場合もある(35.6cmも同様)。
また入手手段もコモン装備からの修で手に入れる事もできる試製35.6cmはともかく、試製46cm現在のところここ以外ではランカー報酬でしか配られていない装備であるため、甲でクリアできる十分な実を持つ提督であっても、ここはあえてクリアすると言う選択を考慮に入れても良いかも知れない。
レアドロップ艦は浦風天津風大淀などが入手できる。

攻略とは関係ないが、大和長門陸奥を未所持で甲作戦クリアした提督は試製51cm連装ロック出来ないので、誤って棄しないように気を付けよう。

第2作戦海域【第二次カレー洋作戦】

先の偵察活動により作戦域の敵情は判明した。
連合艦隊を同方面に進出させ、カレー域の制権を握れ!

上記のE-1攻略了後に出撃可となる、第2ステージ
連合艦隊による出撃である事が事前運営twitterにて情報開されている。
こちらも後のステージの出撃制限は関係なので、全戦を投入してクリアしたい。
ちなみに今回から、連合艦隊編成時は第1・第2艦隊ともに潜水艦を旗艦に配置できなくなっている。注意。

マップ水上部隊であれば北回り針路(Aへ固定)、空母機動部隊ならば南回り針路(Cへ固定)となる。
どちらの針路も2ポイント動分岐が用意されている。
どちらにしてもEマス空母ヲ級flagshipマス門。さらに北回りの場合はDマスに登場する戦艦ル級flagshipマスも難関であり、水上部隊で進む場合は嫌味たらしい二者択一を迫られる事になる。

戦闘の進行順の関係上、空母機動部隊よりも水上打撃部隊を選んだ方が戦闘が安定するのは以前と変わっていないのだが、空母起動部隊で出撃した場合にのみ進撃できるルート戦闘回数が少なくて済む等のメリットがある。
また、空母機動部隊ルートの中で動分岐によりF→Hと遠回りするルートがある。これは一見すると渦潮を踏んだ上で戦闘回数を1回増やす何の得もルートだが、輸送ワ級が多数出現するためにデイリー・ウイークリー任務の消化が可な上、雲龍ドロップが確認されているマスでもある。

ボス装甲空母姫。13年E-3以来久々ボス旗艦として返り咲いた(通常域であれば、4-4や5-2のボスとしても登場しているが)。

ゲージ削り段階の前戦であれば水上部隊でも攻略及び制権は割と何とかなるが、最終形態になると新艦載機を搭載した空母ヲ級を連れて来るので、優勢を勝ち取る事さえかなり厳しくなる。

域突破報酬は、正規空母葛城」(甲・共通)、彗星(六〇一)(甲・)、91式高射装置、WG42 (Wurfgerat 42)(甲のみ)である。
またレアドロップ艦は初風春雨早霜清霜翔鶴瑞鶴など。

第3作戦海域【ベーグル湾通商破壊戦】

第3ステージ。ここから、出撃制限(お札)が付いて来るので慎重に出撃メンバーを選択したい。
この域へ出撃した艦娘は後述のE-4及びE-5へ出撃できなくなる。なお、この域は正規空母と低速戦艦が出撃できない。

この域は特にこれと言ったルート固定がいので、後の域のためにここで使う艦と温存する艦の選択をしっかりしたい。
開幕の分岐は普通の艦隊ではほぼランダムに近い分かれ方をするようだが、上下どちらも戦闘回数が変わる訳でもなく、どちらかが特別に事故りやすいと言った事もいので、お札のために艦を温存する事を優先して考えて構わないだろう。強いて挙げるなら、空母戦艦の大部隊が待ち構える南回りルートよりは、軽巡棲鬼が待ち構える北回りの方がリスクは低めかもしれないが。

ボス輸送ワ級flagship
ネーム深海棲艦ではなく普通雑魚ではあるが、ワ級flagship自体が耐久130微妙にタフなので、火力のある艦をある程度は入れよう。
なお、後述にもあるがE4・E5共にボス陸上タイプであり、巡を温存しておく意味はあまりいので、もしここで苦戦するような事があった場合、思い切って巡を使ってしまって構わない。
ちなみにこの域、ボス前のマスボスマスでは上述のE-2以上に輸送ワ級が大勢出現するのでE-3を周回しているだけで補給艦狩りクエストがみるみる捗るドロップ艦狙いのついでに補給艦デイリー任務やろ号作戦消化などを狙うのも悪くないだろう。

域突破報酬は、新バルジのプリエーゼ式水中防御隔(甲・共通)、山(六〇一)、応急修理要員()、 OTO 152mm三連装速射(甲・)、修資材(甲は4つ、は3つ)、流星(六〇一)、勲章(甲のみ)である。
またこの域では長波時津風三隈などのドロップが確認されている他、高波もここでドロップする。

第4作戦海域【決戦!リランカ島攻略作戦】

第4ステージ連合艦隊による出撃。上記のE-3へ出撃させた艦娘はこの域にて出撃できない。
また、このステージへ出撃した艦娘は上記のE-3と下記のE-5への出撃が禁止される。

再び連合艦隊で挑むマップであり、ここも水上打撃部隊と空母機動部隊を選んで編成できる。
水上打撃部隊と空母機動部隊でルートが分かれており、水上打撃部隊ルートの方が1戦多い事、空母機動部隊ルートは任意で入れる遠回りルートがあるのもE2に同じ。
ただし5/4現在こちらの遠回りルートでは特にめぼしいドロップがまだ見つかっていない。

ボスは怖い港湾棲姫こと港湾水鬼
例によって陸上深海棲艦であり巡の火力が通用しない上、甲作戦での最終段階バージョンともなるとHP500・装甲160と非常に高いタフネスを誇るので、三式弾を装備させた巡洋艦を第2艦隊に配備するのが重要である。
先述の通りルート的に空母機動部隊の方が有利なのだが、空母機動部隊だと第2艦隊が中で被害を受けやすく、ボスに決定打を与えられないケースも多い。前イベント実装された特殊装備「WG42」を所持している提督は、駆逐艦軽巡にそれを搭載する事で駆逐軽巡でもある程度のダメージを与えられるようになるので、是非活用しよう。
ちなみにボス前のEマスへ到達した時点で第2艦隊に潜水艦を入れていた場合、ボスマスではなくGマスへ逸れるがこちらのGマスには港湾棲姫港湾水鬼とは別に出現する。

域突破報酬は、戦艦「リットリオ」、勲章(甲・共通)、90mm単装高(甲・)、修資材(甲は6つ、は4つ)、381mm/50 三連装(甲のみ)である。
またレアドロップE-3高波三隈に続いて、野分まるゆあきつ丸など。

第5作戦海域【アンズ環礁泊地攻撃作戦】

第5ステージ。上述のE-3、及びE-4へ出撃させた艦娘はこの域に出撃できない。また、このステージからBGM深海棲艦モチーフとした静けさと不気味さを備えた曲調へ一変する。
作戦第1弾。通常艦隊で出撃するマップとなっている。なお、今回のイベント甲種勲章ゲットしたい提督は少なくとも、このE-5をか甲のいずれかでクリアしなければならない。注意。

通常艦隊なので水上打撃部隊or空母機動部隊によるルート分岐はいが、特定艦娘を使ったルート固定が存在する。このルート固定を使った場合のみ、中で踏むはずの航空マス(Fマス)を回避して燃料getマスに逸れるため、単純に中を1戦減らした上に資材が増えるという非常にお得なルート
ルート制御に使える艦娘は以下の通り。

  1. 最上&三隈
  2. 鈴谷&熊野
  3. 鳥海龍驤由良らいずれか2隻
  4. 川内&吹雪

以上となる。[1]これらの艦を戦として保持している提督で、これからE3~E4に出撃するメンバーを選んでいる提督は、E3~E4でこれらの艦を全て使ってしまわないように気を付けると良いだろう。

また、上記のルート分岐の後に動分岐でルートを選べるポイントがあるが、こちらは夜戦マスor渦潮マスの組み合わせの2択となっている。
夜戦と聞くと何が何でも回避したくなる提督も多く居ると思われるが、この夜戦マス軽巡flagship(甲・作戦ではeliteが加わる)・駆逐後期輸送ワ級という組み合わせのため、潜水艦を連れて行けば作戦の場合は水上艦に傷一つ負わせずに突破可である(但し、囮にした潜水艦は大破し易いので応急修理要員を積む事を推奨する)。
作戦では輸送ワ級eliteカットインを仕掛けてくる事があるものの、巡洋艦レベルの装甲があれば大ダメージを受けることはほぼいので気にしなくてよい。一方のマスには単縦・複縦潜水艦交じり艦隊が出てくるので、事故率で言えばこちらの方が高い。実質的に渦潮を踏むだけ損とすら言えるルートなので、前述のルート制御と合わせて夜戦マスを選んだ方が安定すると思われる。

ボス泊地水鬼。E4の港湾水鬼と同じく再び陸上タイプHPは低いが装甲は厚い。
連合艦隊ではないため頭数が少ない分随伴艦を減らしにくいのが難点だが、逆にボスへの火力は三式弾装備可な艦種を多く入れられるため、上手い事掃除ができればアッサリ撃破可ではある。
泊地水鬼護衛要塞は対潜攻撃を優先するので、潜水艦を連れて行けば水上艦への被害を減らす事が可。最終形態だと輸送ワ級2隻が駆逐艦2隻と交代するので、最初の航空戦と戦艦撃さえげば夜戦要員に被害が出ずに済む。
心配な人は決戦支援を入れるとかなり安定するだろう。

域突破報酬は、応急修理女神(甲・共通)、381mm/50 三連装のみ)、381mm/50 三連装、勲章(甲・)、修資材(甲は8つ、は5つ)、二式大艇(甲のみ)である。
レアドロップ艦は山雲朝雲磯風など。

作戦の突破報酬である二式大艇は、E-6の突破報酬である秋津洲を入手しないと使用及び装備ロック出来ないので注意。

第6作戦海域【打通作戦!ステビア海を越えて】

最終ステージ
E5まででお札がついて出撃制限がかかった艦娘も全て使える、総力戦の最終決戦マップである。そしてこれまでのイベント域の例に漏れず、過去イベントや先のステージで登場した再生怪人ボスキャラ目白押し。

この域も例によって水上打撃部隊か空母機動部隊かでルートが分かれる部分があるが、今回はどちらも戦闘回数自体は変わらず、敵の容が変わるのみ。また、ボス前の空母棲姫マス(Mマス)はどのルートでも必ず通る。

戦艦ローマ」がドロップする一の域であり、ボスマスS勝利ドロップするのはお約束として、ボスマス以外でのドロップも存在する(全ての針路の2戦マス。下記の通り攻略に適したルートローマドロップするマスを複数通れるルートが異なっているので、このことも考えたルート選択が重要。
尚、2隻ゲットできるのかは(入手報告がいので)不明。1人1隻、の制限があるのかもしれないが。

ボスは前回のイベントから引き続いて戦艦水鬼
・・・なのだが、今回はお供にダイソンは出てこず、せいぜい甲作戦の最終形態で空母棲姫が1隻ついてくるだけであり、スナイプを祈るまでもなく全部撃沈してしまう事が十分狙えるようになっている。中はともかくラストダンスの負担だけでいえば、域難度のの数ほどには厳しくないと言えるだろう。

域突破報酬は、水上機母艦秋津洲」(甲・共通)、勲章(甲・は2つ、は1つ)、二式大艇(甲・)、FuMO25 レーダー甲種勲章(甲のみ)である。
レアドロップ艦は上述の通りローマ、そして酒匂U-511など。

ちなみに今回で2つとなる甲種勲章だが、前回も取得していて2つ所持する提督は、演習の相手一覧に表示される画面では「甲」マークの横に小さく「2」と言う数字がついている。結構小さい数字なのでぱっと見だけだと見逃してしまうかも知れない。

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

イベント一覧
前回 迎撃!トラック泊地強襲
次回 反撃!第二次SN作戦
開催年 2013年 -- -- -- --
2014年 -- -- --
2015年 -- -- -- --
2016年 -- -- -- --
2017年 -- -- -- --
2018年 --

脚注

  1. *この4パターンの組み合わせのいずれかでないといけない。例えば最上熊野鈴谷龍驤などと言う組み合わせは不可なので注意。また3と4の組み合わせは(鳥海を除いて)三式弾が装備できないので火力が下がるデメリットがある反面、回避が高いので探照灯を持たせ攻撃を誘導し避ける、という運用も検討できる。
  2. *夜戦である都合上必ず一巡で相手も6隻なので一人一隻ずつ沈める、つまり最初に戦艦棲姫を狙った艦が戦艦棲姫傷から一撃で撃沈しなければならない。

掲示板

  • 655ななしのよっしん

    2016/11/21(月) 16:12:35 ID: 2yiNbQyeNg

    このイベントで時間が足りなくてRoma秋津洲を取れなかったのが未だにいてる

    654
    突破率表されるようになったのって次の2015イベからじゃなかったっけ?
    2014以前は知らないからアレだけど

  • 656ななしのよっしん

    2019/08/14(水) 16:30:18 ID: tFrXC5SLjq

    初イベだったけどbgmが良すぎてこれ以降の自分の中でのイベbgmハードル上がっちゃった感ある

  • 657ななしのよっしん

    2019/10/12(土) 01:26:37 ID: 94t5j0NZSB

    アーケードでも開催されたけど・・・最終域のダイソン艦隊のせいでクリアできる気がしない・・・下手すると中でダイソン×2という大破確定な展開になるし、泊地水鬼との戦いでも連合を組まれると泊地水鬼の撃破に支障が出るしでどうしたらいいのやら・・・

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP