今注目のニュース
30代独身者の2割「一生結婚するつもりがない」 異性との交際「5年以上ブランク」男性で47%に
武蔵小杉のタワマン住人、ネットの風評被害を懸念「実際は何も臭わない」
ストローで飲む“温タピ”がエクセルシオール カフェに登場、「タピオカ アーモンドキャラメルラテ」「タピオカ ロイヤルミルクティー」

捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)単語

ショウゴウケッセンヨウゲキレイテオキカイセンゼンペン

掲示板をみる(606)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん〜艦これ〜」にて、2017年実装されたイベント(期間限定域)である。

実施期間は2017年11月17日から。イベント終了日時は12月11日11時、期間は約3週間。
通称「2017年イベント17イベ)」。

事前情報

以下、運営公式twitterなどから判明している情報を記載。

なお、2020年flashサポート終了する事に伴い、「艦これ」は「二期」として2018年HTML5版への移行を控えている(サービスが終了するわけではない)ため、前後編合わせてflashゲームとしての「艦これ」の「一期」最後を締め括るイベントともなった。2018年には「後篇」が作戦開始予定。

本イベントの新要素


  • 上述の通り、本イベントから実装された6つ形。旗艦や二番艦が被弾しにくくなり、前方に展開した警艦に敵の攻撃は集中しやすくなる反面、警艦の回避が向上する特徴がある。同効果は特に駆逐艦の場合により高い回避効果が乗る。
    お艦形後方に下がった艦の火力は低下する為、中の戦闘被害を抑える的に適しているだろう。
    その一方で撃の威は変わらないほか、対潜については後方は変わらず、逆に前方に展開した警艦の方が低下する。
  • 遊撃部隊、及び単艦退避
    第2域以降から使用可。詳細は上記を参照。なお、単艦退避自体は第2域でも可だが、「遊撃部隊 艦隊」を入手できる任務の発生タイミングの関係上、使用可になるのは第4域解放後となる。
  • 対潜支援
    イベントからは支援艦隊を出撃させる際、対潜装備を装備した駆逐艦海防艦、及び対潜攻撃可な艦載機を搭載した軽空母などを編成する事で支援艦隊で敵潜水艦を攻撃可となった。対潜装備を満載の軽空母駆逐艦海防艦を総動員すれば、敵潜水艦部隊が支援攻撃のみで2、3隻ほど沈んだり部隊が半壊する事すらある。
    従来のイベントでは支援艦隊で中の潜水艦を攻撃できず、ボス戦用の装備を犠牲にして対潜装備を持たせるか、それとも被害が最小限で済む事をただ祈るか、を迫られ泣きを見た提督は多かっただけに、速の活躍が期待できるだろう。
    また基地航空隊も同様に、対潜な艦載機がいる場合は敵潜水艦を攻撃できるようになった。
  • 連合艦隊との開幕夜戦
    こちらが連合艦隊を編成している状態での開幕夜戦マス過去にも例があったが、今回初めて敵が連合艦隊を編成している状態での開幕夜戦マスが登場した。
    このマスでの挙動は特殊であり、攻撃順が上から順番になるのではなく戦のように射程順になり、またこちらの攻撃は二巡するが、一巡では敵の第二艦隊が行動し、二巡では敵の第一艦隊が攻撃する。
    なお、このタイプマスはすべて払戦となっている。
  • ギミック
    これまでマスでS勝利することで装甲破砕ギミックが発動するなどの仕様が登場していたが、今イベントではダメージを受けたか否かではなく制権争いに勝利したかというのがギミックの発動条件となっている。ギミックに関係しているのは全て襲戦で航空優勢以上が条件となっているため、襲戦マス戦闘機のみで編成した航空隊を飛ばすのも有効となった。
    また、基地襲も同様にギミックと関わっており、特定マップでは基地が傷であることが条件となっている。
  • お札による出撃地点の変更
    以前の複数の出現地点があるMAPでは出撃地点を決定するのは艦隊の編成の内容のみであったが、今回初めてこれまで出撃制限にしか使われていなかったお札によって出撃地点が変化するようになった。
    詳細は最終ステージの説明を参照のこと。

仕様変更

復活した仕様

出撃制限

E-1
通常艦隊
E-2
通常艦隊
E-3
連合艦隊
E-4
通常艦隊
/連合艦隊
志摩部隊 ×
艦隊 × ×
西村艦隊 × × ×

作戦内容

第1ステージ  奄美群島沖/台湾沖 第二遊撃部隊、抜錨!

台湾沖航空戦の大戦果に誤認の可性がある。重巡戦隊からなる第二遊撃部隊を展開!敵情偵察を実施せよ!

最初の域。通常艦隊での出撃となり、『志摩艦隊』の出撃識別札が付く。航空巡洋艦が活躍できるマップだが、最上E-3以降へ温存する事を推奨。
なお戦艦、及び空母は出撃不可。
基地航空隊は1部隊のみ使用可で、このステージでは的に応じて様々な運用をすることになる。必要な行動半径はEマスが2、Kマスが6、Lマスが7、ボスマスが8。

最初にも関わらずマップにはギミックがいくつも用意されているので、クリアまでには段階を踏む必要がある。具体的には、開始時点ではボスマスが存在せず、以下の手順を辿ることになる。

  1. FマスとKマスへ到達する。これでJマスより北西側に新たな進行ルートが出現する。
    (この際、戦闘機ガン積みの基地航空隊をEマスへ送る事を推奨)
  2. その後OマスとPマスへ到達することでOの西にボスマス(S)が出現、となる。
  3. 作戦の場合は2.に加え、Eのマス航空優勢~制権確保、を達成する必要もある。戦闘機4隊で構成した基地航空隊的のマス派遣すれば達成しやすい。(E以外のマスでも同様の手順が必要かは要検証

ちなみに中出現する敵部隊は大半が、襲か潜水艦のみなので駆逐艦海防艦、軽空母などがメインの対潜支援を出すと安定するだろう。特にボス艦隊を倒しに行く際は対潜装備を積む余裕がないので大いに活躍できる。

ボス軽母ヌ級flagship以下の場合はヌ級elite)。
随伴にもではないヌ級が出現する上、従来の敵艦載機が新タコヤキ艦載機に変わっているので制も強化された。
空母航空戦艦も連れていけない為に航空がとても貧弱な状態で戦う事になるうえ、甲作戦の場合はボス艦隊の随伴にダイソンこと戦艦棲姫くもお出ましになるので驚愕した提督も多いだろう。しかもゲージ破壊可になるとイベント最終面恒例のダブルダイソンがいきなり登場である。
以下の場合は随伴が戦艦ル級に変わるものの、制権を敵に奪われた場合はフラルが撃戦で連撃を放ってくるリスクがある為、脅威は戦艦棲姫とほぼ同程度。
航空巡洋艦水上機母艦あきつ丸を連れていけば航空劣勢を回避するくらいは可だが、何にしてもボス攻略時は決戦支援基地航空隊を惜しまず投入しよう。基地航空隊は陸攻をガン積みするのが難だが(ただしボーキサイトの消費が痛い)、二式大艇カタリナを含めた戦闘機部隊を差し向けて敵艦載機を墜とすのに役立てるのも一つの手。折衷案として戦闘機1+陸攻2で航空劣勢に調整するという手もある。なお、ゲージ破壊時であれば敵の制値が一気に下がるので、陸攻ガン積みでも航空劣勢になる。

札の名前の通り志摩艦隊がキーになっており、特定の編成条件を満たした上で志摩艦隊を甲321以上含むとJ→Mのルート固定が可になる。また、志摩艦隊に特効があるのではという噂もある。E3小沢艦隊、E4はおそらく西村艦隊の出番となるので、志摩艦隊の艦が育っているのならここで使ってしまうといいだろう。

クリア報酬は特注職人、及び以下の通り。

以上でクリアする事で「九五式爆」と「零式水上偵察機11(熟練)」が入手可後者はかなり強水上偵察機なのでぜひとも狙いたい。域の難易度はそれほど高くなく、着任して日が浅い提督でも以上を狙えるかもしれないのでチャレンジの価値はある。
もっともそれ以外は給糧艦やおにぎりの数くらいしか違わないので、報酬を第一に難易度を選ぶのなら甲作戦に拘る事もないのだが。

レアドロップでは、ボスマスでは山風瑞穂占守、択捉、巻雲秋雲などがドロップを狙える。
また行き止まりのLマスでは占守、択捉、山風大淀葛城ドロップする。
海防艦葛城たちを掘り当てるためにLマスを周回するなら、潜水艦のみの編成でLマスへ行く事で資材消費を抑えるという手段もあるが、中の潜水艦に2回敗北するので敗北数が増えてしまうリスクに注意。

第2ステージ 台湾沖/ルソン島沖 捷一号作戦、発動準備

第二遊撃部隊により、戦果誤認と敵機動部隊の健在が確認された。捷一号作戦正面で迎撃する!作戦準備に掛かれ!

第2域。通常艦隊での出撃となり、『志摩艦隊』の出撃識別札が付く。また、この域では遊撃部隊での出撃も可
輸送作戦となっており、TPは甲400、370、330(いずれも部Lv最高の場合)。
なお正規空母・装甲空母は出撃不可。引き続き、西村艦隊小沢艦隊は温存を推奨。
基地航空隊は1部隊のみ使用可で、このステージでも的に応じて様々な運用をすることになる。必要な行動半径はCマスが2、Dマスが4、ボスマスが5。

出撃のデフォルトが第一艦隊のため、遊撃部隊となる第三艦隊で出撃するつもりが第一艦隊で誤出撃してしまい、つけたくない艦に札を付けてしまったという事故例が報告されている。
この域に出撃できない正規空母や装甲空母を第一艦隊に編成しておくのを推奨。
一応第1艦隊でも出撃は可だが、7隻編成で出撃した方が効率はいい。

このマップにもギミックが存在する。まず出撃してみるとわかるのが、ボスマスへの異常な遠さである。
最短経路でも通常マス3、潜マス2、襲戦マス2を通過することになり、一応弾薬は残るものの燃料ペナルティが非常に厳しいものになる。
しかし、CマスとDマス航空優勢以上(はCのみ、は不要)をとり、潜水新棲姫が待ち構えるJマスでS勝利をすることで中央上(台湾の左側辺り)に新たなスタート地点が出現する。
ここで志摩艦隊が甲432以上かつ戦艦0軽空母0を満たすと最短経路でボスマスに到達可
ボス戦前戦艦タ級が2隻で待ち構えるLマスは、警で切り抜けるか基地航空隊支援を使おう。

ボス重巡棲姫
随伴艦に軽母ヌ級flagship(甲の場合)がいる。最短経路を通ろうとすると軽空母を編成できないので、戦を使って制をとる必要がある。
なお、輸送作戦ということでボス撃破の必要はないので、重巡棲姫の装甲についてはそこまでシビアに考える必要はない。
基地航空隊は陸戦1陸攻3として劣勢調整するといいだろう。

クリア報酬は海防艦佐渡」、給糧艦「間宮」、及び以下の通り。

以上でクリアすることで新装備の対潜機「試製東海」を入手できる。これにより、基地航空隊潜水艦を発見、攻撃することが可になる。
甲とは新熕兵装資材しか違いがないので、全て甲でクリアしたい、あるいは積極的に修をしていて新熕兵装資材が足りないといったわけでもなければクリアしてもいいだろう。

レアドロップとしてJマスのS勝利限定で雲龍春風神威輪、伊401まるゆドロップするほか、ボスマスでは新実装対馬清霜早霜春雨、礒阿賀野能代朝雲野分波、速吸雲龍などがドロップする。
対潜キャップが上昇したことで潜水新棲姫は思いのほか倒しやすいので、Jマスでのドロップを狙ってみてもいいだろう。2のスタート出現後でも、水上機母艦を編成すると最初の1のスタートから開始となるのでJマスす際に。(そのため、攻略時に大発・航空戦要員で水上機母艦を編成するのは非推奨。)

第3ステージ 捷一号作戦 作戦海域 捷一号作戦、作戦発動!

第3域。こちらは連合艦隊での出撃となり、『力部』の札が付く。E-1とE-2で出撃した艦は使用不可。
基地航空隊は2部隊使用できる。

まさかのゲージ3本、トリプルゲージ域である。このため、E-3だけで実質3ステージ分の時間や資材・バケツが必要になるのでを据えてかかろう。域数の意味って何だっけ・・・?
論、難易度を途中で変更した場合はゲージ1本からやり直しになるので、難易度の選択及び艦隊編成は慎重に。

クリア報酬は四式戦 疾風、艦隊部施設、戦闘詳報×2、及び以下の通り。

  • 甲:補強増設、洋上補給×3、東海(九〇一
  • :補強増設、洋上補給×2
  • :なし

東海(九〇一)はE2の甲報酬である試製東海上位互換

一方ドロップで、新登場の伊400に加え、対馬を始めとする海防艦春日丸なども入手できる。
春日丸と輪は3か所全てのボスマスで狙えるが、伊400は最初の防空棲姫マスでは落ちない。

E-3A 防空棲姫戦

1本は戦ゲージ基地航空隊の必要行動半径はEマスが2、BとG(ボスマスが4。
第一艦隊に戦艦1隻かつ空母0で高速統一した場合のみ最短経路を通れるので、重巡・航巡を体とした水上打撃部隊が流となっている。なお、第一艦隊に重巡+航巡は4隻までしか編成できないので、高速戦艦1+(重巡+航巡)4とするともう1隻空母以外の艦種が必要となる。秋月型などの対CI要員を入れる、由良改二で制補助させるなどが有効。なお、第二艦隊の空母ルート条件と関係なので、ボス戦での制補助のために編成してもいいだろう。

ボス防空棲姫
随伴艦に軽母ヌ級flagship(甲の場合)がいる。最短経路の場合第一艦隊に空母を編成できないが、第二艦隊に編成していれば制権確保も問題ないはず。
防空棲姫は15イベより大幅に弱体化しており、甲でも装甲は223しかない。ゲージ破壊可になると装甲は上昇するが、それでも273なので、巡の連撃や魚雷カットインなどの高火力の攻撃で問題なく撃破できる。

なお、ボスマスは本イベント秋月照月ドロップする一のマスである。またE-3ボスマス対馬ドロップするのもここ一か所のみ。
しかしその一方で、3つあるボスマスの中でドロップなしの可性もある。

E-3B 輸送作戦

2本は輸送ゲージ。輸送連合でないと輸送ボスマスに到達できない。ここがE-3の山場となる。
必要な基地航空隊の行動半径はEとJ(ボスマスが2、Dマスが3。

中では2戦の潜マスと3戦ネ級マス厄介支援もしっかり送った方がいい。
なお、高速統一しないとマスが1戦増えてしまうが、第十六戦隊青葉鬼怒浦波もしくは志摩艦隊で輸送に従事しスリガオ不参加だった初春若葉初霜を甲321以上編成することで回避可という報告があがっている。なお、3隻セットのうち何隻いるかで判定されるため、例えば青葉鬼怒初霜がいてそれ以外がいないという場合は2隻と判定されて甲では逸れてしまうので注意。
ボスマス到達に必要な索敵値もやや高めのようで、大発やドラム缶を満載したら揚陸マスの後にIマスへ逸れた報告もある為、電探や水上機の準備も忘れずに。

ボス駆逐古姫
しかし問題は随伴艦で、甲の場合は17イベ以来となる戦艦レ級eliteがいる可性があるのだ。なお、だと無印になり、では出現する可性はない。
一応第一艦隊なので開幕撃が飛んでくることはないが、制権争いは劣勢回避がやっととなるだろう。大を使えば優勢以上も狙えるが、そうなると軽巡ツ級により全滅させられる恐れがある。
A勝利ならボスに到着さえすれば難しくないのが幸いか。そのため、ボス戦をA勝利妥協して基地航空隊を2部隊とも中の敵に投入するのも手である。

ボスマス伊400ドロップするのもここから。とはいえ後述の空母棲姫マスでもほぼ同じレア艦がドロップする為、E-3クリア後に掘り的でこちらへ来る意味はい。

E-3C 空母棲姫戦

3本は戦ゲージ…なのだが、甲やでは輸送を終えることに加え、基地襲からの防というギミックを達成しないといけない。
甲の場合、基地襲を傷で防しないといけないのだが、最高級の局戦や陸戦を配置しても航空優勢止まりなので、これはもう運次第と言わざるを得ない。であれば航空優勢かつ微小ダメージでも問題ないようなので大分楽である。なお、の場合はそもそも襲が起こらないためかこのギミックは存在しない。
なお、当初は不具合があり、輸送ゲージ破壊後に襲のサイレンが鳴るが襲が発生せずり、再ログインするとギミックが解除されていたという事がみられた。運頼みの防をする必要がないため、攻略した人は得をしたといえる。

3本の戦ゲージマスは左側の1本の戦ゲージや輸送ゲージ用のマスとは全に分断されているため、右側スタートとなる空母機動部隊で出撃する必要がある。
小沢艦隊がルート固定要員となっており、甲65以上編成することで経路を短縮できる。最短経路のためには戦艦0正規空母1隻以下空母系3隻以下と史実艦の条件を満たす必要があり、襲が1戦増えてもいいなら戦艦空母系が5隻以下でもよい。この条件を満たさないとPマスの後に潜マスを踏むことになるので、事故を減らすためにも史実艦はしっかり編成しておきたい。

ボス空母棲姫連合艦隊で随伴艦には空母ヲ級がおり、甲の場合は最終形態でヲ級になる。
とはいえ、級がいるわけでもないので、実際のところそこまで苦戦することはなく、支援を出さなくても十分クリアできる可性がある。
値が高く、特に最終形態では477もの数値になる。基地航空隊を劣勢調整して送り込み、しっかり制値を削っておきたいところ。ボスマス(S)へ必要な行動半径は6以上なので、艦戦や陸戦を編成する際は注意。

E-3伊400輪などを掘るなら駆逐古姫マスよりもこちらのルートの方が戦的に楽。
なお、E-3クリア後は基地襲が発生しなくなる。

最終ステージ スリガオ海峡沖 あの海峡の先へ

イベントの最終域。通常艦隊、連合艦隊、遊撃部隊のいずれでも出撃できるが、ボスマスへは通常部隊か遊撃部隊でのみ到達でき、また第三部隊での出撃時のみ『西村艦隊』の札が付く。なお、別の札がついていても出撃可

ここには3つのスタート地点があり、左中央は連合艦隊、中央上は第三艦隊ではない艦隊または『志摩艦隊』の札が付いた艦のみでの第三艦隊、左下は『志摩艦隊』の札が付いていない艦(『力部』の札がついている艦も対)を含む第三艦隊となる。
開始時点でYマスまでの25マスという圧倒的な密度であるが、ボスマスは出現していない。U、YマスでA勝利、V、Nマス航空優勢以上、Xマスへ到達、基地襲を傷という条件を満たすとZ1~Z9のマスが追加される。なお、ここでは航空隊を3部隊使えるので、基地襲を傷で防するというのはE3とはうってかわってそこまで苦労しない。
Z1~Z9が追加された後、Z4、Z8マスでA勝利、Z6、Z9マスでS勝利、基地襲を傷という条件を満たすとZZ1~ZZ3のマスが追加され、ここで初めてボスに挑めるようになる。こちらのギミックではZ6マスでのS勝利が非常に難易度が高い。見落とされがちなのはZ6に向かう中となるZ4マスでのA勝利である。
なお、ギミック達成のために勝利する必要があるマスのうち、開幕夜戦マスは久しぶりの登場となる払戦となっている。

ルート固定要員として栗田艦隊と西村艦隊がある。栗田艦隊は連合ルートに関わっており、6隻以上編成することで厄介潜水新棲姫マスを通過する必要がなくなる。
西村艦隊は遊撃部隊に関わっており、甲だと6隻以上で左下からスタートした場合にボスまでの中が1戦減少する。

ボス連合艦隊となっており、第一艦隊の随伴艦は全て戦艦ル級で、第二艦隊に駆逐艦PT小鬼群がいる。夜戦なので一撃で大破させられる可性があるが、逆にこちらも駆逐艦の連撃でも以外なら撃沈させることが可なので、削っていくことならボスに到達することさえできれば問題ないだろう。
しかし最終形態になると -壊になるとともに、第二艦隊に防埋護が出現する。こいつが防ダイソンともいえる働きをするので、なかなか一筋縄ではいかない。
ゲージを破壊すると第二ゲージが出現し、随伴艦だった埋護ボスとなる。ダブルゲージだが、新たにボスマスが出現するのではなく、ボスの編成が変化するという形式である。
なお、こちらは最終形態でも編成に変化は起こらない。そのため第一ゲージを破壊できたのならそこまで苦労することはないはず。
ここの難関となるのは中の方で、西村艦隊ルートだと最短でも戦2(うち潜1)、夜戦4(うち潜1)、襲2、志摩艦隊ルートだと戦1、夜戦6(うち潜2)、襲1を通過する必要があるという点。警が有効であることが分かっているので、ダメージをもらわないように進軍していこう。

史実の西村艦隊7隻にはZZ2マスボスマスの手前)で1.25倍、ボスマスキャップ1.44倍の史実特効があるようなので、ぜひ扶桑姉妹を活躍させたいところ。
なお、西村艦隊札を付けた艦にも特効があるという情報偽不明の情報艦これWikiに掲載されたが、上記の特効を検証した人は志摩艦隊札を付けた西村艦隊を使用しているため、デマ算が高い。

現在視されているのが、史実の西村艦隊で中央上からスタートする通称しまむら艦隊である。
西村艦隊駆逐艦1隻(改二実装されていない朝雲山雲が選ばれやすい)を除いた6隻をE1・E2に出撃させて志摩艦隊のお札を付け、同じく志摩艦隊のお札を付けた潜水艦も合わせて7隻編成とするもの。
こうすることで志摩艦隊ルートで最短経路を通りつつも潜水艦デコイによりPT小鬼群軽母ヌ級駆逐艦、さらにはボス効化することが可(ただし艦載機を枯らしていない場合に限る)となる。
なお、1隻でも志摩艦隊のお札が付いていない艦があれば西村艦隊ルートとなるため、外した駆逐艦潜水艦と交代すればそちらのルートへの切り替えも可(出撃と同時に西村艦隊のお札が付く)。

また、左下スタートで潜デコイを使う場合は最上潜水艦を入れ替えれば最短経路を通ることが可
その代わり第一ゲージの最終形態での制権が厳しくなるため、弾薬・燃料ペナルティが増えるのを覚悟で最上を入れて夜戦を1回増やすか、航空隊の陸戦を増やして制値を削る必要がある。
敵の制値が0となる第二ゲージであればこちらのルートでも何の問題もない。

クリア報酬は駆逐艦涼月」、峡章、及び以下の通り。

紫電改四は新しい艦戦で、紫電改二の上位互換。ただ、対+10ということで烈風と同程度の対しかない。
甲限定で戦闘詳報がもらえるが、イベント期間中は『艦隊部』を『遊撃部隊 艦隊部』に変換する任務以外の用途はなかった。任務でも選択報酬でもらえるので何らかの用途が追加されるはずと推測されていたが、イベント後に実装された改二装や更新で使用するという用途が生まれた。
峡章は所有していると戦績画面に表示されるほか、一部の机具を設置したときにさりげなく飾られる。

ボスマスでは新艦娘伊400対馬に加え、各種海防艦萩風天津風時津風朝雲山雲海風などのドロップが確認されている。幸いここ限定のドロップはないようなので、掘りをしたいならE3までで済ませることができる。

余談、のような凄い話

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

イベント一覧
前回 西方再打通!欧州救援作戦
次回 捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)
開催年 2013年 -- -- -- --
2014年 -- -- --
2015年 -- -- -- --
2016年 -- -- -- --
2017年 -- -- -- --
2018年 --

掲示板

  • 604ななしのよっしん

    2018/02/16(金) 21:21:40 ID: udLSLxlVVO

    >>594 課金提督は毎回いるしねじだって使うかどうかの判断は自分だよ。さすがにその批判理筋

  • 605ななしのよっしん

    2018/02/21(水) 09:36:55 ID: drIzLG08vr

    >>604
    毎回解体しては育てなおしてるのか…(時間が)すげぇな

  • 606ななしのよっしん

    2018/11/10(土) 03:33:24 ID: EF2HzciKSS

    自分も含めてE4-1のゲージ割れないのに空母使わんかった人が多い気がするし
    空母使用をアドバイスした提督戦使用アドバイス提督に埋もれてしまうくらいほとんどいなかった気がする
    純正西村艦隊にこだわるならともかくかを航巡に変えるくらいならいっそ空母を使っていればクリアできた可性もありそう
    空母は使えない・ボスにたどり着けないというの間違った認識をめることができたなら
    クリアできんかった七割くらいの提督重な入手できたかもしれない

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP