一方通行(アクセラレータ) 単語

844件

アクセラレータ

8.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

一方通行(アクセラレータ) 一方通行

一方通行(アクセラレータ)とは、ライトノベルとある魔術の禁書目録』の登場人物であり、主人公格の一人。

CV岡本信彦

概要

学園都市に7人しか存在しない超能力者(レベル5)の第1位学園都市最強者、即ち学園都市の最優秀生徒であり、常人をかにえた演算を持つ。
感情が昂ると暴な言動や残虐な戦い方をしたり、敵を痛めつけて快楽を感じる様な危うい面がある。

本名は不明。作中では自身のである「一方通行(アクセラレータ)」の通称で呼ばれる。
本名は苗字2文字名前3文字の、日本人らしいありふれた名前らしい。新約15巻で去鳴から「意外とカワイ名前」と言われている。
容姿はい眼が特徴で、原作小説では整った顔立ちと評価されている。

初登場は『とある魔術の禁書目録』3巻(アニメは10話)。
レベル6をす絶対進化計画に参加し、1万人の妹達を殺していたが、妨に来た上条当麻敗北レベル0の上条に負けたことにより実験関係者の間で疑念が生じ、実験永久凍結となった。この話は外伝作品「とある科学の超電磁砲」でも描かれている。
その後5巻の短編で再登場し、そこで初めて主人公としての活躍を見せる。打ち止め(ラストオーダー)を救出する際にを損傷し、以降はの使用に制限が加わった(後述)。

事件の裏側で暗躍する『第2の主人公』として人気は高く、科学魔術のいわば中間点に位置する上条当麻と違い、科学側の人物として描かれているが、物語が進むにつれて魔術の領域にも踏み込んでいる。

スピンオフ作品「とある科学の一方通行」では彼が単独で主人公を務める。
時系列は旧約5巻直後だが、この時起きた事件で『死霊使いエステル=ローゼンタール魔術を見ており、実は本人が認識してなかっただけで魔術と関わっていた事が判明。

エイワスが挙げた『三種のヒーロー』の内の一人「過去に大きな過ちを犯し、その罪に苦悩しながらも正しいを歩もうとする者」である。

足跡

同じ科学側に属する『第3の主人公浜面仕上物語が「人間」としての側面から展開するのに対し、こちらは者としての視点から展開する。

上述の5巻の一件でに損傷を受けて計算・言を失ったため、ミサカネットワーク波を借りることでそれを補っている。ネットワークとの接続にはチョーカー状の専用機材を用いているが、専用バッテリー代替が利かないため普段は日常生活に不自由しない程度(それでもをつく必要はあるが)に節約している。なお最大まで充電しても、節約状態では48時間、フルモードだと15分しか持たない。
演算の補助が失われると、を使用出来ないだけでく、言葉を理解する事や歩行すら出来なくなるため、バッテリーの状態には常に気を使っている。

13巻では、木原数多との戦闘においてバッテリー切れに陥るも、常識外の『新たな法則』に覚め『』を顕現させた。半ば暴走状態ながら圧倒的な破壊を見せた。
その後、学園都市暗部に確保され『グループ』に所属することに。土御門元春エツァリ海原光貴)・結標淡希と共に行動し『悪党』として精を出していたが、エイワスの現出に伴う打ち止め(ラストオーダー)の状態悪化を機に学園都市を脱出。彼女治させるための方法を探して第三次世界大戦中のロシアへ向かう。

ロシアでは、追っ手の駆動鎧袖一触したり番外個体トラウマを抉られたり上条当麻と殴り合ったりするうち、『魔術』の存在に触れ、打ち止め(ラストオーダー)を治すためのヒントがあると考え行動を開始。カザキリから『歌』のヒントを得て打ち止め(ラストオーダー)の救済に成功、自らの心にあった「何か」を取り戻す。

そして新たに『』を発現させ、フィアンマの最後の一手である『ベツレヘムの』の一撃を防ぐ事に成功。
彼の行動世界を守る最後の一手を打ち、第三次世界大戦の趨勢を決める事となった。

超能力「一方通行(アクセラレータ)」

名は自身の呼び名でもある『一方通行(アクセラレータ)』。

作中においては、『ベクトル』書き、『向き』とルビが振られており、運動量の方向を自在に操るなのであると理解できる。勘違いされがちではあるが、あくまでベクトル、それも向き限定のであり、スカラーの操作は行えない。
なので、より正確に記すると「運動量の絶対値は操れないが、持っている方向を操ることができる」となる。

普段は『反射』に設定されていて、生きる上で必要でないものや有なモノは全て自動で意識に反射される。
あくまでベクトル操作にすぎない為、余所からベクトルを集めても動かせる限界なども当然存在する。「1の無限には出来ない」という事である。

物理的な接触に対しては事実無敵を持つため、最強と言われることもあるが、垣根帝督の『未元物質』は絡め手が用いられた事もあり、初見では反射できなかったほか、木原数多のように技術と体術ですり抜けた者もいる。
それらとは別に、魔術に対しては上手くが働かず、当初は攻撃を逸らす事でいでいた。

科学天使であるヒューズ=カザキリに関しては彼女の根AIM拡散場であった為、ある程度通じたが、根が『天使(テレズマ)』であり圧倒的なを持つ『神の力(ガブリエル)』の『一掃』には全くが通用しなかった。その他にもエイワスに対しては認識すら出来ず、全く異なる次元で反射そのものを全て効化されていた。

を損傷する以前は「世界が滅んでも自分だけは立っていられる」としていたが、彼はあくまで人間であるため、飢餓・欠などの状況に陥れば当然ながら事では済まない。さらにバッテリー限界時間も考慮すると、絶対無敵でないことがえる。

しかし、ベクトル操作等のは単なる付加価値に過ぎず、彼の本質『自身が観測した現から逆算して、限りなく本物に近い推論を導き出す事』・・・名が示す通り、粒子加速器(アクセラレイター)の如き演算である事が判明する。

宇宙の始まりとされるビッグバンも、未だに大爆発そのものが明された訳ではない。
爆発直後にあったであろうと仮定される、いくつかの物理的な現が巨大なリング状の粒子加速装置内で再現・確認されただけだ。 物理学者はそこから逆算していき、原初の爆発を可な限りリアルに頭の中で思い浮かべる作業を繰り返し、細部を少しずつ詰めていく訳である。
同じ事をすれば良い。
の『向き』を集中制御して攻撃に変換するスキルなど、単なる付加価値に過ぎない。おそらく彼の存在理由の核はここにこそ眠っている。
そのの名を。
自然とつけた時点で、きっと自分は本的に知っていた。一方通行はもう一度、それをめて強く自覚し直しただけだ。

とある魔術の禁書目録22巻 第十一章 『黄金天空にて』 P.121地の文から抜 

一方通行がこの名を冠したのは、自身のの核たる部分を本的に知っていたため。作中では、未元物質をはじめとする未知の存在の解析・再定義において、そのを垣間見る事が出来る。

副次的な問題点として、戦闘時は超能力に頼りきっているため身体が低く、単純な肉弾戦では上条ストレート一発もらっただけで吹っ飛んでしまう程に弱かった(もっとも上条のパンチは常人のそれよりはるかに強なのだが)。暗部で活動するようになってからは、銃器の使用を学んだりと善傾向にある。
意識のうちに紫外線なども反射しているためかホルモンバランスが崩れ、くて眼は、体つきも男か女かわからないものになっている。⇒ 鈴科百合子

黒い翼

原作13巻(アニメでは2期22話)の木原数多戦で発現した、一方通行の新たな戦闘で発現したのは木原数多戦、垣根帝督戦、エイワス戦、ロシアでの上条当麻戦の4回。

一方通行の意思が変調を来した時に発現する。先述の<ベクトル操作>との因果関係は不明。

このを発現してる時の彼は、の色の通りどすい「殺意」に塗りつぶされており、相手に対し一切の容赦がない。ただし、上条当麻戦においては、彼の意志によって最優先すべき打ち止めへの安否を気遣う感情があったため、較的理性を持って行動・思考していた。

この状態であってもベクトル操作は可であり、垣根帝督と対峙した際にはの持つ未知の領域から発生した『何らかのエネルギー』を操作して、垣根を一方的にたたき潰している。インデックスによれば場としては『天使(テレズマ)』に酷似していたが、実質が異なるものであったとのこと。エネルギー量は聖人ですら操りきれるか分からないレベルにまで達していた。

エイワスによると「オシリスの時代」の、つまりセレマ教における十字教単一支配下の時代の法則らしく、その先の「ホルスの時代」を生きるエイワスには一切の攻撃が通じなかった。

このと『レベル6(絶対)』は別ラインである様子を伺わせている。レベル6が現状では到達不可能なのに対して、こちらはヒューズ=カザキリ・打ち止め一方通行三位一体とする事で達成できるらしい。

白い翼

原作22巻において第三次世界大戦の終局、生まれ変わったかのように一方通行は純へと変化し、頭上に純輪が発生した。ですらが多いの為、こちらは更にに包まれているが、本質的にはやはり禁書世界に存在する異世界・別位相の存在『天使』と同一のものである可性が高い。

戦闘で発現したのは現時点で3回。
上記の22巻、新約7巻でが使用した一方通行、新約10巻の上条当麻戦で確認。

天使の持つ音速をかにえる高機動性と大なテレズマを保持している。の一端として、

という描写がされている。こちらは自動人形となっている十字教の天使と異なり、一方通行の意識は残っており、ヒューズ=カザキリと同じ状態と言える。この状態であってもベクトル操作は使えるが、テレズマに関しては未だ操作不可能である。

また、新約6巻でフロイライン=クロイトゥーネに打ち止め捕食されたと勘違いした際、グロテスクな何かに染め上げられたが噴出しかけた。に性質を変える一方通行の心理状態からも左右されており、この時の彼の精狂気に満ちていた事が分かる。
しかし寸前のところで打ち止めに止められ(彼女生存を確認し)、事なきを得た。

新約の一方さん

新約1~9巻

ロシアからの凱旋後は打ち止め番外個体芳川桔梗と共に黄泉宅に転がり込んでいる。学園都市の『暗部』を解体させたで、彼が所属する『グループ』も事実上の活動休止。新約1巻では表世界日常に溶け込む努をしているものの番外個体買い物に行っただけで精的に疲弊していた。
後に上条当麻浜面仕上アドレスを交換。やったね一方さんお友達が増えたよ! 上条宅にてレイヴィニア=バードウェイから上条浜面共々、正式に『魔術』の存在、魔術サイドのの構成について教わる。

二度垣根帝督戦では、によって複製された妹達と戦う事に。妹達を傷つけないとする一方通行の攻撃意欲を削いだが、駆け付けた麦野沈利の言葉で立ち直る。最後はカブトムシ05白垣根)に『垣根帝督』としてのシステム権限を乗っ取られた垣根の崩壊に、トドメを刺す形で辛勝する。

その後、「ミサカネットワーク総体」から、今の自身の在り方に疑問を抱いている事が摘された。く、罪の償いの為に闘争の日常に浸る事を逃避としているとの事。
この傾向を踏まえ総体は「楽な方へ流されるな」と叱責した。総体は『学園都市秘密に迫る戦いに身を投じれば、何かしらの善に近づける』、『自分が地獄に落ちるのは全てを片付けてから』など、彼が陥りそうな要素を「誘導された意見だから気にすんな/return。ていうか別に格好良くも何ともないよそれ/return」と一言で両断した。

新約9巻でオティヌス世界を消滅させたが、彼も例外ではない。
オティヌス上条絶望に追い込むために創り上げた幾万・幾億もの世界の一つ「世界 version omega」では美琴全に和解していた。というよりも、この世界では妹達は約2万人全員生存しており、彼女達の会話から妹達事件はそもそも起こる前から一方通行に潰されていたようだ。

新約10~19巻

新約10巻ではオティヌスを救う為に『世界』を敵に回した上条と再び交戦し、を出したが敗北。しかし今度はある事情から(上条の為を想い)手加減していた。一部始終を見た総体は「成長した」と評価している。

新約15巻では上里翔流義妹である去鳴から煽られてブチギレ。おまけ彼女からは「とびきり面倒くさい上条ファン」と認識されていた。

新約19巻では学園都市の次代『書庫(バンク)』である「プロセッサスーツ」を着用したA・O・フランキスカ(烏丸)、浜面仕上を狙っていた。
途中で黒猫魔女ことミナ=メイザースと交戦。流石黄金魔術師再現人格で元演算装置のミナとは相性が悪かったのか、反射をすり抜けられ普通ボコられている。戦闘後、少しだけミナの学園都市放浪に付き添い、プロセッサスーツを破壊する為に活動を再開する。

後に、ローラ=スチュアートコロンゾン)に制御を奪われたインデックス(自動書記モード)と対峙。「……これは本来、の領分じゃァねェと思うンだがなァ」とボヤいて上条のもとへ吹き飛ばし、意図せず旧約1巻の再現を演出。

新約19巻ラストで遂にアレイスター=クロウリーと接触(ただし、美少女化しているが)。一方通行浜面武器を取り出し、アレイスターおうとする上条と一触即発状態に。
浜面と取引を終えたアレイスターリリス浜面に一旦預け、を携えた一方通行の眼前に出て「自分を殺す事の責任」を一方通行煽り倒した。
物怖じしない彼(?)を見て、「今のままじゃ何をやっても意味がねェ。オマエに『恐怖』を思い出させてやる。決着をつけるのはそれからだ」とひとまず決着を先延ばしにし、アレイスターに協する事となる。

大悪魔コロンゾン宣戦布告したアレイスター、そして上条浜面と共にイギリスへ向かうべく動き始めた。

新約20~22巻リバース(新約最終巻)

新約20巻、イギリスでの決戦の途上、魔術についての知識を補するため、アレイスターによる英国襲撃に備えてローラ=スチュアートが用意していた人造悪魔クリフパズル545」と契約し以降行動を共にするようになる。
ウェストミンスター寺院にてメイザースに遭遇した後はアレイスター上条行動を共にした。
その後、コロンゾンを撃破する為にクリフパズルを伴い独立して行動を開始。

新約21巻にて、アレイスターが『黄金夜明』を止めるために地脈・霊脈からの魔力供給を遮断したでそこからの魔力供給を受け存在していたクリフパズルが消滅しかけるが、以前使った技の応用でこれを回避。以降クリフパズル契約以上に忠を誓うようになった。この時の一方通行の口説き文句はさながら少女漫画である。

新約22巻では途中ネフテュスの妨を受けながらもクイーンブリタニア号に到着し、一方通行自身を経由してクリフパズルをミサカネットワークに接続させる。結果、クリフパズルは生命の(セフィロト)とも邪悪の(クリフォト)とも異なる『人造の(クロノオト)』をミサカネットワークから再定義し、に横たわる「深淵」を乗り越えた。

深淵を越える作業は現実魔術師が「殿の首領」という達人に生まれ変わる修行である。8=3の位階で示されるビナーのセフィラ、すなわち至高の三角に到達したことを意味する。ただし一方通行えたのは、恐らくクロノオトに横たわる深淵という違いがある。

なお、深淵を越えたこの間をもってエイワスと同質の「透き通るざめたプラチナ」に変貌を遂げている。ちなみにクリフパズルと接続し、魔術にある程度の理解を示した状態の彼は、これまで以上に魔術自然に反射できるようになっている。

その大な圧でもってコロンゾンから実体を奪うことに成功した。
事件終息後、死に際のアレイスターと対話し、リリスの身柄と学園都市統括理事長の全権限を相続事実上の学園都市統括理事長に就任した。

新約22巻リバースでは神浄の脅しによって敵対する事となった英国女王エリザードと対峙。
オジギソウなど最新技術を惜しみなく使い、そして自分自身すら学園都市テクノロジーの一つに過ぎないと言い放ち、最後には右の拳でエリザードを撃破。本人くこれが「統括理事長としての外交デビュー」らしい。
その後諸々が終わり学園都市へと帰還。統括理事会の面々の居る会議室へと堂々と入り込み、者をモルモットと呼んで憚らない『大人達』へと、堂々と"挨拶"をした。

それじゃ注学園都市統括理事長の一方通行です。みンなよろしくね

余談だが、今回の件にて打ち止めとの約束「必ず戻る」をようやく自分ので果たす事となった。

ニコニコ動画での扱い

先述の通り、彼は打ち止めを大切にしているダーティナイスガイである。
で、ついたあだ名一方通報(アクセロリータ)

他にも原作準拠での打ち止めとの関係から、一方好意(ナツカレータ)

とあるMADでの「ラストオーダー毛布を剥いだ後警察を呼ばれピーポーピーポーの例の音をBGMダッシュ逃げシーン」で作られた物だと思われる、一方通報(サツヨバレータ)

同じく上記のシーンでサツからバックレタ(逃げてるだけであり、約束もしていないのでばっくれる、という言葉の意味としては正しくはいが呂がよければ全てよし!)ので一方逃走(バックレータ)

他にも、MADなど各種動画にて独自の呼び名が登場している。が、中でもロリコン扱いはもはや定番ネタとなっており、ロリコン四天王の一に挙げられるほどである。
当然ながら、あくまでネタである。彼が本当にロリコンであると作中で示唆されたわけではない。

また、結標淡希と戦った際に「こっから先は一方通行(いっぽうつうこう)だ」という台詞を放った動画が有名であるが、これを言ったのは後にも先にもここだけであり、特に決め台詞として定着しているわけでもない…はずだったが、上記のスピンオフである『とある科学の一方通行』やスマートフォン向けゲームとある魔術の禁書目録 幻想収束』のCMでは決め台詞のように扱われている。
原作小説8巻では「侵入は禁止ってなァ!!」と続いていたりするが、残念ながらアニメ二期ではカットされている。その事を残念がっている彼のファンもいるとかいないとか。

お絵カキコ

一方通行一方通行一方通行一方通行一方通行一方通行一方通行

関連動画

アニメ初登場回

とある魔術の禁書目録」「とある科学の超電磁砲S」それぞれで初登場した回(公式チャンネルより)

MADなど

音MADについては「クソヤロイド」の記事を参照してください。

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP