今注目のニュース
『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』Any%RTA世界1位のテクニックが複雑すぎてヤバい。BGMの解説に譜面を持ち出すガチっぷりに視聴者困惑!
不具合続きの『ポケマス』再び謝罪 解決策示すもプレイヤーから厳しい声
“実家のような安心感”あるボカロ曲『ペンギンステップ』が偉大なほどかわいい! 期待の変…新人・ひらうみP登場

女神異聞録ペルソナ単語

メガミイブンロクペルソナ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(218)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

女神異聞録ペルソナとは、1996年9月20日アトラスから発売されたプレイステーションソフトである。

また、2009年4月29日リメイクされたPSP版が発売された。

2018年12月3日発売のプレイステーションクラシックに本作が収録された。

概要

女神転生シリーズの流れを組みつつも、新しい試みを持たせた作品。
大きく変わったところは「悪魔仲間(仲魔)にならない(シリーズ定番のCOMPも登場しない)」「パーティーが全て人間全員高校生少年少女)」というところであり、主人公たちは自らに宿した(降魔という表現をされている)「ペルソナ」ので戦う。

ストーリーは基本的に通称「セベク編」と呼ばれる1本ルート
だが、序盤の行動によって、通称「女王編」と呼ばれる、難易度の高い隠しルートに進める。
さらにどちらのルートにもバッドエンドが用意されており、進め方や選択肢によって左右される。
女王編に突入するためには特殊な手順が必要だが、特に2週限定というわけではないので、隠しイベント等を探すのが得意な人は何も知らないままうっかり突入してしまうという事故も。

ダンジョンはかなり広大な作りになっており、クリアするまでにはかなりの時間を要する。また、セーブポイントが少なくエンカウント率も高いのが特徴。

総じて本作は難易度が高めのRPGに分類されるが、それまで重厚かつハードだったメガテンシステム世界観を判りやすい超能力バトルに転化した事や、思期の高校生の心理やトラウマを題材としたストーリーは評価を受け、昨今までシリーズ展開が続いているアトラスの新たな看シリーズとなった。

PSP版は移動速度の向上、ロード時間の短縮、戦闘エフェクトのスキップなどが見られ、
プレイする上でストレスとなっていた部分が大幅に軽減された。
また、BGMの一部が新規曲に差し替えられている。新規曲はP3以降に近い雰囲気であるため、ユーザーからの評価は賛否両論である。 

戦闘

全体

女神転生シリーズと違い、戦闘シーンがクォータービュー形式に変更。
パーティ形を組んで戦うが、主人公たちが装備できる武器は剣、共に種類が決まっており、
攻撃範囲がほぼ固定となっている。このため、あまり自由形は組めない。

交渉

悪魔との会話はパーティか」「どんな会話をするか」という選択方法になっており、主人公の特権ではなくなった。むしろ本作で主人公の会話コマンドは相当”使えない”部類なので、個性豊かな仲間が会話のカギになる事が多い。
また悪魔の感情も4つ(怒り、喜び、興味、恐怖)に分かれてグラフで明示されるようになった。

レベルアップシステム

経験値は「戦闘での貢献度が高いキャラが多くもらえる」という特殊なシステムが採用されている。
実験的な試みであったが、HPが最大の状態で全体回復魔法を使っても貢献度が高く上がるように設定されていたり、素さが低いキャラ(マーク、なんじょうくんなど)のLvが上がりにくかったりなどの弊があり、次作からは使われていない。

魔法

これまでの女神転生シリーズでは属性魔法はさほど多くはなかった(火炎、氷結電撃、衝撃、破魔、呪殺程度)が、今作では精霊魔法(火炎、氷結疾風地変)、物理魔法電撃重力、衝撃、核熱)と、大幅に増加した。

先述したシステムにも関連するが、敵も形を組んでいる。なので、敵1体を攻撃範囲の中心とする魔法・特技で攻撃するように設定したとき、ターゲットの敵が味方の攻撃などで先に倒れるとターゲットは別の敵へシフトしてしまう。
このため、ターゲットとなった敵が生きていれば敵全員に攻撃が当たるはずが、ターゲットがズレたために1匹にしか当たらなかった、などということも起こるので注意が必要である。

また、バッドステータスの種類も非常に多く、物理攻撃が不可能になる「罪悪」、命中率が下がる「盲目」などが追加された。

PSP版は範囲がマス表示され、見やすくなった。

ペルソナ

作品により若干意味合いが異なるが、本作におけるペルソナとは人間の心の底にある別人格が、(メガテン的な意味の)悪魔の形で具現化したもの。
主人公たちはふとした事がきっかけでペルソナを獲得し、「ペルソナ使い」となる。

ペルソナは1キャラにつき、最大3体まで降魔(=ペルソナを装備)する事ができる。
ペルソナタロットにおける大アルカナで種族分類され、
キャラ固有の相性、ペルソナ自体の相性によって降魔可かどうかが導き出される。
(種族相性が良いアルカナでも、キャラとの相性が悪いので降魔できないペルソナも存在する)
また、ペルソナには降魔に必要なレベルが設定されている為、高レベルペルソナを降魔する為には、キャラクターレベルも上げる必要がある。

ペルソナは使いこむ事によってランクが8まで上がり、使える特技が増えていく。
また8まで上げると、消去する際にアイテムに変化させることができる。

ちなみにペルソナの種族分類は、女神転生シリーズにおける悪魔分類をアルカナに当てはめた感じになっている。(例:EMPEROR=魔神SUN=霊WORLD=龍神など)

ベルベットルーム

女神転生シリーズ悪魔合体施設であった邪教の館に代わり、ペルソナの作成や降魔をする為の施設としてベルベットルームが登場。
様々な場所で、ペルソナ使いにしか見えない「」が出現しており、それを抜けると一面がで、女性の歌のく不思議な一室があり、部屋の人である鼻の長い小男イゴールが丁重に出迎えてくれる。場所や内装、入室条件等は作品によって差異があるものの、ペルソナシリーズ全作共通の施設となっている。

新たなペルソナは、悪魔との会話で手に入る「スペルカード」を素材とし、ベルベットルーム合体させることによって入手することが出来る。
(このため、これまでの女神転生シリーズと感覚はあまり変わらない)

ペルソナ同士を合体させる」という事は出来ない。また、隠しアルカナとして事故でしか作れないFOOLが存在する。

合体時に魔法継承が可アイテム(はんげつのせきばん、等)を入れる事により、ペルソナ魔法を1つ追加することが可
また特殊なペルソナを作成する場合には「封具」という、特別なアイテムが必要。
(すいてんぐうのおふだ、まさむねのがんたい等)

ガイ合体というのもあり、今所持しているスペルカードから出来る組み合わせを一覧表示してくれるので、カードさえ集めていればとりあえずざっくばらん合体も可
ただし、素材の入れる順番や相性などで色々変わるので、しっかり合体したい場合は研究が必要。

プレイヤーキャラクター

主人公(デフォルト名なし)

エルミン学園2年生。プレイヤーの分身(という設定)のため、性格描写的なものはほとんどない。
武器は片手剣マシンガン
過去作の主人公と同じく、ステータスポイント自由に割り振れるのは彼だけなので、必然的にになる。
アルカナは「EMPEROR=魔神」。初期ペルソナは「セイメンコンゴウ」。

ピアスを付けているのが特徴で、「ピアスの少年」などと呼ばれる。
コミック版での名前は「堂尚也」で、死んだ双子兄弟が居るなど、独自の設定がある。

園村麻希(マキ)

主人公クラスメイト病弱御影総合病院に入院している。
セベク編の固定メンバーであり、ストーリーの鍵となるキャラクター
武器は矢とハンドガン。射程の相性が逆な上、後列になる事が多いため、同時に使うことはほとんどない。
アルカナは「PRIESTESS=女神」。初期ペルソナは「マソ」。

稲葉正男(マーク)

主人公クラスメイトマキ心を持つ。セベク編の固定メンバー。気さくで陽気なムードメーカー
武器はショットガン。固定メンバーであるが、素さが伸びないのでなかなか成長してくれない。
また戦闘時においては特徴的な掛けペルソナを召喚する。ペルペルペルペル
アルカナは「CHARIOT=破壊神」。初期ペルソナは「オグン」。

南条圭(なんじょうくん)

主人公クラスメイト南条財閥の御曹司。常にNo.1をす男。
常に上から目線のお坊ちゃまだが、薬局BGM洗脳されかけたり、意外と抜けているところもある。
セベク編固定&女王編選択メンバー。武器は両手ライフル
アルカナは「HIEROPHANT=」。初期ペルソナは「アイゼンミョウオウ」。

余談ではあるが、劇中では大概呼び捨てにされており、全然「なんじょうくん」なんて呼ばれ方はしない。

桐島英理子(エリー)

主人公クラスメイト帰国子女なので、ルー語を話すお嬢様主人公と交渉コマンドや使用武器にいくらか共通点がある。
ルートで選択可メンバー。武器は片手剣ライフル
アルカナは「JUDGMENT=天使」。初期ペルソナは「ニケー」。

上杉秀彦(ブラウン)

主人公クラスメイト。お調子者だが実は意外と繊細。マークとは似たもの同士である。
小さいころのとある事件以来、ブラウンというあだ名が付けられている。
ルート選択メンバー。武器はマシンガン
アルカナは「JUSTICE=軍」。初期ペルソナは「ネヴァン」。

綾瀬優香(アヤセ)

主人公クラスメイト。イマドキのコギャル(発売当時)
「今が楽しければそれで良い」という刹那的な性格。庭的な一面もあるが、ワガママである。
女王編固定、セベク編選択メンバー。武器はハンドガン
アルカナは「MAGICIAN=幻魔」。初期ペルソナは「フーリー」。

黛ゆきの(ゆきのさん)

主人公クラスメイト。男前な性格だが、意外と気さくで頼れる女番長的存在。
女王編固定メンバーストーリーの鍵となるキャラクター。この為、あまり彼女のおっかけをしているとうっかり女王編に突入してしまう。
武器は飛具とショットガン
アルカナは「EMPRESS=地」。初期ペルソナは「ヴェスタ」。

南条と同じく、やっぱり「ゆきのさん」なんて呼ばれない。

城戸玲司(レイジ)

主人公クラスメイト無口想で筋肉質とコワモテだが、何故か主人公には優しい。
特定の進め方をしないと仲間にできない、隠しキャラ的存在。
セベク編限定キャラ。武器はナックルとライフル
アルカナは「DEVIL=魔王」。初期ペルソナは「ブレス」。
DEVILDEATHTOWER、HANGEDMANなどのけったいな属性ペルソナに特化した適正を持つ。
その後のシリーズにおいてもDEATHTOWERなどに所属するペルソナをまともに扱える、一のキャラ

他作品とのつながり

一部プレイヤーキャラマキブラウンエリー、なんじょうくん、レイジ、ゆきのさん)は2にも登場。
実際に仲間になるキャラもいる。主人公もちらっと出てた。

真・女神転生if...女主人公は「内田たまき」という名前を得て登場。2にも登場する。

関連商品

関連ゲーム

関連CD

関連書籍

関連コミュニティ

関連項目

ペルソナシリーズ
ゲーム本編 異聞録 - P2罪/ - P3 - P4 - P5
ゲーム移植外伝 P3F - P3P - P4G - P4U/U2 - P4D - PQ
アニメ P3M - Pts - P4A/P4GA - P5A

掲示板

  • 216ななしのよっしん

    2019/05/10(金) 23:59:17 ID: rTB/fkK0jI

    熟練度の低いペルソナを使えない技でひたすら慢して発動し
    いざ8になったら発動回数がもったいないので
    また違うのを1から……ってゲームとしておかしい
    遅延という意味では本当にひどいゲームだった

  • 217ななしのよっしん

    2019/07/13(土) 16:23:56 ID: jSc89hFdkC

    2でも熟練度の仕様はそのままだったな
    熟練度5くらいでスキル全部解放されて6以降はステUPの方が良かっただろうな

  • 218ななしのよっしん

    2019/08/15(木) 23:31:55 ID: DGSWcqLYZw

    >>216
    ペルソナ熟練度あったなぁ
    あとどれくらいかって数値が直接見えないのもつらかった

    これを買った数か後にP3情報が出てきたのも今ではいい思い出
    買った当時はギリ10年経ってなかったんだな、今思うと

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 12:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP