renddさんのページユーザー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニアDISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA)とはスクウェア・エニックスからスマートフォン向けに配信されている基本無料ゲームである。
略称は「DFFOO

2017年2月1日より配信開始。開発はディシディア ファイナルファンタジー(アーケード)(以下DFFAC)と同じくコーエーテクモゲームスTeam NINJA

概要

ディシディアファイナルファンタジー シリーズゲームだが対戦アクションではなく、DFFACを元にしたコマンドRPGソーシャルゲームである。
戦闘システムFFXで採用されたCTB(カウントタイムバトル)ベースに、敵を攻撃してブレイブを溜め それを消費して相手のHPを削るディシディアの基本システムや追撃といった要素を組み込んだものになっている。
基本的にはフィールドマップが存在しないRPGのように遊べる。ディシディアらしくブレイブ攻撃とHP攻撃をタイミングを見て使い分け、回数制限のあるアビリティをどのタイミングで使用するかなどを考えながらのバトルになる。

オペラオムニアとは全集の意であり、様々なキャラクターが登場しており、全キャラクターの登場が標だという。具体的なカバー範囲は不明。
キャラクターデフォルメされておりIXくらいの頭身である。

キャラクター自体はストーリーを進めたり期間イベントに参加するだけで手に入るすることができる。期間イベントを逃したとしてもしばらくすると断章として常駐するようになる。

装備

キャラクターが簡単に対して装備はガチャイベント報酬で手に入れなければならない。
レア度はの数の5段階でガチャからは3,4,5が出現する。4,5の装備は特定キャラクターと結び付けられており相性武器とも呼ばれる。また装備の名称にはゲーム名が付いており、例えばルーンブレイドVI】とルーンブレイドIX】などが共存する。

武器は種類でカテゴライズされており、各キャラクターに一つだけ装備可武器種が設定されている。分類は今のところ短剣、(中)、大剣、格闘、、投擲に、後に追加された、その他の計11種。なお追加の4種は5しか存在しない。
カテゴライズが大まかすぎてセシルの暗クラウドバスターソード、スコールリボルバーセフィロスマサムネブレードが全て大剣として一括りだったり、投擲に手裏剣ボールブーメランカードが詰められていたりする。
故にバスターソードを振り回すスコールブリツボールを投げつけるシャドウ、二丁拳銃が一丁持ちと統合されているためにサッズが大きなマシンガン二刀流するなどの妙なが見られる。
また、装備可武器種は1キャラ1種と決まっているので、明らか武器種の垣根をえてしまっている武器がそのキャラ用に用意されていたりもする。逆に武器が汎用故にライトニングセラなどの変形武器は変形させることができない。
その末にカテゴライズ不能武器用に特定キャラしか装備できない その他カテゴリが追加。ケフカ飾りやセルフィヌンチャクなどが該当。
全集なら最初から武器種を細かく分けとけと思わないでもない。

相性武器

レア度4以上の装備には相性性と呼ばれる追加があり、特定キャラクターに装備させることによりその効果が発揮される。防具や4武器にはステータスを底上げする相性性が付いているが、5武器には特定アビリティを強化するものなどがあり、中にはEX武器と呼ばれるアビリティそのものを追加する相性武器も存在する。

相性装備は性が発揮されないだけで他のキャラでも装備可。ただし中には専用装備と言って相性キャラでしか装備すらできないものもある。

相性装備を3回限界突破した上でレベルマックスにすると見たレア度が1つ上がり、付いていた相性が"パッシブ化"して装備していなくとも相性キャラに相性が付けられるようになる。一度パッシブ化したはその装備を破棄してもなくならない。

アーティファクト

パッシブを覚えさせる為の特別な装備。一応防具扱いだが装備としては相性もなく使い物にならない。
3回限界突破+レベルMAXでパッシブ化し、ランダムを底上げする効果が発現する。レア度は2〜4の3段階だが、同じキャラ用でもレア度が違えば限界突破には使用できない。ただし、強化でレア度が上がったものは元のレア度のものと同列に扱われ、防具同様パッシブはキャラに残るので次のアーティファクト限界突破素材にできる。
レア度が高いほど得られるボーナスがより大きく、4に至っては2つ分の効果を持つ。一度に覚えさせられるアーティファクトのパッシブは合計3つまで。上書きは可

ストーリー

ここは々に選ばれし戦士たちの休息の場として生まれた世界

なる破壊神スピリタス
然たるマーテリア
二柱のが数多の時から戦士を集めた世界があった
その戦士たちはそこで日相争いそれぞれのげていた
繰り返す苛な戦いにより戦士は傷つき心は砕ける そこにクリスタルが届いた
クリスタル戦士をあわれみ彼らに憩いを与えるよう願った
クリスタルきに応え もうひとつの世界ーー
幻想の大地を作り出した
せんしたちはここでつかの間の憩いを得るはずだった
だが……

マーテリア精霊モーグリアドバイスを受け、自分が呼んだ戦士たちに世界を蝕む次元のひずみを閉じて回るをさせる。

キャラクターたちは原作世界のことは覚えているがDFFシリーズでのことは一切記憶していない。
同作品のキャラは基本同じタイミングから来ており、進行具合は作品ごとに大きく違う。

キャラクター

FFの歴代キャラクター仲間に加わる。ナンバリングだけでなくタクティクスクリスタルクロニクルからも登場している。
ヒーローサイドだけでなくライバルサイドキャラクターパーティメンバーに加えることができる。

声優名前キャラは初めてボイスがついたキャラ。それ以外のキャラはなんらかで演じたことのある声優が担当している。そのため兼役もちらほら。

ファイナルファンタジー

II

III

IV

V

VI

VII

VIII

IX

X

XI

XII

XIII

XIII-2

XIV

XV

零式

タクティクス

クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト

クリスタルクロニクル クリスタルベアラー

ディシディア

余談

テレビCMではライトニングが物凄くいじられていた。

端的に言うと、ライトニングさんオペラオムニアに登場してないのを本人が文句を言うという内容の実写CMである。
しかも部屋編、ジム編、会議編の計3本もある。
ライトニングさんを演じたのは女優菜々緒公式なだけあって衣装はしっかり作られている。

部屋編は上下ジャージの雰囲気0のライトさんが汚部屋で担当に電話で文句を言うというツッコミどころ満載な内容で、よく見ると部屋の中に衣装や自分のポスターが置かれている。


関連動画

関連項目

キャラ出典元のゲームの記事へは"ファイナルファタジー"の記事を経由してください。

この記事を編集する

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2017/05/26(金) 20:49:10 ID: o+gNkcjrbL

    記事編集お疲れ様です

  • 5ななしのよっしん

    2017/06/17(土) 20:00:21 ID: i5wy+MNYlr

    メトロイドの個別記事作りまくってるのはいいけど、作ったなら「メトロイド」の記事にも乗せた方がいいんでは?
    ていうか記事分割していいかどうかみたいな話って済んでるの?

  • 6ななしのよっしん

    2017/12/15(金) 14:17:56 ID: Rz+B9vy1sS

    >>6
    レスにやっと気づいてかなりの亀レスになりますが、その後作成したメトロイドの記事は自分で埋め込みました
    分割についてですが、そもそもなぜ一つの記事だけで完結させようとしていたのかと逆に聞きたいくらいですね、バージョンアップ版やリメイクであれば一つの記事で扱うのも妥当と言えますが、ストーリーどころかジャンルからしてなにもかも全く違うにもかかわらず一つの記事だけで済ませるのは不合理でありタグ検索しづらく概要の拡も著しくできなくなっている
    しかもリダイレクト記事だけはしっかりそれぞれの分を用意している、と
    以前よりあったメトロイドプライム3の記事には一つの記事に留めたいという趣旨のレスも見受けられましたが一つだけの記事にこだわる理由が全く見当がつきません

    プレミアム会員は先末の(く)発表会を機に打ち切りました
    Splatoon2のブキの記事を弄っていたのが自分一人だったので、未だに膨大な量存在する1からのブキの記事に2の内容を追記できてない点は心残りではありますが
    Splatoon2ブキ
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/22(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/22(木) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP