みどり(列車)単語

ミドリ

みどりとは、国鉄からJR九州にかけて運行されている列車である。

概要

博多駅佐世保駅間を鹿児島本線長崎本線佐世保線経由で運行する特急列車である。16往復設定されており、繁忙期には臨時列車九十九みどり」、ゴールデンウィークには「有田陶器みどり」が運行されている。

一部列車博多駅早岐駅間で「ハウステンボス」と併結して運行しており、早岐駅連結・切り離しが行われる。2011年までは「かもめ」とも併結運転が行われており「かもめみどりハウステンボス」の3階建て列車は有名であった。

使用車両783系みどり編成と787系ハウステンボス併結運転時は全て783系であり、1~4号ハウステンボス編成のハウステンボス、5~8号みどり編成のみどりとなる。また、4号5号は貫通で通ることができる。
なお、車両運用の都合でハウステンボス編成やCM35編成(予備編成)を使用することもある。稀にみどり編成とハウステンボス編成が同時に検に入ることがあり、「ハウステンボス編成のみどりみどり編成のハウステンボス」と編成が逆転することもある。

ちなみに当初は肥前山口岐~諫ルート長崎線であった為に、博多駅早岐駅佐世保駅間を運行するみどり早岐駅でのスイッチバックが必須となっている。

歴史

佐世保線特急列車として長い間活躍しているみどりだが、山陽新幹線博多駅まで開業する前は山陽本線日豊本線特急列車であった。

当時一の関西九州間の特急列車であったかもめの増発分としてサンロクトオダイヤ正で設定されたのがみどりの名称の初出である。これ以来、みどりかもめ姉妹列車としてみられる事が多い。10月1日ダイヤ正で大阪博多間に設定されていたはずだが、はつかりで多発していたキハ80系車両故障に対する予備確保の為にひばりと共に運行開始が遅れ、みどり12月15日から運行開始されている。

東海道新幹線開業に伴い従来のみどりの筋は電車特急はとに譲り、みどりは新しく気動車特急として新大阪熊本大分間となる。しかし翌年に鹿児島本線の電化が熊本駅まで到達すると新大阪博多間を運行していた電車特急つばめつばめ史上最長の運行区間として名古屋熊本間に変更され、気動車特急みどり直方飯塚の利用客の需要にも応えるために筑豊本線を経由する初の特急列車として新大阪大分筑豊本線経由佐世保間に変更される。

日豊本線の電化が大分駅より宮崎側の幸崎まで到達すると筑豊本線経由佐世保駅発着列車気動車特急いそかぜとして分離し特急みどり新大阪大分間の電車特急となる。このとき使用された車両583系良前の月光581系であり、運転が可だった581系が初めて使用されたの運用である。しかし現在でいうグリーン車が未連結だった為に別府大分方面への旅行客にあまり評判が良くなかったので翌年には481系車両変更されている。

山陽新幹線岡山開業翌年には新幹線接続列車として岡山駅発着列車も設定され2往復になり、日豊本線の電化が南宮崎駅まで達成すると宮崎駅発着列車も設定されるが多くの山陽本線特急がそうだったようにみどり山陽新幹線開業に伴い止される。

ところで山陽新幹線博多開業の際に長崎本線と共に佐世保線にも新幹線連絡特急が設定される予定であったが、処々の理由で電化が遅れた為に行列本州直通特急かもめ止され佐世保線には気動車急行が4往復から8往復に増発されただけに留まっている。

佐世保線が電化すると気動車急行3往復減に対して予定通り小倉駅博多駅から佐世保駅まで電車特急みどりが6往復設定され、全列車肥前山口駅までは長崎駅発着のかもめと併結していた。気動車特急でなく電車特急同士が併結されるのは初であり、かもめ8両に対して当時の特急列車最短の4両で運行されていた。そして急行減便に対して順調に特急みどりは増発されていき、国鉄民営化直前には13往復になっていた。また、ほとんどの列車特急かもめと併結していたが国鉄民営化前には全列車が単独運転していた。

国鉄が民営化されJR九州になるとJR九州は使用車両485系を自社の色である赤色に塗った為「みどり」という列車名と矛盾が生じる事となる。ちなみに2002年10月から2003年3月までの半年間は885系も使用されていた為に「みどり」も存在していた。それ以降はみどりの使用車両783系に統一されていた。

JR九州時代にはかもめの増発の対応としてみどりは再びかもめと併結する列車もでてくるようになる、また佐世保市内に遊園地ハウステンボスが開業すると早岐駅まで特急ハウステンボスと併結される列車もでてくるようになる。ちなみにハウステンボスの号数は基本的にみどりと同じとされている為にハウステンボスの号数にはき番号が存在している。これに伴い博多肥前山口間は「かもめみどりハウステンボス」の三列車が併結される列車も存在する事となる。
しかし、これも2011年3月九州新幹線博多駅まで開業し博多駅鳥栖駅間の線路に余裕が出来た事からかもめと併結は解消され、21年振りにみどりかもめと併結しなくなった。また、リレーつばめ有明で使用されていた787系九州新幹線の開業で余剰となったので、一部のみどり787系が充当されるようになった。「みどり」の誕生である。

資料集

山陽特急みどり廃止直前

列車種別
特別急行
運行会社
日本国有鉄道国鉄
運行区間
大阪駅大分駅(下り1号705.9km)
岡山駅宮崎駅(下り2号736.4km)
大分駅岡山駅(上り1号529.4km)
宮崎駅新大阪駅(上り2号916.7km)
経由線区
東海道本線新大阪大阪神戸間)
山陽本線神戸岡山~門間)
鹿児島本線(門小倉間)
日豊本線小倉大分宮崎間)
使用車両
481系11両編成
時刻
大阪駅8:23(下り1号)・岡山駅12:35(下り2号
大分駅8:40(上り1号)・宮崎駅7:48(上り2号
所要時間
2時間20分程度(新大阪大阪岡山間)
7時間6分~7時間13分(岡山大分間)
3時間20分~3時間21分(大分宮崎間)
列車番号
下り33M(1号)・1035M(2号
上り1036M(1号)・34M(2号
最終運転日
1972年3月14日

停車駅

小倉駅以東

文字数の都合で「下り1号」は「下1」と表示。参考として翌日からの新幹線も記載(新大阪岡山間は開業済)。ひかりの停は1時間に1本程度運行されていた通称「Wひかり」「ひかり」と呼ばれた最速便のみ記載。











西













































下1
下2
上1
上2
参考:新幹線の停
こだま
ひかり
小倉駅以南

参考としてみどり運行時に日豊本線で運行されていたにちりん2往復の停も記載。



































鹿


西
鹿


下りみどり1号
下りみどり2号
上りみどり1号
上りみどり2号
参考:にちりんの停
電車にちりん
気動車にちりん

九州特急みどり

列車種別
特急
運行会社
九州旅客鉄道JR九州
運行区間
博多駅早岐駅佐世保駅早岐駅で方向転換・117.0km)
経由線区
鹿児島本線博多鳥栖間)
長崎本線鳥栖肥前山口間)
佐世保線肥前山口岐~佐世保間)
運行本数
16往復
使用車両
783系4両編成・8両編成
787系6両編成・7両編成
編成図
783系4両編成(19・28号
早岐駅 博多佐世保駅
5号 6号 7号 8号
G | 定席 自由席 自由席
783系8両編成(1~4号は「ハウステンボス」、博多駅早岐駅間併結)
岐・ハウステンボス駅 博多佐世保駅
1号 2号 3号 4号 5号 6号 7号 8号
G | 定席 | 自 自由席 G | 定席 自由席 自由席
ハウステンボス みどり
783系8両編成(2・8・212325373032号)
早岐駅 博多佐世保駅
1号 2号 3号 4号 5号 6号 7号 8号
G | 定席 | 自 自由席 G | 定席 自由席 自由席
787系6両編成(1・10号)
早岐駅 博多佐世保駅
1号 2号 3号 4号 5号 6号
DX,G│個4 定席 定席(B) 自由席 自由席 自由席
787系7両編成(4・6・29・31号)
早岐駅 博多佐世保駅
1号 2号 3号 4号 5号 6号 7号
DX,G│個4 定席 定席 自由席(B) 自由席 自由席 自由席
※DXはDXグリーン席、Gはグリーン席、個4は4人用グリーン個室、Bはボックスシートあり。
所要時間
1時間42分~1時間55
列車番号
4000M+号数(3号なら4003M)
その他
早岐駅佐世保駅間は乗車券のみで乗
2018年3月17日ダイヤ正時点の情報

停車駅

大町駅にはかつて停する列車が存在していた。神埼駅バルーンさが駅北方高橋・上有田駅にはイベント時のみ臨時停する事がある。
は全列車、○は半数以上が停は半数以下の一部が停、=は他線区経由。


























































みどり
[博多~佐世保]
ハウステンボス
[博多
ハウステンボス]

列車名の由来

木々の色である緑色みどりいろ)から。

列車名の変遷

山陽特急みどり

1961年10月 大阪博多間に特急みどりが設定される。
大阪 - 神戸 - 姫路 - 岡山 - 福山 - 広島 - 岩 - 徳山 - 小郡 - 下関 - 門 - 博多

1964年10月 東海道新幹線開業のダイヤ正で運行区間が新大阪熊本大分間に変更される。
新大阪 - 大阪 - 神戸 - 岡山 - 福山 - 広島 - 徳山 - 小郡 - 厚狭 - 下関 - 小倉 - 博多 - 久留米 - 大牟田 - 熊本小倉 - 中津 - 別府 - 大分

1965年10月 熊本編成は特急つばめに変更しみどりの運行区間は新大阪大分筑豊本線経由佐世保間に変更される。

1967年10月 佐世保編成を特急いそかぜに変更しみどりの運行区間は新大阪大分間に変更される。

1973年3月 岡山大分間の1往復を増発しみどりは2往復になる。

1973年10月 運行区間が大阪大分間・大分新大阪間・岡山大分間に変更される。

1974年4月 運行区間が大阪大分間・大分岡山間・岡山宮崎間・宮崎新大阪間に変更される。

1975年3月 山陽新幹線開業のダイヤ正でみどり止。

佐世保線特急みどり

1976年7月 エル特急みどりが計6往復設定される。内訳は小倉→佐世保間2本・博多→佐世保間4本・佐世保→博多小倉間それぞれ3本。小倉博多肥前山口間は全列車長崎駅発着のかもめを併結していた。
小倉(2.5/2.5) - 黒崎(2.5/2.5) - 博多(6/6) - 鳥栖(6/6) - 佐賀(6/6) - 肥前山口(6/6) - 武雄(3/6) - 有田(3/6) - 岐(6/6) - 佐世保(6/6)

1978年10月 1往復増発して小倉~佐世保間3往復・博多~佐世保間4往復の計7往復に増発。

1980年10月 全列車博多~佐世保間の運行区間になると共に急行の格上げで10往復に増発。

1982年11月 急行の格上げで3往復増発しみどり13往復になる。

1989年3月 1往復増発しみどり14往復になる。

1992年3月 一部列車博多ハウステンボス間を運行する特急ハウステンボス博多岐間で併結する。

1996年3月 1往復増発しみどり15往復になる。

2002年10月 1往復増発しみどり16往復になる。

2008年7月 エル特急の名称が止される。

2011年3月 全列車かもめとの併結を取りやめとなる。

2018年3月 早岐駅佐世保駅間において、乗車券のみで乗になる特例が設定される。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

みどり(列車)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • みどり(列車)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!