エギーユ・デラーズ単語

エギーユデラーズ

地球連邦軍、並びにジオン公国戦士に告ぐ。
々はデラーズ・フリート
いわゆる、一年戦争と呼ばれた、ジオン独立戦争終戦協定が、偽りのものであることは、にも明らかである!

何故ならば、協定は『ジオン共和』の名を騙る売国奴によって結ばれたからだ。
々は、かも戦いの的を見失ってはいない。それは、間もなく実されるであろう。
々は日々思い続けた、スペースノイドの自治権確立を信じ、戦いの業火に焼かれていった者達の事を。
そして今また、敢えてその火中に飛び入らんとする若者の事を。
スペースノイドの、心からなる希である自治権要に対し、連邦がその強大な軍事を行使して、ささやかなるその芽を摘み取ろうとしている意図を、明するに足る事実を、私は存じておる。

見よ、これが々の戦果だ。このガンダムは、核攻撃を的として開発されたものである。
南極条約違反のこの機体が、密かに開発された事実をもってしても、呪わしき連邦悪意を、否定出来うる者がおろうか!

みよう!何故ジオン独立戦争が勃発したのかを!
何故等がジオン・ズム・ダイクンと共にあるのかを!

々は三年間待った。
もはや、が軍団にいの吐息を漏らす者はおらん。

今、若人の熱き血潮をが血として、ここに私はめて地球連邦政府に対し、宣戦を布告するものである!!
繰り返し心に聞こえてくる、祖国の名誉の為に……

ジークジオン!!

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY 第5話 『ガンダムへ』より

デラーズ

エギーユ・デラーズとは、機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYの登場人物である。

小林清志

概要

ギレン・ザビの理想を盲信するジオン軍人で、デラーズ・フリート創設者。年齢を思わせるちょっと強面な顔立ちと、スキンヘッド&かこみが特徴の男。ちなみに禿ではないらしい。

前史

一年戦争時はジオン公国軍の大佐だった。ギレンに与する人物だが、所属は明らかになっていない。ただしギレンの野望ムービー内の描写などを見るに、少なくともギレンの近しい立ち位置にいたことが伺える。
何らかの大きな功績を立てていたようであり、一年戦争ではグワジン級の大戦艦・グワデンの艦長にまで任命されたほどだった。

しかしギレンは誅殺され、その件は戦死と報告を受けたものの、デラーズは即座にキシリアによる暗殺と看破。そして、揮系統の乱れからジオンが敗戦することを見抜いてか、艦隊を撤退させ、戦線を離脱した。この時、当時大尉だったアナベル・ガトーが死して忠義を示そうとしていたため、その生命を預かる形で強引に引き止めた。
一見、先を見越した義心に燃える美談のように見えるが、(ギレン暗殺の時点で詰んでいたようなものだが)この離脱でア・バオア・クーの戦いの趨勢が決定づけられたこともあり、デラーズの行動に対する評価は分かれがちである。

終戦後、まだ戦い抜ける意思を持ったジオン公国兵を引き連れて、自らが建造した茨の園へと避難する。この時、ジオンの残党が流れた組織の一つであるアクシズへの参加は断っている。断った理由はアクシズがキシリアに近いためだったからと言われている。

人柄・活躍など

0083劇中の事件を起こした本人であり、敵側における最大のキーパーソンである。後に0083での一件は彼の名をとってデラーズ紛争と呼ばれるようになった。
作戦を計画し、核兵器を発射することが可ガンダム試作2号機RX-78GP02)を強奪。地球連邦軍などに対して「戦争はまだ終わっていない。降伏宣言は売国奴によるものだ」として宣戦布告した。

生き恥をす羽になったアナベル・ガトーが、その後絶対的な忠義を誓うほど、部下の信頼に厚い人物であるが、その背景にはギレン・ザビの思想が色濃く反映され、デラーズ自身は生き写しとなるかのように信奉している。
それは連邦軍のコーウェンから「ギレン・ザビの亡霊」と揶揄されるほどで、ギレンの像を傍らに置くなど一種の宗教的な信仰があったと思われる。

ただ人物的には、ギレンのように絶対的な思想を基軸としたカリスマがあるというよりは、部下を慮った行動や言動で厚い信頼を受けるタイプである。一方でギレンの思想が理解出来ない人間にとってはただのロマンチストでしかないとも言える(実際彼のネーミングセンス作戦に見えるように、ややロマンめすぎているきらいがある)。

軍略としては大変優秀であり、部下達からは本当の意味で信頼されてはいるものの、上述のようなロマンが先走り過ぎており、一方の結果しか考えることが出来ていない傾向がある。
実際、デラーズ紛争が起こった結果、後の機動戦士Ζガンダムの幕開けの一要因を生み出すなど、己の起こしたことによる弊みない節がある。よって、政治的なには欠けていたという評価もされている。

また、汚れ仕事専門で、かつ明らかデラーズ・フリートに合わない肌のシーマ・ガラハウを引き入れ、アナベル・ガトーにすら諫言されたのにも関わらず「自分が導く」とするなど、その理想一辺倒の思想はある意味極まっている。

作戦的であるコロニー落とし計画までこぎつけるが、そんな自分が導くとしていたシーマに大事な局面において裏切られてしまう。
さらにバスク・オムが展開したソーラ・システムの存在により、作戦の本懐であるコロニー落とし計画すらもご破産になると思われた
しかし、シーマの裏切りによって人質にされたデラーズを前に迷うガトーを見て、「屍を乗り越えて行け」と叱。彼にコロニー落とし遂の決意を抱かせたものの、それに激怒したシーマに射殺されてその動の生涯を終える。

作戦コロニー落としという的こそ遂げたものの、前述のようにスペースノイドによって不利な事件が起こったり、加入を拒んでいたアクシズ艦隊に生き残った兵を預けることになるなど、終わってみればデラーズにとっては相当に皮な結果となったと言わざるをえない。

余談

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%A6%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エギーユ・デラーズ

294  
2019/02/23(土) 22:54:25 ID: HPwQx8I/wC
テロやるだけやって、自分達だけアクシズに逃げる算段つけてたあたり宇宙市民にとっても敵でしかなかった
295 ななしのよっしん
2019/02/26(火) 04:14:49 ID: XmB2BDsg67
久々に覗いたらすごい事になっとんね
とりあえず本記事から逃亡罪の文字がようやく消えてスッキリ
あの記述だけは納得いかなかったんだよね
296 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 09:56:27 ID: SRDBrPiHj0
ギレンの直属やってただけあってクッソ有能だとは思うわ
ただガトーデラーズみたいなギレンシンパで構成されてたであろう親衛隊にいたからか、シーマみたいなタイプの心情を察することはできなかったようだが
297 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 10:17:55 ID: fuCKjv2tma
ギレンシンパ」というか「こてこてのジオニズム信奉者」もしくは
ジオン公国愛国者」だったんじゃないかな(両者兼ねる場合もあり)。
そのために「かつての同胞を売って生き残りを図る」というシーマ
生き様までを想像しきることができなかったんじゃないかなぁと。
ガス作戦の時期から士官であるという事はシーマも当初は「ジオンの理想」
を信じていた余地はあったわけで、デラーズは「軍内部での扱いの悪さに対する
憎しみを寛解させてまとめ上げる」というつもりでいたんだろう。ただ、如何せん
状況はそんな時間を与えなかったために結果寝首を掻かれたんだけど
298 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 17:55:17 ID: RsvSQQuKCD
むしろ「ジオンの理想」とやらをジオン兵が持っているという
固定観念とそこからくる「導く」みたいな
上から目線の温情がシーマの反感かってるんじゃないかな
299 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 20:45:36 ID: cHkGNDKjVd
>>295
ほんとだ消えてる
というか、今まで作中で一度も言われてないことが書かれてるのが異常事態だったんだよな…

>>297
公式HPキャラ紹介の記述も含めて考えるとそれが一番近そう

300 ななしのよっしん
2019/03/07(木) 18:28:02 ID: nUTwAaqeVv
>>298
そこらへんがデラーズの限界なんだろ
せいぜいザビ信者大将がちょうどいいぐらい
ジオン側の人間も戦う理由はそれぞれだけど
そういう色んな人間を束ねるはなかったんだ
301 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 20:11:52 ID: Mg074DzUir
悪のジオン
かしこ20年でこいつとガトーの評価がここまで落ちるとはな
302 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 20:47:30 ID: Mg074DzUir
この人、トップなるほどの知見を持ってないからテロに走る程度のことしかできないんだよね
理想政治家とかじゃなくて夢見がちなテロリスト止まり
303 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 16:21:08 ID: MCkRshMpyA
CV小林清志さんのロマンチストってだけで渋くて良い。
ただシーマの件はカッコつけすぎだと思う。結局導けなかったしガトー達の帰るところもくなってしまった。