七帆ひかる単語

ナナホヒカル
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

七帆ひかるとは、元・宝塚歌劇団、宙組所属の男役スターで、現在舞台女優として活躍中の女性である。
オンライン上では「七」「えりこ」と呼ばれることが多い。

 

概要

 宝塚歌劇団85期生、退団時は研究生11年(通称「研11」)。称は「えりこ」。11月18日生まれ、B型茨城県日立出身。
 2009年7月5日薔薇に降る」「amour それは…」の東京千秋楽演にて退団。

 175センチという男役に適した長身の持ちで、ダンスと伸びやかな歌に定評のある若手スターであった。
 温もりとりのある聞き取りやすいは時にハスキーな感じにもなる。またの大きさにも定評があり、少人数のコーラスでは聞き取りが可なことも。
 々しい舞台上の姿と、柔らかくおおらか、ほんわりな雰囲気のオフ姿とのかなりなギャップも彼女の魅のひとつ。

 1999年「ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台を経て、やがて徐々に役をもらえるようになる。新人演では演をも務める若手ホープだった。
「里見八伝」では血の繋がらない義妹を一途にする塚信(余談だが信は八士の中で一番美形とされる役)、「ファントム」及び「ホテル ステラマリス」の新人演では演、「NEVER SAY GOODBYE」では故郷を守るための反軍の一人のして主人公と共に戦うハンス、「UNDER STUDY」では演じることが好きな役者アレックをバウ演にて初演、「NEVER SLEEP」では元検事のクールエリート探偵マイルズ・グッドウィン眼鏡好き必見)、「バレンシアの熱い」の本演では気障なドンファン・カルデロ(全ツアー版では役替わりのため、奪われた人を取り戻すために主人公に協する貴族ロドリーゴ役)、「雨に唄えば」ではコミカル映画監督デクスターヒゲつき)、「Paradise Prince」では明るく優しい現代の若者であるケヴィン、「薔薇に降る」では生会計士クリストフ・ダリューなど、様々な役を演じてきた。
 中でも世間で話題となったバウ演「逆転裁判 真実」で原作から様々な仕をさりげなく取り入れながらクールに演じたマイルズ・エッジワース御剣怜侍)は当たり役・はまり役と言われ、原作であるゲームファンからは「リアル御剣」と呼ばれ好評を博し、多大な支持を得る。
 しかし直後に退団発表がなされた。
 この逆転裁判で注を集め、新たなファンを多く獲得し、前途洋々、これからが楽しみだというムードになった矢先の退団発表で、まだ若く将来性があると思われただけに残念である。
 逆転裁判の配役が決定した時には退団を決意していて、本人は「男役としての集大成を」という気持ちでエッジワース役に臨んでいたという。

 宙組はまだ新しい組のため、宙組出身の宙組トップというジェンヌが未だ存在しない。
 ファンからは「この人なら宙組の生え抜きトップになってくれる」と期待されていたゆえに、そのすぎる退団を惜しむは尽きない。

 

 退団後は、宝塚時代にタップダンス講師であった玉野和紀の誘いを受け2009年12月銀座博品館劇場「シェイクスピアレビュー 笑いすぎたハムレット」にて、舞台復帰第一弾を迎えた。
 とした印ジャングル女王と少し天然で可らしいジュリエットの二役を演じ、ジャングル女王役では宝塚時代では見ることが出来なかった肌の露出っぷりにファンが騒然となり、話題となった。
 出番もソロで歌うシーンも多く、役柄にも恵まれ、ファンにも好評。
 女優としてのデビューをいい形でスタートを切った。

 2010年2月に新しいファンクラブを始動し、ファンクラブイベントである親睦会演時の出入り待ちでファンとのコミュニケーションを大事にしつつ女優としての活動を始める。
 4月には東京サロンコンサートを実施した。申し込みの多さに2日間で3回の予定だった演を急遽3日間の5回に増やすことに。ハードワークだったであろうコンサートは好評のうち、和やかに恙なく終了。
が伸びて、男性に間違われることはなくなりましたー」。

  7月シアター・クリエドラマティで行われた「まさかのChange?!」で演じた櫻井翔子は脇役ながら出番が多く、短いながらソロも歌うというなかなか美味しい役柄で、「難しいからこそコメディーを」という本人の希望に添った演だったように思う。
 これからの活動も楽しみである。

 なお、現在結婚し活動停止中。
 これからも歌い続けていくという彼女の復帰を待つばかりである。

 

人物像

 小さい頃からが低く、母親はそれを心配していたという(女の子らしくないからだろうか?)。
 幼稚園の頃からバレエを習っていて、将来の夢はバレリーナ。
 幼少時から背が高い方で成長するに従って更に身長が伸び、バレエを続けにくくなる。
 宝塚との出会いは、踊り続けたい気持ちを持ちつつ、漠然と進路を考え始めた中学二年生の時のテレビ放映で、出演者のメイクの濃さに驚きながらも「こんな世界もあるんだ」と思っていた。
 そこから宝塚興味を持って何度もテレビで観ているうちに母親宝塚音楽学校の本を入手し、踊ることが多い授業内容に惹かれて入学を考え、東京宝塚受験スクール母親同伴で一回、通うようになる。
 スクールでは先生に「日焼け厳禁」と言われ、小さな頃から外で遊ぶことが多くて日焼けしていた彼女は困ったようだ。しかし宝塚音楽学校入学してからは日焼けがなくなり、自分が色白であることを知ったという。なお、という共通点で「はんぺん」と呼ばれたり、タオルを見て「似てる」と言われたりしていた。
 中学三年生の時に高校受験と並行しながら、試験の雰囲気を掴むという様子見がてらで宝塚音楽学校受験し、しかしそのまま一発合格。十五歳で宝塚音楽学校入学した。
 一次合格の時点で「一次合格した!?スクール先生と共に驚き、二次試験後も受かるわけがないと思っていて「明日高校入学式だから準備しなくちゃね」などと母親と話していたため、合格発表の掲示板を見てびっくりしたという。
 ちなみに受験時の個人面接では緊のあまり、茨城弁丸出しだったというエピソードもある。

 舞台を降りたオフシーンでは少しおっとりとした、素で飾らない、ナチュラルな言動を披露。
 ゆえに宙組の癒し系No.1に選ばれ、また色白であることから、イルカイメージと宙組内で言われていた。
 そのイルカ発言が元で「ザ・タカラヅカ 宙組特集」には小さいイルカぬいぐるみを頭の上に載せたショットがあり、その可さが大好評。
 が、同誌で自身のインタビュー掲載ページを開いたら、自分のアップ写真に驚いて雑誌を閉じてしまったという照れ屋で恥ずかしがり屋な一面もある。
 自身の性格について本人は「周囲と合わせられないわけじゃないけど、基本は周囲を気にしないマイペース」と評している。
 言動を総合すると、周囲にペースを乱されるのは、どうやら好きではないらしい。

 CS放映である宝塚専用チャンネルスカイステージ」で放映された番組の数々では、彼女の素直で、かつちょっとお茶な人柄が出ていて、ファンの心をキャッチ。
 宙組同期の十いりすと共に「スカイステージトーク Dream Time」の会(宙組担当)を退団までに三回務める。本人いわく「ゆるーい感じ。ゆっるーい感じで」。
 ゲスト出演者は一回大和悠河、二回悠未ひろ、三回に陽月華
 MCはどうでしたかとゲストに尋ね、「普通だよね」「普通すぎるね。でもこのままでいいんじゃない?」と返されていた。ゲストは二人が持つ、ゆったりとした空気を楽しんでいたよう。

 ともすれば幼いようにも感じるゆっくりめで可らしい話し方なので、番組を見ているうちにまったりする視聴者は多かったと思われる。
 一方、自分から笑いを取りに行くような自己アピールが強いタイプではないため、番組内で終始素直な発言を続け、逆に持ち前の魅が少ししか出ないという残念な場面も見受けられた。
 普段の言動から察するに、恐らくその辺、本人は良くも悪くも何も考えていないと思われる。素直すぎるゆえに「こういう人だと思ってもらいたい」的な、自分プロデュース若干不足しているのであろう。
 そんなわけで、ボケと突っ込みで分けるなら、概ねボケの方にカウントされることと思う。
 しかし時折、さりげなーくSっぽい発言も。
 また、ひとつ迷言が出るとそのまま迷言が二・三続いてしまうこともあり、そんな天然ぶりにはかなりの定評がある
「楽屋の大勢での会話中、ぼそっと言ったえりこの本音な一言が面い」
 とは、先輩である悠未ひろコメント

 以下、スカイステージより発言抜
「好き嫌いはだいぶ減った。昔はあれも嫌いこれも嫌いだったんですけど、それじゃいかんと思って食べるようになった」
パラダイスプリンスで演じたケヴィンは、見に来た同期に『普通男子』『コンビニの前にいそう』って言われた」
「掃除はするのが好きなんです。私、起きたらまずクイックワイパーです。帰ってきたとき……綺麗なに帰ってきたいから」
と遊ぶ企画で、楽しみにしてたんですけど、あんまり懐いてくれなくて。片思いでした。抱っこしてたら寝ちゃうし」
プリンとかゼリーは飲み物だもんね。スプーンとかあんまり使わない。カレーも飲み物(笑)
「私とかまさこ(十いりす)は同期の中でも一番年下だから、『大丈夫、出来る?』みたいな、いつまでも年下扱いで。舞台を見た同期の反応が『わー、えりことまさこが気障ってるー』『男役十年なんですけど』みたいな(笑)
「背が高いから、お手洗いで『きゃあ』とか……まず顔を見られて足下を見られて、また顔を見られますね」(ハイヒールで背が高くなっているのか確認される)
を買う時は、デザインとかじゃなくてサイズだよね。あった、今しかない! って」

 背が高いだけに、洋を買うのに苦労しているらしい。
 また背の高さから男性に間違われてショックを受けたなど、気の毒ながら笑えてしまうエピソードもある。が、そんな時のしょんぼりした彼女からは内面のナイーブさと女性らしさが覗き、なかなか美味しい。
 小学生の頃はシェットランド・シープ・ドッグを飼っていた好き。
 中学の時は吹奏楽部でトロンボーンをやっていた。肺活量が増したのはトロンボーンのおかげらしい。
 また人前に出ること自体は苦手ではなく、中三の文化祭では舞台上でV6の曲を歌いながら踊ったりしていた(ジャージで)。
 本が好きで、本屋の前を通ったら必ずと言っていいほど寄ってしまう。読書スピードい方だと自己申告している。演中・稽古中は本の続きが気になってしまうので読まないようにしているが、演作品の原作は役作りの参考になるので読破。シドニィ・シェルダンなどの推理小説を好むが、漫画も好きで、中でもブラック・ジャックなど手塚治虫作品が好きだという。
 HYEXILEファンで、EXILEテレビ出演した翌日にはその振付を踊れるという特技もある。


NEVER SLEEP」の演にはタップダンスが入ると聞いて、事前タップダンスのレッスンを受けるもタップダンスメンバーに入っていなかったり、同じく「NEVER SLEEP演の前に行ったアメリカ旅行では「警官の役かもしれない」と警察に行って写真を撮ったりもしたが、
探偵役でした」
 間の悪さ全開な人であるが、そんなところも可らしい。

 

舞台にまつわる話

 新人の頃は芝居が苦手で、「出来ない」と泣きながら練習していたという。
「泣いてる場合じゃないんだけど、泣いてましたね」
 過去を振り返った時に、そうコメント

 二重なため、アイテープで二重にしてからつけまつげをつけるなど、舞台メイクでは元に一番時間がかかると発言している。
 しかし化粧映えする顔立ちで、オフの時と男役として舞台に上がる時では別人レベルに達している。まさにミラクル。ビバ化粧上手。
 メイクで結構自由自在に顔を変えられるため、逆に毎日同じ顔にするのが大変だとか。

 在団時は宙組の中で三番に背が高かった彼女だが、
「背が高いことに甘んじていると思われたくない」
 という発言があり、その短い一言の中に男役として努していたこと、本人にプライドと根性があることが垣間見える。

 舞台上では軽く根を寄せる表情をすることがたびたびあり、それが嫌悪などではなく困惑や苦悩を表しているように見え、セクシーだと評判。
 また、ショーなどで見せる意地悪そうにも勝ち気そうにも見えるにやり笑いが好きだというファンも多い。

 好きな衣装スーツ
「苦手なタイプ衣装だと、何かに着られてるなって思うことがあって。だから衣装を好きになることも大切だな、と」
 ピンク色やひらひらしたフリル系は普段では着ないため、衣装で着るのは楽しいそうだ。

 髪型は基本的にか焦げストレートで、少し長めのショートヘア彼女の定番。
 役によっては髪の毛色っぽくしたり毛先にパーマをかけたりしていたが、時には髪型で苦労した模様。

 

「七帆ひかる」の名前の由来

 両親と考えて「七つのに帆をって進めるよう」ということで「七帆」。自分を取り巻く世界の中で、悩んでも落ち込んでも歩むことを選択する、彼女らしさがよく表れた名前である。

 

関連人物

宙組同期

 宙組の中で特に仲がよかったのが同期の十いりす(通称まさこ)と、美羽あさひ(通称まさみ)。
 二人とは音楽学校時代から仲がよく、寮の部屋が近かったこともあってよく三人で一緒にいたとのこと。
「部屋に帰るとすぐにドアがこんこんってノックされて。よく一緒に出かけたりしたよね。え? その辺に」
 その辺って、と笑いながら突っ込まれていた。
 三人で一緒にひとつのベッドごろごろしていたこともあるらしい。狭くないのだろうかという疑問があるが、それについても突っ込みを入れなかったため、詳細は不明。
 美羽あさひは七帆ひかると同時退団。そのため、十いりすは寂しそうにしていた。
バレンシアの熱い」の本演では十いりすとの一騎打ちがあり、同期相手ということで遠慮がないそのシーンでは、
「勢いで止まれなくなって、まさこに突っ込んだり」。
バレンシアの熱い」の全ツアー版の時には役替わりのため美羽あさひとのラブシーンがあり、稽古の時は美羽あさひに笑われたという。
みたいって言われて。でも顔はしょうがないじゃん」
 長年親しんだ同期が相手だととても素直で、微笑ましいエピソードがたくさんある。

悠未ひろ

 86期生宙組所属男役。通称とも。6カラットリーダー
 宙組内で一番背が高い人物のため、長身の十いりすと七帆ひかるが新人として宙組に配属された当初から二人が気になる存在だったと発言している。
「二個しか違わないんだけど、兄貴ぶって『よーし、ついてこい!』みたいなね(笑)
 頼れる先輩というポジションで、その時々でアドバイスを含め、色々とをかけていた。
 ショーでは悠未ひろ、十いりすと共に長身三人でワンシーンを繰り広げるシーンが何度もあり、一緒に稽古練習もしていた。練習方法の違いなどで、参考になることも多かったという。
 悠未ひろの楽屋内への差し入れは千屋のヨーグルトゼリーが定番だったらしく、
「差し入れの時にはともさんをヨーグルトキングと呼んでました」
「えりことまさこは絶対にいるって言ってくれるからね」
「(いい笑顔挙手して)つるっとしたもの、いるー! キング、お願いしまーす! って(笑)
 十年一緒に過ごしてきただけに、気さくな間柄であることがうかがえる。

6カラット (シックス カラット)

 宙組の高身長の男役を集めたユニット
 メンバー悠未ひろ、十いりす、七帆ひかる、春風弥里、鳳翔大、ゆうや
 組のユニットAQUA5(アクア ファイブ)に対抗すべく作られたという、長身の男役が多い宙組ならではのユニットである。
AQUA5、意識してます。ね(笑)?」
ライバル視してます(笑)
「これは負けないぞ、みたいなのは?」
「それは…身、長…」
身長ですねー」
 6カラットメンバー身長175センチ強。むしろ17センチ弱。
二階席からでも普通に見えるとか(笑)
「大階段の上の方だと見切れちゃう(笑)
「あんまりない現ですよね(笑)
 背の高さを考えると、テレビ向きではないと言われていた、らしい。
 しかし背の高い男性タレントの存在を考えれば特に問題なかったのではと思われ、民放での露出がなかったこと、そしてAQUA5と対抗する場面が結局なかったことが残念である。
 七帆ひかるが退団届けを出したあとに6カラットが結成されたため、
「引き留めることが出来なかったんですよね」
amour それは…」で6カラットはお披露にして最後の演に。
 メンバーが一人抜けた現在、6カラットは停止中の模様。今後の予定は今のところ聞こえてこない。解散したという噂もある。

大和悠河

 宙組トップ男役。通称タニ。七帆ひかると同時退団。
 ファン線で慕っていたことが、言葉の端々に感じられる。
舞台稽古の時、タニさんは段取りやってて大変なのに、客席から『タニさーん!』って手を振ってた」
舞台上でが合うと嬉しい」
「タニさんの、芝居の時の仕が好きです」
「一緒にお芝居が出来て幸せなんですけど、でも未だにドキドキするんですよ」
 大好きなトップスター、大好きな先輩であることは間違いない。

陽月華

 一期下の宙組トップ役。通称ウメ。七帆ひかると同時退団。
 元気でちゃきちゃきしたところがあり、おっとりした七帆ひかるはたまに気圧されていたような場面もある。
 宝塚大劇場退団後(東宝退団前)に陽月華ミュージックサロン役を務め、そこに美羽あさひと共に出演。
 それについて七帆ひかるは、
ウメちゃんのディナーショーに一緒に出させていただけることになったのですが、ディナーショーは初めてで、まさか出演できると思ってなかったのでとてもびっくりしました」
 インタビューの時はミュージックサロンとディナー・ショーを混同していた様子。当日収録され、後日CS放映された番組内では、きちんとミュージックサロンと言っていた。

蘭寿とむ

 七帆ひかる退団当時の宙組二番手男役。現トップスター。通称まゆ。
 バウ演で蘭寿とむ演の時、七帆ひかるが準役の形になることがあり、そんな接点から仲がよく「amour それは…」の一幕ではダンスの合間、蘭寿とむに絡みに行っている。
「まゆさんと絡むならここしかないと思って行きました」
 組本内のじゅずつなぎ掲示板では、
「あなたとはもっともっとお芝居したかったのに……えりこ大好きです!」
「やばい、泣きそう……。まゆさんとはNEVER SLEEPに引き続き逆転裁判でもご一緒することが出来て、最高に幸せです。ありがとうございました!」
 なお、このやりとりはプライベートで一緒に食事に行った際になされたという。

B型会

 宙組内のB型を集めた会。血液型の本が流行したのをきっかけに発足。
 宙組は何故かやたらとB型が多く、退団者が出る前のB型メンバーは二十人という結構な人数だった。
 しかし特に何かをするために集まったわけでもなく、会合と称して一緒に食事に行ったりするくらいだったようだ。
B型会の会合があるから、けておいてねって。一緒に食事をするだけなんですけど、でも一緒に行動しても、みんなそれぞれ好きなように過ごしてるんですよね」
 やがてAB型も「B型が入っているから」という理由でB型会のメンバーに加えられたそうだが、偽のほどは定かではない。しかしB型アバウトでマイペースなところがよく表れたエピソードである。

 

関連動画



 ・「舞台」 by UNDER STUDY
 最初で最後の主演作の曲で、彼女の持ち歌のうち、代表曲と言える。
 七帆ひかるの歌を語るなら決して外してはいけない曲。千秋楽のさよならショーでも歌われ、ファンの涙を誘った。

 

 
・「私のルール」 by 逆転裁判 ~蘇る真実~
 新規ファンを多く獲得した七帆エッジワース。この曲も彼女の持ち歌のひとつ。ちなみに、エッジワースは好きな役のひとつに挙げられていた。
 彼女が演じるクールなエッジワースと対照的に、ファンは熱い。

 


・「MONEY」 by 宙FANTASISTA!!
 宙組ジャンボ・スリー(命名・悠未ひろ)の女装姿が拝める一曲。結構すごい歌詞な上、中毒性が高い曲なのでついつい何度も繰り返し見てしまい、いつの間にか歌えるようになっている。

 


・楽屋わくわくcafe time!
 宙組85期生の回。時期的に、「薔薇に降る雨」と「amour それは…」の話をしている。会話中に出てくる「シャラシャラ」とは、舞台上に出てくる、すだれカーテンのようなもの。この動画では同期相手のナチュラルな迷言が楽しめる。

 

・6カラット
 岡田先生発案による、宙組ユニット。
 周囲が薄ピンクの衣類を着ている中、七帆ひかるは何故か「ショッキングピンク+Gジャン」で妙に目をひく。
 場を乱しましたと言いつつ、この時はユニット内で数少ない突っ込み役に回っている。


・JURIの”どんだけGOGO5“!
 OGの樹里咲穂が司会のスカイ・ステージ番組。見れば説明不要なことがわかる。

  


・「夢アモール」 by amour それは…
 退団者十名のうち、トップ二人+美羽あさひ・七帆ひかるの四名が踊る優美なダンスと北翔海莉の歌声が見どころな一幕。ここもファンの泣き所だった。

 

 

 

関連商品

 

関連コミュニティ

mixiコミュニティ 七帆ひかる

 

関連項目

  • 七帆ひかるに関する項を紹介してください。

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%83%E5%B8%86%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

七帆ひかる

4 望月
2009/09/19(土) 10:08:21 ID: fUv6zcY2x2
>>3
GJどうも
組本の伝言、いいかもですね

相変わらず関連商品の貼り付け方がわかっていないのでどなたかお願いしたいです
記事についても、原文の大体はこちらで保存しているので失敗を恐れずに、エピ追加などで編集していってもらえたらな、と
みんなで記事を充実させていききたいですね
5 ななしのよっしん
2009/09/28(月) 21:38:13 ID: N4KR3NAGj+
記事GJです!!どうもありがとう
思わず涙しました^^
6 望月
2009/11/17(火) 04:02:42 ID: fUv6zcY2x2
>>5
どうもです

ニコ動内での七帆ひかるコミュニティがないっぽいので、何なら作ろうかと思うんですけど、どうでしょう?
7 ななしのよっしん
2009/12/14(月) 18:47:02 ID: UL2ygsfOes
えりこのページが出来てて味噌汁ふいたwww
書いた人GJ!!!
8 望月
2009/12/16(水) 03:25:12 ID: fUv6zcY2x2
何かここ、カキの私と語るスレになってるような…
GJされるのは嬉しいし褒めるボタンを押してもらえるのも嬉しいけど
ここは七帆スレなので退団が悲しいとか、復帰が嬉しいとか
七帆関連のカキコで埋めていいんですよー

ニコ動内のコミュが出来たとして、コミュメンバー動画職人がいなければ、ニコ動コミュの意義はないわけだしね
私は動画職人にはなれませんから、職人さんが参加してくださる方がいたら、大歓迎でコミュを立ち上げます

ともあれ、年末の舞台を楽しみにしてましょうー
9 ななしのよっしん
2010/06/18(金) 01:00:04 ID: reSNpYBVPe
ひょわーなんじゃこの!!
記事長すぐるww
ありがとうございます

これ、まさこのもこんくらいのクオリティのが欲しくなるなww
10 望月
2010/06/25(金) 22:49:28 ID: fUv6zcY2x2
うん、長いね!w
溢れるほどのでもって書き上げましたよw
外部初出演を終えたし、書き足さないといけないんだけど時間が取れない…

笑いすぎたハムレットは面すぎたし、コンサートもすごくよかった
これから始まるまさかのChange?!も楽しみですな


記事に関しては、宝塚関係の辞典をいくつか見ましたが何故か基本的に薄いね
だから七帆辞典が濃く感じるのだと思われる
wikiと違って色々書けるんだし、みんなもっと書き込めばいいのになあ…

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
11 ななしのよっしん
2010/10/01(金) 23:11:01 ID: fUv6zcY2x2
関西コンサートおめでとうございます
前回来れなかった関西の人は楽しんで下さいね
12 ななしのよっしん
2010/11/17(水) 20:05:59 ID: SOkPf0x35r
ジェンヌさんの中で一番長いんじゃないか?
にあふれた記事作成乙
13 ななしのよっしん
2015/07/15(水) 02:24:53 ID: qwK679Yi/y
ともちんの項、86期となっているのでどなたか83期に修正お願いします

急上昇ワード

2019/10/21(月)16時更新