星雲賞単語

セイウンショウ
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

星雲賞(せいうんしょう)とは、SF作品を対とした投票の賞である。

概要

毎年開催されている日本SF大会において、参加者の投票によって決定される賞。世界SF大会で同様の方式で選出されるヒューゴー賞の日本版とも言える賞であり、SF作品への賞では現存する中で最も歴史が古い。選考委員による議論で決まる日本SF大賞とは別の賞なので注意。
ちなみにヒューゴー賞と並ぶ権威を持つ、アメリカのネビュラ賞(『ネビュラ』は「」の意)とは全く関係がない。

現在は「日本長編部門」「日本短編部門」「海外長編部門」「海外短編部門」「メディア部門」「コミック部門」「アート部門」「ノンフィクション部門」「自由部門」の9部門が存在する。日本の一般的な文学賞のように「受賞は一作家一回限り」という縛りく、参加者の層もある程度固定されるためか複数回受賞している作家が多い。一方、受賞対投票前の1年間に完結した作品、という縛りのため受賞のチャンスが基本的に1作品1回しかなく、「あれと同じ年だったので受賞を逃した」作品もある。そういった巡り合わせは文学賞にはつきものではあるが。

は前年1月12月に発表された作品など。投票開始前に参考補作が発表されるが、これは一般的な文学賞における補作とは異なり、参考補作に挙がらなかった作品にも投票が可。とはいえ参考補作以外から受賞作が出ることは非常にしい。ただし実例はあり、例えば第49回(2018年)のノンフィクション部門『アリナクナイ科学ノ教科書 ~想設定を読み解く31講~』は参考補作以外から選出されている。

日本長編・短編部門は初期の70年代筒井康隆小松左京ら、80年代からは神林長平を筆頭にいわゆる第三世代が占めてきたが、ゼロ年代にはライトノベルレーベル出身の作家の受賞が立った。尻Pこと野尻抱介(歴代2位タイの7度受賞)、小川一水(『第六大陸』『漂った男』)、秋山瑞人(『おれはミサイル』)、新城カズマ(『サマー/タイム/トララー』)、有川浩(『図書館戦争シリーズ)など。基本的にはSFデビューしてSFを書き続ける狭義のSF作家が強いが、プロパー作家でないところでは、大槻ケンヂに短編部門で二度の受賞歴がある(『くるぐる使い』『のの子の復讐ジグジグ』)。小説での最多受賞は神林長平の8回。次いで筒井康隆野尻抱介が7回、小松左京が6回(甲州との共著である『日本沈没 第二部』を入れれば7回)、梶尾真治が5回。

日本長編部門の受賞作が、同年の日本SF大賞の受賞作と被ることは意外と少ない(ダブル受賞を達成したのは井上ひさし吉里吉里人』、夢枕獏『上弦のを喰べる獅子』、柾悟郎『ヴィーナス・シティ』、伊藤計劃ハーモニー』、藤井太洋『オービタルクラウド』の5作のみ)。人気投票と選考委員による合議制という違いもあるが、星雲賞は日本SF大賞に決まるので、それとなくバランスを取っているのかもしれない(小説以外の場合は星雲賞と被ることも多いが)。

ニコニコ生放送では、2015年から日本SF大会チャンネルexit_nicochannel日本SF大会の中継を行っており、ニコニコニュース公式生放送で星雲賞発表の模様が中継されたりしている。

↓第50回(2019年)の授賞式のニコニコ生放送

受賞作について

基本的に小説部門はあくまで「SF小説の賞」と言えるラインナップだが、SFコミュニティのなかでもごく一部の人(基本的にはSF大会参加者)による人気投票という面があるためか、メディア部門やコミック部門、自由部門などでは、一般的には「SF」というカテゴリではられないような作品が受賞することもままある。例としては、

などなど。特撮では「ガメラシリーズが二度受賞、ゴジラシリーズも「シン・ゴジラ」で受賞したほか、仮面ライダーウルトラマンスーパー戦隊シリーズもそれぞれ「クウガ」「ティガ」「デカレンジャー」で一度ずつ受賞している。なお、ゲームの受賞は今のところ「ガンパレード・マーチ」のみ。映画TVと同じメディア部門なのが災いしているのかもしれない。

SF界にはかつてマニアによる「あれはSFじゃない」(に『機動戦士ガンダム』などに向けた)という言説がジャンルを排他的にして衰退していったという過去がある(対照的にミステリーは『このミス』などであれもこれもミステリーとして扱って人気を広げた)。そのため90年代ぐらいには狭義のSFがほとんど出版されなくなってしまい、マニアの間でもSFの範囲を広くとる方が流になっていった。上記のような受賞作に「え、これがSF?」と思う人は多いだろうが、現代ではSFの定義は人それぞれなので、上記のような作品もSFの要素がある作品はSF」「SFマニアが面がる作品はSFぐらいの定義で選ばれたのだと思っておけば良い。たとえば『まどマギ』は時間SFだし、『ガルパン』は世界観がSFである。

他、ニコニコに関連するものとしては、第36回(2006)自由部門で「はやぶさ」のイトカワ着陸ミッション、第39回(2008自由部門では初音ミクが受賞。第40回(2009日本短編部門ではニコニコ動画モデルにした野尻抱介の短編「南極点のピアピア動画」が、さらに第43回(2012年日本短編部門では同じく野尻作の「歌う潜水艦とピアピア動画」が受賞している。

各部門における受賞作の一覧はWikipediaを参照のこと。→外部リンク:Wikipediaexit

関連動画

星雲賞受賞スピーチ

関連商品

39回(2008年)星雲賞受賞作品

関連チャンネル

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%98%9F%E9%9B%B2%E8%B3%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

星雲賞

137 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 19:17:22 ID: G+v502jX30
SSSS.GRIDMAN受賞おめ
138 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 20:16:28 ID: cKotxVOJKD
少女終末旅行も受賞きたこれ
139 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 20:25:27 ID: qiKAvXfdFV
それそ何のパクリなの?
140 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 20:27:15 ID: qiKAvXfdFV
元ネタはそれぞれ何なの?
141 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 20:52:05 ID: XVap78z/wL
SSSS.GRIDMAN受賞おめでとう
円谷としてはティガ以来、トリガーとしては初めての受賞だね
142 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 21:11:00 ID: 26mbxUSyd4
>>141
一応2年前にウルトラマンFが取ったんだけどね
まああれは小説だから映像作品じゃティガ以来だな
143 ななしのよっしん
2019/07/29(月) 14:30:25 ID: 4sUjGsa4Pi
個人的に驚いたのはアート部門の永野のりこ先生だな
コミック部門共々まだ受賞してなかったのね、SFじゃ名が知れた人なのに
144 ななしのよっしん
2019/07/30(火) 20:42:42 ID: ZF6HYooPAy
モンドセレクションやグッドデザイン賞と似てるね
ミーハー過ぎで何の価値もない
というか選考員をケーベツしちゃうわ。
SFのSの字もない教養な連中なんだろうな
145 ななしのよっしん
2019/08/01(木) 16:30:49 ID: /GdfUl4qaP
良くも悪くもプロが選んでるのが日本SF大賞ファンが(大会参加者が)勝手に選んでるのが星雲賞
選考に不満があるなら、自分で挙げればいいじゃない、というのが星雲賞
専門が選んで多くが採用されるモンドセレクションや、受賞割合が高いが審までを積む必要があるグッドデザイン賞とは、あまり似てない。

SF大賞は、注されてないけどすごい作品が選ばれる可性がある一方で、が肥えたコアな人が選んでるので、広く知られた作品を取り漏らす可性がある。
星雲賞プロだとかえってに入らないような作品、プロ線で取り漏らしちゃうジャンルの作品が入る良さがある。ミーハーなのもあるが、流石だな、ってのも結構ある。
146 ななしのよっしん
2019/09/03(火) 04:56:49 ID: OSMBxtdVhj
人形SFく連中が
プロが選んだら、「そんな知らない作品選ぶなんてこれだからSFは」
一般的な話題人気作が選ばれれば「すり寄ってくるなよこれだからSFは」

どっちにしても叩きたいからいてるというだけである。
SF大賞に安藤ロイドをねじ込もうとして失敗したときと

まどかマギカガルパンなど話題になったのが星雲賞になったとき、どっちにも発生した

急上昇ワード

2019/12/08(日)11時更新