今注目のニュース
茶色・白・赤 UCCミルクコーヒーの3色が「色彩のみからなる商標」に登録
『To LOVEる』ララが露出度の高いダークネス衣装で立体化
発売即売り切れの「コミケ用バッグ」を試す “戦利品”は安全に持ち帰れるか

アフィリエイトプログラム単語

アフィリエイトプログラム

  • 73
  • 0
掲示板をみる(974)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(73)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アフィリエイトプログラム(Affiliate Program)とは、インターネット広告課金方式の一つであり、ウェブサイト運営者が、自身のウェブサイト広告を掲載し、その広告の直接の成果に応じて広告から報酬を得る仕組みである。

別名:成功報酬広告,アソシエイト・プログラム,アフィリエイト・マーケティング

アフィリエイトやアフィと略されることが多い。

ちなみに、ニコニコ市場におけるAmazonの商品リンクも、アフィリエイト広告である「Amazonソシエイト」のシステムを利用したものである。

概要

広告提供者(クライアント)がアフィリエイトプログラムを提供する広告企業であるアフィリエイト・サービスプロバイダ(以下ASP)に依頼して広告を出し、広告媒体であるウェブサイト運営者が広告リンクを自身のウェブサイトに貼る。リンク中には掲載場所を特定する識別子が埋め込まれており、リンククリック時に識別子がASPに送信され、売上が出た際にはウェブサイト運営に成功報酬が支払われる。

これにより広告提供者は低コストで広範囲の宣伝が行え、ASPは仲介料を、ウェブサイト運営者は成功報酬を得ることができる。

インターネット上で商品やサービス提供する企業が自らASPを行う場合もある。またポータルサイト運営企業などが副業的に提供している場合もある。

こういったサービスには携帯電話向けのサービスもあり、オンライン販売の規模が狭い、表示量の制限などの問題で較的成功報酬の額が高い傾向がある。なお物品やサービスの販売以外でも、メールマガジンの登録や、特定サイト無料会員募集などといった直接的に広告閲覧者と広告側に銭のやり取りがない場合もある。

Ads by Google」でおなじみのGoogle アドセンスは、コンテンツ連動PPC広告であり、広告ウェブページなどによって変動する事やクリック報酬である事などアフィリエイトプログラムとはシステムが異なる。

アフィリエイトの問題点

アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムで本来は「価値ある内容を発信して、そこに広告を貼り付けて収益を得る」のがアフィリエイトの有るべき姿であるが、中には下記のようにアフィリエイトをきっかけにして、「何も産み出していないのに、他人を騙したり迷惑をかけたりもお構いなしに、自分の広告を押しつける」行動に走ってしまうヤツが後を絶たないのが現状である。

[問題行為1] 広告目的でその他は適当なサイトの作成やツイート。

こういうブログは「スプログ(スパムブログ)」と呼ばれ、検索日常的に利用する者にとって、その迷惑さは計り知れない。内外で問題となっており、2008年頃の統計では、内で開設されたブログの4割がスプログとの結果が出た。

~数千のブログを自動生成し、一斉に更新する行為も頻繁に行われ、検索の利便性が損なわれるだけでなく、レンタルサービスサーバへの負荷も半端ではない。違法行為などとは違って行為を禁止するための線引きも難しく、サービス提供者の頭痛の種となっており、検索サイトフィルタリングを本格的に乗り出している。

さらに情報発信の手段がブログから Twitter に移りつつある現在では、他人のツイートコピーし、その末尾に隠蔽したアフィリエイトの URL を付加し、自身のツイートとしてつぶやき続けるような悪質なスパムボットが多く稼働している。bit.ly などの短縮 URL で隠蔽していることが多く、怪しければ展開して確認exitすると良い。もし見かけたらスパム報告し、広告配信元にも通報しよう。

[問題行為2] 他のサイトへの迷惑行為

[問題行為3] JavaScriptなどを悪用したクリック報酬の偽造

詐欺行為です。

…こういった問題サイトに対して、特に検索サイト検索エンジンから除外する対策を行ったり、スパムフィルタを開発したりするなど、いろいろと対応に追われている。

[問題行為4] 虚偽の内容をデッチ上げる

ニュース系・2ちゃんねるまとめブログ系・芸アフィブログによく散見される一番問題のある行為。名誉毀損、最悪損賠償に関わる犯罪行為。

人間性・道徳性に問題があると言わざるを得ず、先のの為に人をダシに使う悪質行為である事から、アフィブログが非常に嫌われる要因となっている。

2010年1月強姦致傷容疑で逮捕された不動産会社社員(論懲免職済み)と同じ姓の不動産同業者を名しし、容疑者の親族であるかのように書き込まれた事件が発生、当該企業からの要請で捜が入り、犯格の静岡県小学校講師(当時34歳)が書類送検されている。その理由が、ブログへのアクセス数を増やし、(アフェリエイトで)ポイント(収入)を多く得たかった。社会的に注を集めた事件で、ネタになると思った」と言う身勝手極まりい物である。

さらに悪質なものとしてはハムスター速報による福島捏造事件が存在し、こちらは謝罪も訂正も一切していない(詳細はハムスター速報参照)。

そのほかにも、以下のような問題を抱えている。

  • 宣伝と記事のが曖昧。これは「サイト広告臭くすることなく、自然に掲載できる」という利点でもあるが、悪用するサイトも見られる。
    の商品へのリンクだと思ったらアフィリエイトだった」こと自体は、サイトが得をしてもも損をしないので問題ない。広告や訪問者が「だまされた!」と思うような巧妙で悪質なケースがあるということである。
  • アフィリエイトの募集を「ティア」とよばれるシステムをつかって算的におこなうことによって、実際にはアフィリエイト収入が保されるわけではないにもかかわらずそのことを偽った募集や、架商品とアフィリエイトシステムを利用したネズミ講などの温床となっている。
  • 販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促すインセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイト数に存在することや、その媒体がブログなど入れ替わりいものが中心であることから、明らか詐欺事法違反などが有った場合にもその取締りは困難である。 このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの運用を呼びかけている。

なお、報酬を的とする架注文は、電磁的記録不正作出・同供用となる。

アフィリエイトの利用が全て「露骨な小遣い稼ぎ」「金の亡者」かというと

そんなことはなく、近年ではブログの普及や、Amazonソシエイトのようなスマートで広告臭がなく、商品も多広告の登場などで、気軽にアフィリエイトを利用することが可になっている。そのため、以下のような理由で、ブログパーツ感覚で気軽に(ついでに小銭がもらえたらラッキー程度で)ウェブサイトブログにアフィリエイト広告を貼り付けている人も増えている。

また、実で(フェアな方法で、つまりスパムなどの不正行為や、他者のコンテンツ断転用などをせずに)アクセス数を得ているサイトまたはブログが、アフィリエイトでアクセス数をお金に換えるという行為は、全くもって正当なものであり、何ら問題があるものではない。

すべてのアフィリエイト利用者が「の亡者」「露に小遣い稼ぎを企んでいる」「アフィリエイトが第一的でサイト運営している」というわけではないので、余計な混乱を避けるためには、この点だけは明確な区別が必要である。

そもそも、アフィリエイト自体は立ウェブ広告形態のひとつであり、「アフィリエイト=悪」でも、怪しいモノでも胡散臭いモノでもなんでもない。ニコニコ市場だってアフィリエイト広告である。フェアな利用の範囲ならも損をせず、何ら問題ないものなので、アフィリエイト広告がそこにあるだけの理由で、神経質になることはない。

アフィリエイト稼業の実態

「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集めるASPは多いものの、アフィリエイターの7割の収は1000円以下、9割の収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たないケースが多数で、毎3万円以上稼いでいるアフィリエイターは全体の2%以下に過ぎない。しかし、アフィリエイトのみで生計を立てている法人、個人もいるので、からないと言うのは計であるが、統計的に見ると極めて限られた法人、個人のみと言える。

通常の労働と違い、最低のような概念が存在せず、成果が挙げられなければ全く収入がないのがアフィリエイトの特徴である。また、一時的に成功しても、強ライバルサイトの登場や、検索サイトの表示アルゴリズムの変更で、所有するサイト検索サイトの上位に表示されなくなると、収入が減してしまうというリスクも存在する。

そもそも、多くのアフィリエイト広告は「報酬が一定額(5000円ぐらい)以下だと翌に繰り越され、入してくれない」ので、その一定額にすら到達できず結局最後まで1円ももらえない、なんてこともザラである。

URLでわかるアフィリエイト広告の見分け方と回避方法

URLを見ることでおおよその判別が可である。ここでは、アフィリエイトの貼り方が酷くて利益を与えたくない場合の「回避方法」も併記する。

有名なサイトのみを挙げているので、もちろんこれが全てではない。あと、これだけでは断定しきれない場合もあるので、合点で「お前アフィ貼るなよ」と相手を批判して迷惑をかけないように注意。

楽天アフィリエイト

Amazon アソシエイト

その他のアフィリエイト広告

以下のURLで始まるリンクはアフィリエイト広告である。踏みたくなければ避けるべし。

そのほか、トップページへのリンクのはずなのにURLの末尾にIDくさい文字列がくっついている場合、いわゆる「紹介者制度」(サイトを紹介すると紹介した人が報酬をもらえる仕組み)の可性もある。あやしい個人ブログ掲示板への差別宣伝でこのようなURLが貼られていた場合、IDの部分を削除してアクセスすることで回避可である。

以上がURLの一例である。実例として、以下のサイトがこれに該当する。

ニコニコ動画でのアフィリエイト

ニコニコ動画では、動画うp主ブログなどにアフィリエイトがある場合があり、しばしば話題になる。

ここ最近では周囲の影嫌儲になったニコ厨も多く、アフィリエイトがあるだけで拒否反応を起こす人も少なくない。そのため、アフィリエイトがうp主ブログにあるだけで、そのブログ動画が荒れる原因となることがある。

アフィリエイト反対派の意見

アフィリエイト肯定派の意見

など、ブログの状況や、動画うp主の発言などにより様々な見方が存在する。

ただし、現時点では、うp主が個人的に運営しているブログに貼り付けたアフィリエイト広告によって権利者との間で問題に発展した前例は確認されておらず、あくまでも第三者のニコ厨同士での論争に過ぎない。

また、ゲームプレイ動画に関しては確かにそれ自体が問題になっており、一部のメーカーが対策に乗り出した例はあるのだが、その争点は「発売して間もない新作や、ストーリーゲームの価値の大部分を占める作品のネタバレなどによって、ユーザーに購入してもらえる機会を失ってしまうこと」であり、アフィリエイト々とは特に関連性はない。

YouTube におけるアフィリエイト

YouTube動画を再生する前に、広告が再生されたり、動画の再生中、動画下にバナー広告が表示されることがある。これらの広告の中には、「収益受け取りプログラム」と呼ばれるシステムにより動画投稿者が自ら広告表示を設定し、収益の一部がその動画投稿者のものになるものがある

ただし、コンテンツ権利者が、著作権などの権利を侵をしている動画している動画に対し、動画削除するのではなく権利者自身の収益となる広告を配信して動画を存続させることもできるので、広告があるからといって必ずうp主の利益になるとは限らないのではあるが…。

TV番組や公式PV人気動画無断転載しただけの動画、ひどい場合は YouTube人気動画を自分の YouTube アカウント広告付で転載など、他人の著作物を断で自分の利益にしたり、あるいは「権利者」と偽って広告の貼り付けを要請していると思われる物もありGoogleの審の的確性が疑われる事例も少なくないようだ。

しかし、これらの広告システムの詳細を知らず、全て YouTube の利益となると思っている人が多いためか、現状では広く問題提起されるに至っていない。ニコニコ大百科上での議論においては、YouTube転載の項を参照。

因みに、ニコニコ動画でもよく似た動画広告が流れるようになったが、これはニコニコの全動画に対してランダムに挿入されるもので、うp主が設定したものではなく、利益は全て運営のもの(クリエイター奨励プログラムの原資)になり、うp主にはびた一文入らないので、広告の文句をうp主に言わないようにしよう。

関連項目

関連商品

注: 100万なんて簡単に稼げません。500円が最初の

掲示板

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/12(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/12(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP