ドリームジャーニー単語

ドリームジャーニー

3.3千文字の記事
掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

       2009 ドリームジャーニー号 口取り式

ドリームジャーニーとは2004年まれの日本競走馬で、現在種牡馬である。
な勝ち宝塚記念有馬記念朝日杯フューチュリティステークス(以後朝日杯FS)。
騎手池添謙一調教師は池江泰寿、馬主サンデーレーシング、生産は社台の老ファーム
称はジャーニー、ドリジャ。 

概要

ステイゴールドオリエタルアート、メジロマックイーン
ステマ配合の先駆三冠馬オルフェーヴルの全に当たる。
名の由来は名の香港表記「黄金旅程」からの連想で意味は「のような路」、ジャーニー自身の成績も、そしてこの先の未来を考えるとへの路を開いたと言ってよく、成績以上にそのは極めて大きい。

ステマ配合の活躍は血統のどこかに元ネタがあるが(オルフェサッカーボーイゴールドシップだとマックイーン)ジャーニーは毛色こそ違えどステゴにソックリで、暴れる、嫌がる、ヨレるなどの気性難は当たり前として体重は420kg前後ととしては軽量、またほとんど怪なく30戦近く走り丈夫だったところもよく似ている。

2歳時は蛯名正義騎手上に新馬戦Sを順調に勝ち上がり、初の重賞挑戦の東京スポーツ杯2歳Sでは出遅れがき、ネタとして有名なフサイチホウオーの3着に敗れる。しかし朝日杯FSではまた出遅れをやらかしたものの最後方から直線で全ゴボウ抜きにする圧巻の走りで見事に優勝。池江厩舎に初重賞・初G1、そして内で初のGIタイトル競走馬時代も含めて)をもたらした。ちなみに上がり3Fは最速、でも歴代優勝の中で最も軽い体重。とステゴ産駒のネタっぷりはこの頃から変わっていないようである。まあ勝つたびに最軽量記録がついて回るような競走馬ではあったが。

3歳のクラシック戦線では当然役となるはずであったが、朝日杯FSの勝ちクラシック立たないけど、初戦の弥生賞でケチが付いてから勝ち切れないレースが続き、皐月賞日本ダービーは良い所なく終えてしまう。
競馬では武豊騎手へ乗り替わり。菊花賞トライアル神戸新聞杯こそ勝利したものの肝心の本番では掲示板に乗るのがやっとで結局クラシックに皆勤し好走はするが見せ場を作ることはできなかった。
まあ、これがオルフェーヴルへの布石になった訳なんですけどね。
ちなみに菊花賞後はが制した香港ヴァーズに向かう予定であったが、インフルエンザが原因で遠征は中止。代わりに鳴尾記念に出走するも、8着に破れている。

4歳、営は小柄な体格と切れる脚を考慮してマイル路線へ進むが、マイラーズカップ14着、安田記念10着と惨敗続き。「小回りがよい」という武の進言により小倉記念に向かうが、肝心の武が騎乗停止を喰らってしまう。代わりに前走で騎乗した池添謙一騎手が手綱を取り、ほぼ一年ぶりに勝利を手にする。以降池添とのコンビ引退まで続くことになる。次戦の朝日チャレンジCも勝ちGIIIを連勝、久々にGIでも期待できるかな?と思わせたが秋天10着と惨敗、有馬記念は4着と惜敗してしまう。まあ秋天東京競馬場だし仕方ないね

そして5歳になり初戦のAJCCこそ敗れるが、中山記念で2着好走、次いで大阪杯勝利営はジャーニー調子の良さを感じ取り菊花賞以来の3000mとなる春天へ果敢に出走し、レースでは最後の直線で鋭く末脚を伸ばすもちょっと距離が長かったのか3着に惜敗する。そして宝塚記念ディープスカイ人気が集中するメンバーの薄い年ではあったが4コーナーでまくり上げ、ラスト3Fでメンバー最速の末脚を繰り出し、直線で追いすがるディープスカイを競り落とし優勝、2歳以来2年半ぶりのGI勝利過去にほとんど例がなく、息の長い活躍が出来る血統の深さを明したことになった。
競馬でも調子の良さは変わらずオールカマー中山マイスターマツリダゴッホの2着とした後、秋天東京競馬場なので当然の如く休憩惨敗するが、グランプリ連覇がかかった有馬記念ではハイペースと先行が潰れるジャーニーに向く展開となり、直線で好位から抜けだした3歳のブエナビスタ(ちなみに斤量差は4kgとかなり違う)を外から一気に差しきる強い競馬優勝グランプリの連覇を達成した。

6歳も現役続行するが、ここからにソックリな惜敗を繰り返し、競馬の後半から翌年の7歳の競馬で急に成績を落とし、ファンが熱望していたオルフェとの対決は実現できずに現役を引退札幌競馬場引退式が行われ、現在種牡馬として繁用されている。

このドリームジャーニーは本当にチビ競走馬だった。親父も小さかった(約430kg)がドリームジャーニーは親父に輪をかけて小さい(約420kg)のだ。それでも最後の直線、ピッチ走法でコロコロと転がすように足を回転させ鋭い末脚で駆け上がってくるさまは本当に可かった。(筆者主観

が、チビすぎていの(500kgえ)とは対照的に種付けが下手クソであり、種牡馬としての活動は難航してる模様。

今でこそ絶大なニックスと認識されているステマ配合だが当時は知る由もなくドリームジャーニーが出てきた当時のステイゴールドサンデーサイレンスの後継種牡馬の末席だったし、メジロマックイーンは産駒の成績も残せぬまま天国へ逝ってしまい、直はまだ現役だったもののそれまでの繁殖成績から考えてもGIを勝てるような産駒を残せる可性は限りなく低かった。そんな中であのステゴがGIを勝った!マックの孫からGIが出た!こんな渋い血統が並み居る良血を押し退けGIタイトルを獲った!!とステゴファンマックファンも嬉しさでおいっぱいだったのだ。
そして朝日杯FS勝利からGIタイトルが遠のき、ジャーニー種牡馬になれるか血が繋がるかどうかの瀬戸際に立たされ、やっぱり理なのか…と諦めかけた時にグランプリを連覇しステゴマックの後継種牡馬の地位を確定させた時は本当に血の奇跡を感じたものである。
まあ2年後に全破天荒三冠馬ここでは兄貴の名誉のため凱旋門賞二着と言うべきが、その翌年には気分屋にも程がある芦毛の二冠記事内ではいのと呼ばれてるがのことかはまあバレバレであろうが出るわけだがそのを開いたのは間違いなくドリームジャーニーだった。

ちなみに東京競馬場では一度も勝てておらず最高で2歳の3着のみと壊滅的な成績である。これは左回りでは内にもたれる癖があったためと言われており、もしそれでレースサボれる思っていたのなら間違いなくステゴが原因である。これはオルフェーヴルにもし、皐月賞トライアルを勝っても本番で人気を落としたのは東京競馬場が苦手だったジャーニーイメージが強かったといえる。
まあオルフェ東京競馬場残な大敗していたのが一番の原因だけど。
ちなみにオルフェいのも3歳時はともかく古になってからの府中での勝ちはなかったりする。

血統表

ステイゴールド
1994 黒鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ
1988 栗毛
*ディクタス Sanctus
Dronic
ダイナサッシュ *ノーザンテースト
*ロイヤルサッシュ
オリエタルアート
1997 栗毛
FNo.8-c
メジロマックイーン
1987 芦毛
メジロティターン メジロアサマ
*シェリル
メジロオーロラ *リマン
メジロアイリス
エレクトロアート
1986 栗毛
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
*グランマスティーヴンス Lt. Stevens
Dhow

クロスノーザンテースト 3×4

主な産駒

関連動画

 

 

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 52ななしのよっしん

    2021/11/15(月) 18:21:24 ID: UpijVgbJfM

    >>51
    まあ夫人タックルオルフェの斜行癖のせいでもあったという意見もあるけれど、それは置いといて。
    ステイゴールドは小柄だけど上手かったらしいから、多分ギリギリ問題なくできるラインだったってことかな。

  • 53ななしのよっしん

    2021/11/15(月) 22:10:14 ID: RsQp3Cp1Cj

    なんか最近上がってるな……?(;・・)←コメでまた上がるんやろか
    ヴェルトライゼンデの屈腱炎は残念だったけど、これからの復活あるいは繁殖としての遺伝に期待したい

  • 54ななしのよっしん

    2021/11/21(日) 12:30:09 ID: xTPU8vKPpr

    として見るから可愛いけど人間で例えると「地味喧嘩が強いチビDQN」だから他友達にしたくないタイプだろうなぁ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/02(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/02(木) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP