今注目のニュース
ワンちゃんを大喜びで出迎える子猫ちゃん 「待ってたニャ!」とばかりに激しくじゃれつく姿がほほえましい
芸能人の私服姿に興味がある人は… 「私服でもオーラある」との憧れも
幻のダズル迷彩を車輪モチーフでアレンジした、ナリフリらしい新コレクション登場。

ライオン・キング単語

ライオンキング

掲示板をみる(58)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ライオン・キングとは、ディズニー製作アニメ映画及びミュージカル作品である。

概要

1994年6月24日に、日本では同年7月23日開された、ディズニーアニメーション32作品映画監督ロジャーアレーズとロブ・ミンコフ。音楽ハンス・ジマー
アニメ映画としては同じディズニー作品の『アナと雪の女王』『トイ・ストーリー3』についで世界行収入記録第3位(2016年1月現在)の9億8千万ドル(日本円で約1200億円)を記録しており、またセルビデオ2003年時点で全世界5500万本を売り上げている。これは世界のすべてのジャンル映画を含めて過去最高の売上数である。さらにこの映画サウンドトラックも全世界1500万枚を売り上げており、こちらもアニメ映画サウンドトラックとしては世界一の売上数を誇る。

ミュージカル版

日本国内では、劇団四季によるミュージカル作品も非常に知名度が高い。劇団四季では1998年より17年連続で東京大阪など各地で演が行われており、2013年3月24日にはそれまでのミュージカル作品においての演回数1位であった『オペラ座の怪人』を上回り、2015年7月15日には演回数1万回を突破した。これは日本国内におけるミュージカル作品としては異例の期間・回数を記録している。
また、本家アメリカでも劇団四季よりも1997年ディズニーミュージカル化している。ブロードウェイなどで演され、こちらもミュージカルのチケット販売収入だけで行収入を6700億円を突破しており、すべての娯楽作品の中で世界一商業的に成功している作品となった。

超実写版

2019年7月19日開。日本では8月9日と、お盆直前の夏休み開される。アニメ劇場版から25年が経過、『美女と野獣』や『プー大人になった』など、ここ近年活発化しているディズニー映画実写作品群として、本作もまた再映像化されることになった。

本作は『トイ・ストーリー』のように背景キャラクターを全てCG製作しているため、ディズニー公式実写版”という名称を使用している。監督は『アイアンマン』のハッピーことジョンファヴロー。音楽25年前と同じくジマーが担当する。

キャストはムファサ役のジェームズアールジョーンズを除き一新。シンバ役には『オデッセイ』などに出演、"チャイルディッシュ・ガンビーノ"名義でグラミー賞を受賞したドナルドグロバー、ナラ役には同じくグラミー受賞経験のあるビヨンセが起用された。

同年には『ダンボ』の実写版が先に開される予定であり、開前々5月には『アラジン』、本作開後には『リロ&スティッチ』の製作アナウンスされている。

盗作疑惑

この作品が発表されて以降、日本漫画家手塚治虫が描いた漫画ジャングル大帝』にプロットキャラクター、設定が大きく似通っているとの摘を数多く受けた。日本でら漫画家らが署名を添えて質問状を送っており、アメリカ側では地元マスコミによる酷似シーンの照らし合わせなどの報道が繰り返された。
ディズニー側は「その作品を知らなかった」としていたが、スタッフの中には『ジャングル大帝』を知っている者もいたという。それに対してもディズニー側は反論を繰り返したが、最終的には手塚プロダクション側の「もし手塚本人が生きていれば、ディズニー作品に影を与えることができたことを光栄に思うだろう」という発言により騒動は収束した。
他にもディズニーでは『オリビアちゃんの大冒険』や『アナと雪の女王』などでも盗作疑惑が発生している。

あらすじ

動物たちが暮らす王プライドランド。皆から慕われる王ムファサは、将来王となる息子シンバに命の大切さ、王としての心構えを教えるも、幼いシンバはガールフレンドのナラと遊んでばかりいた。
そんな中、シンバが王になることを気に入らないムファサのスカーは、現国王のムファサと将来王となるシンバを殺し、自らが王を支配する計画を立てる。

登場キャラクター

CV欄は、原版における声優を先に表記する。

シンバ(Simba)
CV:(幼少期):ジョナサンテイラートーマス台詞)/ジェイソン・ウィーバー(歌)/イアン・サウチェド(「のご報告」の代役)/中崎達也/村上想太(「のご報告」の台詞パート代役)/市川聡一(「のご報告」の歌パート代役)
CV:(青年期):マシュー・ブロデリック台詞)/ジョセフウィリアムズ(歌)/フランク・ウェルカー(鳴き)/宮本充アニメ吹き替え)/ドナルドグロバー実写版)/賀来賢人(実写吹き替え
本作においての主人公であるオスの子ライオンのムファサはプライドランドを統治する王であり、息子シンバもその王を継ぐ運命を持つ。
幼少期の頃はやんちゃで危険をみない性格。その後ファサの死とスカーの策略によってプライドランドを出て行く事になってしまうが、立った先でティモンとプンバァと出会い共に育ち、そして立大人ライオンになる。後に、ナラとの間にメスのキアラとオスのカイオンの2子に恵まれる。
後にDVD化する際に追加収録された「のご報告」では、当時演じた声優が既に変わりしていたため、原版・吹き替え版共に代役を当てられた。
ナラ(Nala)
CV(幼少期):ニキータカラム台詞)/ローラウィリアムズ(歌)/山本純子
CV青年期):モイラ・ケリー(台詞)/サリー・ドウォルスキー(歌)/村りこ(アニメ吹き替え)/ビヨンセ・ノウルズ(実写版)/門山葉子実写吹き替え
シンバのガールフレンドい毛を持つライオン。強くて勝ち気な性格で、プライドランド危機の時には立ってしまったシンバを探しめている。
ファサ(Mufasa
CV:ジェームズアールジョーンズ/フランク・ウェルカー(鳴き)/
大和田伸也(アニメ/実写吹き替え
シンバの父親であり、プライドランドの王。皆からも慕われ、息子シンバに対してもとして実に対応する良き王であったが、復讐を企てていたスカーの策略にかかり、ムーの大群に追われたシンバを助けるも崖から突き落とされ、最期を迎えた。
スカー(Scar
CV:ジェレミーアイアンズ/ジム・カミングス(歌パート代役)/壤晴彦アニメ吹き替え)/
キウェテル・イジョフォー実写版)/江口洋介実写吹き替え
ファサのシンバの叔父にあたる。普通ライオンと同じ毛色のムファサとは違い、い鬣と濃い色の体毛を持ち、そして右の周りには深い傷が残っている。普段は丁寧な言葉遣いをしているが、的のためであればどのようなことでも行う残で冷酷な性格である。
本来であればスカーが次の王位継承者になるはずであったが、ムファサに跡継ぎのシンバが誕生したために王位の継承を絶たれた。そのことがスカーの怒りを買い、ムファサとシンバを殺し、そして王となってプライドランドを支配する計画を立てることとなった。その作戦は実行され、ファサの殺に成功している。さらに裏では本来は敵対勢であるハイエナの群れと手を組み、ハイエナたちをも手下として支配していた。
ライオンガード」ではプライドランドサークルオブライフを守護するチームライオンガード」の先代リーダーであることが判明した。
ザズー(Zazu
CV:ローワン・アトキンソン/ジェフベネット(「のご報告」の代役)/梅津秀行アニメ吹き替え)/ジョンオリバー実写版)
プライドランドの王に代々仕える執事サイチョウ。幼少期のシンバやナラの面倒見もしていた。執事であるが故に礼儀正しく、ツッコミ係にもなっている。
ティモン(Timon)
CV:ネイサン・レイン/三ツ矢雄二アニメ吹き替え)/
ビリーエイチュナー(実写版)/ミキ・亜生(実写吹き替え
シンバが立った先で出会ったミーアキャット。頭の回転がく、口は悪いが面倒見はいい。ティモンもシンバと同じく、以前住んでいたところから追い出されている。
プンバァと一緒にシンバを育てた。
プンバァ(Pumbaa
CV:アーニー・サベラ/小林アトムアニメ吹き替え)/
セス・ローゲン(実写版)/佐藤二郎実写吹き替え
シンバが立った先でティモンと出会ったイボイノシシティモンと常に一緒にいる。のんびり屋で気が優しく持ち。以前は他の群れの中にいたが、体臭やオナラが強に臭かったために嫌われ追い出された。
二人は「ハクナ・マタタ」(スワヒリ語で「どうにかなるさ」という意味の言葉)をモットーに生活しており、育てられる中でシンバもこれを教わった。
ラフィキ(Rafiki)
CV:ロバートジローム/槐柳二
年老いたヒヒ()。王子誕生の儀式に必ず関わっている。また、二人に「ハクナ・マタタ」を教えた存在でもある。
ハイエナ
プライドランドにおけるライオンとの敵対勢スカーは本来敵であるハイエナたちと同盟を組みプライドランドを征した。「墓場」をねぐらにしており、危険な地でありながらもシンバとナラは一度二人だけでここに向かってしまったことがある。
シェンジ(Shenzi)
CV:ウーピー・ゴールドバーグ/片岡富枝(アニメ吹き替え)/
フローレンス・カサンバ(実写版)/沢城みゆき(実写吹き替え)
スカーの側近のハイエナチームリーダー。メス。なお実際のブチハイエナの群れもメスが支配している。リーダー性がしっかりとあり気が強い性格。
バンザイ(Banzai
CV:チーチ・マリン/樋浦勉
スカーの側近のオスのハイエナ。短気でそそっかしい性格。
エド(Ed)
CV:ジム・カミングス吹き替え版でも原版音を流用)
スカーの側近で同じくオスのハイエナ。基本台詞はなく、常にキチ顔でただ笑っているだけの変なやつ。常時舌を出している。
アンジ(Anzi)
CV:エリックアンドレ
マリKamari
CV:キーガン=マイケルキー/加瀬康之
実写版のみ登場するオスのハイエナアニメ劇場版におけるバンザイ、エドのポジションにあたる。

その他

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 56ななしのよっしん

    2019/08/16(金) 18:26:06 ID: 58NXkvy4GS

    ティモン一党が増殖してて、ラストシーンプライドロック入りしてて大丈夫かよ・・・と思ってたけど、よく考えたら冒頭でザズーが「王宮に使えるものは食べてはいけない」って言ってたな。

  • 57ななしのよっしん

    2019/08/18(日) 21:54:21 ID: SAVebFlnwB

    実際、設定や展開に変にアレンジ加えなかったのが功を奏した感じするね
    大抵の(実写化ってそれやって失敗するから

    ハイエナたちの描写が「姑息なだけで頭の悪いスカベンジャー」から「上下関係の取れたプレデター」になってたのは、動物学の進歩を感じさせるね
    シェンジも取り巻き2匹と馬鹿やってた頃から、まさに姉御肌って感じになってるし

  • 58ななしのよっしん

    2019/08/19(月) 05:23:48 ID: y4Y2n5fW3l

    なんというか
    こういうのでいいんだよ。
    ってマジで思った。
    元まんまやることに否定的なクリエイターはいるけどなんで元がよかったか考えればわかることなのに。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP