南海電気鉄道単語

ナンカイデンキテツドウ

5.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

南海電気鉄道[なんかいでんきてつどう]とは、大阪・ミナミのターミナル・難波から和歌山高野山・関西空港などを結ぶ路線を保有する鉄道会社である。通称「南海」「南海電鉄」。

概要

大阪市内の難波駅(以下、対外表記の「なんば)をターミナルとし、和歌山県北部、関西国際空港高野山、泉北高速鉄道経由でニュータウン南海フェリーに連絡して徳島を結んでいる。

大手私鉄16社の1つであり、1885年に開業した阪堺鉄道ルーツとする日本最古の純民間資本私鉄である。

関西大手私鉄の中で一、標準軌の路線を有していない。ただ、1980年までは現在阪堺電気軌道の路線を経営していた(南海大阪線)。

路線図に記された駅ナンバリングの符号は、当社線各NK 、乗り入れ先の泉北高速線は SB

スルッとKANSAI・全山岳鉄道‰会加盟社。

歴史

1885年に、難波大和川)間で開業した阪堺鉄道ルーツである。釜石鉱山鉄道の資材を譲受し、軌間838mmで建設された。1888年に大和川橋梁完成し、堺駅吾妻)まで延伸され全通した。

阪堺鉄道の成功を見て、和歌山市まで路を繋げようという機運が高まる。1985年阪堺鉄道との合併を前提として南海鉄道が設立され、1898年に合併が成立して阪堺鉄道は解散した。南海鉄道狭軌(1,067mm)で建設されることになったため、阪堺鉄道軌間軌された。同年10月和歌山北口(現:紀ノ川駅)まで開業、1903年に紀ノ橋梁完成して和歌山市駅まで全通した。

1906年に鉄道有法が成立し、和歌山市駅で接続していた紀和鉄道(→関西鉄道)も有化されるが、南海鉄道海岸線であることを理由に、軍事的立場から除外された。

1905年より電化に取り組むことが決議され、1911年に全線電化を達成した。

一方、阪堺鉄道南海鉄道が合併した1898年には、大小路(東)~狭山間で高野鉄道が開業した。1900年に汐見橋駅が開業し、当初の計画である長野河内長野)間が全通した。

1907年高野登山鉄道が設立され、高野鉄道の事業一切が譲渡された。1915年に和歌山線橋本駅まで延伸され、同年に大阪高野鉄道称された。高野大師鉄道を設立してさらなる延伸をすが、1922年に南海鉄道との合併が成立し、同社の高野線となった。1925年に南海本線との連絡線が完成し、難波駅への乗り入れが開始された。同年に高野山電鉄道が設立され、南海鉄道高野まで、そこから先は高野電気鉄道が担当することとなった。

また、1915年には南海鉄道ライバル関係にあった阪堺電気軌道(初代)と合併し、同社の軌線とした。

1940年陸上交通事業調整法により赤字に苦しむ阪和電気鉄道を引き取ることとなり、同社の山手線となった。しかし、1944年には戦時買収によりに路線を取り上げられてしまう(阪和線)。その直後にの命により関西急行鉄道と合併させられる事態となり、近畿日本鉄道となって南海鉄道は消滅した。

もともと合併が自発的なものではなかったこともあり、戦後すぐに両社が分離する機運は高まった。高野山電鉄道が合併されることなく単独で残っていたため、1947年に社名を南海電気鉄道称し、南海鉄道の事業を譲渡することで両社の分離は了した。

営業路線

南海電鉄では、1990年代頃から「支線」と呼ばれる路線がくなっている。

なお、高野線は途中の中百舌鳥駅以北、なんば駅まで「泉北高速鉄道」の車両が乗り入れる。 
なんば駅橋本駅には「りんかんサンライン」という称があったような気がするが(ε)キニシナイ!!

優等列車

ラピート南海本線空港線なんば関西空港
鉄人28号」こと、なんば関空を結ぶ特急列車で、名実共に「南海の顔」である。
空港輸送という点ではJR「はるか」べて圧倒的に不利な状況であり、一時は乗率が可哀想な事になっていたが、近年では関空会社がLCCの受け入れに積極的なため、前の座席をグルっと回して4人席の1名占領なんてもうできないくらい乗客が復調傾向にある。どちらかというと難波佐野以北でのビジネス特急してる感が否めない。 一部座席のモケットはヒョウ柄である。
サザン南海本線なんば和歌山市和歌山港)
なんば和歌山を結ぶビジネス特急
車両10000系(先代の特急四国号」に使われた1000系の機器を一部流用)と12000系2011年デビュー)が使用されているが、いずれも特急車両の座席普通車両(10000系相方には塩害魔王7000&7100系12000系相方には8000系9000系リニューアル)の自由席を併結させて走るしい特急(他社で同様の運転形態を取る例に、名鉄特急がある)であり、快適性、込み具合共に、自由席との格差が非常にしい。後のJR各路線の快速列車群と京阪特急がこの列車を参考にした座席サービスを始める。
2011年9月12000系(サザンプレミアム)導入より、全禁煙となった!
こうや・りんかん高野線なんば極楽りんかんなんば橋本
なんば高野山を結ぶ観光特急で、ラピート登場前の南海の顔。別名「南海女王」とも。通常は4両運転が基本。後述のりんかんと併結して8両で走る(橋本分割併合を行う)便もあったが、2015年12月の「泉北ライナー」運転開始と同時になくなった。 なお、季の閑散期には車両点検(定期)の都合により、運休となる列車がある。
りんかん」は期運休対策と、橋本以北高野線ビジネス特急系統として1992年デビューした。それ以前も1985年から同様の形態での運行がされていた特急があり、通称「H特急」と言われていた。
以前は高野線特急では一の20m級車両である「11000系」をメインに使用し、平日ラッシュ時の列車は8両運転が基本であったが、2015年12月から11000系が「泉北ライナー」専用編成となってからは「りんかん」も30000・31000系での運転が基本となり、11000系季(概ね1月上旬から2月末頃の間)の検時にしか「りんかん」運用に入らなくなった(この時期に限り「泉北ライナー」はサザンプレミアム用の12000系が運用に入る)。上り1本のみ8両運転、他は4両で運転される。知名度的には私鉄特急の中でもトップクラス地味さではないだろうか。
泉北ライナー高野線泉北線なんば和泉中央)
2015年12月5日から運行開始した特急で、泉北線初の定期特急列車・夕方ラッシュ時に運行を行うことから、事実上の着席保列車ホームライナー列車として運行されている。
2022年5月27日に発生したこうや用の30000系電車事故により運用から離脱し車両が足りなくなった際、新型コロナウイルスで運休状態が続いていたラピート用の50000系白羽の矢が立ち、2022年11月1日から当面の間一部の編成が泉北ライナーの運用に入るようになった。50000系泉北ライナーとして用いられる際は、ラピートの時と異なりスーパーシートレギュラーシートどちらに乗しても特急が変わらない乗り得列車と化す。

また、高野線特急車両には1本も予備がないため、定期のたびに運休が発生する。突発的な車両故障などが発生した際には即、運休につながる。その場合、一般車両による全自由席特急が走ることもある。

観光列車

天空高野線橋本極楽
南海2208系(展望定席)2両と南海2300系または南海2000系自由席)2両を併結して運行している。
2208系の車両時には、残念ながら運休となる。定席券は事前電話予約のみ。その他の予約方法は2013年現在設定がない。乗当日に受け取りとなる。

沿線風景

大阪ナミの繁、堂々とそびえるなんば駅から出た電車は、通天閣スーパー玉出を望み、ドヤ横や直上、下町、商店路地裏、山の手、フツーの住宅街、ドブ、絵に描いたようなニュータウンを渡って空港の中、海岸沿い、トンネルでパス、潮の香りがする港、巨大古墳のすぐ横、急曲線と急勾配をませながらいくつものトンネルをくぐり、清流をまたいで山し、いよいよ地形的に行き止まりとなった場所でケーブルカーに乗り継いで行った先は、世界遺産山上宗教都市…と、まぁ何でもござれなフリーダムであり、沿線風景はヒジョーに多様である。ついでに高野前からは、一般車通行禁止のバス専用南海りんかんバスの私)があるオマケつき。もういいよおいっぱいだよ!私鉄1社の車窓風景としては満全席級コース

大手私鉄ではしく、地下施設が全くい(南海線高野線ともにトンネル区間はある)。これは大手でも南海と、西日本鉄道(地下トンネルもない)だけである。なお、南海の名誉のために申し述べておくが、東武鉄道押上駅(地下)は、東京メトロ半蔵門線との相互乗り入れによって生じた「副産物」的なおよび区間であり、の管理者は東京メトロである。とはいえなにわ筋線開業に合わせ建設される新難波駅が地下になるそうなので気を落とさないでほしい。

運賃

京阪神地区のような都市間連絡輸送をしているわけではないため、近鉄と並んで関西大手私鉄の中では運賃準は高め。難波駅から和歌山市駅など、ある程度の距離を乗ってしまえば阪和線などより安くなるのだが、40kmまでの運賃はJR西日本幹線より高い2024年1月現在)。当然、電車特定区間定されている阪和線との価格差はさらに大きくなるが、36kmで並び、それ以降は上記の例のように南海の方が安くなる。

中百舌鳥駅を挟んで南海高野線 - 泉北高速鉄道を乗り通す場合は、初乗り運賃が2社分徴収されるが、2015年3月1日より乗継割引額が100円に設定されている。これにより、南海高野線だけ乗った時の運賃との価格差はかなり小さくなった。ただ、それ以前は20円しかなかったため、中百舌鳥駅大阪メトロ御堂筋線乗り換えてしまう乗客も多かった(地下鉄は長距離乗った方が割安感が出るため)。2023年10月に値上げしたが、難波~中百舌鳥特定運賃適用で10円程度の値上げに留めたのでそこまで大阪メトロには流れないと思われる。このあたりの運賃は泉北高額鉄道南海と合併しても変わらない模様。

阪急阪神京阪、それから北大阪急行などに慣れてしまった人は、の運賃表を見上げて然とする…かもしれない。

実証実験

南海電鉄グループでは2021年4月3日から一部の・路線でVisaカードNFCを用いた実実験を実施しており、構内の自動改札機等にNFC専用カードリーダーを取り付けている。

現時点での対応駅・グループ交通機関

2024年1月現在

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

大手私鉄一覧
東武鉄道-西武鉄道-京成電鉄-京王電鉄-京浜急行電鉄-小田急電鉄-東京急行電鉄-東京メトロ-相模鉄道-名古屋鉄道-近畿日本鉄道-南海電気鉄道-京阪電気鉄道-阪急電鉄-阪神電気鉄道-西日本鉄道
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/05(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/05(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP