今注目のニュース
文鳥が「ぴょこぴょこ」歓喜する動画が話題に「トランポリンしているみたい」
ファミリーマートがチーズメニューを拡充へ チーズ肉まん、チーズ豚丼、チーズサンドなど続々展開
親による体罰が法律で禁止に…正しいけど不安を感じるのはなぜ?

神峰翔太単語

カミネショウタ

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

神峰翔太とは、漫画SOUL CATCHER(S)の主人公である。

概要

他人の『心』と『音』を視る事ができるを持った少年
生まれつき持っていたそのに苦しまされ、疎んで来たが、天才サックス奏者、『刻阪』と出会ったことで吹奏楽世界へと足を踏み入れる事になる。

プロフィール 

誕生日 10月16日
身長 刻阪と同じ
好きな食べ物 甘いもの
好きな音楽 J-POP(バンドサウンド)
所属 群馬県立鳴高等学校(1年)
パート 揮者
特徴1 左右で質が違うのでセットがうまくいかない
特徴2 他人の『心』が視える

性格、行動

良くも悪くも素直で感情が表に出やすい。また、自分ので対人関係に齬を起こしやすく、幾度もの過去の失敗から人と向き合うことに対して臆病なビビリ。しかし、勇気を振り絞って出した言葉は周りに大きな影を与える。 

心を視る事が出来るが、恋愛に関してはが付くほどの鈍感朴念仁。同じく鈍感な刻阪をして『パネェな』と言わしめるレベル。 

しかしその行動は天然たらしそのもの。好意的な感想を素直に出し、他者からの(面半分な)アドバイスを受けてプレゼントを渡したりと読者や登場人物達を2828の渦に巻き込む。

『心』を視る能力、指揮者としてのスタイル 

生まれた時から持っていた。同じく学生揮者の調鋭一く『共感覚』と呼ばれるらしい。
峰の場合は心がアイコン状に視え、人によってはそれらが特徴的に映る場合もある。(刻阪→キーガード等)
また、その人物達が生み出した『音』も明確なビジョンとなって視える場合もある。(刻阪→音符をった『手』)
心の状態は具体的に視ることが出来、喜怒哀楽だけでなく、悪意や心を閉じている状態、焦り、精的負担、拒絶や睡魔など、 かなりダイレクト。それ故にその感情を摘すれば相手は怒りを見せてしまう事もある。
かしこ璧という訳でもなく、『かがかにこういった感情を向けている』のは視えても『どうしてこういう感情を向けているのか』までは分からない。(例:◯歌が自分に対して怒っているのが解る。 ×刻阪が自分よりも峰と仲がいい事に対する嫉妬から怒っている。)

揮者としてのスタイル初心者そのもので、始めこそメトロノームに合わせてタクトを振り、その都度で奏者ひとりひとりに示を出していた。
御器の出した課題で実に吹奏楽100曲もの写譜をやり遂げた結果、言葉を出さずとも具体的な示を出せ、より実践的な揮が出来るようになる。そして先輩フラグを立てる。
そしてウィンドフェスで『奏者に背を向け、観客の心と向き合う』ことで、『どの様な客にどの様な音を届けたい』と、より明確な向性を持たせるスタイル確立した。そして手すりのない揮台で大きくジャンプして顔面を殴打した。

対人関係

注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

刻阪:初めて峰の『揮』を受けたサックス奏者。峰を吹奏楽世界へと誘い、文字通り彼の『相棒』と呼べる存在。心のカタチは『キーガード(サックスの部品)』、音のカタチは『聴いた者の心を掴む手』。

打樋透:パーカッションパートリーダー。『棟梁』と呼ばれる職人肌。リーダーとしてのあり方を模索していたが、峰の言葉で悩みを解決してからは彼に信頼を寄せる。自他共に(?)認める『打楽器バカ』。心のカタチは『鉢巻をした3つのハート』。音のカタチは『パーカッション全体が生み出す』。

音羽悟偉:トランペットパートリーダー天才的な演奏技術を持ち、『暴君』と呼ばれる。父親との関係で悩んでいたが、それを解決した峰を面く思い信頼する。心のカタチは『布をった怪物で布の中は赤ん坊』。音のカタチは『怪物が全てを食いつくす』。

部長トランペットパートリーダー。心優しく、峰の成長を見守る良い先輩。音羽に勝てない自分に甘んじていたが、峰の言葉で自分にしか出来ない音楽を見出す。心のカタチは『く澄んだ、ダイヤモンドのような芯を内に持つ心』。く見ていて安心するらしい。

優菜:サックスパートリーダー。刻坂に好意を寄せている。本人は必死に隠そうとしているが、周りにはバレバレで2828されている。ただし当の刻坂はそれに全く気付いていない。大会を真剣しており、当初は峰が揮をすることに反対していた。だがひょんなことから峰の揮者としての気迫をの当たりにし、彼を認めるようになる。心のカタチは『自身さえも焦がすしい炎に包まれた心』。これは前述のように刻坂への心から来るものであるが、峰にはその理由が分からなかった。
(以下さらにネタバレ
実は全すという点で『ずっと変わらなかった』人。峰が来る前から、そして峰が来た後も変わらずに夢を追い続けていた。標をひたすらに見据えるその姿は、まるで行き先を照らす灯台のよう。全大会では浮き足立メンバーを入れ、『女』の姿となって心の世界に降り立った。

御器ファゴットバスクラリネットパートリーダーがつく卑屈だが決して努を諦めない。峰の努と逃げない勇気を認める。楽のイトコで峰が楽に好かれていると察したときは涙を流していた。心のカタチは『御器谷本人の周りに大量の機が浮かび、わずかでもネガティブになると次々と誘爆するの心』。

楽恵:クラリネットパートリーダー。部内の女子どをめ上げる姉御肌。幾度ものダメ(全に出場出来ない賞)の経験から向上心を失っていたが、峰の揮で御器の音を取り戻させた事で彼のことを認める…と言うよりツンデレる。2828エグザイル心のカタチは『に閉じこもったデフォルメ楽』。後にくなる。

吹越澄:フルートパートリーダー。勝ちも負けもない、楽しめればいいという中庸的なスタンスだったが、峰の言葉で、『本気の勝負を本当に楽しむ』事を見出す。心のカタチは『砂時計の中に咲く一輪』。後に心、音共に『茨のった戦乙女』に変わるエロ可愛い

木戸:オーボエパートリーダー吹奏楽歴は高校に入ってから。行動を他人に合わせるのが上手く、自分から意見を言うことがい。その性格や行動からコミュニティで『不要』とも『必要』とも言われたことがいため自分の居場所を作ることが出来なかったが、敢えてヒール役を演じた峰の行動により、部員達から『必要だ』と言われたことで自分の居場所を認識する。心のカタチは『高くから周囲を見渡す小鳥』。後に『吹奏楽部』という『』に巣を作った(本当の意味で居場所を見つけた)。

弦野政コントラバスパートリーダー。口癖は「摯に」。ストイックに自分の音楽を探し、すごい音楽やかっこいい音楽があればそれをえたくなる性分。ロックフェスでの峰の行動に驚愕し、彼を自分の価値観常識をぶち壊しにかかる人間として認識。以後揮者・神峰翔太を『叩きる』ことを決意する。心のカタチは『鋭く研ぎ澄まされた』。

美子ユーフォニウムパートリーダー崎舞とは親友で、共感覚を制御できずに苦しむ彼女に何もできないことを思い悩んでいた。心のカタチは『固く閉ざされた叩き続ける合』。峰の言葉をきっかけに自分でそのをこじ開けることに成功。その先に待っていたものは…?

崎舞:ホルンパートリーダーメガネっ娘過去の一件で『共感覚』が発現し、音に匂いを感じるようになった。そのことが彼女を深く苦しめていたが、峰の言葉をきっかけに共感覚を受け入れる。心のカタチは『の木に磔にされ、血だらけになった崎』。後に『鎖から解かれた妖精の姿』になる。

獅郎:チューバパートリーダー。冷静に現実を見て行動するタイプ。友人達(金井淵・合・兄妹)とのつながりを失いたくないがあまり、自分が音楽をやっているのは彼らに音楽を辞めさせるためとまで言い切る。心のカタチは『仮面で顔を半分隠し、チェーンソーを操る和』。そのチェーンソーで自分の理想の未来を次々とり倒していたが、峰の言葉に親友・咲良の面影を見出す。自分の本当の望みをり倒さずに残す決意をした。

金井トロンボーンパートリーダー峰に対して「(揮に)何も感じなかった」「おまえなんか認めない」など、彼のことを特に強く否定していた。心のカタチは『とても深い立坑』。その中には様々な負の感情が存在し、底には『何かを封印したカプセル』が眠っている。峰によって自身の抜群の音感がさらに引き上げられたことと、していた『の音』に到達できたことでついに彼を揮者として認めることになった。

谺夕子:鳴高校吹奏楽部顧問。揮者志望として入部した峰に対し、『12人のパートリーダー全員に認められること』をコンクールでの揮の条件に出す。峰のことは不可解に思いながらも、教師として彼の言動には真剣に向きあおうとする。心のカタチは『を構え、身を守ろうとする心』。武装を解くと『軽装のシスター』が現れる。

咲良崎舞の双子天才アニスト。共感覚を持ち、中学時代は金井淵・合・和・崎舞の4人と一緒に『の音』に辿り着こうとするも交通事故で両腕が動かなくなる。そんな中ひょんなことから峰と一緒に演奏会に出ることになり、そこであくまで自分を演奏者として扱う峰に心動かされる。心のカタチは『砂場で何かをこねくり回す異形の怪物』。後に『半裸の格闘である咲良』に変わる。

調鋭一:世界揮者調剛健の孫で、高崎市高校吹奏楽部で学生揮者をしている。『色調』の共感覚を持ち、音に色を感じられる。演奏中に『そのもの』を要した峰の感受性に興味を持ち、彼をライバル視するようになる。心のカタチは『音楽に包まれた穏やかな心』。しかしそれがある一件でドスく変化して…?

善人:鳴高校入学した峰の1年後輩で、峰同様人の心が視える。ただしそれを視た上で『く染め上げる』のが彼の生き甲斐愉快犯的に人の心を弄ぶ条に対し、峰は吹奏楽部でそんなことはさせないと怒りを以て迎えた。心のカタチは『すべてのを飲み込むブラックホール』。
(以下さらにネタバレ
実は鳴には在籍しておらず、高校の生徒(これもである可性はあるが)。峰に対して同じ『』を持つ者同士潰し合いたい、どちらかが死ぬまでちょっかいをかけ続けたいなどとっているが本心は不明。調の心の隙を突き乗っ取り、それを阻止しようとする峰を巧みに追い込んでいった。だが圧をかけても折れるどころかどんどん強くなる峰。その姿勢に恐怖を感じ、またそれを自覚したことでパニックとなり峰の前から逃げて行った。心には『機械的で人面の不気味モンスター』を大量に飼っている。これに入り込まれた者は心をに染められ、喰い破られてしまう。

関連動画

神峰翔太に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

神峰翔太に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

神峰翔太に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/23(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/23(月) 16:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP