単語記事: へし切長谷部(刀剣乱舞)

編集

へし切長谷部(刀剣乱舞)とは、ブラウザゲーム刀剣乱舞-ONLINE-」に登場する刀剣男士である。

CV新垣樽助 / イラストレーター小宮

お任せあれ、概要でも斬って差し上げましょう。

長谷部重作とされ、信長坊主を棚ごと圧し切ったのが名の由来。
への忠が厚く、いちばんの臣でありたい。 
2015年2月20日発行 B'sLOG4月号より)


長谷部重作の打
名の由来は、信長棚の下に隠れた坊主をその棚ごと圧し切ったことから。
への忠厚く、その一番であることを渇望しているが口にすることはない。
汚れ仕事気で行う。
刀剣乱舞爛図録より)

種は打

煤色に近い色の色の瞳が特徴の青年の姿をしている。ちなみにではなく+タレ目
イラストレーター小宮氏によると「外見年齢は20歳代、くらいしか考えてないですね……イメージされているよりは若造だと思います」とのこと。

戦装束はカソックやストラといった、キリスト教職者を彷彿とさせる洋装。
これは彼に名を与えた織田信長キリスト教に寛容だった事、後のである黒田キリシタンであった事を反映していると思われる。更に図録によると、に巻かれた幅広の帯はカマーバンドで、足元にはソックスガーターを着用している。
内番衣装色・を基調としたジャージな性格を反映してか、上まできっちりファスナーを上げている。

性格はクール、勝ち気、そして皮屋。
一人称は「」、称は「長谷部」。審神者の呼び方は「(あるじ)」。
数ある刀剣男士の中において、ガチ審神者LOVEである。

審神者に対しては忠実な臣として、砕けた敬語で接する。主命とあらば」「何でもお申し付けください」「の思うままに」と、執事のようにの命令を承る。
ただし図録にもある「汚れ仕事」については、ゲーム内で特に表現されていない。掃除当番かな?

また、自分の事は「長谷部」と呼んで欲しいと審神者に告げている。「へし切」の名の由来が、織田信長藉によるものであるというのがその理由で、その名を与えながら直臣でもない男(黒田官兵衛)に下げ渡された事で、信長に対しては複雑な想いを抱き続けている。
しかし、黒田のことは内心ではとても大切に思っていることが後述の回想でわかる。

そのほかにも「何をしましょうか。臣の手討ち?寺社の焼き討ち?ご随意にどうぞ」と、「ご飯にする?お風呂にする?」みたいな気軽さでおっかない冗談(多分)を言ったりする。こわんい。
が、審神者に放置されると待てと言うのなら、いつまでも。…迎えに来てくれるのであれば」と、大変けなげな台詞を口にする。そのギャップに思わず落ちた審神者も多い。
ランクアップの際には「どうです?は強くなりましたよ」と報告してきたり、従といっても案外フランクな関係性。
遠征結果を誇らしげに持ち帰ってきたり、内番で当番・当番を拝命したときは若干渋さを見せるが、終了時は得意気にする面もある。が言ったか「忠と呼ぶ者も。

一方で戦闘では苛になり、索敵時には「状況を報告しろ。怠慢許さんぞ」と、に向けるのとはまるで違う音で揮を執る。
傷を負っても「だからァ?」と敵を挑発して笑いを上げたり、更には死ななきゃ安いとまで言い放つ。負傷グラフィック笑みを浮かべることも手伝い、戦闘狂の要素がかなり強い。ワンチャンアレバカテル
真剣必殺ではなす敵はる!」しい表情で昂しており、戦場でも忠心の篤さを見せる。

刀剣乱舞1周年ボイスではたちも今日で一周年となりました。これからも慢心せずのため働く所存です」と告げ、1周年記念イラストではのしつきのを手にしていた。
就任一周年ボイスでは、が未熟な頃から成長を見守っていた様子で、感慨深そうなが聞ける。

刀剣乱舞2周年ボイスでは、「二周年を迎えました。これからものため、意お仕えいたします」審神者へ一層の忠義を誓っていた。

2016年2月7日のニコニコ生放送において、ボイスを担当する新垣樽助氏は

『恐ろしい由来の人をった不吉な雰囲気が性格にも出ていて、戦闘でられても挑発的な台詞を言ったり狂気染みた戦闘狂のような部分もあり、に対する忠心が純
『純すぎて危ない、アンバランスな感じ』

といったイメージで演じていることをっていた。

また、2017年2月19日ニコニコ生放送でも、長谷部についてる際には

『根底にあるのはへの忠心、やっぱりそこが大事』
丸の作品にいては、「のために」という想いが色んなところに飛び交っている』

と述べた。

作中で織田信長のことはよく口にするが、その次のであった黒田の話はほとんどしない。
この点についてはゲームサービス開始当初からプレイヤー達によって様々に理由が推測されていたが、2015年8月11日実装された日本号(刀剣乱舞)との回想イベント黒田の話」「黒田の話・その後」で、その意外な理由が明らかになった。なお、長谷部の胸中が聞ける後編は15回以上出で発生という特殊な仕様である。
黒田長政について初めて言及し、「本当に、良い方だったのだ」と告白
付喪あの世があるならばついていきたかったが出来なかった、自分たちは人間より長く残る存在だからこそ「忘れること」にした、と痛切に不器用な死生観でった。そして最後に日本号に向かい、「だが一番は今のだ!それだけは覚えておけ!」と毅然と宣言した。

2016年2月16日に、不動行光(刀剣乱舞)との回想「悲しみと、なぐさめ実装
炎に包まれる本寺を前にして嘆き信長を救おうと歴史修正しかける不動を制止する。信長がどうなってもいいのかという訴えに長谷部は辛辣な返答をするが、信長が生前に好んだ敦盛になぞらえて諸行常を説いている。しかも、「敦盛」は不動が破壊で口にする歌でもある。どこまで意図した言葉なのか、長谷部意は測りがたい。
引用「人間五十年、下の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を得て、滅せぬ者のあるべきか」、意味は「人の生の50年は、世界の時間の流れからすると夢や幻のように一だ。一度生を受けたら死なない者などいるはずがない」
彼の人に倣った長谷部の言葉に思う所が出来た不動は「……お前は、信長様のところにずっといるべきだったのかもな」と言う。しかし長谷部は「ははっ。二度とごめんだね。は、今の」と審神者への姿勢を再度表した。

長谷部が下賜された3年後の正6年(1578年)には有岡城の戦いが起きており、黒田官兵衛が自身を裏切ったと誤解した織田信長によって寿丸(のちの黒田長政)は命の危機した。それらの事柄も信長への態度に関係するのではないかという見方もある。

2017年7月4日巴形薙刀(刀剣乱舞)実装された。共に戦場に出ると、回想が発生。
個別の銘や由来を持たない形が「べったり」な事に対し、素性の分からぬのすぐ側に居るのは見過ごせないと「お前の事を信用しきれていない」と切り込むが、過去の「物語」を持たず、その為自分にはしかいないとする形からは、逆に「(を)譲れ」と、これまたっすぐに打ち返され、速攻で断った
ともあれ、を選ぶのかは「が決める事」として結論をつける事となったが、めて審神者に対する思い入れの強さを見せる事となった。へしかわ。

レア度2の打の中ではパラメータの多くは軒並み高めで、特に機動は打でもトップクラス長谷部はやんい速い、という認識を持つ審神者は多い。
ただその一方で統率は低く、装が剥げやすいという一面がある(機動特化の刀剣男士全般に言える事だが)。
その高いパラメーター故か、鍛にかかる時間が他の打より長い2時間30となっている。ただしごく稀に全く違う時間で鍛されるバグがあり、一部においてバグ部と称されている。
ともあれ、「2:30:00が出たので大太刀かと思った長谷部だった」という事は稀によくある

2017年1月31日、近曲が実装
作曲初期刀5振に続き、「アルトネリコ」などで知られる志方あきこ氏が担当した。

主の命とあらば、アニメであろうとも……。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

アニメ刀剣乱舞-花丸-』では、2番に顕現した初鍛刀剣男士にして「お世話係」として登場。
前面に出ない審神者の代わりに命令を伝達したり、みんなを集合させるなど行う本丸のまとめ役。ちなみにお世話係=近という訳ではないらしい。

刀剣男士達から慕われる人柄だが出不精でだらしない面がある審神者を窘めながら、身の回りの世話を喜々として行っている。その甲斐甲斐しいお世話っぷりにダメにされる視聴者も多く、一部からは「ダメ審神者製造機」と言われることも。
所謂「日常系」である丸はギャグパートもあるため、長谷部原作ゲーム版よりも砕けた性格になっており、汚れ仕事を行う長谷部の設定も審神者に任せられたハーブの世話になっている。
一方で、が立場上言えない言葉も意をんで刀剣男士に伝えるという、良き忠臣の顔も見せる。

第2話では本寺出隊長を任じられ、宗三左文字(刀剣乱舞)薬研藤四郎(刀剣乱舞)らとともに出
戦闘では々しく隊を揮する姿があり、隠れた木ごと敵をという凄まじい切れ味と腕も見せつけた。
織田信長に対して辛辣な口調の長谷部と宗三を見て、大和守安定(刀剣乱舞)からは信長を嫌っているのかと思われるが、本寺が燃える様子をじっと見つめる長谷部・宗三・研の姿から、「言葉通りのことを思っているとも限らない」と、審神者が彼らにゆっくりしてくるように言った理由を察した。
安定の「もし今信長が生きていて会うことができたら何て言葉をかける?」という問いに、長谷部「言いたいことなんて…、何もない晴れやかな笑みで言い、未練のない様子であった。
織田所縁のたちとの仲は悪くない様子で、本丸に帰還した後のパーティーでは宗三とを飲み交わしていた。

第3話では、鳴いているを捕まえて審神者に見せようと籠を用意していた。
皆と一緒に大が咲くように願掛けをし、願いがって大に本当にの蕾がついた時は、まっさき審神者に知らせに走った。まさに忠

4話では卯月ということで、みんなでお花見をすることに。だが、宴のノリのためかみんなのフリーダムっぷりが加速して、審神者から預かったお金を浪費してしまい、これが6話で大変なことに……。

その6話では、欠な中でに行きたいという希望えるため、なべして刀剣男士水着を作っていた審神者が発熱して床にしてしまう。当然、お世話係の長谷部も大慌て。消化に良い食事としてうどんを作ることになり、なんだかんだで突然ミュージカルを繰り広げた急に歌うよ
審神者を想って涙を込めて「臣の手討ち」ならぬ「うどんの手打ち」を行う長谷部。次々に繰り広げられるミュージカルに、まるで意味がわからんぞ!状態の視聴者
完成した鍋焼きうどんは、黒田官兵衛の故郷(播磨現在兵庫県西部)で食される播州うどんのような出来となった。長谷部黒田に仕えていた頃を憶えていたようだ。あの工程でどうして播州うどんになったのか突っ込んではいけない。
食べた審神者は「うまい」「少ししょっぱい」と言っていたそうだが、塩分は控えめにしたとのことなので、涙のせいだろうか。もしかしたら審神者は感動で泣いていたのかもしれない。

その後、このカオス回の影を受けてはなまるうどんとコラボがされ、長谷部のうどんが再現された2016年12月15日から全コラボ実施店舗で販売され、一部店舗ではノリノリ店員達によっておおいに盛り上がり、好評のうちに終了した。

最終話でも審神者の世話を甲斐甲斐しく行っており、審神者のためになべして作った上着をプレゼントしていた。

史実と言えど、主が勝て、と言っているんでな。

南北朝時代工・長谷部重(はせべくにしげ)作と伝えられる
正式名称は 嵌銘長谷部重本黒田筑前守(名物へし切)」黒田筑前守とは黒田長政のこと。
紋が身全体に見られる皆焼(ひたつらば)であり、極めて難しい加工を施されている。

文化庁国宝指定文化財等データベース宝解説によると「現存する長谷部の作の中でも、有銘無銘を通じて肩すべきもののない傑作」とのこと。また、もとは大太刀であったものをに仕立て直しているとも。

「へし切」という特徴的な名は、織田信長観内という坊主料理人)の不始末を咎めた際、彼が台所へ逃げて棚の下に隠れてしまったために「圧し切り身を当てて切る)」にして殺したという話に由来する。

そもそもる際には「振りかぶってりつけ、引く」という動作が必要だが、で押し付けるだけで人間をったという事になり、凄まじいれ味があった事が伺える。
なお、ゲーム内の設定やデータベースの記述のように「棚の上から圧しった」説と、「を差し込んで棚の下から切った」説とで別れており、書籍によっても記述が異なる。

その後は、黒田譜』には正3年(1575)に小寺黒田官兵衛小寺政職の使者として信長に面会した折、中国攻めの策を提言した褒美として信長から「御太刀賜」ったとあり、その太刀がこのへし切であったという。大河ドラマ軍師官兵衛」ではこちらの説を採用している。当時は陪臣に直接褒美が渡されるのは異例であった。
『享保名物帳』には織田信長から豊臣秀吉に贈られた後に黒田長政に下賜されたと記されているが、現在では誤伝とされている。また、長谷部重作と判明したのは黒田に渡った後、黒田長政研師の本徳に鑑定依頼してからで、それまでは「圧切御と呼ばれていた。

黒田文書』第2巻112によると、黒田長政の死後は、遺言書により2代・忠之ではなく四男・高政が相続する。高政は筑前の初代だが、福岡3代之の遺品録にはへし切長谷部が登場するため、18世紀初めには福岡に戻ってきていたとされる。
忠之は祖・如(官兵衛)から太刀日光文字」を相続しており、『黒田文書』第2巻234には・長政が逝去した一ヶ後に日光文字の拵を注文したときの書が記されている。注文書には細かく示を書いたあとに、「へし(圧)切之に少もちか(違)ひ不申様ニ」、つまり「へし切の拵と全く同じにしてね」と書いている。何故そう注文したかは不明。そのときの拵も残っていない。

現存する拵は10代黒田斉清の代、文化文政期(1804~30)頃に制作されたとされる。
漆打拵(きんあられさめあおうるしうちがたなこしらえ)と呼ばれ、同じく黒田宝として伝わった「安宅切」の拵を写したもの。

19世紀に編纂された『黒田台帳』のへし切長谷部切御)の名の横には、「中将様御」(中将様=福岡11代黒田長溥が普段ししている)と書いてある。

以後は黒田代々の重宝として、大切にされていた。
黒田に伝わる文書『名物三作』でも、太刀日光文字」、薙刀権藤鎮教」と並んでその名を挙げられている。

昭和4(1929)年に開催された「日本名宝展覧会」では黒田侯爵所持として、日本号と共に出展
昭和8(1933)年には重要美術品に認定され、昭和11(1936)年に旧宝(現在の重要文化財)に定。昭和28(1953)年にめて定を受けた。

その後、黒田14代黒田長礼氏が昭和53(1978)年に死去。生前の遺言に伴い、多くの宝物と共に福岡市に寄贈された。現在福岡市博物館に所蔵。

2016年1月5日1月30日黒田名宝展示」において、日本号(常設展示)と並んで開。
初日には2~300人の行列が形成。1~2時間待ちという賑わいを見せた。
また、身の写真の等身大ポスター売・予約待ちになった他、刀から「おまたせ」という台詞の吹き出しが出ているポスターも好評を博した(ちなみに展示終了時には「またね」になっていた)。

2017年1月5日2月5日、前回から更に会期を拡大して開。
前回以上の盛況を見せ、テレビカメラの取材が入るなどして注された。
更に、展示を記念して描き下ろしイラストが公開。会期中は記念バッジの販売のほか、等身大パネルや描き下ろしイラストが展示、黒田ゆかりの施設をめぐるスタンプラリーが開催された。

お任せください。最良の関連動画を、主に。

主、関連静画をお持ち致しました。

はい、荷物持ちでも何でもお申し付けください。

主へのコミュニティが出来たな。

関連項目収穫後は、料理も命じられるのかな?


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%B8%E3%81%97%E5%88%87%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%28%E5%88%80%E5%89%A3%E4%B9%B1%E8%88%9E%29
ページ番号: 5306716 リビジョン番号: 2515651
読み:ヘシキリハセベ
初版作成日: 15/01/31 06:08 ◆ 最終更新日: 17/08/17 01:19
編集内容についての説明/コメント: 新回想の記述を微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

へし切長谷部(刀剣乱舞)について語るスレ

219 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 22:14:18 ID: kI5ArqlOjY
1/8スケールフィギュア!待ってたよ長谷部!!
220 : 削除しました :削除しました ID: 6f2UXGsCZ/
削除しました
221 : ななしのよっしん :2017/04/28(金) 05:04:57 ID: B9WT+tAis2
この二週間位で長谷部タグ1000件くらい増えてんだけど、どういうこと?
動画投稿ペース自体は普通だから、だれかタグ付けまくってるのかな?
222 : ななしのよっしん :2017/04/30(日) 04:46:47 ID: LGZgW89FSR
型月ノッブとのコラボ絵ほん好き
223 : 削除しました :削除しました ID: ZG1cMBE1uY
削除しました
224 : 削除しました :削除しました ID: gs0YCLM1FB
削除しました
225 : 削除しました :削除しました ID: ZrcgewGm0y
削除しました
226 : ななしのよっしん :2017/08/13(日) 00:04:51 ID: aowdVEuriw
>>222
二次創作クロスオーバーのやつのことな
公式では絶対コラボはしないだろうから
227 : 削除しました :削除しました ID: /OItqVxGKV
削除しました
228 : ななしのよっしん :2017/09/10(日) 04:18:41 ID: ZG1cMBE1uY
覚悟のススメ
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829