バイオハザード(映画)単語

バイオハザードエイガ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

バイオハザード(映画)とは、カプコン人気シリーズバイオハザード』をベースにした映画シリーズである。

概要

原作となったゲームの大ファンであるポール・W・S・アンダーソンによって、同じくシリーズファンであるミラ・ジョヴォヴィッチ演で映画化された。

ジョージ・A・ロメロによって確立されたゾンビ映画の要素を踏襲しつつ、原作シリーズの設定・要素をしっかり取り入れ、なおかつオリジナル要素も追加すると言う、非常に意欲的な作品。

ジョヴォヴィッチ演じるアリスという女性が一貫して主人公であるが、ゲームの登場人物も登場する。

蓋を開けてみれば、一周して原作ゲームとは違うところに着陸したような、アクション満載の作になってしまったが、オリジナル要素や世界観が原作シリーズ逆輸入されるなどの動きもある。

続編が5作も作られる世界的な大ヒットシリーズとなり、アンダーソン監督・ジョヴォヴィッチの両名を代表する作品となった。ちなみに両名はこのシリーズによって親交を深め、とうとう結婚するにまで至っている。

なお原題は、バイオハザードシリーズ海外タイトルと同じ「RESIDENT EVIL(身近な恐怖)」である。

シリーズ

バイオハザード

2002年開。シリーズ第1作。

世界行収入1億200万ドル。
ゾンビから逃げ惑う恐怖を強調していた原作べ、アクションが強調された作品となった。
原作シリーズファンから批判も上がったが、観客には好意的に受け入れられ、以後の続編ではもう脚本とか演出とか視したアクション重視に拍が掛かっていく。 

ゾンビなどのクリーチャーも去ることながら、館のセキュリティコンピュータレッドクイーン』が仕掛けるトラップなどの恐怖も描かれており、「CUBE」「ソウ」のような要素もある。 

またサスペンス要素もあり、黒幕の意外な正体など驚かされた方も結構いるはず。

ラクーンシティt-ウィルスなどの設定は取り入れられたが、原作の登場人物は登場しない。
一方で、『レッドクイーン』と、彼女(?)が仕掛けるレーザートラップは、原作シリーズの『4』と『UC』に逆輸入された。

に登場するのはゾンビラスボス的位置づけで、原作では雑魚であるはずのリッカーも登場した。 

あらすじ

アメリカラクーンシティの広い洋館で、アリス覚めた。
しかし、自分が何者かであることすらわからない記憶喪失の状態だった。
不安を感じつつも屋敷をさまようアリスは、侵入していたマットという男性と出会い、次いで、突入してきた特殊部隊らしき集団に拘束される。

わけもわからず混乱するアリス。部隊の隊長らしき男は彼女に、「屋敷のセキュリティが発動し、神経ガスを噴射されたことによる一時的な記憶喪失に陥っている」と話す。
隊員達に拘束されたまま、アリスマットは屋敷の地下に連れて行かれる。そこにあったのは、地下鉄だった。

ラクーンシティの地下には、アメリカ品業界を一手に握る巨大企業・『アンブレラ』の秘密研究所『ハイ』が存在していた。地下鉄は、ハイブへの入り口だったのだ。

ハイブへと突入する一行。
実は、ハイブ内部では、研究中の細菌兵器t-ウィルス』が流出するというバイオハザードが発生していた。内部の人間は全て死亡し、メインコンピュータレッドクイーン』だけが作動していると言う状態にあった。
特殊部隊は、彼女のシャットダウンと事態の収拾のために派遣されたのだった。

衝撃を受けるアリス。しかし、自分の素性については未だ思い出せない。
そうこうしている内に、列車ハイブへ到着した。突入する特殊部隊。だが、そこに待っていたのは、暴走するレッドクイーン、そしてゾンビの群れであった……。

バイオハザードⅡ アポカリプス

2004年開。第2作。

監督は、アレクサンダー・ウィットへと交代。
オリジナル要素が多かった前作にべ、原作へのオマージュアクションがより強調された作品となった。ひいては、シリーズ全体の方向を決定した作品と言ってもよい。
特にその中でも、アリス人として描かれ始めたのが大きい。全体的にも、ゾンビから逃げ惑う恐怖感は抑えられ、爽快アクションが多く取り入れられた。

原作シリーズ『3』をリスペクトしている。今作から、原作の登場人物も多く登場し、『2』や『コードベロニカ』へのオマージュ墓場からゾンビシーン(これはそもそもロメロの『ゾンビ』へのオマージュだが)、ホールドアップからを落とすと見せかけて素く拾い上げて発するシーン)も多い。
特に、『3』最大の特徴であり敵である追跡者』=ネメシスが、キークリーチャーとして登場している。

あらすじ

ハイブでのバイオハザードから逃げ延びた、アリスマット。しかし、脱出した直後にアンブレラ特殊部隊拘束されてしまう。

ラクーンシティ病院い病室で覚めたアリスは、壊滅したの当たりにする。捨てられた新聞には、「死者が動く」という見出しが躍っていた。ハイブのバイオハザードは、ラクーンシティ全域に展開してしまっていたのだ。

事件の隠蔽を図るアンブレラ社は全域を封鎖し、ラクーンシティ地獄と化す。R.P.D.=ラクーンシティ警察では、S.T.A.R.S.に所属するジル・バレンタイン生存者を連れてから脱出を試みようとしていた。少ない民間人を連れて事脱出した彼女だったが、警察署は、死者の波に飲まれ、まもなく壊滅した。

一方、アンブレラ社から派遣された特殊部隊U.B.C.Sも、に到着していた。その中には、カルロス・オリヴェイラニコライ・ジノビエフの顔もあった。

やがて彼らはの中で図らずも合流し、共に脱出を試みることになる。前作で覚醒した戦闘がさらに研ぎ澄まされていくアリス。しかし、もはや自での脱出は困難であった。
そんな中、t-ウィルスを開発したチャールズアシフォード博士から、アリス達に連絡が届く。車椅子の自分の代わりに、中に取り残されたアンジェラアシフォードを助け出して欲しい、そうすれば脱出の手引きをする……というものだった。

アンジェラを探し始める面々。しかし、アンブレラ社と、強戦闘を持った追跡者がその行く手を阻む。さらには、核爆弾による全体の滅菌作戦も開始され……。

バイオハザードⅢ

2007年開。第3作。
原題は「RESIDENT EVIL :EXTINCTION」。"EXTINCTION"とは「絶滅」をす。 

バイオハザード世界全体に広がると言う、「死霊のえじき」ランドオブ・ザ・デッドにも通じる世界観になった。
が、映画全体の雰囲気は、これらのゾンビ映画えてマッドマックス2」「北斗の拳などに近い終末的なものとなり、アリス人性がいよいよ冗談じみてくる、しいアクション映画となった。

監督ラッセル・マルケイ。
しいカッティングとダイナミックカメラワーク定評のある彼が監督に抜されたことは、脚本や恐怖感に関してはもうもこだわっていないという認識が、製作側としても固まったことの表れとも取れる。

クリスウェスカーなど、原作メインの座にある重要キャラクターが登場する(もっとも、どは名前だけだが)。
また、原作シリーズボスとして有名なタイラントも登場する。

あらすじ

ラクーンシティ崩壊から8年。t-ウィルスによるバイオハザードは滅菌作戦でも阻止できず、全世界に広がってしまっていた。
ウィルスは人類のみならずあらゆる動植物を悉く破壊し、果てしなく広がる砂漠ゾンビの集団が蠢く、まさに死のの様相を呈していた。

しかし、わずかな人々は、ゾンビに襲われないよう各地を頻繁にしながらも、必死に生き残っていた。
その中には、前作で生き残ったカルロス、L.J.などがいる「クレア団」なる集団もあった。そのリーダーとして団を率いているのは、クレア・レッドフィールドだった。 

一方でアンブレラ社も、世界各地の地下に存在する支部を支えに、対策を練りつつ再起を狙っていた。
その幹部の中には、アルバート・ウェスカーの姿もあった。

かつての仲間達と別れ、アリス一人旅をしていた。その超能力はもはやリッカーやネメシスの域をえ、人類の及ぶところではなくなっていた。
彼女旅の途中アラスカにはウィルス感染が及んでおらず、安全であるという情報を得る。

アリスはこの情報を携え、クレア団への接触を試みる。そして、数少ない生存者達の、アラスカへの脱出が始まった。

バイオハザードⅣ アフターライフ

2010年9月日本開。第4作。

副題の通り、前作ラストアラスカ立ったクレア達と、アンブレラ社との戦いを本格化させたアリスのその後を描く。

監督は再びポール・W・S・アンダーソンが担当。
シリーズ初めて3D映画として製作され、ビジュアル的にもその意識が強い。

原作シリーズ『5』の要素が色濃く、プラーガによって誕生したマジニ(あるいはガナード)のような外見のゾンビも登場している。が、プラーガ寄生体の存在は描写されていない。また、人的な身体を会得したウェスカークリスの戦いや、胸に取り付ける洗脳装置も描写される。

冒頭、t-ウィルスによって東京渋谷)が壊滅するシーンがあるが、ここでゾンビ化してサラリーマンに襲い掛かる女性を、中島美嘉が演じている。

あらすじ

バイオハザードは、日本東京にも広がった。ラクーンシティバイオハザードから数年後、t-ウィルスによって、渋谷スクランブル交差点で若い女性ゾンビ化。東京は壊滅した。 

そのさらに4年後の現在アンブレラ社は東京地下に巨大な基地を作り上げ、再起と生き残りのためのウィルス実験を繰り返していた。そのトップにいたのは、アルバート・ウェスカーだった。
その基地を、突然アリス達が強襲した。彼女達は、アリスプロジェクトによって生まれたクローンだった。
人的なを奮い、基地内をするアリス達。しかしウェスカーは基地を見限り、爆破装置を作動。クローンアリス達は逃げ遅れ、全て殲滅されてしまう。

ヘリで脱出するウェスカー。しかしその背後に、一人生き残ったオリジナルアリスが迫っていた。復讐を遂げようとするアリスだが、自身と同じくt-ウィルスに順応し人的なを得ていたウェスカーを仕留められず、逆にウィルス中和剤を打ち込まれ、人的の全てを失ってしまう。
やがてヘリ墜落アリスは辛くも脱出し、ウェスカー爆発に巻き込まれる。

半年後、アリスアラスカしていた。ウィルス感染のない安息の地、「アルカディア」を名乗るラジオ放送をきいたためだ。
だが、アラスカには人の姿はなかった。絶望するアリスを、一人の女が襲う。何と彼女は、かつて仲間だったクレア・レッドフィールドだった。
彼女の胸には、蜘蛛のような機械がとりつけられていた。アリスが取り外すと彼女は攻撃をやめたが、記憶を全て失い混乱していた。

2人は飛行機生存者を立つ。そして、壊滅したロサンゼルスにたどり着く。そこに、夥しい数のゾンビに囲まれた刑務所に立てこもる人々を見つけた。
彼らによると、「アルカディア」とはアラスカにあるのではなく、ロサンゼルス湾に浮かぶタンカーのことであるようだった。
湾への脱出を図るアリス達。しかし、四方八方をゾンビに囲まれた状況では有効な策がかった。
が、一人だけ脱出経路を知る者がいると言う。それは、生存者達によって殺人者として監禁されていた、クリス・レッドフィールドだった……。 

バイオハザードV リトリビューション

2012年9月開。第5作。

演のミラが、「を最後にこのシリーズへの出演を終える」と発言していたため、その製作は疑問視されていたが、海外の大手映画ニュースサイトによって発表された。

映画第1作のキャラクターの復活や、レオン・S・ケネディエイダ・ウォンなどの原作ゲームからのキャラクター、さらに前作で登場していなかったプラーガが出るなど、盛りだくさんの内容となった。

あらすじ

『4』のラスト直後、「アルカディア」船上にてアンブレラヘリ部隊からの攻撃を受けたアリスに落ち、意識を失ってしまう。

意識を取り戻したときにはアリスは再びアンブレラ社に囚われていた。アンブレラ社に洗脳されたジルによって執拗な尋問が行われるも、突然、施設のシステム異常をきたし、アリスは独房から脱出する。

レーザートラップ東京を模した実験施設を抜けた先の制御室でアリスを待っていたのはエイダ・ウォン彼女ウェスカーの命アリスを助けに来たという。はたしてアリスジルの追撃や生物兵器の脅威を潜り抜けアンブレラ社の実験施設から脱出することはできるのだろうか。

バイオハザード ザ・ファイナル

2014年9月開予定だったが、演のミラ・ジョヴォヴィッチの妊娠などにより撮影が延期されていた。第6作。これが最終作となる。

2016年12月23日

あらすじ

前作ラストウェスカーによりワシントンD.C.に連れてこられ、協められたアリス。しかし、すべてはだった。ワシントンでの戦いは敗北に終わり、人類滅亡までいよいよカウントダウンが始まった。

そのような絶望的な状況の中、一人生き残ったアリスレッドクイーンコンタクトする。世界を救いたければ48時間以内にラクーンシティハイブに来て、という彼女の言葉を最後の希望とし、アリス最後の戦いが始まる。

登場人物

()内は登場作品。

エピソード

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%8F%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バイオハザード(映画)

118 ななしのよっしん
2019/02/15(金) 03:35:30 ID: 9corAb4rFy
3までは見た様な気がするからうろ覚えの感想
1 序盤のエレベーターレーザー部屋の陰湿さゾンビの群れはかなり良かったがラスボスリッカー魔改造というセンスラスト原作設定ガン視ネメシス計画うんぬんが?
2 ネメシス(みてくれ)とジルクオリティの高さゲームでも避けられてた子供ゾンビがでたのはポイント高しなんかニコライみたいな人が死んでたような気がする
3 超能力とかやるんならマーベルDCコミックス世界に行ったほうがいいんじゃないですかね?こないだ出たリメイクバイオ2スーパータイラントデザインはこれに出てきたヤツが元に変えられてるらしい そんなことしなくていいから
4以降 どうなんですかね?
119 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 21:55:41 ID: cD5z4jYqI1
いやリブートって基本的に原作が同じだけど全に別物の映画作るってことでしょ?
映画スパイダーマンとアメイジンスパイダーマンみたいに
それなら別に否定する理由はないでしょ
120 ななしのよっしん
2019/03/02(土) 08:55:37 ID: cVZdg+SHkV
https://eiga.com/news/20181206/14/exit

はい
121 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 00:33:35 ID: 0KzhLha200
一作は今(といってももうだいぶ前だけど)のゾンビ映画として中々よかったのに残念な方向行っちゃたよね
それに引っられるようにゲームもどんどんダメになっちて・・・
RE2でバイオ復活の兆しが出てきたから映画のリブートも期待しちゃうな
122 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 18:05:26 ID: TJkwu5sOS/
Tシリーズはジェニシスで少しは巻き返した感あるけど
バイオシリーズはなんかもう落ちアリスTueeeに固執した結果かもしれない
役交代して再出発させた方がいいのでは?バイオは登場キャラの数だけ物語作れるからワンチャン
123 ななしのよっしん
2019/08/28(水) 21:56:12 ID: Lfg+2uRsU/
4よりも行収入落として作る予定だった続編白紙にしてまたリブートしたジェネシスで巻き返したってのはちょっと理があるんじゃないかな…
124 ななしのよっしん
2019/08/31(土) 18:51:13 ID: Z7tq2pjNQO
言われんでもポールアンダーソン監督&ミラ・ジョヴォヴィッチ夫妻のシリーズはあれで完結終了で
今後のシリーズはリブートだって報じられてるでしょ
たぶん、リブート第一弾の映画も数えて7本だしゲームバイオハザード7ベースにして
敵はエヴリン舞台はベイカで、純ホラー映画ゾンビ映画じゃない)にするんじゃないかな
タイトルシンプルに『バイオハザード/レジデントイービル(原題:RESIDENT EVIL biohazard)』になると予想
125 ななしのよっしん
2019/09/08(日) 01:18:32 ID: 0S8ETyTifp
整合性だのストーリーだの設定だの全部放り投げてアリスカッコいいに振り切った作は嫌いじゃなかった
126 ななしのよっしん
2019/09/08(日) 01:26:09 ID: 1aWmchRpGa
少なくとも1はバイオしてたよ
127 ななしのよっしん
2019/09/08(日) 01:48:10 ID: ekn6aROBlo
ホラー映画の括りで検索すると出てくるけど、一貫してバトルアクション映画だからな。そこは変えないんじゃないかなと思う。
クローンとか超能力とかマッドマックス世界とかアンブレラ社の活動とかリブートするならそこら辺かな。

急上昇ワード

2019/12/15(日)22時更新