編集  

アーレイ・バーク単語

アーレイバーク

アーレイ・バークとはアメリカ海軍軍人。第二次世界大戦に参加。最終階級は大将作戦部長を3期6年にわたって務めた。
戦後日本との関係も深く、海上自衛隊創設及びその発展に援助を惜しまなかったことでも知られる。

同名の駆逐艦については「アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦」を参照のこと。

概要

太平洋戦争の活躍まで

1901年10月19日生まれ。スウェーデン移民の子孫であり、バーのもともとの苗字はビョーグレンだったが移民時にバークとめたという。さほど裕福ではない開拓農民を営む親から大学の授業料・生活費を出してもらうこと難しいと察したバークは、ウェストポイント陸軍士官学校すものの、推薦に開きがなく、結果的にアナポリ軍兵学校の門をくぐることとなる。
1923年に軍兵学校卒業。成績は卒業413人中71位。卒業後、そのままの足で兵学校入学すると同時期に付き合い始めたロビータ(ボビー)と結婚彼女軍士官として任地を変えることが多いバークの良き妻として生涯を共に過ごすことになる。
少尉として戦艦<アリゾナ>に乗り組み勤務。このころから勤勉かつ熱心な士官として頭を現し知られ、周囲からは「50になる前に死ぬだろう。もし死ななければ作戦部長になるだろう」と言われていたらしい。
1929年、働きぶりもありアナポリスで幹部教育を受ける。ミシガン大学化学を学び工学修士にもなっていた。
この当時から将来、日本との衝突を予期していたとされる。

太平洋戦争開戦時、ワシントンで内局勤務のまま中佐だった彼の再三の要望が通り、戦争中盤に南太平洋域に配属され、駆逐隊戦隊令を歴任。ソロモンを中心に日本海軍と戦いを繰り広げることになる。この功績などもあり大佐に昇進。194310月には第23駆逐隊群<リトルビーバーズ>令として着任する。
ブーゲンビル戦に参加。そしてセント・ジョージ戦ではレーダーを生かした戦いで日本海軍のお芸でもある夜戦において勝利を得る。
この戦いでバーク率いる戦隊は、バーク立案の戦術のもと日本海軍駆逐艦3隻(<巻波>、<大波>、<夕>)を撃沈せしめた。ちなみに<大波>艦長は、吉川中佐(この戦いで戦死)
前<夕立>艦長として第三次ソロモン海戦で勇名をはせた名駆逐艦長であった。

このころ、後々のバークの異名ともなる"31ノット"バークと呼ばれることとなる。
当時の駆逐艦隊の規定速度30ノットにもかかわらず「31ノットで航行中」と打電したから、という話があるが実際のところは、当時日本海軍の新たな動向を察知した令部により、付近を航行していたバーク率いる駆逐群に、艦隊速度と到着時間を問い合わせる電文を出す。
これにバー大佐が(当時の駆逐艦35ノットまで出るが、所属駆逐艦の一隻に機関トラブルがあり)「31ノットで航行中」と返電。さらにバークの友人であった令部所属の大佐が「31ノット・バーク、(中略)敵と遭遇せし時ははなすべきことをなせ」とハルゼー名義で電文を出したことが報道に知れてから、という話が伝記にあるという。

ソロモンでの戦を戦いぬいたこの時期、4ヶ22回の戦闘に参加したという記録が残っており、巡洋艦一隻、駆逐艦九隻、潜水艦一隻を撃沈とアメリカ海軍は評価。その優秀さは高く評価された。
その後、第5艦隊・第58任務部隊(空母機動部隊)参謀長としてマーク・ミッチャー中将を補佐。航空機のミッチャー中将としては水上バークの参謀長就任を快く思っていなかったとされるが、その後の関係からいってもすぐに互い打ち解けていたのではないかと思われる。

1945年4月大和以下第二艦隊が出撃したことを察知したミッチャー艦隊は、空母艦載機による波状攻撃を行い、大和矢矧らの艦を撃沈(坊の岬戦)。日本海軍の艦隊水上特攻を防ぐ。
この後、
沖縄戦での航空支援に従事するものの、5月11日に乗艦していたバンカーヒルに特攻機が突入。ミッチャー、バークは助かるものの幕僚数名が死亡。損を受けたバンカーヒルから旗艦をエンタープライズに移すものの、その二日後に再度特攻機突入による攻撃を受けるなど苦闘を強いられている。

太平洋戦争以後・極東派遣から海軍作戦部長就任・退役後について

太平洋戦争後、内局勤務後ほどなくして1946年にミッチャー中将の引きもあり、大西洋艦隊参謀長として就任。しかしミッチャー中将健康状態が思わしくなく、翌年ミッチャー中将が死去すると任を離れて、1948年、軽巡ハチトンによるアフリカ及び南アメリカの任につく。その後、アメリカ科学委員会(DSB)などの内局勤務につく。

この時期、アメリカ海軍は大揺れに揺れていた。核兵器の実用化に伴い、従来の空母機動部隊の有効性に疑問符がなげかけられるとともに、(当時、陸軍から独立したばかりの軍の)戦略爆撃が優位であるという意見が優勢を占めていた。
当時の核兵器(核爆弾)は巨大であるため、それを運搬する航空機も必然と大化せざるをえなかった。
空母の有効性を持続させるためには、艦載機も大化させ、かつそれを運用させるしかない。
軍は通常動空母として空母<ミッドウェイ>よりもさらに巨大な空母<ユナテッド・ステーツ>建造を行おうとしていたが、これには巨額の予算が必要で防費削減を望む政府及び陸軍、軍の猛反発を受け、心労がたたったのか防長官のフォレスタルが倒れると、後任のジョンソン防長官の独断により建造が中止するという出来事が起きる。
この一連の動きの中で、アーレイ・バーク大佐引きいる研究グループ"Op-23"は、軍(というよりカーチス・ルメイ導する戦略航空軍団SAC)が導入しようとしていた爆撃機B-36<ピースメイカー>の批判的資料を集め、性及び運用評価において疑問を投げかけるなどの運動を行っていた。

結果的に防長官の不正などを摘する怪文書まで飛び交うだけではなく、一連の動きに反対した軍上層部の数多くの将官(提督)らが辞任、あるいは解任・更迭される事態となり、一連の騒動は『提督たちの反乱』と呼ばれることとなった。
この騒動の結末はカール・ヴィンソン下院議員導による(喧両成敗的な)取り成しが行われ、軍よりである議員の尽もあり、空母をはじめとする艦隊は存続を許されることとなる(結果的にこの正しさは朝鮮戦争明された)。

この一連の動きの中でバー大佐にとっては軍のキャリアが危ぶまれたものの、時の作戦部長フォレスト・シャーマンのとりなし(トルーマン大統領示もあったといわれる)もあり、事キャリアに傷つくことなく朝鮮戦争勃発と前後して日本に極東艦隊参謀長として1950年に赴任することとなる。
(やりすぎちゃったのでほとぼり覚ますまでちょっと現場送りになったようなものかどうかは不明ではあるが)。

朝鮮戦争において連合軍による反攻作戦(スレッジハンマー作戦)開始に伴い懸念された大量の機のために、太平洋戦争終戦後、GHQによる占領下においてもアメリカ海軍GHQの反対を押し切る形で残していた日本海軍の残滓でもある掃海部隊(当時は海上保安庁所属)を用いようとしている。
バー大佐吉田茂首相に対して朝鮮半島沿部に設置された機を要請(事実上の命令)を行った。
要請を渋る吉田首相の「この件はマッカーサー元帥も了承しているのか」という問いに頷く。もっとも事実は違い、この件はバー大佐の独断であったらしい(後日、海上自衛隊創設期の話を聞き取りにきた米国士官にそこの説明は少しボカしてくれ。と要請している)。
結果的にきこの回答により吉田首相は掃海部隊の派遣を決意。ごくごく秘密裏にこの派遣が行われることになる(詳しくは海上自衛隊掃海艇の項を参照)。

太平洋戦争での苦い経験(友人を日本軍との戦いで失う、特攻機の攻撃を受ける、上官が日本嫌い)などからか、日本人に対して…正直言えば悪い…印を持っており「ジャップ」「黄色」と呼び、日本を毛嫌いしていたというが、赴任したあと様々な経験を重ね一転、親日となったあとは日本の再軍備に伴う海上自衛隊創設やそれ以後の装備貸与など様々な内容ついて親身になり相談、便宜をはかっていたことでも知られる。
この経験については後述の「日本わるエピソード」を参考のこと。
(その一方で、朝鮮戦争停戦交渉などの結果を受けて共産主義に対する強い警感があった故もあるかもしれないと摘しなければならないだろう)

その後、1955年アイゼンハワー大統領就任後に作戦本部長に昇進。大統領支持のもと異例の3期6年の長きにわたって勤めることとなる。
この背景には、『提督たちの反乱』以後、戦略爆撃機が有効だと信じられていたはずが蓋をあけてみれば、冷戦下においては限定戦争という形となり、なお通常航空を運用する空母機動部隊が有効性が確立されている一方、ソによるMAD(相互確破壊)成立による核均衡下のなか、さらなる軍の存在意義確立をはかるためにバークの見識とめられ続けていたことも一因であった。
彼の就任時代において軍は原子力推進を積極的に艦艇に導入。原子力潜水艦およびこれによる核攻撃などの確立のみならず原子力空母などの開発も着手することとなった。
1961年、ケネディ大統領就任後に発生したピッグス湾事件においては統合参謀本部(JCS)のスタッフとして作戦に反対の立場であったが、結局はGoサインをださざるを得なかったとされ、その後のインドシナ半島をめぐる問題についても意見があったものの、ヒッグス湾事件後は大統領スタッフに信任されることはなかったともいわれる。
1961年、慰留されたものの作戦部長任期満了にともない退任。さらに軍を退役する。

1991年、彼の名をつけられたイージス・システム搭載「アーレイ・バーク」級駆逐艦が就役。生前に名前をつけられたのはめずらしく、「アーレイ・バーク」の就役式典にはバー提督も参加し、進水式には夫人であるボビー夫人がシャンペンを割っている。

1996年1月1日94歳で死去。大統領命令に基づき、イージス艦アーレイ・バーク」他、「アーレイ・バーク」級駆逐艦全隻および彼が揮した第23駆逐隊群全艦艇が彼に哀悼の念をあらわすため、1分間31ノットで航行したという逸話が残っている。

日本に纏わるエピソード

  • 当初は日本に赴任後、朝鮮半島出張などを繰り返したためホテル暮らしだったという。
    前述したように日本人に対して悪い印しかなかったため日本人とは距離を置こうとしたが、ホテルでうけた親身な対応の数々に感銘を受けて、考え方を変える一因になったという。
    くに出て深夜ホテルに寝に戻る生活を繰り返す中、ベット椅子台だけという殺風景な部屋の様子をいくらかでもやかにしようと慰みとして一輪買いコップの中に差していたところ、翌日瓶が用意されて差し替えられていた。さらにはが時折変わるのにも彼が気がついた。
    ひそかなもてなしに関心したバー提督フロントに尋ねたところ、そんな示は出しておらずルーメイクを担当していた女性のポケットマネーによるものだったという。ごくわずかな給の中からを購入していたというその女性戦争で…しかも戦争バークが活躍したソロモンの戦いで夫を亡くした未亡人だという。彼は銭面でのお礼を申し出たが彼女は丁寧な口調で断ったという。あわせて夫を失ったのは自分のせいかもしれないというバー提督の謝罪の言葉に彼女は毅然と、提督は軍人としての勤めを果たしただけであり、悪いとすればそれは戦争ですと答えたという。
    (彼はいささか額を、彼女の退職手当用に匿名ホテル側に寄付することにしたという)
    朝鮮半島出張から戻り、アメリカ人の出迎えもないまま汚れた惨めな格好で中にホテルに帰ってくると、案内される部屋が変わっていた。さほど気にもとめていなかったが、前の部屋があった階で働く従業員が現れ、方がに帰られないので残念がっていると告げた。そうであるならばと、バー提督とその従業員の二人はフロントに赴き交渉。以前使っていた部屋へ戻ることになる。以前の部屋に戻るとその階を担当している従業員達全員が現れ暖かく出迎えるとともに暖かいお茶を用意してもてなしてくれた。その心遣いにバークは思わず涙が出そうになったと後にっている。
    このように単なる客にしか過ぎない彼(しかも元敵国軍人だというのに)に対してホテルの職員たちは親身に接していたという。
    以上のような話が続き、彼は自分の日本人嫌いが正当なものであるのか考えるようになったという。
  • 日本派遣後、このようなホテルでの出来事から、極東地域における歴史日本人価値観などを理解するために、軍時代良識としても知られ、開戦時はアメリカ大使も勤めた旧日本海軍大将野村三郎の紹介をうける。初めて出会う敵国の将官は彼に正座で座るようにいい、朝鮮半島歴史などを講義しはじめた。
    慣れぬ正座のせいで脚がれたと訴えるバー提督野村提督真剣に話を聞いていれば脚のれは気にならないはずだと諭し、その後も様々な話…日本歴史価値観など様々なことを説明したという。バー提督野村提督の知性、教養に触れ、九ヶの任期の間、一週間に一度は彼の元を訪れ、数多くの示唆を受けたという。
    また朝鮮戦争の推移と、中国の参戦の可性について問ねられた野村提督の答えはその後の戦争の推移とピタリと一致したという。
    その後、野村提督陶を受けた元軍士官らの日本海軍再軍備化計画(後の海上自衛隊創設)を後押しすることになる。のちにバー提督が離日するさい、空港から飛行機で午前二時に出発という時間もありも見送りはしないと思っていた提督の前に野村提督が見送りに訪れた。七十歳代の老人でもあるにも関わらず野村提督機関を乗り継ぎ、最後は歩いて飛行場までくると、バー提督に別れをつげたという。その後も野村提督の間に終生友情が絶えることはなく1961年野村提督が亡くなったことをうけてバー提督はこう書き残している。
    野村提督が亡くなったとき、私は生涯最良の友を一人失った
  • 太平洋戦争時、バー提督が活躍したソロモン、南太平洋域での日本指揮官、元中将鹿任一が戦後、工事現場で人夫となって働くまで身をやつしたと聞き、最初は視していたが、 後にさすがに困窮を見かねて食料を送る。ところが、この施しにも似た行為に鹿提督激怒。施しは受けないとオフィスに乗り込んで食料を突っ返すという事件が起きる。バーク自身も逆の立場であればそうするにちがいないと鹿提督に好感を抱き、あらためて鹿元日軍将官を食事に招く。
    擦り切れた正装で現れた日本海軍将官らは当初、堅い表情だったというがを酌み交わすうちに打ち解けた。宴の最後に杯しようというバークの提案に鹿が立ち上がり以下のように音頭をとったという。
    バークさんに杯を。そして自分が十分に任務を果たさなかったことにも杯を。もし忠実に任務を果たしていたらこの宴の人を殺していたはずで、それでは今日の美味しいステーキは食べられなかったはずだ」と。
    バークもこれに対して「自分も任務を果たさなかったことに杯したい。でなければ鹿提督の命を頂戴していたはずで、このすばらしいステーキディナーをも味わえなかったからだ」と返し、互いに笑いあったという。
    互いが互いの任務を十分に果たしたことを理解したうえで、なおこの場を設けられたこと感謝し合い杯することで日本との戦争は、バークにとってこうして終わったのだ」と伝記は伝えている。
    その後、鹿提督バー提督靖国神社に招き、ラバウルで亡くなった兵士遺族たちによるラバウル会員たちとの会合ももっている。
  • 朝鮮戦争時代、韓国陸軍の白善燁と歓談。日本海軍再軍備の理由を問われ、「オーシャン・ネイビー(外洋艦隊)を建設するには1世紀という長い時間がかかるものなのですよ。日本海軍が滅びるのはもったいない(大意)」と発言している。
  • 前述した朝鮮戦争において日本の掃海部隊の成果を受けて、日本海軍の存続と再生について協を惜しまなかったという。当時の名称そのままに海上保安庁(コースガード)的規模を考えていたGHQ側へ旧日本海軍軍規模の復活をめていた。これに助言と摘、そしてアメリカ海軍、政府筋に対しての数々の進言を行っていた記録が残されている。バーク自身は来るべき日本海軍再建はもっと小規模なものを想定していた感もあるが、結果的に旧日本海軍士官らによるY委員会が組織され、のちの海上自衛隊の礎ができるきっかけともなった。
    このほか作戦部長時代も海上自衛隊装備の貸与などについても様々に便宜をはかるなど物心両面にわたって協していた記録も残っている。
    彼が手配したものには(アメリカ軍予算で日本側建造・その後日本に供与するという方法で建造した)護衛艦あきづき」「てるづき」。そしてP2V-7(16機)やS2F-160機)の償貸与およびP2V-7の産化後押しなどがある。また海自士官のアメリカ海軍大学への留学生コースも開いた。このコースにのって後の海自トップになる海自士官が留学することになる。
    余談だが、この中に後に海自の祖とも言われ海自装備拡時期に合わせて海自の方針を定め、アメリカ海軍との密接な関係を作った海自幕僚長中村悌次将がいる。
    中村将は太平洋戦争駆逐艦<夕立>に長として乗艦しており、<夕立>の吉川中佐艦長は後にバー提督との戦いで戦死していることは前述の通りである。中村将自身は尊敬する人物として上官であった吉川中佐バー提督の名をあげており、歴史の奇妙な(皮な)縁がそこにある。
    その後、海上自衛隊創設25周年を期してめられた本の序文に寄稿も行っており、野村提督をはじめ様々な旧軍将官と日本上防衛戦(つまり海自)についてり合ったことは自分にとってももっとも楽しかった経験の一つであると書き残している。

    バー提督が残した日本軍再建および海上自衛隊についての発言・文章は以下のとおり。

    『(日本軍再建について合衆の利益であると述べた上で)日本が自らの防衛を有することは、自由社会と合衆の利益にかなう。なぜなら合衆日本を守れないときが必ずくるからである。私は合衆日本が友好であり同盟であるべきだと信じた。(中略) 世界のために貢献するには、他に影を及ぼし得るよう、経済軍事政治の各分野において強でなくてはならない。三つすべてが必要である。どんなも他全に頼りきるべきではない。もしそうなれば強の属になるしかなく、何ら進歩に貢献できないであろう

    『どんな軍隊にとっても一番重要な要素は幹部の品格とである。私は日本が、まず最初にきっかり十人の最も優秀な帝国海軍士官を選び、新しい軍を創設すべきだと助言した。日本はそれを実行に移し、それゆえに今日日本海軍は精強である
  • 異例の三期六年の作戦部長を務めたあと退役後は静かな余生を暮らしていたというが、歴代の海上自衛隊幕僚長は訪する際は彼の元へ挨拶へうかがったといわれるほか、ワシントン日本大使館に派遣される海上自衛隊士官らも同様だったらしく、提督誕生日には必ずを自宅まで届けていたという。
    また退役後も海上自衛隊練習艦隊が東海に訪れたときには請われて若き幹部補生たちに訓示なども行ったというが「日本にはどうしてああいう偉いアドミラルがいないのか」と参加した一人が感想を述べ、教官らを困らせたともいう。
    こういったこともあってか本人く「アメリカ海軍より海上自衛隊のほうが大切にしてくれる」と冗談を言うほどだったともいう。
  • 海上自衛隊創設に尽した経緯から勲一等日大綬章(外国人で初)を送られているが、アメリカで盗難にあう。落胆したバー提督を見かねた日本の旧軍・海自関係者の募活動など尽もあり、勲章の再授与があったという。
  • 彼が亡くなった際、に納められたとき胸につけていたのは自を始めとする諸外から送られた数多の勲章の中から一つだけ、日本日大綬章だけだった。葬儀に参列した元海上自衛隊幕僚長がそのことを提督の副官に問うと、に納める際の彼の遺言だったという。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AF
ページ番号: 4211351 リビジョン番号: 2340680
読み:アーレイバーク
初版作成日: 09/11/20 15:33 ◆ 最終更新日: 16/03/23 12:44
編集内容についての説明/コメント: トム・バーグ大佐のくだり、第7艦隊公式ツィッターが血縁関係はないという呟きをしたため削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーレイ・バークについて語るスレ

76 : ななしのよっしん :2017/12/03(日) 21:38:03 ID: T8QDExkg7e
>>69>>71でも海外では全く載ってないと書かれているんですがそれは
気に入らない発言だからって幼稚とか人格攻撃するのはやめてくれませんか^ ^
77 : ななしのよっしん :2017/12/09(土) 17:09:39 ID: /JLVQhxcJg
海外ソースなりを提示すれば良いだけなのに、何でしないんだろう
悪魔の証明をしろって言ってる訳じゃあないのに
78 : ななしのよっしん :2017/12/09(土) 22:38:32 ID: Qz0O0CIVey
日本ミリタリーではまことしやかにられているけど、海外ソースには一切記述がなくて実は間違いだったって事例は数多いからね
M103重戦車称がファイティグモスターだとか、T-64/72が搭載する装填装置の名前がコルジナ/カセトカだとか
79 : ななしのよっしん :2018/01/19(金) 01:33:51 ID: RGe28D0v9g
どうでもいいけどやたら読みにくい文章な
80 : ななしのよっしん :2018/01/28(日) 04:35:54 ID: T8QDExkg7e
>>77
「alreigh burke order of rising sun」とかそれらしい句で検索しても全くそれらしい検索結果は出ないし
ソースとして怪しいWikipediaを参照するのもアレだけど、
英語版wikiの当人ページの「Awards and honors」の項を見ても「埋葬するよう遺言で頼んだ」らしい日大綬章のくだりは一切書かれてない
かつての敵国、しかも人間扱いしてなかったからもらった勲章をつけて埋葬されたらしいのにねえ
81 : ななしのよっしん :2018/02/21(水) 12:02:49 ID: gSjOsqc9VH
尚之「の友情―米国軍と海上自衛隊」くらいしかない

出典があるならここからソースを探れば良いんじゃないの??
つか、これ読んで信じるヤツは馬鹿。とまで言うってなんかすごいね。。。
82 : ななしのよっしん :2018/02/26(月) 23:07:32 ID: /JLVQhxcJg
尚之って、あの之の息子か・・・なるほど理でねぇ!

>>81
その肝心のソースが何処にもいんだと何度言ったら・・・
事情を碌に理解する気もない癖に首を突っ込みなさんな
83 : ななしのよっしん :2018/03/03(土) 22:57:13 ID: T8QDExkg7e
今更だけど>>80の「arleigh burke order of rising sun」の打ち間違いだったわ
あと偽は定かじゃないがこんなページもあるな
https://www.liveauctioneers.com/item/6575133_7-adm-burke-s-medal-1st-class-order-of-the-rising-sun
84 : ななしのよっしん :2018/07/21(土) 22:16:57 ID: CgyzjjmGU1
>>82
本来そういう話を書くなら巻末なんかに出典が明記されてるものだという常識前提で>>81は書き込んだんだろう
WW2時代の逸話もこの人に限らず、出典が不明だったり、誤訳だったり、実は皮でいってるだけのものが間違って広まったりしてるの多いよね
まあ一次資料の軍艦の日誌と幕僚なんかの手記ですら食い違ったりしてるから難しいんだろうけど
85 : ななしのよっしん :2018/09/03(月) 01:35:23 ID: T8QDExkg7e
ま、結局のところ朝鮮進駐軍レベルの与太話ってこったな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス