パワーレンジャーシリーズ単語

パワーレンジャーシリーズ
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

パワーレンジャーシリーズ」とは以下の事柄を表す。

曖昧さ回避
  1. スーパー戦隊シリーズ』をアメリカリメイクした特撮テレビドラマシリーズ
  2. スーパー戦隊シリーズ』の韓国語タイトル

当記事では1について記述し、2についても触れる。

パワーレンジャーシリーズ』(Power Rangers)とは、日本の『スーパー戦隊シリーズ』をアメリカ合衆国リメイクした特撮番組シリーズである。略称は「パワレン」、「PR」。

2010年5月以降、著作権を所有しているのはサバン・キャピタル・グループ下のSCG Power Rangers LLC

概要

1993年の『パワーレンジャー』から始まる長寿シリーズ世界60で放送されている。現在製作会社のサバン・ブランド世界一子供向けアクションブランド1991年アメリカサバン・エンターテイメント東映オファーを出した事から製作された。

日本で前年に放映されたスーパー戦隊シリーズの作品をベースアメリカ制作製作費は日本の約3倍とされる。基本的なフォーマットスーパー戦隊シリーズと同様となっている。なお、日本スーパー戦隊シリーズしに放送する事は放送コードの関係上不可能であるとされる(日本では問題のない表現でもアメリカでは放送禁止になっていることがある為。『ハリウッドアクション! ジャッキー・チェンへの挑戦』より)。

東映パワーレンジャー製作には基本的に干渉せず、アメリカ側に一任している。

基本的に作品間との繋がりは原作と違い、パワーレンジャーはすべての作品が同一世界観となっており、1作から『パワーレンジャー・イン・スペース』までは全な続編となっている。

パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー』以降、番組後半に今年度と前年度のレンジャー同士が共演する話が、一部の作品を除いて放送されている。

アクションシーン日本で撮された映像と現地で撮された映像を併用している。初期のアメリカで追加されたアクションシーンでは現地のスタントマンが演じていたが、日本ヒーローアクションのノウハウをアメリカ人は知らない為、迫不足な映像が出来上がってしまった。これを善する為、日本からスタントマンを招聘し、変身後のアクションは基本的に日本人が演じることになった。論、スタントマン全てを日本人にする事は不可能なので現地スタントマンも引き続いて参加している。

なお、東映スタッフであった吉川進によれば、パワーレンジャーの成功のおかげで終了がほぼ決定していた『スーパー戦隊シリーズ』の継続が決定したとされる。

に新番組が始まるアメリカにおいて、本シリーズは第1作『パワーレンジャー』を除き、からスタートとなっている。これはバンダイアメリカが「スタートだと、最大の商期であるクリスマスシーズンまでの時間が短すぎ、企画や生産調整が難しい」と要望したためである。

歴史

サバン・エンターテイメント時代

パワーレンジャーの前史には様々な言があるが、そもそもの発端は1978年東映マーベル・コミック社による、3年間の業務提携に端を発する。この契約の間、東映は『スパイダーマン東映)』『バトルフィーバーJ』『電子戦隊デンジマン』『太陽戦隊サンバルカン』等を制作するが、この一件で東映日本特撮に注したのが、言わずと知れたマーベルの代表スタン・リーであった。

そのスタン・リーが当時マーベルプロダクション社長だったマーガレット・ローシュにこれらの作品を見せたところ、彼女もこれを大変気に入り、実際に『太陽戦隊サンバルカン』を全テレビ局に対し、吹き替え俳優の一部差し替えを行うことで放送しようと検討した。その結果、HBOによりロサンゼルス等の一部地域にて試験的に放送が行われたが認知されず、それ以外の局にも全く相手にされなかったという。

それから数年後、サバン・エンターテイメント社長ハイム・サバン1980年代日本に訪れた際に『スーパー戦隊シリーズ』を視聴し、この作品シリーズ興味を持つ。そして1991年東映に輸入を打診した。
東映スーパー戦隊シリーズアメリカ進出には懐疑的だったが、交渉の席で『超電子バイオマン』の主題歌を歌ってみせるなどサバンから並ならぬ熱意を感じたとされる。また当時のスーパー戦隊シリーズは放送時間変更の煽りを受けていた『地球戦隊ファイブマン』等で視聴率や玩具売り上げが低迷しており、バンダイシリーズ担当だった野中剛によれば「より利益を上げる為にもスーパー戦隊海外輸出(サイドビジネス)に取り組むべきだ」といったが社内にあったとしている。
これらの経緯もあり東映スーパー戦隊の輸出に承諾し、パワーレンジャー製作が開始された。

アメリカテレビ関係者もパワーレンジャーの成功には懐疑的だったが、当時マーベルから退任しFOXキッズネットワーク社長に就任していたマーガレット・ローシュは、サバンが持ち込んだ『超電子バイオマン』のビデオを見て「かつて自分とスタン・リーが見たものだった」とし、本作の成功を確信してフォックス放送での全放送を開始した。
その結果、第1作『パワーレンジャー』はアメリカで大ヒットしたが、放送中は政府や保護者団体などから「暴力的過ぎる」として打ち切りを要されたことも多々あったとされる。

放送後しばらくは人気も上々だったが、シリーズが進むにつれて人気が停滞し、1997年マーガレット・ローシュが辞任し、1998年の『パワーレンジャー・イン・スペース』でシリーズを終了させることがフォックス放送により通達された事もあったが、同作の成功により打ち切りは撤回された。

ウォルト・ディズニー・カンパニー時代

2001年10月ウォルト・ディズニー・カンパニーサバン・エンターテイメントの親会社であるFOXファミリー・ワールドワイドを買収した為、2002年放送の『パワーレンジャー・ワイルドフォース』以降の作品はブエナビスタ下のBVSエンターテイメント製作となった。

ワイルドフォース」には旧サバンスタッフが多数参加していた為か、ディズニーは翌年の『ニンジャストーム』をディズニー製作パワーレンジャー1作としている。

製作会社の変更により放送局がFOX放送からABC放送に移り、2003年からはABCファミリー2004年からはトゥーンディズニーでも放送が開始された。ABCファミリートゥーンディズニーでは旧作再放送も行われた。2005年から2008年まではJETIXブランドの1つとして扱われた。

ディズニー製作となったことにより、ウォルト・ディズニーワールドリゾートではパワーレンジャーミッキーマウスなどとともにパレードに出演していた。

ニンジャストーム』以降、撮ロケ地がアメリカからニュージーランドに変更された。そのため、日本アクションを現地のスタッフに一から教えなければならなくなったという。ニュージーランドには東洋人のスタントマンがほとんどいないため、日本人サイズ着ぐるみがはいらず、破損するなどといったトラブルもあった。

魔法戦隊マジレンジャー』と『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のOPの一部はニュージーランドで本作のスタッフの協の下撮されている。

2009年の『パワーレンジャー・RPM』にてディズニーシリーズ終了を発表。2010年は第1作のリマスター版を放送することとなった。

サバン・ブランド時代

2010年5月ディズニーパワーレンジャーの権利をハイム・サバンが設立した新会社、サバン・ブランドに売却。
パワーレンジャーは同社の最初の資産となり、シリーズの配給権はマルビスタエンターテイメントに移行。

権利の移行によりディズニーブランドパワーレンジャーは同年8月に終了。2011年からニコロデオンで新シリーズが放送開始が決定。また、系列のニックトゥーン旧作再放送が行われる。新シリーズの撮はRPMまでと同様にニュージーランドで行われる。

サバン・ブランド社長エリー・デケルは「ハイ会長パワーレンジャーに不朽のものだと感じていた」と述べておいる。

ハズブロ時代

2018年サバンから多くの権利がアメリカの大手玩具会社・ハズブロ(トランスフォーマーなどで有名)へと移行。これにより玩具バンダイアメリカではなくハズブロから出ることとなる。

放送局

1993年の『パワーレンジャー』から2002年の『パワーレンジャー・ワイルドフォース』の第26話まではFOX放送内のFOXキッズで放送。

製作会社の変更により『ワイルドフォース』第27話から2010年の『パワーレンジャー(リマスター版)』まではABC放送内のABCキッズで放送。ディズニー系列のABCファミリーJETIX)、トゥーンディズニーJETIX)でも放送されていた。

再度の製作会社変更により2011年の『パワーレンジャー・サムライ』はニコロデオンで放送開始、系列のニックトゥーンでも放送予定。

スーパー戦隊シリーズのアメリカでの放送

マーベル・コミック子会社マーベルプロダクション社長だったマーガレット・ローシュによれば、自身がマーベルにいた頃に東映版『スパイダーマン』と当時の『スーパー戦隊シリーズ』の米国放映が企画したが、実現には至らなかったと述べている。

1987年から1988年バラティ番組『Night Flight』内で『科学戦隊ダイナマン』が数話放送されているが、吹き替えによる変が多く、原形をとどめていない。

シリーズ一覧

括弧内は元になった作品。

  1. パワーレンジャー(『恐竜戦隊ジュウレンジャー』)
  2. マイティ・モーフィン・エイリアンレンジャー(『忍者戦隊カクレンジャー』、ミニシリーズ
  3. パワーレンジャー・ジオ(『超力戦隊オーレンジャー』)
  4. パワーレンジャー・ターボ(『激走戦隊カーレンジャー』)
  5. パワーレンジャー・イン・スペース(『電磁戦隊メガレンジャー』)
  6. パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー(『星獣戦隊ギンガマン』)
  7. パワーレンジャー・ライトスピードレスキュー(『救急戦隊ゴーゴーファイブ』)
  8. パワーレンジャー・タイムフォース(『未来戦隊タイムレンジャー』)
  9. パワーレンジャー・ワイルドフォース(『百獣戦隊ガオレンジャー』)
  10. パワーレンジャー・ニンジャストーム(『忍風戦隊ハリケンジャー』)
  11. パワーレンジャー・ダイノサンダー(『爆竜戦隊アバレンジャー』)
  12. パワーレンジャー・S.P.D.(『特捜戦隊デカレンジャー』)
  13. パワーレンジャー・ミスティックフォース(『魔法戦隊マジレンジャー』)
  14. パワーレンジャー・オペレーションオーバードライブ(『轟轟戦隊ボウケンジャー』)
  15. パワーレンジャー・ジャングルフューリー(『獣拳戦隊ゲキレンジャー』)
  16. パワーレンジャー・RPM(『炎神戦隊ゴーオンジャー』) 
  17. パワーレンジャー・サムライ(『侍戦隊シンケンジャー』)
  18. パワーレンジャースーパーサムライ(『侍戦隊シンケンジャー』)
  19. パワーレンジャーメガフォース(『天装戦隊ゴセイジャー』)
  20. パワーレンジャースーパーメガフォース(『天装戦隊ゴセイジャー』/『海賊戦隊ゴーカイジャー』)
  21. パワーレンジャーダイノチャージ(『獣電戦隊キョウリュウジャー』)
  22. パワーレンジャーニンジャティール(『手裏剣戦隊ニンニンジャー』)
  23. パワーレンジャースーパーニンジャティール(『手裏剣戦隊ニンニンジャー』)
  24. パワーレンジャービーストモーファーズ(『特命戦隊ゴーバスターズ』)

映画版

  1. パワーレンジャー・映画版Mighty Morphin Power Rangers: The Movie
  2. パワーレンジャー・ターボ・映画版・誕生!ターボパワーTurbo: A Power Rangers Movie 
  3. パワーレンジャーMMPRのリメイク版)

その他

スピンオフ作品

関連作品

国際展開

ヨーロッパ

ヨーロッパではアメリカから数ヶ送れか1年遅れで放送がスタートし、ドイツイギリスなどではアメリカでもDVD化されていないシリーズDVD-BOXが発売されている。

日本

日本では1995年1996年に『パワーレンジャー』がテレビ朝日で第48話まで放送され、同時期に劇場版開されている。その後、1998年スーパーチャンネル再放送され、1999年から未放送分の日本語版が製作されたが同年7月に放送された第100話で放送が終了し、翌から約100話分のエピソードを飛ばし(日タイムラグを少なくするためとされる)、『パワーレンジャー・ターボ』が劇場版を含めて放送された。その後、『パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー』まで全話放送されたが、2003年の『パワーレンジャー・ライトスピードレスキュー』が24話分放送されたのを最後に日本では放送されていなかった。
パワーレンジャー・ライトスピードレスキュー』の放送終了から5年以上が経過した2011年スーパー戦隊35周年記念で始動した「パワーレンジャー日本語吹替版プロジェクト」により、『パワーレンジャー・S.P.D』が東映チャンネルで放送。
その後も以降のシリーズ作も、『オペレーション・オーバードライブ』から『RPM』までの作品を除いて日本でも放送されている。

インド

2007年ディズニーインド進出3周年を記念して都市パワーレンジャーが回るツアーが行われた。

韓国

韓国では過去にパワーレンジャーシリーズが放送されていたが、『爆竜戦隊アバレンジャー』を『パワーレンジャー・ダイノサンダー』として放送して以降は『スーパー戦隊シリーズ』をパワーレンジャー名義で放送。日本版の数ヶ遅れで展開している。
ただし、『炎神戦隊ゴーオンジャー』の後は『侍戦隊シンケンジャー』ではなく『百獣戦隊ガオレンジャー』を放送している。

スーパー戦隊シリーズ韓国版タイトル

  1. パワーレンジャー・ダイノサンダー(『爆竜戦隊アバレンジャー』)
  2. パワーレンジャー・S.P.D.(『特捜戦隊デカレンジャー』)
  3. パワーレンジャーマジックフォース(『魔法戦隊マジレンジャー』)
  4. パワーレンジャートレジャーフォース(『轟轟戦隊ボウケンジャー』)
  5. パワーレンジャージャングルスピリット(『獣拳戦隊ゲキレンジャー』)
  6. パワーレンジャーエンジンフォース(『炎神戦隊ゴーオンジャー』)
  7. パワーレンジャージャングルフォース(『百獣戦隊ガオレンジャー』)
  8. パワーレンジャーミラクルフォース(『天装戦隊ゴセイジャー』)
  9. パワーレンジャーキャプテンフォース(『海賊戦隊ゴーカイジャー』)
  10. パワーレンジャーゴーバスターズ(『特命戦隊ゴーバスターズ』)
  11. パワーレンジャーダイフォース(『獣電戦隊キョウリュウジャー』)
  12. パワーレンジャーダイフォーブレイブ(『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』、韓国オリジナル日本でも展開)
  13. パワーレンジャートレインフォース(『烈車戦隊トッキュウジャー』)
  14. パワーレンジャーニンジャフォース(『手裏剣戦隊ニンニンジャー』)
  15. パワーレンジャーアニマルフォース(『動物戦隊ジュウオウジャー』)
  16. パワーレンジャーギャラクシーフォース(『宇宙戦隊キュウレンジャー』)
  17. パワーレンジャーダイソウル(『騎士竜戦隊リュウソウジャー』)※2019年8月放送開始予定

ニュージーランド

ニンジャストーム』以降に撮ロケ地となっいるニュージーランドでは暴力番組として放送1年に打ち切られているが、ジャパンデーのイベントなどでアクションショーが行われている

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パワーレンジャーシリーズ

97 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 21:47:45 ID: G6fhbaGeg6
バンダイアメリカがパワレン玩具販売権を手放した理由は、やはりバンダイグループ全体が北市場赤字続きだったからだろうか?
98 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 19:20:31 ID: G1BD17p1gW
どう見てもカブトクワガタなのにカマキリコガネムシベースにしましたは理があるだろう

向こうでも総ツッコミくらってるんじゃないか
99 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 20:45:18 ID: mdatWn3U82
>>98
RPMでもトリプターがハヤブサモチーフってされてたから今に始まったことじゃないと思う
なおそちらは劇中でも「ニワトリじゃん」ってツッコまれてた模様
100 ななしのよっしん
2020/02/23(日) 04:57:18 ID: Ys0j/GKTO+
次のパワレンリュウソウかえらくいな
101 ななしのよっしん
2020/02/24(月) 19:45:16 ID: eInJm4E74h
トッキュウはアメリカ不人気電車
ジュウオウはケモナー要素で
キュウレンカジキイエロー規制に引っかかるからで
ルパパト怪盗要素がアウト
つまりパワーレンジャーにできるの消去法リュウソウジャーしかない
102 ななしのよっしん
2020/02/25(火) 00:23:38 ID: Jbs/7xvG3W
東映との銭関係とか今どうなってんだろ
てかネトフリボクらを作ったオモチャたちでの
倉pが言葉を濁らせる例のシーンとか
向こうの人がどう思ってるのか気になるわ
103 ななしのよっしん
2020/03/08(日) 22:39:26 ID: t99FGhhDS/
ビーストモーファーズはシーズン2で救出したブレイズロキシー加えて
スーパービーストモーファーズでジュウオウジャー化すると思ってた
104 ななしのよっしん
2020/03/23(月) 11:36:39 ID: tk0mkfVAlg
来年からまた1年遅れでやる感じ?
105 ななしのよっしん
2020/04/23(木) 02:04:45 ID: AdmBB1Mv4D
まぁそうなりそうだね
キラメイジャーは今のところパワレン化で不都合な要素はないし
106 ななしのよっしん
2020/06/10(水) 14:34:29 ID: nJ7Y/ZcFnm
>>105
ちなキラメイジャーでは世界的に有名なピコ太郎こと古坂大魔王が出ているので、
もしもダイフューリー(リュウソウジャー)の次のパワレンキラメイジャーだったらリモートとかを利用するなりしてピコ太郎自身がオリキャス扱いとして出演しちゃうかも。

急上昇ワード