League of Legends単語

リーグオブレジェンド
  • 17
  • 0pt
掲示板へ

League of Legends (リーグ・オブ・レジェンド、略称:LOL)とは、ライアットゲームズ2009年10月27日からサービスを開始した基本無料PC専用オンラインゲームである。

ジャンルとしてはいわゆる「DotA系」に位置するもの。昨今の呼称はMOBA

概要

プレイヤー人口約7000万人」「均同時接続300万人」という非常に大規模なタイトルで、社会人学生から、はては圧倒的な強さのプロゲーマーを集めるプロチームまで、世界中の様々な人達がたった今もプレイし続けている。

その競技性の高いゲームの面さ、人気はすさまじいもので、世界中から集められた強プレイヤー達が集い開かれる大会の賞総額は500(1=100円換算にして約5億円)以上にもなり、日々研究されている限の戦略、敵を圧倒する個人技、緻密に計算されたチームの連携、一度はじめてしまえばもが虜にされてしまうだろう。

世界の同時接続人数でも第一位だった、アメリカMMOWoW」を抜き、世界一の、まさに今もっとも人気のあるオンラインゲームである。これらの数字は現在も伸び続けており、2016年現在日本も着々と準備中である。

2015年9月15日東京ゲームショウ会場にて、日本でのサービス開始に向けたモニタリングテストを行うことが発表された。既にクライアントチャンピオンアイテム効果などの翻訳了しているようなので、ければ来年度には日本語LOLプレイ出来るようになるかもしれない。

モニタリングテスト:応募者が東京まで赴きテストプレイを行う形式で開催された。)
現在PBE(Public Beta Environmentサーバーでのみ日本語日本語ボイスでのプレイ。(※PBEアカウントが必要な上、アクセス権を配る形なので詳しくは公式サイトを参照。)

2015年10月チャンピオン声優が一部発表された。関連動画参照。

2016 LJL開幕戦で日本サーバCBT(Close Beta Test)詳細が発表された。※LJLとはLeagueofLegends Japan Leagueの略で日本初のプロリーグ
募集は2016年1月22日から、同日開されるRiotJP公式サイトにて行われる。
実施期間は2月上旬から数週間程度を予定している。

2016年3月よりOBT(Open Beta Test)を開始。

歴史

Warcraft3:The Frozen throne」のMODである「DotA Allstars」を基に作られた対戦ゲームである。

元々Warcraft3RTSリアルタイムストラテジー)と呼ばれるジャンルオンラインゲームで、その戦略性から人気を博したが、一試合当たりのプレイ時間の長さ、操作すべきキャラクターの多さから初心者にはやや敷居の高い一面もあった。

そんなある日、操作するキャラクターを1人に絞り、気軽に遊べるようにしたMODDefense of the Ancients」がある天才により開され、一躍人気を博した。DotA系の誕生である。その後何やかんやあって原作者が新たに手がけたゲームが「League of Legends」である。

より詳しい歴史を知りたい方は日本語Wikiのこのページexitへどうぞ。RTSというゲームジャンルについても解説されているので初心者の方は是非を通していただきたい。

ゲーム内容

「5 vs 5」のチームバトルプレイヤーは「チャンピオン(Champion)」と呼ばれるキャラクターたちを操作し、仲間と協して相手地にあるターゲット(拠点)を破壊することが的。

ゲームの特徴として、プレイ感を他のゲームで例えるのが難しいことが挙げられる。まずはプレイ動画を見るか、実際にプレイしてみることをお勧めする。敢えて例えるなら、「対戦聖剣伝説3」と言ったところだろうか。「ラグナロクオンライン」の攻戦等、2D系MMORPGの対人戦が一番近いかもしれない。

丁寧なチュートリアルAIを相手にした練習戦はもちろん、自分の腕(レートポイント)によって自動的にマッチングされるシステムを取っており、RTSDotAプレイしたことのない初心者にもおすすめ

このゲーム課金によって強さに差が出ることは一切い。このゲーム課金はchampionを購入したりchampionのskinを購入したりするものである。championは全て課金で入手可なので安心。

対応言現在は全て英語である。英語はちょっと・・・という人もいるかもしれないが、使われている言葉自体はあまり難しくない上、日本語Wikiなどを見れば基本的な情報は載っているので、プレイの上で特に問題はないだろう。

現在ではチャットインタフェース共に日本語化されている。

ちなみにこのゲームの開発者に日本サブカル好きがいるためか、東方ネタゼルダネタなどのアイテムが存在する他に、ハルヒダンスを踊るchampionもいるらしい。

プレイ概要

ゲーム開始直後、まずプレイヤーが操作する全てのチャンピオンレベル1からスタート。敵地から湧いてくる雑魚キャラミニオンMinion)」を倒してレベルアップしつつお金を稼ぎ、装備をえていく(ミニオン以外にも「中立クリープ」と呼ばれる特定の場所に配置される敵もおり、中には倒すと強支援効果(バフ)を与えてくれるものもいる。なお、敵チャンピオンを倒すとより多くのお金がもらえる)。

チャンピオンの最高レベルは18までで、装備は魔法や打撃ダメージを高めるもの、防御HPを高めるものなど多種多様なものが用意されている。

このミニオン達と進軍しながら自分のチャンピオンを育てていき、最終的に敵の拠点を破壊すると勝利となる。

チャンピオンの種類

League of Legendsには個性的なチャンピオンが存在し、それぞれのチャンピオンに得意分野がある。

魔法使い達の代理戦争として、英雄召還して戦わせる」という世界観のため登場する種族も豊富であり、人間論のこと、怪物、幼女忍者(4名)、サムライロボット等多岐に渡る。

wikiに各チャンピオンの詳細が画像付きで紹介されているので眺めているだけでも楽しい。

種類 内容
アサシン
(Asssasin)
暗殺者。奇襲または間的に大ダメージを与えるのが得意。
火力が高く単体に対して威を発揮する。序盤中盤ではとなるが集団戦が苦手なchampionが多く、後半は失速しやすい。

代表的なチャンプ:Akali、Katarina、Talon、Yasuo、Zedなど。
ファイター
(Fighter)
前線にとどまれるタフさと攻撃を両立している。
継戦均して高く、tankと一緒に前線で戦うが、最近では純tankよりも攻撃と防御を両立(Off-Tank)しているchampionを2人程前線で戦わせるのがよく見られる。

代表的なチャンプ:GarenDariusRiven、Fioraなど。
メイ
(Mage)
AP魔法攻撃を高めるステータス)を使って魔法ダメージを与えることを得意とする。
敵全体に大ダメージを与えることが得意なmageや敵単体に大ダメージを与えることが得意なmageがおり、序盤終盤にかけて安定して高い火力を誇る。
また、Stun(気絶)やSnare(束縛)、Silence(沈黙)といったデバフを何かしら持っているMageが多い。ただし、防御逃げに乏しいchampionが多く、ゲーム全体を通して非常に狙われやすい。

代表的なチャンプ:Ahri、Annie、Lux、Ryze、Veigarなど。
マークスマン
(Marksman)
AD(物理攻撃を高めるステータス)を使って遠距離から物理ダメージを与え、ゲームの中核を担う。射手。
旧分類ではCarryと言う名前で分類されていた。このため、現在Marksmanは一般的にADC(=AD Carry)という呼称で呼ばれることが多い。
基礎ステータスが低く、序盤は弱いが装備がそろうと強火力叩き出す後半の
試合が劣勢でもADCが育てば逆転可であるため、優先的にfarm(minionや中立クリープを狩りお金を稼ぐ行為)を行う必要がある。

代表的なチャンプ:Ashe、Caityn、Sivir、Tristana、Urgotなど。
サポート
(Support)
支援を得意としており、味方を回復したり攻撃を上げることが得意。
基本的に火力は低いので序盤から終盤まで一貫して仲間支援を行う。
仲間を回復したり、ward(一定時間設置した場所の視界を見ることができるアイテム)を置いたり、足止めスキルを使って仲間を助けたりするので実は非常に重要な分野である。
装備依存度が低いためADCと一緒のレーンに行きADCを守り、援護するパターンが多く、試合が終わってもsupportminionを倒した数は非常に少ないことが多い。ADCワシが育てた。と胸をって良い

代表的なチャンプ:Alister、Blitzcrank、Janna、Sorakaなど。
タンク
(Tank)
戦車のように硬く、チームとなる。
高めの防御ステータスや防御的なスキルを持ち、Fighterとともに前線に立ちチームを敵の攻撃から守る。
集団戦ではまず放置されてしまうのでいかに自分に攻撃を向けさせるかが重要となる(スロウやスタンを用いて敵を物理的に妨したり、立ち位置に気を使ったり…)
初期では必須の存在だったが、2015年時点でのメタ(流行り)では、攻撃と防御の両立が出来るファイター人気を取られ、やや下火のビルドタイプである。
このように、シーズンによって有効な戦術やバランスガラッと変わるのもLeagueの面みである。

代表的なチャンプ:Cho'gath、Dr.Mundo、Sion、Singedなど。

関連動画

ニコニコ生放送実況プレイをするプレイヤーも多い。

関連コミュニティ

ニコニコ生放送ではこのゲームが多く放送されているので詳しくはLOL検索してみてください。

 

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 17
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/league%20of%20legends

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

League of Legends

786 ななしのよっしん
2020/05/03(日) 16:24:07 ID: WIFJLE5T49
民度々は実際お口の悪い人が多いからそう思われても仕方ないんだよなぁ…
787 ななしのよっしん
2020/05/12(火) 02:53:12 ID: UIjQ7o8pH7
韓国人ばっかで日本人いねえ
日本じゃこんなん流行らんわ
788 ななしのよっしん
2020/05/29(金) 16:00:57 ID: 7Co8OCaByv
LoLも出た当初はカジュアルゲームって扱いだったんだけどな・・・
見るものであって自分でやるものではないって感じになったな
789 ななしのよっしん
2020/06/14(日) 13:21:00 ID: 5nzsrIfQ+P
ってなぜか何が何でもネガティブキャンペーンしていくらの多いことよ
必死すぎない?なにがそうさせるの?
790 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 00:11:23 ID: O2+z2f+lJv
>>786
まさにID: 1Cs2CtMIlGが自分で明してて
791 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 00:14:50 ID: mX6VjBtqWe
ポケモンLOLってマジなのですか?
792 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 01:13:13 ID: 3LZXlZ+c8w
ゲーム好きとしてe-sports社会的地位を得たいのはわかるが、実際クリアしなけりゃいけない民度という問題を放置してる現状ではわがままでもあると思う。

って言うのも、知り合いの教育者とちょうどそういう話をしていて、言われたのが
LoLe-sports部なんて今はまだ理。理由は麻雀部がそうそう作れないのと似たようなもん。雀荘学生を送り込めるか?」だってさ。

麻雀マンガアニメに加え、MリーグVTuberイメージアップに努めてなお一般人からは半地下競技だと思われてる(タイミング含め黒川某のせいもあったり?)からな。

LoLプロシーンはもちろん、ゲーム配信者にも規約かなんかで暴言禁止+悪質だと配信権利はく奪、くらいしてでもイメージアップしたほうが良いんじゃないか。
793 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 01:17:40 ID: jnGQxZdKy2
それが駄なら、ストリート上がりの競技はだいたい駄じゃないの。
正直民度とかいうクソな言葉使うなら同じように低いぞ。
BMXとかパルクールとかさあ

BMXとかかかるから部活ではやらんだろうが。
794 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 01:19:35 ID: nc+NKYvNQ8
このゲームを心穏やかにやることは難しい
唐澤貴洋乳首めるほうがまだ簡単
ゲームとしてはよく出来てるとは思うんだけど…
795 ななしのよっしん
2020/06/29(月) 04:33:00 ID: TayfTny1Fh
民度に関して擁護してるやつってどこまでが本気なんだ。LoLで生まれ育ったんじゃない限りその特別さに気付かないわけがないと思うんだけど
慣れきって感覚麻痺してんのか?

急上昇ワード