単語記事: やる夫で学ぶ第一次世界大戦

編集  

やる夫で学ぶ第一次世界大戦』は、第一次世界大戦の流れ、各の内情を詳しく描いたやる夫スレ。5年4ヶの期間をかけて投稿された大長編

スレ作者WW.IweeeIE 氏。ニコニコ動画において bellbell 氏が動画化。

クリスマスまでには終わらなかった

概要

 “ 戦争を終わらせるための戦争 ” とまで言われた第一次世界大戦。それまでの戦争とは全く桁違いの血を流し、人命を失わせていった大戦争だが、日本においてはこのリターンマッチである第二次世界大戦、および自らが起こした太平洋戦争のほうが圧倒的に認知度が高く、そもそも第一次世界大戦に参戦していたこと自体、あまり知られていないと言わざるをえない状態である(関与の規模が違うと言ってしまえばそれまでだが、第二特務艦隊の地中海輸送護衛戦はもっと知られるべき

 本作は、ドイツオーストリア中欧同盟とイギリスフランスロシアの協商営(連合)、そしてそれぞれに加担するヨーロッパが繰り広げた、血で血を洗いつくす戦闘善意と錯誤・陰謀が交錯する外交を活写した大作である。動画化によって、その活写ぶりに躍動感が加わった。

 現在際関係は第二次世界大戦ではなく、第一次世界大戦に由来しているものが少なくない。本作の描写の大半はヨーロッパ戦争であって、第一次世界大戦がもたらした100年後の負債(パレスチナ紛争など)にまで深く言及されているわけではないが、そもそも染みの薄い第一次世界大戦を知るための入り口にしてはどうだろうか。

各話

一夜 サラエボ事件 第十一夜 二次イープ 第二十二 イタリア参戦
第二 シュリーフェン・プラン 第十二 ルリッツ 第二十三 ポレット
第三 イギリス参戦 十三 ガリポリ(3) 第二十四 三次イープ
第四 パリ防衛戦 十三.五 セルビアの内幕 第二十五 カンブレー戦車
第五 タンネンベルク 第十四 セルビア崩壊 第二十六夜 アメリカ参戦
第六 ガリシア 第十四.五 サロニカ裁判 第二十七 ロシア脱落
特別編 戦艦ゲーベン 第十五 ヴェルダン 第二十七.五 グレーナー伝
第七 第一次イープ 十六夜 ブルシロフ攻勢 第二十八 バラバラの連合
第八 東部戦線1914 第十七 ソンム 第二十九 カイザー
番外編 クリスマス休戦 第十七.五 戦車登場 第三十 行き詰まるドイツ軍
第八.五 トルコ参戦 第十八 ルーマニア敗北 第三十一夜 ドイツの日
第九 ガリポリ(1) 第十九 ロシア二月革命 第三十二 休戦
第九.五 英・トルコの内幕 第二十 ヴェル攻勢 最終 ヴェルサイユ条約
第十 ガリポリ(2) 第二十一夜 ロシア十月革命 エピローグ 墓標

登場人物

加筆依頼 この項の加筆にご協ください。

中欧同盟陣営

 ドイツオーストリアイタリアの三同盟(1882年締結)は、墺・の外交関係のもつれから機しなかった。

ドイツ帝国

人物 キャスト
役処
ルーデンドルフ やる夫
タンネンベルク戦時の第8軍参謀長。のちドイツ軍参謀次長。
ファルケンハイ やらない夫
小モルトケの後任の参謀総長。
ヴィルヘル2世 洋介AA) ※オバマではない
ヒンデンブルグ 麻呂
タンネンベルク戦時の第8軍令官。後のドイツ軍参謀総長
小モルトケ キモオタ
開戦時の参謀総長。
ヴィルヘル皇太子 ニート君 (第15のみ夜神月
ドイツ帝国皇太子。第5軍令官。
ベートマ 長門有希
ホフマン キョン
開戦時の第8軍参謀。後の東部方面軍参謀長
開戦時の第1軍団長
マッケンゼン
開戦時の第17団長
オットー・フォン・ベロウ
開戦時の第1予備軍団長。フリッツ従弟
ポウタリス
開戦時の駐露大使
開戦時の第8軍令官
ショルツ
開戦時の第20団長
ゼークト
ドヤが夫
マッケンゼンの参謀長。
グレーナー
できる夫
参謀本部鉄道課長終戦時の参謀次長。
開戦時の軍大臣
クルック
開戦時の第1軍令官
ビューロウ
開戦時の第2軍令官
ハウゼン
開戦時の第3軍令官
エミッヒ
リエージュ要塞攻囲軍
ルプレヒト王太子
開戦時の第6軍令官
整備士
巡洋戦艦ゲーベンの整備士
機関
機関
軍医
巡洋戦艦ゲーベンの軍医
ゲーベン
やる夫にだけ見えるゲーベン擬人化キャラ
シェファー
善行忠孝
ロッヅ戦時の予備第25団長
近衛第3師団長
ロッヅ戦時の近衛第3師団長
リッツ・ハーバー
ガス兵器を開発した科学
潜水艦U21艦長
ノーベルスドルフ
ヴェルダン戦時の第5軍参謀長
ローワ
実験部隊「ローワ突撃隊」隊長
ドラ
ヴェルダン戦時の東令官
リッツ・フォン・べロウ
ソンム戦時の第2軍令官。オットー従兄
ヴェッツェル
戦後半の最高令部作戦部長
ブルフミュラー
リガ戦時の東部軍砲兵参謀。ルーテンドルフに引き抜かれ参謀本部砲術顧問となる。
ツィンメルマン
もっさりさん
大戦中盤の外務大臣
メッケル
シュバルツ・ブルーター
グレーナーの陸軍大学校時代の教官。日本でも教官を務めた名将。
参謀本部鉄道課長
後藤喜一
グレーナーの地形測量課在籍時の鉄道課長
シュターブス
参謀本部鉄道セッションa責任
グレーナーが折衝する労働組合
エーベルト

オーストリア=ハンガリー帝国

人物 キャスト 役処
コンラート でっていう無能 開戦時のオーストリア軍参謀総長
フランツ・ヨーゼフ1世 ダディクール 開戦時のオーストリア=ハンガリー帝国皇帝
フランツ・フェルディナント 麻生太郎 サラエボ事件で暗殺されたオーストリア=ハンガリー帝国皇太子
ソフィー・ホテク ウルトラマンゾフィー フェルディナント大公夫人
カール1世 鬼太郎 ヨーゼフ1世死後のオーストリア=ハンガリー帝国皇帝
ボロイェヴィッチ でっていう有能 イタリア戦線における猛将。
将軍政治家全般 でっていう フェルディナント大公(第4軍令官)、ダンクル(第1軍令官)など

オスマン帝国(シリーズ内では一貫してトルコと表記)

人物 キャスト 役処
エンヴィ DIO 青年トルコ革命導者
ケマル 新城直衛 ガリポリ戦で活躍した英雄。後のトルコ共和国
サンダース カーネル・サンダース トルコ軍に派遣されていたドイツ人顧問
ジェマル おじゃる丸 ガリポリ戦時のトルコ軍大臣
タラ―ト ミカシゴフミ ガリポリ戦時のトルコ首相
ムスタファサブ ハートマン軍曹 ケマルの幼年学校での数学教官
フェイジ・ベイ 守原英康 ガリポリ戦時のブレア方面軍令官
アプデュルハミト2世 ウィルソンフィリップ上院議員 当時のオスマン帝国皇帝

ブルガリア王国

人物 キャスト 役処
フェルディナント1世 サウザー ブルガリア国王
スタンポリスキー ケンシロウ ブルガリアの農民導者

協商国(連合国)陣営

いわゆる「三協商」(英協商・露同盟・英露協商)に基盤を置く諸国連合。イタリアは三同盟より離脱し、協商営に加わった。アメリカは1917年より参戦し、ロシア(ボリシェヴィキ政権)は革命により1918年戦線離脱。

大英帝国

人物 キャスト 役処
ロイドジョージ 真紅 戦後期の首相(継戦自由党)。
チャーチル 水銀燈 開戦時の軍大臣(自由党)。第二次世界大戦時の首相保守党)。
フィッシャー 柿崎めぐ 大戦初期の第一軍卿
イグ 蒼星石 第一軍令官。後にフレンチに替わりBEF軍令官。
フレン 金糸雀 大戦初期の大陸派遣軍(BEF)令官。
ウィルソン 草笛みつ 大戦初期の大陸派遣軍(BEF)参謀
アスキス 柴崎元治 開戦時の首相自由党)。
グレイ 翠星石 開戦時の外務大臣(自由党)。
キッチナー 雪華綺晶 開戦時の陸軍大臣(陸軍元帥)。
ボナ・ロー 衝撃のアルベルト 開戦時の英国保守党幹部
ゴフ 第5軍令官。
モンロー 阿部高和 第一次イープル戦時の第2師団長
ロ―マックス 道下正樹 第一次イープル戦時の第1師団長
フィッツクラレン 日高 第一次イープル戦時の第1団長
ハスキー 第一次イープル戦時の第2ウスターシャ大隊長
スミスドリアン 桜田ジュン 二次イープル戦時の第2軍令官
プルーマー 雛苺 開戦時の第5軍団長。第二次イープル戦で更迭されたスミスドリアンの後任として第2軍令官となる
カーデン 糸色望 ダータネル峡突破戦時のイギリス地中海艦隊令官
キー 木津千里 ダータネル峡突破戦及びガリポリ戦時の地中海艦隊参謀長
軍医 ドクターキリコ ダータネル峡突破戦時のイギリス地中海艦隊軍医
ローベック 風浦可符香 カーデンの後任の地中海艦隊令官
ハミルトン ドナルド・マクドナルド ガリポリ戦時のコンスタンティノープル遠征軍令官
バードウッド ウッドストック AMZAC令官
ハンター スヌーピー ガリポリ戦時の第29師団長
イル マデュ―カス副長 潜水艦E14艦長
ナスミス 海江田四郎 潜水艦E11艦長
ストップフォード チャーリーブラウン ガリポリへの増援部隊指揮官
リード ライナ ガリポリへの増援部隊の参謀長
ローリンソン 桜田のり ソンム戦時の第4軍令官
スウィントン 先行者ロボット 王立士官学校主任教官。戦車の開発責任
ラー ステカセキング 三次イープル戦時の王立戦車軍団参謀長
カリー カナディアンマン 三次イープル戦時のカナダ団長
チューダー カンブレ―戦時の第9師団砲兵指揮官
バイング 斉藤ローゼンメイデン カンブレ―戦時の第3軍令官
ホール マシュウ(赤毛アン 情報局長
グレー ギルバート赤毛アン 情報部第40分室の暗号解読班員
モントゴメリー アン赤毛アン グレーの同僚

フランス共和国

人物 キャスト 役処
ジョフル 園崎魅音 戦前期のフランス総司令官
フォシュ 前原圭一 戦後期の連合軍総司令官
ペタ 北条沙都子 戦後期のフランス総司令官
デスパレ 竜宮レナ 開戦時は第1軍団、マルヌ会戦では第5軍令官。
ガリエニ 園崎茜 マルヌ会戦でのパリ防衛軍令官。
ヴェル 鷹野三四 ジョフルの後任のフランス総司令官
カステルノー 野比のび太 開戦時の第2軍令官
リュフェイ モハメド・アヴドゥル 開戦時の第3軍令官
ラング ジャン=ピエール・ボルナレフ 開戦時の第4軍令官
ランルザック 園崎詩音 開戦時の第5軍令官
ボー 花京院典明 開戦時の第10軍団所属師団長
パリタクシー運転手 葛西辰由 マルヌ戦で前線に兵士を輸送したタクシー運転手
ライナ リルル ヴェルダン戦時のヴォ―堡塁令官
ポアンカレ 古手梨花 共和大統領
クレマンソー 木(ひぐらしのなく頃に 大戦末期首相
サレイユ 大石蔵人 サロニカ派遣令官。

ロシア帝国 / ポリシェヴィキ

人物 キャスト 役処
ニコラ2世 ちよ父シャア版) ロシア帝国皇帝
ニコラ大公 木村先生あずまんが大王 ニコラ2世叔父
ブルシロ 榊さんあずまんが大王 開戦時のロシア第8軍令官。東部戦線の名将
ヤヌシュケビッチ 原歴(あずまんが大王) 開戦時の参謀総長
レンネンカンプ 黒沢みなもあずまんが大王 開戦時のロシア第1軍令官
サムソノフ 谷崎ゆかりあずまんが大王 開戦時のロシア2軍令官
ルツスキー 春日歩あずまんが大王 開戦時のロシア第3軍令官
イエバンチン 福田康夫 ロッヅ戦時のロシア第3軍団長
サクハノフ かおりん(あずまんが大王) ブルシロフ攻勢時の第11軍令官
シェルシェフ 神楽(あずまんが大王) ブルシロフ攻勢時の第7軍令官
レンスキー 美樹さやか ロシア二月革命後の臨時政府首相
コルニロフ 佐倉杏子 臨時政府のロシア軍総司令官
レーニン 鹿目まどか リシェヴィキ導者。
トロキー キュウべえ リシェヴィキ政権の外務人民委員。
スターリン 暁美ほむら リシェヴィキ幹部。
将軍政治家全般 クマ アレクセイエフ(参謀総長)、ロジャンコ(帝国会議長)など

アメリカ合衆国

人物 キャスト 役処
ウィルソン 宮藤芳佳 合衆大統領民主党)。
ハウス大佐 坂本美緒 大統領政治・外交顧問。
パーシング シャーロット・E・イェーガー ヨーロッパ派遣総司令官

セルビア王国

人物 キャスト 役処
プトニック 黒沢最強伝説黒沢 開戦時のセルビア軍参謀総長。
ディミトリエヴィチ 赤木しげる セルビアの秘密組織「ブラックハンド導者。
シッチ 伊藤カイジ セルビア首相。のちユーゴスラビア首相
タンコシッチ サラエボ事件首謀者の一人
シブコビッチ 一条聖也 ホワイトハンド首領
第6連隊長 利根川幸雄 1903年のクーデターでディミトリエヴィチに協した連隊長
ペータル1世 兵藤和尊 大戦時のセルビア国王 ※シリーズではピーター表記

ベルギー

人物 キャスト 役処
アルベール1世 ドーラ(天空の城ラピュタ ベルギー国王
レーマン ムスカ天空の城ラピュタ リエージュ要塞令官
アデルペール ハク千と千尋の神隠し 大統領アンカレがベルギー派遣していたフランス大佐

イタリア王国

人物 キャスト 役処
エマヌエーレ3世 マリオ イタリア国王
ドルナ ルイージ 戦前期のイタリア軍参謀総長。通称「兵站大将
ルサティ クリボー擬人化 イゾンツォ戦時の第一軍令官。カドルナの命令に背き更迭される
ディアツ ピーチ姫 戦後期のイタリア軍参謀総長。

ルーマニア王国

人物 キャスト 役処
フェルディナント 鳩山由紀夫 ルーマニア国王

兵器・施設

名前 元ネタ 説明
リエージュ要塞 ラピュタ ドイツベルギーの要塞
ビッグバー 巨神兵 ドイツ軍の攻用42臼砲
ナミュール要塞 ア・バオア・クー フランスベルギー近くの要塞
ドイツ軍令部 ネルフ令部 ブレンツに作られたドイツ軍令部
旧式 ロボット兵 後備混成第6団に配備された旧式
ゲーベン ホワイトベース 地中海派遣されたドイツ巡洋戦艦
ゲーベン機関 エヴァンゲリヲン初号機 巡洋戦艦ゲーベン機関
レスラウ サラミス 地中海派遣されたドイツ防護巡洋艦
インドミタブル グワジン イギリス地中海艦隊所属の巡洋戦艦
グロスターなど ムサイ イギリス地中海艦隊所属の防護巡洋艦
イタリア駆逐艦 ザクレロ イタリア軍の駆逐艦
トルコ エルメス トルコ軍の
マークⅠなど 王蟲 イギリス軍が開発した戦車シリーズ
ドーモン堡塁 お台場ビックサイト 戦となったヴェルダン要塞の堡塁の1つ
ヴォ―堡塁 第6ラミエル ヴェルダン要塞の堡塁の1つ
トラサイア要塞 守閣 ルーマニア南部の要塞

 関連商品

 関連項目/関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%84%E3%82%8B%E5%A4%AB%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%81%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6
ページ番号: 5310252 リビジョン番号: 2567671
読み:ヤルオダイイチジセカイタイセン
初版作成日: 15/02/12 12:50 ◆ 最終更新日: 18/03/05 22:26
編集内容についての説明/コメント: 文面の追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

やる夫で学ぶ第一次世界大戦について語るスレ

71 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 17:50:43 ID: kQTgtX1N1p
>>68
根気というか、歴史が本当に好きじゃないとやってられん職業だとは思う。
どこぞの御用学者にでもならん限り、は稼げんだろうしなぁ。
72 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 15:20:33 ID: p5Hopvdc7e
>>66
そう言えるのためになら命はれるし
言えないになったら別物だから捨てる
それでいいんだと思う
なんだかんだでそんなマイペースだから
長持ちしてるんだろう
言語学から見て実質的に同じ言文化が
全域で保持されてるが
呼称は半島(ひのもと)だし構造は
血縁もない程遠いポリネシアン台湾
だしでは結構怪しい
術)本場の満州の名残も天皇
言うより餃子だしなぁ・・・ふむ・・・
73 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 15:23:47 ID: p5Hopvdc7e
いや、言ベースで見ると名なんてい、
地域名としてでさえ怪しい、になるんだよ。
普通は。
広義のロシア民族だと血縁的追跡など論外、
だからこそ? キャラは立っているんだが。
英雄個人と身内以外の結束がないからね。
74 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 15:34:18 ID: p5Hopvdc7e
日本の言の特徴を徴で説明すると、
ダストボックスもしくは
 交換用余剰物資入れ}=、の内側、
いは、帰らずのとのの向こう側。
・季節祭りである節分
ハロウィンで登場するの側の住人に
当たる代物で構築した構文格の言
等終端専用構文成分の向こう側
だけで構築させる異界しかない言群。
それが日本を特徴付ける集約(※)
集合操作構文格言だ。
端的に言えば、格言の対極であり、
発音等のしさと較にならぬ異質だ。
75 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 15:41:20 ID: p5Hopvdc7e
(※) 集約について
集約ってのは界を持たず、基本的には
特定の代表的な特別の点をも持たない、
大雑把に言った時だけ集合の様な物。
数学の授業で導入すると、暫くは
内外とか命名基準となるような
特定の点=所属成分がないか
聞かれ「ないよ」と答える
作業に忙しくなる代物だ。
日本でなら別に当たり前の「もの」だが。
何しろも接続も全部それ。
名詞の単数形は半数形で代用される状況。
(動詞の未然形と同じ音交替による)
76 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 15:47:12 ID: p5Hopvdc7e
最初から内外のがないのが当然の「実体」の
世界で生きる日本人には、それがあって当然の
人々の振る舞いは奇妙に思える事もあるだろう。
較的日本に近い振る舞いをする典ゲルマン
ドイツが一番遠いっていうのも皮に見える
だろうが実際は内的資を内的役割に割り振る
劇場の垂れ幕の裏側の作業から言えば当然。
同時に存在できない同士は対他役割を共有する、
が人類の言の最優位機だから、特にそうだ。
いっぽう、似ている同士ほど、同時に登場して
他に対する役割も、その為に消費する資さえ
近いから、しく競合(敵対)するものだろう。
それがに起きるのが戦争と言えなくもない?
77 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 15:49:30 ID: p5Hopvdc7e
日独ほど掛け離れていれば上手くやれるというなら、
の内部の多様性が絞られると戦争は近いのだろう。
と染井吉野みたいな違いかな。
78 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 04:57:47 ID: AingMsizqS
>>71
司馬史観にされた学生に辟易した歴史学の教授の話なら聞いた事あるけどね
「いやあれはあくまで歴史小説だから…」とげんなりしながら大学で教えてたそうな
79 : ななしのよっしん :2017/12/31(日) 22:42:11 ID: REUqeXwK04
全話観させて貰いました。非常に良くできた作ですね。
あまり映像化とかされず、日本ではいまいちマイナー第一次世界大戦を分かりやすく描いていて、よかったと思います。
ただ、一言いえば...

1.ユトランド戦やドッカーバンク戦等、戦の話も入れて欲しかった。

2.後に第二次世界大戦で活躍する将軍たちの若き頃の活躍も少しは触れて欲しかった。カポレットの戦いで半個大隊でイタリア一個団を捕虜にしたロンメル中尉や、サンミシェルの戦いで戦車団を率いて自ら先頭に立ったパット大佐、第二特務艦隊の一員として地中海で活動した山口多聞や田中頼三などなど

なんかも入れて欲しかったなあ
特に軍関係の事はど触れていなかったのは残念でした

それでもこの作品は良作です
ここででてくる将軍たちの硬直化した思考で何十万もの若者が為に死んでいった事を思うと、順戦での日本の損なんて地戦ではむしろ少ない方でありそれも数ヶで落とせたのだから木って優秀だったんだなと実感した。少な
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
80 : ななしのよっしん :2018/02/12(月) 22:04:24 ID: FFY9dg6GAe
大百科ありがてぇ。
本編4週ぐらい見てるがずっとオバマだと思ってたわ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829