美城常務単語

113件
ミシロジョウム
5.0千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

美城常務とは、アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」の登場人物である。

タイプ:不明
年齢:不明
誕生日:不明
身長170
体重:不明
3サイズ:不明
血液型:不明
趣味:不明
利き手:不明
出身地:不明
CV田中敦子
「個性を伸ばす、大いに結構だ。 しかし時計の針は待ってくれない。」

概要

 346プロダクション(以下346プロ)の常務取締役で、アイドル事業部統括重役。アイドルにとっては自分達のプロデュースや関連事業をまとめる存在であり、会社員である武内P千川ちひろ今西部長にとっては上になる。常務は現会長であり、苗字から言っても創業家出身だと思われる。アイドル事業部統括重役に就任する前は、ニューヨークにある346プロの関連会社に出向していた。

 初登場は第13話(第1期・最終話)の最後の方。この時は346プロ本社ビル屋上からダイブしつつ光学迷彩を身にまといながらのに座る遠と、顔の下半分のみの登場であり、名前とハッキリとした姿、そして中の人は分からなかった。本格的に登場するのは第14話(第2期・第1話)以降である。
1期終了時点では961系社長シンデレラの継役、P狙いの大手プロダクション社長等、
人物について黒幕めいた様々な憶測が飛び交っていた。

容姿

 シンデレラガールズの中でもかなりの高身長である高垣楓(171cm)よりも更に高い長身でスラっとした体をしており、気の強さが表れた整った顔立ち・くびれ美脚おっぱいった、典的な妙齢の堪らん女性。長い黒髪アップで束ねている。

 会社の重役と言うこともあってか、今の所は美なは見られない。グレー系のスーツストッキング(ふぅ…)、ハイヒール(ふぅ…)、そしてインナーを着用。インナー普通ブラウスではなく、谷間が見える(ふぅ…)ものを着用。それにしてアクセサリーはやややかで、小さな飾りのついたネックレスと、エメラルドと思しきの石がついたイヤリングを装着している。

人柄

 性格について端的に述べると。気は強く優秀なようだが、本人も自覚するほど短気で、手法には強引なところも感じられる。部下には厳しい顔も見せるが、彼女なりに気遣っている様子も感じられ、またに評価しようと務めているようだ。帰したその足で346プロに出社していることから、バイリティ溢れるビジネスパーソンであることが伺える。つまりCV田中敦子ということである。

 武内Pに対しては、初対面時に「優秀な人材は大歓迎だ」と好意的な評価を伝えた。恐らく、事前アイドル事業部に関する全ての資料に眼を通していたと思われる。ただ、武内Pネクタイたまたま緩んでいたのを見逃さず、常務は彼のネクタイを自ら締め直し次のように伝えている。

クライアントが最初に会うのは、アイドルではなく君だ。
みだしなみには細心の注意を払うように。

優秀な人材は評価するが、仕事においては常に細やかな注意をめると言うことだろう。待てよ、常務に会う時にこの手を使えば常務がネクタイを…武内Pぃ!おまえやるなぁ!

 このほか、ニュージェネレーションズを名しで「頑りなさい」とをかけている。わざわざ控室に足を運んでまでこのセリフを言うあたり、彼女達に対する期待は高そうである。

 今西部長は常務の部下になるが、彼女に対しては砕けた話し方をしており、逆に常務は部長敬語を使っている。これは二人は彼女が幼い時からの知り合いだからであり、会社の成長過程もこので見てきた。

 346プロ会長、つまり彼女父親になるわけだが、その関係性は不明。今西部長会長への帰挨拶を促した時には「にはメールで知らせてありますから」と返答している。単にドライな性格なのか、それとも何か含むことがあるのか…。

 後述の仕事ぶりやあまりの強引さから、時間には特にうるさく、早急に成果を出すことへの強迫観念が感じられる。一方、武内Pのようなバイリティ溢れる者は楯突く者でも好待遇を与えたり、シンデレラを髣髴させる表現を言葉の端々に使用しているあたり、ワンマン効率厨と呼ぶにはまた違う印を与えている。

仕事ぶり ~経営者として~

 彼女仕事について考察する前に確認する点が一つ。彼女は「常務」、つまり経営者サイド人間であり、従業員であるプロデューサーとは立場が全く異なる。そして本来アイドル企画を進めるのはプロデューサー仕事。独自に企画を進めたりアイドルプロデュースしようとしたりするなど非常にバイリティ溢れる行動で忘れがちだが、彼女メイン仕事はあくまでプロデューサーや部門の統括である。

 アイドル事業部統括重役として最初に行ったのは、自身の方針を部長や各プロジェクトの担当プロデューサーらに伝えたこと。その内容は、現在プロジェクトを全て解体し白紙に戻すことだった。その理由は「今のやり方では成果が出るのが遅すぎる」から。アイドルを厳選・序列化し、346プロブランド確立させることが狙いのようだが、あまりに突然の、且つ大胆な革によりプロデューサー達はもとより、アイドル達にも大きな衝撃が走った。そのあまりの急な取りに今西部長も「強引すぎやしないか」と苦言を呈したほど。そんな彼女論見は「かつての芸能界のようなスター性、別世界のような物語性の確立」。バラエティ路線を縮小し、アーティスト性を高めるという一昔前のアイドルイメージを前面に出した方針だが、多的に活躍してきたアイドルは当然キャラクターの見直しを迫られることになる。

 しかし、確かにリストラ(Restructuring=再構築)を断行し、「私の厳選した企画に適合したアイドルのみ選出、強化する」とは言うものの、下手にバッサリ人材を切り捨てても346プロを縮小させかねない。 アイドルめる理想はあくまで個人の理想、常務の理想に合わないアイドルであっても個性を蔑ろにする発言はしておらず、その姿勢は17話で色々アレアイドルに対し従業員を通して己の方向性を自ら決めさせるのみに留めたり、18話でKBYD普通仕事をし、幽体離脱フルボッコちゃんフィギュア化し、仕事を断られても普通に活動させているあたり、アイドルに対しては非常に寛大である。 アレアイドル達も、武内Pに協している形とはいえ、キャラをそのまま通すことを選んでいることからもそれがえる。 一方、23~24話で卯月を「切り捨てろ」と武内Pに進言しているが、何ヵ仕事をあけ、CPやPKに迷惑をかけ、ライブ前日に曇った顔を見せられたら流石に経営者として見過ごせないだろう。「君のきはどこへ行った。」これが卯月に対する常務の評価だろう。

 シンデレラの舞踏会についても個人的な感情は抜きにして、経営者として企画者の武内Pに対し高い評価をしているあたり、成果を挙げれば方向性が明後日の方向に向いてもきちんと評価してくれる。

 社内の様子を見ると、白紙化宣言後こそ慌ただしい様子を見せたものの、20話NO MAKEの様子から従業員はテキパキ仕事をしだした模様。「白紙化」とはいうがCPやフルボッコちゃんを見れば分かる通りそのまま続けても構わないのだ。アイドルに話を持ちかける時も手法は強引であれ、強制したことは一度もない。それはアイドルを助けるプロデューサーとて同じこと。武内Pのようにソリが合わなくてもやる気と成果の見込みさえあれば独自に裁量権を与える程。アイドル事業の役はあくまでアイドルなのだ。

仕事ぶり ~プロデューサーとして~

 そんな彼女は統括重役兼常務取締役という立場でありながらプロデュースやる気満々。末恐ろしいバイリティの持ちである。が、やり方が強引ゆえか高垣楓木村夏樹らには仕事を断られる。一応、そこから得た教訓はフェス然りしっかり学んでいる模様。だからといって直々に現場に足を運ぶあたりそのバイリティは尋常じゃない。

 常務の理想を体現した革の玉として、フェスに向け「Project Krone」が始動。やはり常務はCoPのようだ。だがその分宮本フレデリカの浮きっぷりが(ry美しいにはそれに見合うお様。そのプロジェクトに部署の垣根は存在せず、シンデレラプロジェクトも巻き込まれていくことになる。

 武内Pとはアイドルの方向性でっ向から対立しているが、彼の考えを否定する発言は一切していない。「気に入らない」とは言うものの、それは武内Pの方向性に対する個人的な感情であり、その方向性についてポエムバトルを幾度となく繰り広げた。結局行線のまま進むことになったようだが、同時にアイドルがその行線をえられるとポエムバトルの末に感じ取ったようだ。

 経営者とプロデューサーの二足の鞋を履く常務、その仕事ぶりは今西部長に「手腕は本物」と高く評価されている。20話NO MAKEから「従業員に仕事をさせる」経営者の仕事が、24話NO MAKEから「アイドルを売り込む」プロデューサー仕事が大きな成果を挙げていることがえる。

1期の346プロ

 その革の手はアイドル部門の範疇に収まらず、会社全体に渡っている。ここまで強引に革を進めなければならない背景ははっきりと描写されたわけではないが、1期を見てみると……

……とまぁ、常務が革に乗り出したくなるのも分かるような描写が散見される。KBYDの様子を見るに、革のあおりを受けて仕事が減ったアイドルもいるが、それは一時的なことでプロデューサーが頑ればすぐに埋められる程度のものだったようだ。武内P以外が沈黙していたのはそういった事情があるかもしれない。

デレステへの登場

リズムゲームアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』(デレステ)では、武内P今西部長とともに、アニメBDDVDの購入特典アイテムとしてまず登場。アニメ9巻に付属する特典コードでもらえるルーアイテム事務所ドア』を設置すると、ルームに美城常務(アニメ本編後の設定らしく、肩書は美専務」)が現れ、タッチすると様々な台詞を喋る。アニメ本編よりは少し柔らかい口調になっている模様。

その後、「絶対特権主張しますっ!イベント以降において、ゲーム本編にまさかの登場を果たし、部下であるプロデューサープレイヤー)に「仕事」としてイベントミッション依頼してくる。本家アニメ版とは違うパラレル設定である『デレステ』において、特典アイテムを除けば、アニメオリジナルキャラクターが『デレステ本編に登場するのは初めてのことだった。

元々アニメ版の中でもかなり賛否がしいキャラなこともあり、彼女デレステに登場した際は「アニメ世界観をアニメ以外に持ち込むな」「は常務の部下になった覚えはない」といった反発の立った。ただ蓋を開けると、やはり本編後設定ゆえかかなり優しい物になっているほか、登場するたびに詞のように「専務の美だ」と発言するのが、常務と呼ばれ続けることに拗ねているように聞こえること、ミッション達成のたびに「有能すぎるのも困りものだな」とご褒美のジュエルをくれることなどから、「ツンデレ大阪おばちゃん的上」として妙な人気を得ていたりする。

関連動画

関連静画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

美城常務

3436 ななしのよっしん
2021/08/31(火) 15:13:17 ID: gwBdzHAyMf
>>3429
そもそも武Pの推してたCPや常務帰以前の346バラドル売り自体、テレビアイドル舞台だった時代の残滓みたいな売り方なんだよね。
インターネット普及や趣味趣向の多様化で旧来のテレビ番組の地位が低下したり、テレビ番組内でも急増したお笑い芸人アイドルの競合者となってパイ一気に狭まって、アイドルを発信する仕事がなくなっていく。
それを「346アイドルリブランドと差別化によって、旧来の舞台だった業界に依存せず、マルチメディア時代でも生き残って足場を固めるアイドルを作る」ってクローネの戦略自体はそこまで間違ってはいないんだわな。
武Pのやり方はアイドルの心には寄り添ってるけど近視眼的で業界全体を見た際の戦略や先見性がく、常務のやり方は業界内でのアイドル事業の生存戦略としては有だけどアイドル自体の士気を蔑ろにしているって感じ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3437 ななしのよっしん
2021/08/31(火) 18:32:48 ID: fCDnPQhTe2
アイマス世界アイドル全盛期TVも強いけど
今はストーリーネットも結構絡めてはいるな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3438 ななしのよっしん
2021/09/24(金) 11:08:41 ID: u5jp8R933K
最終回で常務が言っていた、けなかった灰かぶりって自分の事じゃないかな?良いPがいなかったか。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3439 ななしのよっしん
2021/10/01(金) 21:53:07 ID: jlnfQkZjY0
スタマスPVで常務っぽいが聞こえたけどもしや
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3440 ななしのよっしん
2021/10/02(土) 14:35:01 ID: kZAc+H/rW2
シンデレラって社長いない(Pが兼任)からそのポジションとして出てくることはあるかもね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3441 ななしのよっしん
2021/10/13(水) 21:58:08 ID: Fc8DNrd5BK
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3442 ななしのよっしん
2021/10/14(木) 00:41:10 ID: dFQgDagZwd
ベヨネッタに似てる()
👍
高評価
0
👎
低評価
1
3443 ななしのよっしん
2022/01/05(水) 21:38:21 ID: s0QQ7iQtlW
おばちゃま絶対40代後半だよなあ・・・
👍
高評価
1
👎
低評価
1
3444 ななしのよっしん
2023/12/03(日) 03:42:15 ID: Df/M6vCl9k
族経営とはいえ常務なんだから年齢重ねてて当たり前だろ
👍
高評価
0
👎
低評価
1
3445 ななしのよっしん
2024/04/07(日) 17:42:44 ID: azW66z+TU7
ディズニー映画とかに出てくる魔女みたいな貫がある
👍
高評価
0
👎
低評価
0