美城常務単語

ミシロジョウム

美城常務とは、アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」の登場人物である。

タイプ:不明
年齢:不明
誕生日:不明
身長170
体重:不明
3サイズ:不明
血液型:不明
趣味:不明
利き手:不明
出身地:不明
CV田中敦子
「個性を伸ばす、大いに結構だ。 しかし時計の針は待ってくれない。」

概要

 346プロダクション(以下346プロ)の常務取締役で、アイドル事業部統括重役。アイドルにとっては自分達のプロデュースや関連事業をまとめる存在であり、会社員である武内P千川ちひろ今西部長にとっては上になる。常務は現会長であり、苗字から言っても創業出身だと思われる。アイドル事業部統括重役に就任する前は、ニューヨークにある346プロの関連会社に出向していた。

 初登場は第13話(第1期・最終話)の最後の方。この時は346プロ本社ビルの屋上からダイブしつつ光学迷彩を身にまといながらの机に座る遠と、顔の下半分のみの登場であり、名前とハッキリとした姿、そして中の人は分からなかった。本格的に登場するのは第14話(第2期・第1話)以降である。
1期終了時点では961系社長シンデレラの継役、P狙いの大手プロダクション社長等、
人物について黒幕めいた様々な憶測が飛び交っていた。

容姿

 シンデレラガールズの中でもかなりの高身長である高垣楓(171cm)よりも更に高い長身でスラっとした体をしており、気の強さが表れた整った顔立ち・くびれ美脚おっぱいった、典的な妙齢の堪らん女性。長い黒髪アップで束ねている。

 会社の重役と言うこともあってか、今の所は美なは見られない。グレー系のスーツストッキング(ふぅ…)、ハイヒール(ふぅ…)、そしてインナーを着用。インナーは普通ブラウスではなく、谷間が見える(ふぅ…)ものを着用。それにしてアクセサリーはやややかで、小さな飾りのついたネックレスと、エメラルドと思しきの石がついたイヤリングを装着している。

人柄

 性格について端的に述べると。気は強く優秀なようだが、本人も自覚するほど短気で、手法には強引なところも感じられる。部下には厳しい顔も見せるが、彼女なりに気遣っている様子も感じられり、またに評価しようと務めているようだ。帰したその足で346プロに出社していることから、バイリティ溢れるビジネスパーソンであることが伺える。つまりCV田中敦子ということである。

 武内Pに対しては、初対面時に「優秀な人材は大歓迎だ」と好意的な評価を伝えた。恐らく、事前アイドル事業部に関する全ての資料に眼を通していたと思われる。ただ、武内Pネクタイたまたま緩んでいたのを見逃さず、常務は彼のネクタイを自ら締め直し次のように伝えている。

クライアントが最初に会うのは、アイドルではなく君だ。
みだしなみには細心の注意を払うように。

優秀な人材は評価するが、仕事においては常に細やかな注意をめると言うことだろう。待てよ、常務に会う時にこの手を使えば常務がネクタイを…武内Pぃ!おまえやるなぁ!

 このほか、ニュージェネレーションズを名しで「頑りなさい」とをかけている。わざわざ控室に足を運んでまでこのセリフを言うあたり、彼女達に対する期待は高そうである。

 今西部長は常務の部下になるが、彼女に対しては砕けた話し方をしており、逆に常務は部長敬語を使っている。これは二人は彼女が幼い時からの知り合いだからであり、会社の成長過程もこので見てきた。

 346プロ会長、つまり彼女父親になるわけだが、その関係性は不明。今西部長会長への帰挨拶を促した時には「にはメールで知らせてありますから」と返答している。単にドライな性格なのか、それとも何か含むことがあるのか…。

 後述の仕事ぶりやあまりの強引さから、時間には特にうるさく、早急に成果を出すことへの強迫観念が感じられる。一方、武内Pのようなバイリティ溢れる者は楯突く者でも好待遇を与えたり、シンデレラを髣髴させる表現を言葉の端々に使用しているあたり、ワンマン、効率厨と呼ぶにはまた違う印を与えている。

仕事ぶり ~経営者として~

 彼女仕事について考察する前に確認する点が一つ。彼女は「常務」、つまり経営者サイド人間であり、従業員であるプロデューサーとは立場が全く異なる。そして本来アイドル企画を進めるのはプロデューサー仕事。独自に企画を進めたりアイドルプロデュースしようとしたりするなど非常にバイリティ溢れる行動で忘れがちだが、彼女メイン仕事はあくまでプロデューサーや部門の統括である。

 アイドル事業部統括重役として最初に行ったのは、自身の方針を部長や各プロジェクトの担当プロデューサーらに伝えたこと。その内容は、現在プロジェクトを全て解体し白紙に戻すことだった。その理由は「今のやり方では成果が出るのが遅すぎる」から。アイドルを厳選・序列化し、346プロブランド確立させることが狙いのようだが、あまりに突然の、且つ大胆な革によりプロデューサー達はもとより、アイドル達にも大きな衝撃が走った。そのあまりの急な取りに今西部長も「強引すぎやしないか」と苦言を呈したほど。そんな彼女論見は「かつての芸界のようなスター性、別世界のような物語性の確立」。バラエティ路線を縮小し、アーティスト性を高めるという一昔前のアイドルイメージを前面に出した方針だが、多的にに活躍してきたアイドルは当然キャラクターの見直しを迫られることになる。

 しかし、確かにリストラ(Restructuring=再構築)を断行し、「私の厳選した企画に適合したアイドルのみ選出、強化する」とは言うものの、下手にバッサリ人材を切り捨てても346プロを縮小させかねない。 アイドルめる理想はあくまで個人の理想、常務の理想に合わないアイドルであっても個性を蔑ろにする発言はしておらず、その姿勢は17話で色々アレアイドルに対し従業員を通して己の方向性を自ら決めさせるのみに留めたり、18話でKBYD普通仕事をし、幽体離脱フルボッコちゃんはフィギュア化し、仕事を断られても普通に活動させているあたり、アイドルに対しては非常に寛大である。 アレアイドル達も、武内Pに協している形とはいえ、キャラをそのまま通すことを選んでいることからもそれがえる。 一方、23~24話で卯月を「切り捨てろ」と武内Pに進言しているが、何ヵ仕事をあけ、CPやPKに迷惑をかけ、ライブ前日に曇った顔を見せられたら流石に経営者として見過ごせないだろう。「君のきはどこへ行った。」これが卯月に対する常務の評価だろう。

 シンデレラの舞踏会についても個人的な感情は抜きにして、経営者として企画者の武内Pに対し高い評価をしているあたり、成果を挙げれば方向性が明後日の方向に向いてもきちんと評価してくれる。

 社内の様子を見ると、白紙化宣言後こそ慌ただしい様子を見せたものの、20NO MAKEの様子から従業員はテキパキ仕事をしだした模様。「白紙化」とはいうがCPやフルボッコちゃんを見れば分かる通りそのまま続けても構わないのだ。アイドルに話を持ちかける時も手法は強引であれ、強制したことは一度もない。それはアイドルを助けるプロデューサーとて同じこと。武内Pのようにソリが合わなくてもやる気と成果の見込みさえあれば独自に裁量権を与える程。アイドル事業の役はあくまでアイドルなのだ。

仕事ぶり ~プロデューサーとして~

 そんな彼女は統括重役兼常務取締役という立場でありながらプロデュースやる気満々。末恐ろしいバイリティの持ちである。が、やり方が強引ゆえか高垣楓木村夏樹らには仕事を断られる。一応、そこから得た教訓はフェス然りしっかり学んでいる模様。だからといって直々に現場に足を運ぶあたりそのバイリティは尋常じゃない。

 常務の理想を体現した革の玉として、フェスに向け「Project Krone」が始動。やはり常務はCoPのようだ。だがその分宮本フレデリカの浮きっぷりが(ry美しいにはそれに見合うお様。そのプロジェクトに部署の垣根は存在せず、シンデレラプロジェクトも巻き込まれていくことになる。

 武内Pとはアイドルの方向性でっ向から対立しているが、彼の考えを否定する発言は一切していない。「気に入らない」とは言うものの、それは武内Pの方向性に対する個人的な感情であり、その方向性についてポエムバトルを幾度となく繰り広げた。結局行線のまま進むことになったようだが、同時にアイドルがその行線をえられるとポエムバトルの末に感じ取ったようだ。

 経営者とプロデューサーの二足の鞋を履く常務、その仕事ぶりは今西部長に「手腕は本物」と高く評価されている。20NO MAKEから「従業員に仕事をさせる」経営者の仕事が、24話NO MAKEから「アイドルを売り込む」プロデューサー仕事が大きな成果を挙げていることがえる。

1期の346プロ

 その革の手はアイドル部門の範疇に収まらず、会社全体に渡っている。ここまで強引に革を進めなければならない背景ははっきりと描写されたわけではないが、1期を見てみると……

……とまぁ、常務が革に乗り出したくなるのも分かるような描写が散見される。KBYDの様子を見るに、革のあおりを受けて仕事が減ったアイドルもいるが、それは一時的なことでプロデューサーが頑ればすぐに埋められる程度のものだったようだ。武内P以外が沈黙していたのはそういった事情があるかもしれない。

デレステへの登場

リズムゲームアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』(デレステ)では、武内P今西部長とともに、アニメBDDVDの購入特典アイテムとしてまず登場。アニメ9巻に付属する特典コードでもらえるルーアイテム事務所ドア』を設置すると、ルームに美城常務(アニメ本編後の設定らしく、肩書は美専務」)が現れ、タッチすると様々な台詞を喋る。アニメ本編よりは少し柔らかい口調になっている模様。

その後、「絶対特権主張しますっ!イベント以降において、ゲーム本編にまさかの登場を果たし、部下であるプロデューサープレイヤー)に「仕事」としてイベントミッションを依頼してくる。本家アニメ版とは違うパラレル設定である『デレステ』において、特典アイテムを除けば、アニメオリジナルキャラクターが『デレステ本編に登場するのは初めてのことだった。

元々アニメ版の中でもかなり賛否がしいキャラなこともあり、彼女デレステに登場した際は「アニメ世界観をアニメ以外に持ち込むな」「は常務の部下になった覚えはない」といった反発の立った。ただ蓋を開けると、やはり本編後設定ゆえかかなり優しい物になっているほか、登場するたびに詞のように「専務の美だ」と発言するのが、常務と呼ばれ続けることに拗ねているように聞こえること、ミッション達成のたびに「有能すぎるのも困りものだな」とご褒美のジュエルをくれることなどから、「ツンデレ大阪おばちゃん的上」として妙な人気を得ていたりする。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%BE%8E%E5%9F%8E%E5%B8%B8%E5%8B%99

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

美城常務

3403 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 12:31:42 ID: 15va2cz+45
常務の描写増やしすぎても話の本筋から外れるのがな
かといってキャラを弱めるとアイドル武内Pべて立たず、舞台装置としても弱くなる
3404 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 12:47:46 ID: w3N+tPPixN
プロジェクトクローネプロデュースしたことが左じゃないのかな
アニメ内でも視聴者サイドからも悪評は聞かないし
3405 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 21:38:54 ID: kZAc+H/rW2
リアルタイム視聴してた時には「優秀だって言うなら拠見せてみろやおら!」「クローネ」「すみませんでした」「TP」「もう許して」って感じだったからなぁ
疑ってるところに優秀さを見せつけられたよ俺ら
3406 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 21:44:24 ID: RAj7x0j8hB
最終的に「行線」であることが双方にとっていい形に落ち着いたけど
結局のところ「自分の考え方”だけ”が正しいと思ってる人」だから
仮に物語が続いてたらまたひと着起こしそうな人だと思う。
3407 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 23:08:38 ID: B/6KqVtCyt
そうか?自分の考えが正しいという上でそれとっ向やりあえる意見を持っていればモラトリアムを与えるし結果を出せば評価もするからスマートだと思うけどな。
3408 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 04:33:42 ID: w7xbK0gbWM
最終的にはなんだかんだ上手い所に収まったキャラだと思うよ
ただ、過程はもうちょっと上手く描けなかったかなとも思う

憎むべき敵なのかそうでないのか、ってのが割と最後の方まで描かれなかったので、視聴者としてこのキャラにどう接するべきなのかが定まらずモヤモヤしてた
3409 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 04:39:20 ID: B/6KqVtCyt
素直に憎むべき敵としてみてて良かったと思うよ、そこから言ってることに一理あるのでは?よく見たら結果出してたのでは?となってくわけだし。
3410 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 21:59:10 ID: Y6ZOOHrGDi
様みたいなアイドルを推したいというだけじゃ対立する自体にそもそもならず
強引で性急すぎるやり方とかアイドル相手のバッドコミュニケーション乱発とか
信条や理念と特に関係ないところで反発招いててそこに限っては普通に反すべきなのに
「両方とも正しくてどっちかが間違ってるってわけじゃないんですよ」でまとめられちゃうのでモヤモヤが残る
3411 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 21:52:30 ID: sGRK9jlr0i
>>3410
ならしてるぞ
コミュが足りなくてライブの問題が発生して、そして部長摘されてからはちゃんと現場まで視察に来るようになってる
少なくともただ傲慢ではなく、自分を顧みることができる人だよ。デレアニは本当にこういう細かい描写をちゃんとしてる
>>3406
本編後の常務はもうあそこまで性急には事は運ばないと思うよ
25話の常務追うだけでももう自分だけが正解ではないって悟ってるてわかるし
武内Pとの討論で見せたちょっと切なそうな表情といい、ついにライブ会場まで足を運んだ様といい、初登場からみせてた強硬な姿は見る影もない
常務もアイドルやPと同じく大きく変わっていってる
3412 ななしのよっしん
2019/03/07(木) 15:18:47 ID: 8LjexDh95K
確かに私情を挟んだり独断で動く一面はあったが先の人たちが述べてるように学習はするし反論を視せず代案を出すよう促したりある程度正当に人を評価できる度量もある
当初はCP等一方に感情移入しすぎたり先入観に偏りがちだったけど時間が経つにつれて冷静に観れる人も増えたなあと感じる