遊戯王マスターデュエル 単語

25910件

ユウギオウマスターデュエル

3.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

遊戯王マスターデュエルとは、コナミデジタルエンタテインメントが配信しているグロバルタイトルである。
2022年1月19日からSteamCSの専用ストアなどでクライアント事前に配信され、おおよそ17時以降から順次サーバー開放されてサービス開始した。
その後、1月27日日本を含めた一部地域でのAndroid版、iOS版が配信及びサービスを開始し、2月3日に他の多くの地域でのサービスも開始された。

対応CS機:Nintendo Switch/PS4/PS5/Xbox Series X/Xbox Series S/Xbox One
その他対応:Steam/Android/iOS
基本プレイ無料アイテム課金制、クロスプラットフォームデータ共有対応)

概要

遊戯王OCG/TCG」のマスタールールを用いたオンライン対戦が可デジタルカードゲームとして発表された。

「対戦者も観客も楽しめるオンライン遊戯王」をコンセプトとし、グラフィックサウンドなどの演出面がPS5Xbox Sries Xなどの世代のゲーム機準に強化したとのこと。また、デュエルテンポを損なわないようにしているとのこと。

UI面では墓地や除外ゾーンの表示が簡略化しており、画面内の配置についても気を配っているようだ。また、以下のようにデジタルカードゲームならではの利便性も追求している。

ソロモード

特定シナリオに沿って、CPUとのデュエルが行えるモードで、プレイヤー側には構築済みデッキが用意される。もちろんプレイヤーの作ったデッキデュエルすることもことも可

ソロモードではこれまでOCG/TCGで展開されてきたテーマストーリーが初めてゲームに収録される。
テーマごとにゲートと呼ばれるシナリオ群が用意されており、ゲート最初のデュエルにそのテーマデッキチュートリアルが設定されている。
デュエルクリアすることでそのテーマカードメイトといった報酬が得られ、中にはデッキ丸ごと報酬となっているものも。

レンタルデッキの内容はメインチャプターが純テーマに寄った構成なのに対し、分岐チャプターは相手も含めて他テーマとの混成デッキを使用した応用編となっている。

また、「チュートリアル」や「デュエルストラテジー」というゲートも用意されており、総合してチュートリアル要素になっている。

以下は実装されているストーリーと収録されるテーマ。(太字はテーマの記事があるもの
勇者伝説」は複数のゲートが存在し、シナリオの流れも専用のものになっている。更に「勇者伝説」の分岐チャプターには物語上の敵として登場したテーマベースレンタルデッキを使用できるチャプターも存在する。(シナリオ追加最終更新日2024/4/2

カードの入手

上記のソロモードシナリオクリアするとそのシナリオで使ったカードテーマデッキを元にしたデッキを入手することが出来る。ただし、テーマデッキは全く同じデッキではなく収録カードに変化があり、軸が変わっていたりするようだ。

パックによる開封でもカードが入手可で、それに使うジェムミッション進行やソロモードランクマッチ報酬などで入手出来る。
パックは初期にあるものは闇鍋とも言える状態だが、そこからSR以上を引いたり該当のSR以上のカードを生成することで、そのカードの属しているテーマの関連カードピックアップに入るシークレットパックが24時間限定で開放され、そこにジェムをつぎ込むことでテーマカードえやすくなっている。開放中に再度開放のフラグを立てると、開放されている時間が延長される。
ただしシークレットパックの存在しないカードもある。
なお、生成によってシークレットパックが出現した場合に限り、そのパックは1度だけ1パック無料で購入できる。

現状1パック8枚入りと多めで、SRURの出現率もそれほど低くはなく、10連でSR確定、URがなかった場合、20連でURが確定とい段階で高レアリティを多く集められるようにもなっている。

近年のDCGには標準搭載の「分解/生成」機にも対応しており不要なカード分解して任意のカードを生成できる。ただし、同名のカードでもソロモード攻略報酬やストラクチャデッキの購入等、生成以外の方法で確定入手したカード及びレガシーパックからの排出カードは、レアリティや加工に関わらずサービス開始時点では分解不可能となっている。
カードを「分解」するとレアリティごとのポイントが増加し、それを消費して任意のカードを「生成」することができる。基本レートは3枚分解で1枚生成だが、シャインロイヤル加工を分解する場合はポイントが増える。

リミットレギュレーション

スタンダードレギレーションでは現在遊戯王OCGTCG・両方を合わせた世界大会とも違うものが使われている。
初期の頃は少し前の環境遊戯王OCGベースにしていたが、訂を重ねるうちにOCGでは制限のカード規制となり、逆にOCG規制カードも緩和するようになった。
訂頻度も3かに1度だったのが、1ペースで実施するようになり環境の変化に応じて適度に規制・緩和を繰り返すようになっている。

アンリテッドデュエル」では禁止カードも3枚まで使用可。但し、サービス開始時点での禁止カードは《強欲な壺》《天使の施し》のように生成可カードもあれば、《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》のように生成不可能カードも存在する。

他にも「エクシーズフェス」や「シンクロフェス」など独自のリミットレギュレーションを用いた大会も開催されており、イベント終了後もルーム対戦などでプレイとなっている。

メイト

マスターデュエルにおける、ペット要素のようなもので、設定することで自分のデュエルフィールドの横に配置できる。
メイトには基本的にOCGモンスターカード3Dモデル化したものが用いられている。しかしただのダーツ盤、インラインスケート靴などよく分からない物体も多い。
中にはデュエル中に特定の条件を満たすと姿が変わる特殊なメイトデラックスメイト」も存在する。

関連動画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/21(日) 16:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP