今注目のニュース
地下室にある12の物のうち、最初に注目した物であなたに潜んでいる悩みや思いをあぶりだす心理テスト
我が子がADHDと診断され、自分もADHDであることがわかった母親(オーストラリア)
地元人も「さっぱり意味がわからない」 東北地方に伝わる謎の踊り「ナニャドヤラ」とは

電脳戦機バーチャロン・オフィシャルストーリー#2.42『one-man rescue』単語

デンノウセンキバーチャロンオフィシャルストーリーワンマンレスキュー

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

電脳戦機バーチャロン・オフィシャルストーリー#2.42『One-Man Rescue』とは、かつてホビージャパンで連載されていた小説である。

概要

S.H.B.V.D.に所属するミミー・サルペンを中心にV.C.a02年にテラ・アウストラリスインコグニタ(T.A.I. かつてのオーストラリア)で行われた限定戦争を描いたものである。
長らく書籍化されていなかったが、全面的に書き直して同人誌として出版することがホビージャパン2012年9月号で発表され、コミックマーケット82で第1話が頒布された。

登場人物

ミミー・サルペン准尉
本作の主人公シリーズを通しての苦労人で、特技は貧乏くじを引くこと。
兵士としては優秀だが、腕っこきの同僚にリスク感知と交渉皆無と評されるほど政治センス絶望的で、情報漏えい(垂れ流しレベル)を捕虜に摘されるまで気づかないなど将校としてのは低い。

ダッシュプロンガー曹長
ヒルでシニカルなスタンスを身上とする仕事人。操縦センスや戦術眼が高いだけでなく、兵站業務や部隊内経理、コメディリリーフ黒幕までこなすこの作品にはくてはならない陰の役。

ピエゾ・バイモルフ曹長
S.H.B.V.D.所属の天才パイロット(自称)だが、現在は理想の機体の開発のため第5プラントに出向中。
かなりの女好きでプラント内に少なくとも3人の親しい女性が確認されている。

リットー大尉
1話冒頭で死亡。しかし、彼の魂を受け継いだライデン205号機はパイロットを変えながら活躍する。

ステフォン・アイボリー軍曹
戦死したリットー大尉に代わり205号機を操縦する、奢な体に磁の肌を持つ16歳パイロット
精密さを身上とする戦闘スタイルなのだが、それゆえにゴリ押しスタイル205号機との相性は悪く、扱いに苦労している。

イッシー・ハッター軍曹
欠員を補充するために第6戦闘VR大隊からヘッドハンティングされる。
着任時の挨拶では軍人口調で話すキャラの定まっていない初々しい彼の姿を見ることができる。

クレッグ・ブラ軍曹トレバーカント軍曹
ベテランパイロット

ヤズー・モリヤ曹長/ドン・オーゼック中尉
S.H.B.V.D.に所属する漫才コンビ技官。ライデン良や整備、装備の開発を行う。

Dr.ジャンダンツェン大尉
第6戦闘VR大隊大隊長DNAの将校では一酷いことをしてないいい人。

ロイド・ボイド大尉
第14支援VR大隊大隊長サラリーマン然とした将校。

ミクリア・ナイス大尉
集成VR連隊所属広報官。テンションが高く台詞に「!」がよくつく。

三日月鹿之助上級曹長
第一種資格を持つRNAの特S級下士官。
RNAを戦争に参加させる説得をする、戦争を買収可なコネを持つ、シャドウを手配できるなどの階級不相応な影を持つが、発言もRNAを三人称の意味でしか使っていないなど不自然な点がある。
OMR関係者の座談会では、ほとんどのスタッフ禿頭(とくとう)設定を忘れられていた。

登場機体

S.H.B.V.D.

HBV-05-F8S ミミー・サルペン准尉専用ライデン(8は一回り小さい文字)

207号機。サルペン小隊揮権を持つためOSが相応のものにグレードアップされており頭部の形状も一般機と異なる(S.H.B.V.D.所属機で機体ナンバーの3桁の数字が2の物は指揮官用機)。
本気では標準装備のバズーカランチャーではなくビーム系のフラットランチャーに換装することで武装を学系に統一し、FCSの効率化を図っている。

 D.B.L.-11Mk.4 フラットランチャー
サルペン機の手持ち武装。バイモルフからのプレゼントで発言内容からおそらく第5プラント製。基本性は優秀だがFCSの効率化を的に換装したのに相性が今一つ。
第3世代のライデン512E1系列にも同系統のものが採用されている。
シュタイン・ボックに基部が似た形状のランチャーが有るが、関連性は不明。

 一般攻撃モード
ライデンに共通のオプションだが、劇中で使用したのがサルペンのみの為ここで記述する。
機体の全出レーザー照射に充てるモードで、強な攻撃が可な分ライデン単体では一度に一回しか使用できない非常にリスキーな攻撃オプション
VRモードと対になっていることから、おそらく本来の対艦レーザーとしての出で照射しているものと思われる。
劇中では2度使用され、1度アファームドDを一撃で4機爆散させ、2度では地上から人工衛星狙撃して撃墜した。この狙撃イメージが湧かない方はAKIRASOLによる攻撃を地逆にしたものと言えばさ加減がお分かりいただけるだろうか。
2世ライデンレーザーに一般設定モードが有るが、VR用に最適化されて開発されたレーザーユニットの上ドルドレイダメージを与えられなかったため関連性は不明である。

HBV-05-E/k2 ダッシュ・プロンガー曹長専用ライデン

189号機。ブラックベースにアクセントにシルバーが入る仕事人らしい渋いカラーリングの機体。
装甲材質の変更により軽量化が進められており、通常タイプライデンして桁違いの運動性を有する。
武装はおおむねノーマル仕様だがFCSのカスタマイズが進んでいる為、射撃制度が非常に高い。

HBV-05-SR4 元リットー大尉専用ライデン

205号機。火力の強化に重点を置いたチューニングがされ、それに伴う重量増加を補って余りあるパワーも兼備している為決して鈍重ではないが、一本調子で融通のきかない機動特性の為重火力に訴えたゴリ押し戦法に適した機体。
人徳かが合ったのか、整備の技術将校により外連味あふれる専用のオプション装備が多数開発されており、中にはゲームには実装不可能アレな装備もある。

 CGS-9009 チェーンガン・システ ムダムド9009
ライデンの身の丈ほどあるガトリングガン。名前と矛盾しそうな見ただが命名の由来や構造上ガトリングガンでかつチェーンガンは可

 リットー・スペシャル#3バトルアックスデスギガント
全長20メートルえるブースター付大戦。オーゼック中尉が心血を注いで鍛え上げた自信作で、生前の大尉も使うのを楽しみにしていた模様。
機体の修理中に敵襲を受け、FCSしでも使用可な装備と聞いて期待していたアイボリー軍曹の顔を曇らせた逸品。
冗談みたいな装備だが、威馬鹿げていて重装甲で知られるドルカスを一振りで2機撃破し、さらに重装甲なi-ドルカスも縦に一両断している。
ちなみに205号機はこの装備を「片手」で運用している。

 リットー・スペシャル#7『ボルトゴッチ
オーゼック中尉がリットー大尉追悼の念を込めて鍛え上げた入魂の一作のスパイク付のシールド
有り余るパワーで武装の融通が利いた205号機だが、装甲は並みであったため攻守のバランスが悪くそれを補う為に開発される。
これにより205号機は右手デスギガント左手ボルトゴッチ接近戦仕様になったわけだが、このタイミングあの人が専任パイロットに着任したのはの采配と言えよう。

XBV/DD-05/02 試型雷電

DNAサイド初の第2世VRにして、史上初の第2世戦闘VR
量産型HBV-502-Hとの違いは両手にバズーカを持っていることと、夕焼けを背にが飛んでいる優美な塗装
初陣で単機で連隊規模の第2世アファームドを撃破し、その圧倒的な戦闘力を見せつける。
余り知られていないが、史上初めて定位リバースコンバートで戦場に投入されたVRでもある。(実用化はまだしておらず、0.01%以下の成功率のまま強行した。)

DNA

SAV-07-3M/6 ベルグドル

詳細はリンク参照。OMRに登場する機体は第3プラント「ムーニー・バレー」で量産された簡易生産で、足回りを中心に多少の修が試みられたが本機の欠陥は基本設計に根差したものなので飛躍的に良化することはかった。

SA-07-Q  ベルメイト

練習機体として複座化したベルグドルベースに、装甲、アビオニクス関係を強化したタイプベルグドルより操作性等に信頼性が高かったため急きょ「ベルメイト」という別名称が付与、正式採用される。
開発した第3プラントもあくまで「つなぎ」として実用化したので性的には見るべきものはい。
ベルグドルべて多少打たれ強くなったものの、複座であることに起因する操作の煩雑さから決して扱いやすくはない機体。用途の為の複座だったのだから当たり前である。
外見はセンサーの追加でベルグドルより顔が体に埋まった印で、VOK系列に近づいた印だがスケルトンシステムは採用されていない。また見かけによらず頭部が軽量化されており、ベルグドルよりも操安性が向上している。

MBV-04-10/80 テン・エイティ

第8プラント「フレッシュ・リフォー」が第3プラント「ムーニー・バレー」にライセンスを貸与して開発、生産させたOEM版であり簡易生産テムジン
基本設計はテムジンを踏襲しているものの、各所で強引なコストダウンが行われており全体的な性オリジナルして見劣りするが、製造原価がベルグドル並みに抑えられた為V.C.a2年以降機種として大量に導入された。

 C.G.S. type1/c
テムジン力武装のM.P.B.L.-7の身を短くしたような外観でビームブレードの形成機もちゃんと保有している。

 M.P.B.L.-7mk.2-d/9/88
テムジンが装備しているM.P.B.L.-7の過去バージョンであり長大な身を持つがビームブレードの形成機い。

 

RNA

RVR-30 アファームド・ジ・アタッカー

所謂「第2世VR」と呼ばれるようになった最初の機体。
高速機動中の機体姿勢制御技術に関する進歩が著しい。 また、きわめて汎用性に富んだ機体構造とFCS用のOSを持ち、系統の異なる火器や武装を装備・運用可だった。それは単にマニピュレーターの武装の持ち替えに留まらず、機体フレーム数カ所にハードポイントを設けることによって更なる発展性を保していた。

 AVRL-38 オークニー・ランチャー
所謂バズーカ

 形式番号不明 ダキアス・ガンシステム
アファームド・ザ・バトラーに採用されているものと同一のものと思われるサブマシンガン

 PKFK-2/4 プレシジョンナイフ
左手首のハードポイントに接続されているバタフライナイフ。使用時は展開して、左手に持って使用する。

RVR-12 アファームド・ザ・コマンダー

指揮官VRとして開発され、OSの充実・各種装備の特殊化が施された。
センサーブロックが追加され、頭部形状が他のバリエーション機と異なる。

 TDFT-4/4c ターミナスマチェット
C最大の特徴で、近接戦闘時に絶大な戦闘力を誇った。

RVR-32 アファームド・ザ・ディスラプター

2世アファームド系列最重装タイプ火力支援として開発され、両手にボックスランチャーを一基ずつ、両肩にユニットガン計二門を搭載している。
DNA側が旧VRとしていた頃は各戦線で多用されていたが、次第に第2世機種を導入するようになると重装備に由来する機動性の低下が問題になり、その役割をSに譲り第一線から姿を消していくことになる。

RVR-33  アファームド・ザ・ストライカー

リンク先参照

RVR-21 アファームド・ザ・リベンジャー

第1世代VRであるMBV-09をフルチューンした機体。
RNAでは第2世アファームド系列の開発以前にMBV-09をベースにして様々な修案や新機構を試験的に導入、綿密な実働テストを行っており、これらのテスト用機体は訓練ないし更なる実験用に回されやがて棄されていった。
元よりRNAでは旧式機体を実戦投入する気はなかったのだが、第8プラントのテコ入れによる圧倒的な物量に支えられたDNAに対してしばしば苦汁を飲まされた。このため旧式化していた機体を急きょサルベージ、再調整して導入することとなる。
総合的に見て本機は第2世の諸機体には及ばないが、V.C.a2年当時ならトンファーによる近接戦は充分強で、加速性体として強化された機動性もそれなりの評価があった。
近接戦による決着に価値を見出していたRNAではV.C.a3年のアファームド・ザ・バトラーの出現まで、敢えて本機の使用にこだわるパイロットも少なくなかった。

RVR-64 i-ドルカス

HBV-10ドルカスベースにRNAが新規仕様を組み込んだ現地修機体。装甲の強化が著しく、10/80レベルの機体の標準火器では近距離でも有効なダメージを与えることができない。
両腕の武装は作戦的によって変更できる仕様となっており、サンドサイズ戦役ではトンネルの掘削による奇襲作戦の為に左腕部をシャベルクローアームに換装したものが確認されている。右腕部も変更されており外見は当機のコンセプトを発展的継承をしたドルカスと同一のものとなっている。

RNAが本来DNAが保有しているドルカスをどのようなルートで手に入れたのか現時点では不明。
ちなみにサルペンは 、戦再編時にドルカスなら数さええばRNAに対して何とかなるかもしれないと踏んでいたのだが、

O.M.G.時にサルペンが所属している特戦隊1個中隊がドルカスとする1個師団を壊滅させる→DNA上層部「ドルカス雑魚過ぎ、いらなくね?」→O.M.G.以降追加発注なしで在庫切れ→現在(V.C.a02年)に至る

の時を越えた貧乏くじコンボを披露している。

YZR-540 SH バイパー540 SH

バイパー540 SH は第6プラント「サッチェル・マウス」開発主任アイザーマン博士バイパー系列をテストベッドに行った、VR航空機への変形機構を導入して遠隔地からの速な戦線投入の可な新機体の開発計画の初期の部類に属する機体。
本機は出撃時には飛行ユニットを装着したプロト・スラッシャーと呼ばれる形態で運用され、対VR戦闘時には飛行ユニット棄してVR形態に移行する。
このため一度VR形態に移行すると自で飛行形態に移行できず、運用上の限界を生み出していた為個々の形態では準以上のであったにもかかわらず正式採用は見送られた。
ちなみに本機は第8プラント「フレッシュ・リフォー」によるVR開発禁止が布告される以前に開発されたものである。

その他

SDK/04 テムジン「四之影」[ザ・シャドウ所属機]

本機が所属する「シャドウ」とはかつて0プラントに所属していたVR用部隊を体にしており、V-クリスタルとの交感精度の高い優秀な人材を集中管理することが当初の的だったと考えられている。0プラント解体後も地下に潜伏し、存続し、影を維持していく。特に「影」と呼ばれる塗りのVR撃例には枚挙にいとまく、何らかの的にのっとった活動をしていることは明らかである。
サンドサイズ戦役で確認された「四之影」はテムジンベースの機体であったが、だからと言って例えば「之影」がテムジンベースかと言えば決してそう言う事はく、「影」VRは機種が限定されていない。

「影」VRは専属パイロット用にピーキーチューニングが施されており、V-コンバーターも良質なV-クリスタルをふんだんに使ったカスタムメイドのものである。そのため「影」VRベース機体と別物と言っていいほどのパフォーマンスを発揮し、専属パイロットが搭乗して全にその実を発揮している状態を特に区別して「影騎士」と呼ぶことさえある。
サンドサイズ戦役で確認された「四之影」は専属パイロットが搭乗せず、M.S.B.S.ver.3による遠隔制御であり本来よりはるかに低いパフォーマンスしか得られていなかったのだが、それでも第2世アファームド8機を殺した。

情報不足で実態が不明な組織」「同時代の物と異次元レベル戦闘VR部隊を保持」「企業紛争関連の事的としていない」等のちの時代の檀艦隊との共通点がいくつか挙げられるが関連性は不明。
檀艦隊が討伐対としていたシャドウと同名であり、外見上の特徴も似通っているが前述の通り全に人の制御下にあるので同一のものではない。が、関係であるという拠もない。

関連商品

 

 

 

関連項目

電脳戦機バーチャロン

電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム

イッシー・ハッター軍曹

バーチャロイド

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2013/02/19(火) 10:43:32 ID: pfecBvfcw+

    「まさにone-man rescueって天才!」
    最終的にバイモルフが試作雷電で全部持ってくんだよなw

  • 4ななしのよっしん

    2016/03/02(水) 23:11:47 ID: 5EdqP0GXNo

    なぜ作ったし・・・

    作成乙です。Rebootの方は4巻(4年め)なれど、未だホビージャパンの連載2回の内容に到達していないけど末永く見守るべし。

  • 5ななしのよっしん

    2018/02/19(月) 15:39:29 ID: XAGzj0gpH/

    ひょっとして、禁書VOの特典に収録されてるのって全文だったりする?

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP