今注目のニュース
やっちゃった! 社用車で交通事故…会社は「賠償は全部自分で」と非情な通告
小学6年生がレゴで作った力作「からくり箱」に反響 「これはすごい!」「天才では……?」
エアコンプレッサーで遊んでいた6歳児 友人に体内へ空気注入され死亡(印)

CIWS単語

シウス

掲示板をみる(63)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

CIWS(Close In Weapon System、シウス/シーウス)とは、対艦ミサイル軸となる現代水上艦艇における最終的な個艦防御システムの総称。ここではCIWSの説明と共に代表的なCIWSについても簡単にふれる。

尚、細かいようだがCIWSのCloseは「クロー」ではなく「クロー」と発音する。クローズだと「閉じる」という意味の動詞だが、クロースと発音すると「近い、接近した」といった意味の形容詞になるためで、近接防御火器システムなどとも訳されるCIWSでは「クロース」と発音する方が正しいのである。

概要

対艦ミサイルなどの攻撃兵器に対して艦隊および個艦防御の段取りは各システムの違いはあれど、概ね以下の手順で行われる。論脅威下においては発射機・母艦を攻撃前に化するのが最善ではある。

  1. ECM(電子妨)・チャフ・フレア煙幕などのソフトキルを行う(あるいは以下のどこかで行う)
  2. 艦隊防を担当する長距離対空ミサイル(スタンダードミサイルなど)で迎撃
  3. 個艦防御を担当する中距離対空ミサイル(シースパローESSMなど)で迎撃
  4. 個艦に搭載された速射(127mmやOTOメララの76mmスーパーラピッドなど)から打ち出す調整破片弾

ときて、上記の対抗処置でもダメな場合の最終手段としてCIWSで迎撃するという手順である。

CIWSの基本コンセプト20mm~30mmクラス機関による弾幕で接近するミサイル物理的に化するというのものなので、有効射程は数km程度とごく短距離になっており、これが動き出したとすれば個艦防御の最終局面で、ミサイルはもう直前(着弾まで数)まで迫っている危険な状態であるといえる。

CIWSは上記のような緊急時に使うため、基本的に捜索・追尾・照準用のレーダーや電子学機器等を含めた(完結した)ユニットとなっている。これは艦の防システムから独立して対防御を行えるようにしているためでもある。通常のフリゲートクラスでは艦の前後、大艦では舷側に二基など、全周をまかなえる配置となっているので艦船の映像写真など見る機会があれば見てみるといいだろう。

…ただし昨今の対艦ミサイルは大化・高速化しているため、20mmや30mmではミサイル弾頭を破壊し全に化するまでに至らない、あるいはそもそも命中しないのではないか? とその有効性が若干疑問視されているのも事実ではあるが、あまり規模を大きくすると通常装備などが乗せづらいなど様々な問題が生じるため(後述するゴールキーパーはあまりにシステムが大きすぎて搭載されている艦が少ない)、RAM対空ミサイルシステムを搭載する艦艇もふえてきている。

おフランスドイツイタリアの艦艇はオートメララの76mmでCIWSの領域まで防御させる。76mmなら近接信管による榴弾の破片と爆発でも対艦ミサイルの迎撃に効果が期待されるからである(20mmや30mmの榴弾ではさすがに効果が期待できない)。

代表的なCIWS

Mk.15 ファランクス

護衛艦「ちょうかい」のCIWSアメリカレイオン社が開発したCIWS。もっぱらCIWSといえばこちらを想像する人が多いだろう。

1969年に開発を開始、1980年に実用化された。捜索用アンテナと追尾用アンテナを同軸に上下配置したレーダー20ミリ6連ガトリングドラム給弾機構を電動油圧3軸架台に装着、下部に電子機器、レーダー送信部、循環式冷却装置を備えた独立システムとして上甲装する。block0はシースキマー対艦ミサイルを対に開発されたが、スカイダイビング対艦ミサイルが出現したため、頂捜索を備えたブロック1が開発され1980年代末期より運用されている。block1では発射速度3000発/分から4500発/分に増加している。[1]

システムの性格上、おそらくIFFは搭載されていないので味方の航空機が近づいても問答用で発することになる。実際演習中にA-6を撃墜する事故を起こしている。

block1以降は弾倉が1500発に拡されている。Block1Aは火器管制システム更新。そしてBlock1Bは更に電子装備の更新を図った上で、身を延長。同時に重弾芯徹甲弾の使用が可となっている。また、赤外線映像センサーも追加装備された。海上自衛隊では護衛艦ひゅうが」「あたご」「あしがら」「きりしま」「さざなみ」などが、1Bモデルを搭載している。

逆に「いずも」「あきづき」など新鋭艦はあえてBlock1A、較的古いものを採用している。この点は予算不足による限界であると同時に、近年、護衛艦搭載CIWSの近代バックフィット進捗中であり、まずはその護衛艦コンセプトに必要な要素を優先したためとされている。

メリットはそのコンパクトさで艦にあまり影を及ぼさない作りになっているのだが、いかんせん20mmでは有効射程が短いこと、高速化する傾向にある対艦ミサイルに対して弾頭破壊まで至らないのではないか(破壊しても艦に近ければ損も発生する)というわけで、ファランクスでは防御が足りないのではないかという懸念が付きまとっている。

ただ、20mmというちょうど手ごろな攻撃もあってか、最新のBlock1Bでは手動制御も可にして水上標(自爆艇など)やUAVなどの小標も追尾、破壊できるようになった。これは駆逐艦コールに対する小自爆テロなどの教訓から上におけるチーキル安価な小艇や小航空機無人機などによる非対称攻撃)対策や、海賊など非軍事標への対処の向上が進められていることが背景にある。

またこのファランクスの地上ともいえるLPWS(Land-based Phalanx Weapon System)も開発され、トレーラーなどに積載して運用するスタイルとなっており、イラクで実際にテスト運用されているとか。

ゴールキーパー

オランダシグナール社(現フランスタレスグループ)が開発したCIWSで、A-10攻撃機にも搭載されているGAU-8アヴェンジャー30mmガトリング砲を搭載。破壊もあるがいかんせん高価でシステム規模も大きく、最初から搭載を考えた設計にしないと艦重心位置などに影を及ぼすためか、搭載している艦艇はあまり多くない。

RIM-116 RAM

ローリングエアフレームミサイルの略でRAM機関の代わりに小ミサイルを用いることで迎撃率と連続対処の向上を図るために開発された。

機関形式のCIWSでは上述の通り威や命中精度に限界があり、加えて即応弾薬を数十で撃ちつくしてしまうと言う問題があった。2-3発のミサイルを迎撃するたびに甲に出て人力で再装填しているようでは対艦ミサイルの連続攻撃に対応出来ないし、かといってシステム自体を際限なく大化することにも限界があるため、小の多連装ミサイルによる迎撃を行うことが構想される。これがRAMである。

RAMサイドワインダーの弾体とスティンガー赤外線シーカー(追尾装置)を転用し、安価で軽量なシステムに仕上げられている。ミサイル弾体を飛行中に回転させることで飛行制御とシーカーによる捜索を行う構造になっており、これがローリングエアフレームの名称の由来である。

現行モデルBlock1においては、発射から最終誘導までの全行程を赤外線誘導によって行うモードと、中間誘導をパッシブ方式(敵ミサイルの発する誘導電波を受信して発信に誘導)で行ったのち終末誘導を赤外線誘導に切り替える(RF/IRモードを選択可である。

射程距離も9~10kmと、ファランクス(同約1.5km)の6倍以上とされており、より遠距離での迎撃が可となった。これによって敵ミサイルの撃墜時、高速で飛散した破片により艦のレーダーセンサーなどが損傷するリスクを抑える事が出来るとしている。

製造元であるレイオン社によるテストでは、これまで300回以上の発射で95の成功率を叩き出しているらしい。

ただし、RAMは終端誘導を赤外線シーカーによって行う関係上、連続発射すると先に発射したミサイルの発射炎がフレアのように作用してシーカーを妨してしまい、命中精度が低下するのではないかと言う懸念が一部にある。また、機関CIWSのように対地・対水上攻撃に転用しづらいというデメリットもある。

上記デメリットすべく、赤外線画像追尾方式や新誘導電波(ERF)レシーバー、強化ロケットモーターを導入、機動性・射程距離などの各性を大幅に向上させたBlock2が開発された。 米海軍においは2014年内から、共同開発ドイツ軍でも間もなく初期運用が開始される予定となっている。

また、一部の式は対水上標にも対応出来るようになった(HASモード)。

現在ではファランクスFCSと11連装発射装置を組み合わせた「SeaRAM」という、よりコンパクトが開発されている。 このシステム海上自衛隊では、「ひゅうが」に続く「いずも型護衛艦」(19500トンDDH)において初めて搭載された。 いずも型護衛艦も最新Block2を搭載しているものと思われる。

(実は「あぶくま護衛艦」にも装備される計画があり、と艦の間に必要なスペースが確保してあったりする・・・。)

AK-630

ソビエトで開発された30ミリ機関を使用するCIWSで、ファランクス肩される旧東側におけるデ・ファクトスタンダード。射撃レーダー座そのものを分離して配置する方式になっており、1基の射撃レーダーで2基の座を管制する。

人民解放軍では独自のステルス性を考慮したシールドつきのタイプを使用している。

730型

中国人民解放軍のオリジナルCIWS。730㎜ガトリングガン台にレーダーセンサーを積んでいるがスタンドアロンというわけではなく搭載艦のレーダー支援が必要とのこと。

広州級駆逐艦など大艦の標準装備であるが問題はお値段で、上記AK-630の2倍弱なんだとか。

1130型

上記730……、なのだが1130㎜ガトリングガン、ばら撒ける弾は分間10000発をする化け物空母遼寧』に初めて搭載されたが、ガトリングガンの発射限界は分間6000発という説があり性については疑問視されていた。しかし1130は次期駆逐艦である055型駆逐艦や昆明級駆逐艦の後期に搭載されることが決定しており問題はないようである。

HQ‐10

ざっくり言えば中国RAM。面いのはミサイルランチャーの種類で、24発入り(蘭州級駆逐艦で採用)18発(遼寧で採用)8発(056型コルベットで採用)4発(現在採用艦はなし)と四種類もあり艦艇によって使い分けている。基本的にはファランクスRAM の関係と同じく7301130コンビで運用するが、056のようにHQ-10のみ搭載するケースもある。

CADS-N-1

ロシア製CIWS。30mm機関を連装で搭載し、それぞれの上部に4基ずつのSA-N-11対空ミサイルを装備したガン/ミサイル複合式の大CIWS。システム名称はコールチク、輸出名称カシュタン。ソビエト/ロシア陸軍で運用されているツングースカ自走対と似た構成をとっている。

ミサイル機関を両方装備することで対処の向上を図っているが、システム自体が大で高コストなものとなってしまっている。

ミレニアム

笑顔の絶えない職場ではない。スイス・エリコン社製CIWS。35リボルバーキャノンを採用。重いことがネタにされるゴールキーパーよりさらに重く、デンマークアプサロン級アイバー・ヒュイトフェルト級のほかはベネズエラ軍の警備船のに使われているぐらいである。ちなみにレーダーとかはなく索敵・追尾は搭載艦のレーダーに頼る。

メロカ

スペイン営イサル造船製CIWS。エリコKA20機関[2]を横六列縦二段、計12門を束ねて順番に発射させるという珍兵器。しかし機関部が壊れたらそこまでというガトリングガンと違い、1門ジャムっても残り11門が撃てるので馬鹿にできたものではない。

関連動画

関連静画

MMDモデル

関連項目

脚注

  1. *「各のCIWSラインアップ木下郁也 世界の艦船1991年11月
  2. *零戦に積まれていた20機関銃と共通のご先祖様(エリコFF20㎜機関)を持つ。

掲示板

  • 62ななしのよっしん

    2018/12/14(金) 08:32:19 ID: r9wJ05ZY0o

    ファランクスって、10個とか20個並べたら、隙間なく段幕張れるんじゃないの?
    ファランクス1つだと、飽和攻撃されたら、艦が大破するんじゃないの?
    今の戦闘では段幕はそほど必要じゃないのか?

  • 63ななしのよっしん

    2018/12/14(金) 08:49:48 ID: Wg5B3Bfsgu

    これ凄く重いし値段高いんだろ?そんなの沢山載せられないだろう・・・。

  • 64ななしのよっしん

    2018/12/14(金) 12:17:51 ID: PS7JiVIeOq

    艦艇の防御対策はチャフやフレア、ECMといったソフトなものと直接破壊のハードなものからなるが、
    後者は艦隊防ミサイルという広範囲カバーする物と個艦防ミサイルというそれよりは射程の短いもので対応して、
    それらで対処できなかった時に最後の砦としてCIWSがあるわけで土壇場で弾幕るためにリソース割くくらいなら他にリソース割く(イージス艦)し、
    CIWSで複数対応させたいならRAM置けばいい

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP