編集  

シャントット単語

シャントット

シャントットとは、
現時点(冒険者が活躍する時代、884年現在において)のヴァナ・ディール最強黒魔道士
アルファベット表記は『Shantotto』。

「あら!わたくしブチ切れますわよ。」

概要ですわよ!

FF11に登場するNPCの一人。
魔法国家ウィンダス連邦の名門一家出身のエリートにして、ウィンダス戦闘魔導団」を擁する『口の院』の元、院長(つまり元連邦総司令官)。バリバリの元軍人である。

現在ウィンダス連邦政府・元老院議員首席(ほぼウィンダスno.2に相当)の地位にあり、時には最高軍事責任者として外交会議に出席する姿も見られる。

ウィンダスのある新聞記者く「気位はユタンガ火山より高く、気性はグスタベルグ山脈よりも荒削り。」即ちとても偉そうで、とてもとてもキレやすい。
口調こそ「わたくし」「ですわよ」など上品な貴婦人ではあるが、そのエキセントリックな言動には枚挙に暇がく、たわむれに研究中だった呪いをかける、しかもその罪を傍にいた冒険者(プレイヤー)になすりつける、世界の果てまでお使いに行かせられる、断ったら「へっぽこ君」呼ばわりされる、しまいにゃブチ切れて「今のはフレアではない、ファイアだ…」とかやりだす等など。変わり者いのウィンダスNPCの中でも(いい年して)問題児である。

性質の悪いことに魔法だけでなく、棍術も達人クラスで、ウィンダス魔道士を鍛え上げる為に『魔道士の、魔道士による、魔道士の為の、魔法を禁止した格闘大会』を計画立案して、魔道士達を恐怖のずんどこに叩き落した事もある。

こうした言動の数々から、一部の冒険者からは、ガンダムのとある台詞によるあだ名をもじって、「連邦の黒い悪魔」と呼ばれている。

……とはいえそのは極めて優秀、有能であり、けいさんしたらのろいころされるぞ年前のクリスタル大戦では、軍の頭に立って大戦果を上げた他、現在に起こる様々な問題に対しても高い知を持って対応しており、ウィンダスと言う国家においてくてはならない人材の一人であることは間違いない。

……戦争が起こるまでは色々(院長暗殺未遂とか)やりすぎて外追放処分食らっていたんだけどね、この人。

こんなお方であるが、FFXIに登場するNPCの中では格別に『手』な人物である事は間違いなく、内外問わず高い人気を持つ名物NPCの一人である。FFXIを代表するキャラクターの一人、といっても間違いはないだろう。

チャームポイントは、首をそらせて笑う仕。専用モーションである。

さらに詳しくは外部リンク参照のこと。

最強たる所以

とは言え、シャントット博士と直接戦闘する、もしくはシャントット博士と共に戦うような場面は一介の冒険者(プレイヤー)にはく、そのは言動から推測するばかりであった。

一応、冒険者が共闘する機会があるのは、彼女の一番子である現・口の院長アジドマルジド。このアジドがかなり強戦闘力を持った黒魔道士であったため、それ以上、と言う推測は期からされていた。他に強黒魔道士NPCが存在していなかった事から、シャントット最強クラス黒魔道士であるというのは疑いの事実であった。

が、追加ディスクアトルガンの秘宝』において、シャントット……にどう見てもそっくりな人物と共闘する場面が登場。通常は一般の黒魔道士でも極めれば使いこなせる高位魔法(通称古代II系)を放って500ダメージ、とかやっているのだが、一定ダメージを受ける事でついに『ブチ切れ』、最下級魔法(通称精霊I系)のファイア2000ダメージ等と言う論外な戦闘力を見せ付けた。まさに「今のはフレアではない、ファイアだ……」と言うレベルである。

(ちなみに冒険者(プレイヤー)の場合、最高lvの極まった黒魔導士が装備やアビリティなどでいっぱい強化していたとしても、最上魔法であるフレアIIなど通称古代II系で700~1000ダメージ、最下位魔法であるファイアなど精霊I系では60~80ダメージ限界である。単純計算ではあるが、ブチ切れたときのシャントットプレイヤーの優に200倍以上のダメージを与えていることになる。一般の冒険者がこの火力を出そうと思えば、「天神」を使うしかない。ちなみにこの天神はウェポンスキル連打でアビセア編のラスボス文字通り殺できる代わり、価格が凄まじく高い(廃人でないと買えないレベルの)トンデモドラッグ。っつーことは…)

この他にもこれまでと変わらぬ、いやそれ以上のはっちゃけっぷりを思う存分見せつけたシャントット……にどう見てもそっくりな人物を見て、多くの冒険者が『うわぁ……』と言う気分に陥った。

ただ、さしも彼女も一人だけではクリスタル大戦の折に神子が見た「滅び」を止めるには至らなかった。10人、100人いれば良かったじゃない、と言う…どこぞやの塾長ですか?まあこんな御仁が100人もいたら逆に獣人に同情するよ!

あと、クリスタル大戦全召喚を成功させ命を落とした救英雄・カラハバルハはシャントット並み、あるいはそれ以上の実を持つ魔道士だったらしい。彼女以上の魔道士だともはや計り知れない強さに違いない。あと、同大戦で活躍した大魔元帥ロベルアクベルもカラハバルハと同クラス魔道士だったらしい(根拠はあるが、ネタバレになるので割愛)。

小ネタ

タルタル族として

タルタル族は、ウィンダスの人口の大半を占める種族であるが、かなりい段階で成長が止まり、大人になると死ぬまで容姿が変わらないといううらやましい特長がある。見かけにだまされてはいけない。

シャントットの年齢は公式で不詳となっている。ただしある程度の推測は可
魔法学校の同生であるウィンダス英雄、カラハバルハの生年が835年で、FF11本編884年の出来事である為、同い年とすると49歳となる。
ただしカラハバルハは魔法学校の全単位を1年で修了した魔法学校始まって以来の秀才とされている為、これ以上の年齢である事はほぼ確定する。
そうなるとまず間違いなく50代の範囲n……あれ、なんだかを閉じると暗闇に玉がぐるぐるしt……

また、タルタルの「心の闇」は怯懦、すなわちタルタルは基本的に臆病な種族であり、シャントットのようなタカ過激派は少数、というかもはや突然変異のレベルである。ウィンダスNPCには変わり者が多いのは確かであるが、ここまで酷い個性的なのはこの人くらいだろう。

ディシディアファイナルファンタジーへの参戦

FFXIの代表として、各作品の主人公ボスが参戦するドリームマッチディシディアファイナルファンタジー」に参戦した。(CV:林原めぐみ)

クリア後のおまけキャラクターの一人として、主人公サイドコスモス勢の一人として参戦する。どう見てもボス連合のカオス勢じゃないかともっぱらの評判。しかも、専用BGM闇の王テーマとして名高い、Awakeningである。

様々な魔法を乱射するスペルキャスター。他のキャラクターと同じく再現度は高く、FF11プレイヤーならニヤリとする演出のオンパレードとなっている。

シナリオ的には、々の闘争の序盤でコスモス側に召喚され、ことガブラス文字通り"消滅程度では済まされない"に合わせた後、最終魔法完成々の闘争の末が邪魔になったらしく自ら輪廻を外れた、という。「未来ずくで奪い取るもの」という、クリスタル大戦を経験した彼女だからこそ言える台詞は、13回の闘いで自ら死を選んだコスモスの選択に少なからず影した…のかもしれない。

結局、その最終魔法は「完成間近」らしいがその前に々の闘争が13回で終わってしまった。
言動を見るに、後ろ向きな発言の多いガブラスべると間違いなくコスモス戦士としてふさわしいように見えるが、ゴルべると…

そして2015年
ディシディアファイナルファンタジーアーケード)にも参戦。
ブレイブ攻撃が魔法HP攻撃がウェポンスキルという区分がつけられた。
普段は古代魔法を使うのだが、HPが減ると…?

FF11代表

前述の通り、「ディシディアファイナルファンタジー」への参戦が決定し、その後もシアトリズム等のFFお祭りゲーにはFF11代表として参加し、「FF11の顔」としての地位を確立した。

このような厚待遇を受けている理由として、FF11サービス開始初期からいるNPCの中でも、プレイヤー人気が特に安定していることが挙げられる。ヴァナ・ディール トリビューン Vol.24(2004年4月30日発行)にて有名人好感度ランキング(初期のNPC人気投票)の結果発表が行われ、ウィンダス連邦編で1位、さらに3総合の得票数でも1位を獲得。そして9年後の2013年8月15日、11周年記念企画で行われたNPC人気投票結果発表においても1位を獲得するという不動の人気を見せつけた。

そのあまりの人気ぶりから来る厚待遇故か、ディシディアではかなりスタッフ贔屓なキャラになってしまい、FF11未経験者からの批判が散見された。この批判を受けてか、続編のデュオデシムではその大物ぶりも鳴りを潜め、以降の他メディア露出でも、ややマイルドになりつつある。

ドラゴンクエストⅩへの参戦

DQⅩの期間限定コラボイベントで、まさかの登場。ヴァナ・ディールに戻る為のクエストを依頼(命令?)してくる。クエスト自体はそれ程難しくないが、クリアーしてもヴァナ・ディールには帰らない。

ちなみに、うまのふんが魔法素材として最適らしい・・・

ニコニコ動画での色々

下記の関連動画にあるMAD元ネタに、MUGENにも参戦しており、違った戦いを披露している。
どちらもシャントット本人ではなく、シャントットが作ったそっくりな人形が戦っているという設定。
この強さで人形というのだから、本人はいったい…

※注 MUGENでのシャントット株式会社スクウェア・エニックス非公式であり、言動は作成者の想像によるものです。 

また、ディシディア発売以後はディシディア動画投稿されるようになり、所狭しと暴れまわる彼女を見る事が出来る。

関連動画

関連商品

 

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%88
ページ番号: 782419 リビジョン番号: 2633326
読み:シャントット
初版作成日: 08/12/19 14:16 ◆ 最終更新日: 18/10/14 22:34
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に「アジドマルジド」を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シャントットについて語るスレ

146 : ななしのよっしん :2018/01/13(土) 00:16:41 ID: BpQkdaQpO2
ディシディア買ったけどpspまでとは違って今回はちゃんと話に絡んでて良かったよ
147 : ななしのよっしん :2018/01/18(木) 05:02:05 ID: ABGtOPJ3Ct
うむ、みなDFFNTで存分に遊ぼうぞ
148 : ななしのよっしん :2018/02/03(土) 00:26:33 ID: 5zO+goMGNH
DFFアーケードシャントット女史はなぜやたらと美しいのか
というよりも女性キャラPSPの頃よりも何段階も美しい
149 : ななしのよっしん :2018/02/08(木) 01:25:30 ID: 1gMs06V7mZ
やっぱりこういうキャラ生理的にも色々と理だわ
150 : ななしのよっしん :2018/06/13(水) 20:46:11 ID: qD5W1VXQNj
DFFNTでのアルティミシアとの口喧は必見過ぎるw
151 : ななしのよっしん :2018/08/25(土) 12:40:01 ID: bYRdrhl0+3
然とそのへんにいるけど、この人ナンバリングなら普通ラスボスやってるようなレベルだよね
152 : ななしのよっしん :2018/08/25(土) 17:42:20 ID: qD5W1VXQNj
>>151
一応ナンバリングタイトルなんですが…
153 : ななしのよっしん :2018/08/27(月) 12:23:07 ID: BpQkdaQpO2
オペラオムニアシャントット博士弱すぎて笑えない
ガチ底辺じゃん
154 : ななしのよっしん :2018/08/27(月) 22:06:51 ID: AKG44Lvx0O
>>151
他のラスボスほど大きい事してない別に・・・
そもそもFF11でも更に強いのいるからいい加減ムダに持ち上げるのやめて欲しい・・・
155 : ななしのよっしん :2018/09/25(火) 09:25:04 ID: vM3bscjpV2
DFFACNTで技食らったりダウンしたりした時のが好き
ふぁーーー
ぐは
んげ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス