BABYMETAL単語

ベビーメタル

BABYMETALベビーメタル[1])とは、さくら学院内で結成されたアイドルユニットである。アミューズ所属。

概要

元々は2010年アミューズ所属の中学生以下女性タレントによる成長期限定アイドルグループさくら学院』の、サブユニット『重音部』のメンバーであるSU-METAL中元すず香)、YUIMETAL水野由結)、MOAMETAL菊地最愛)の3名によって結成されたのが流。

アイドルヘヴィメタル融合コンセプトとしており、本格的なメタルサウンドと可らしい合いの手、アイドルらしい世界観とダンス融合したパフォーマンスが大きな特徴である。「メタルダンスユニット」の称が使用されている事も多い。

これはプロデューサーKOBAMETAL(マネージャーも務めメンバーからは「お父さん」と呼ばれる、以下KOBA)が、会社側から「もしアイドルプロデュースするとしたらどういうのやる?」と訪ねられ、同社でテクノアイドル融合を成したPerfumeの成功を見ていたKOBAが「自分がやるならメタルアイドルの組合せ」と応え、そのまま会社からプロデュースプランニングを任されたという経緯がある。

プランニング

KOBAはさくら学院マネージメントにも関わっており、まず、さくら学院加入前の幼少時から圧倒的な歌唱で賞レースを制覇していた中元すず香フロントマンとして軸に据える事が、プロジェクトの中核にあった事を挙げている。アイドルも好きだが元々メタルだったKOBAは、幼い頃から高い歌唱ダンスに加え、何よりっ直ぐな歌を持つ彼女メタルを歌わせる事で生まれる新しいメタルを思い描いた。
そしてKOBAは他メンバー選出を続けたが、中元の歌唱ダンスに並列出来るメンバーを見つける事は出来ず、思い切ってグループの方針を切り替え、彼女とはタイプの違う天使のような子達が、中元の周りを踊っているコンセプトを思いつく。そしてYUIMETALMOAMETALを選出した(つまりちゃんと全員さくら学院から選抜されている)。

また2012年から『バンド』と呼ばれるバッグバンドを参加させ、生演奏によるライブを重視した構成が完成する。彼らはバックバンドや、またはミュージックスクール講師等の人間であり、ライブの際でも原曲を忠実に演奏し、かつCD以上の迫を出す事に長けた実を備えた面子である。

パフォーマンスも特徴的で、ボーカルフロントマンに据えるスタイルこそは良くあるが、更にダンサー2名を配置し「煽り」を専門でやらせるという発想は実はかなり新しい。
これによってバンド演奏に集中できるし、ボーカリストも自分のやれる範囲以外の煽りを任せられる。これによって全な特化プロフェッショナル達が、各々100%を発揮出来るシフトが出来上がった。

ビジュアルイメージに関してはを基調としており、デビュー当時は他のアイドルグループの多くが明るい原色のカラーイメージ流であった事、自分達がやるジャンル日本音楽ブーム流からは外れていたHR/HMであった事から、「アイドル界のダークヒロイン」的なイメージしていた事がKOBAにより明かされている。

彼女らはメロイックサインではなく、フォックスサインを用いている(当時幼かったメンバーメロイックサインキツネと勘違いしたため、そのまま彼女たちのサインとして採用された)。
ダンスヘッドバンギングやウォール・オブデスの追いかけっこなど、メタルパフォーマンスを随所に取り入れている。また、MCは一切行なわず、代わりにストーリー仕立ての映像ナレーション(「紙芝居」と呼ばれる)で進行する。

海外での活躍

海外メタラーからはバンドによる強で優れたメタルサウンドの中、その音圧すら圧倒し引っりあげるSU-METAL質と歌唱、そしてYUIMETALMOAMETALメタルにおいて従来有り得なかったボイスによる煽りダンスが、メタル界に新を送り込んだとして「what the fuck!(なんぞこれ!?)」と受け入れられた。

論従来の古参メタラー90年代以降のニューメタルすら否定するくらいの)間では凄まじい批判も生み出しており、現在メタル界を二分しているが、元メガデスマーティ・フリードマンは度々「メタラー間に賛否を生み出した時点でBABYMETALは正しい」と絶賛している。
他にもメタリカドラゴンフォースロブ・ゾンビジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードなどが彼女たちを称賛し、メタル界の新機軸のヒロインとして受け入れた旨のコメントを出している。

なお、認めてくれたと思われる海外バンドとはズッ友写真を撮っており、度々公式アップされたりしている。ニコニコ人気な所でいうとSum41辺りとか。
逆に内の歌手との写真は少ないが、SU-METALれのPerfumeや、同じく海外ツアーメインに日夜戦い続ける同志であるONE OK ROCKとはズッ友写真を撮っている(いずれも同じ会社の先輩にあたる)。

ジャンル

言っちゃえば「日本アイドルJ-POPというで何でも歌う感」と、「メタルの持つどんなジャンルでも飲み込む感」の融合みたいなものである。メタルエリートはこのメタルの飲み込みの強ささえも否定しちゃう原理義者がいる。

ただしここで、企画モノ的なの濁し方で終わらせず、ヴォーカルダンス演奏の全てを高準でえる事で成立しているのがBABYMETALと言える。普通だとコスト掛かり過ぎるし企画モノだし…で演奏打ち込みで済ませたりしちゃう。

なおプロジェクト的には「ワイメタル」「ベビーメタル」などを自称しているが、つまりはHR/HMであればヘヴィメタルパワーメタルメタルコアオルタナティヴ・メタルデスメタルエクストリーム・メタル、ラウド系やブルータルデスメタルメロディックスピードメタルヴァイキングメタルブラックメタル、V-ROCKプログレッシブ・メタル等々なんでもござれ。
だが、これらのジャンルSU-METALが歌い上げるジャンルいはゆいもあが可く歌う事)こそが新ジャンルベビーメタル」なのかも知れない。

なお超絶簡略化して書くと、日本国内では80年代後半から90年代前半にかけてバンドブームがあり、それこそB'zHR系の海外オマージュしてたりX JAPANの登場、ブルーハーツのようにパンクロックで活躍するシーンがあったのだが(海外LOUDNESSなんかも入れると更に細かい)、90年代中期からの小室サウンドテクノ現在EDMブームの台頭、J-METALのV-ROCK特化が始まり、更には00年代からはオルタナティブ系の"軽いロック"などがメインストリームとなったため、いわゆる"重いメタル"などは日本ではここ20年程息を潜めることになった(日本人バンドでも挑戦する人達は海外で勝負していたグループが多い)。

その間も海外ではEDMとの融合も始まったりニューメタル勢やラップメタルメタルコア進化が続いていたのだが、メタル史はジャンル進化的には洞化していたので(JAM PROJECTのように活動は続けているプロジェクトもあったが)、BABYMETALはその空白期間を埋めるようにアルバムにバンバン多様なメタルを取り込んでいる。

なので80年代ヘヴィメタルまでの印しか知らない人が聞くと、「電子音だけどこれもメタルん?!」等々メタルの懐の深さに驚く事だろう。

X JAPANとの関連性

元々KOBAMETAL自身がX JAPANフリークの一人だった事も影しており、BABYMETALの楽曲・パフォーマンスにおいて、いくつかX JAPANオマージュとも取れる部分が存在する。

最もそれが顕著に表れている曲が『紅月-アカツキ-』。曲そのものがX JAPANの代表曲『』のオマージュとも言われており、イントロでは、オリジナル版でのギター前奏部分がhide存命中の『』、ライブでのストリングスアレンジSUGIZO加入後の『』をそれぞれ思わせる演出がある。変調直後にSU-METALが叫ぶ「アカツキダアアアァァァァァッ!!!」の由来も、Toshlの「レナイダアアアァァァァァッ!!!」だったりする。

メジャーデビュー曲の『イジメダメ、ゼッタイ』でのいわゆる「ダメ ジャンプ」も、『X』のいわゆる「X ジャンプ」が元ネタ

MCでの「We are BABYMETAL!」も、その由来は「We are X!」だったりする。

他にも「『No Rain No Rainbow』にYOSHIKIが関わってる気がしてならない」「紅月』の入りをYOSHIKIピアノ」などファンコメントネット上で殺到した。

また2014年3月には、「BABYMETALが『紅月』でX JAPANと共演した」という設定の偽コラボ動画2013年2月1日Zepp Tokyoでのライブ映像ベースに、バンド4人の代わりにYOSHIKISUGIZOPATAHEATHが入り(2010年8月14日横浜際総合競技場(日産スタジアム)演の映像を合成)、終盤ではhideギター(『I.V.』のPVから)も映し出された)がYouTube投稿され、その高い出来栄えに釣られた視聴者が続出。「マジで実現して欲しい」とまで言い出した程である。

一方で実際のX JAPAN側からの反応だが、2014年7月、BABYMETALがイギリスで行った単独ライブを、仕事ロンドンに滞在していたYOSHIKIが視察に訪れ、BABYMETALのステージに感動。「東洋と西洋の音楽との間にある界線が消えていくのを撃できたことは素らしかった」と高く評価。バックステージでズッ友写真も撮影している(Xポーズフォックスサインの2枚)。またツアー中の様子を現地のバーでも視聴しており、その際に周囲にいた現地人の盛り上がりも見て感動した旨をっている。
後のインタビューYOSHIKI自ら「可愛い女の子メタル融合というアイディアは凄く気に入ったし、いつか共演してもいい」と、共演の可性にも言及している。

もし本当にX JAPANとBABYMETALの共演が実現すれば、日本はおろか、世界規模で大きな話題を呼ぶ事は間違いない。

プロモーション

日本界ではスポンサーCMTV番組主題歌に採用される事で、TVで流す機会を増やし人々のに触れるようにスタイル、つまりタイアップによる広告戦略が常態化しており、インディーズを除けばメジャーレーベルの戦略は大抵この手法が用いられる。
かつては単に番組側が自前で曲を用意するか、有名アーティストの既存曲を採用していた形から、90年代以降はアーティストオファーされてタイアップ専用の楽曲を提供する事が体になっていた。

BABYMETALはメジャーデビュー後から2016年現在に至るまで、いわゆるオファーによるタイアップ提供は一切行っておらず、既存曲において番組側が使用する分には許可している。
CMバラエティ番組出演での広告戦略自体を全くといっていいほど行わないで、音楽番組への出演とライブツアーを中心に活動し、その実績が後日TV報道で取り上げられる形が多い。

デビュー1、2年2013年頃はローカル音楽番組出演から、CDショップでのライブなど新人らしい下積みを行い、アニメフェスへの出演なども行いながら経験を積み、方向性も模索していた様子が伺えるが、プロデューサーKOBAMETALは2014年に一気に打って出る戦略に切り替え、フランスドイツイギリスアメリカカナダ日本を巡るワールドツアーを実施する。

内の地盤固め(一定の人気を確保)をしてから海外進出を果たす日本人アーティストとは全く異なるスタイルで、まだ知名度も低く若い彼女たちを海外へ送り込む(同じアミューズではONE OK ROCKの活動がこれに近い)。普通内で成す下積みを、いきなり海外やらせた形である。
なお、アメリカでは特に有望な賞を取っている若手人気バンドですら、数年はアメリカ全土の小ライブ会場(キャパ数~数千程度)を回り、下積み修行するのはしくはない。そして徐々にステップアップし、一握りが大(キャパ万単位)でのワンマンライブや、世界中の大規模フェスに出演を果たす。これと同じことをアイドルである彼女たちにもめたのである。

日本国内でも音楽市場においてCD売上の割合が落ちた00年代以降はライブを重視するバンドアーティストが新人、メジャー問わず増えたが、タイアップ自体は現在の頻繁に行われている。
そこでKOBAMETAL、海外プロモーター、ブッキングエージェントは、彼女たちの海外進出プランを立てる。どんだけ素晴らしいアイデアジャパンマネーを活かすのかと思えば出された案は

逆輸入アイドル計画』→海外で売れてから日本にその名が届くようにす→どうやって?
アメリカドサ回りツアーして現場での実を身につける

という某D通もびっくりの力業戦略である。戦略っていうか全に海外武者修行である。プロレスラーか。スタッフが付いていくといっても、10代半ばの女の子達が年に数ヶ間専用バス大陸横断するのは想像を絶する。このバスだけはジャパンマネーがを発揮してるらしく、最低限の生活が送れるかなりな設備付きだが、バンドの小こと藤岡幹大氏によればそれでも「精的に2週間が限度」と述べている。
かしこの修業とライブツアーの成果により、海外でのフェスに招待される事になるのだからやはり正王道なのだろう。

BABYMETALのブッキングエージェントであるロス・ワーノックは初期のマネジメントに際し、マネージメントが提案に良く聞き入れてくれた事を明かしており、プロモーターを含め入念な計画を立てて、イギリスでの地なステップアップを行ない、ウェンブリアリーナまでをしたとっている。

2015年もこの修業のは続き、日本ツアーに加えて海外ツアー、更に海外フェスもこなしており、海外での有名な番組やショーには多数出演しているものの、日本の番組には滅多に出演しないが、NHKの特別番組と多くの海外アーティストが出演してきたミュージックステーションには出演しているほか、ワイショーでのインタビューにはローカル地方局のものであっても応じている。

2016年10月現在アメリカプロモーター会社が発表している海外ミュージシャンオファーのギャラ相場一覧では、一演で15~30万$で表記されており(他の日本人では坂本龍一で3万$、喜多郎で15万$)、海外人気現在も更に高まっているのが確認出来る。

経歴

2011年11月24日に『ド・キ・ド・キモーニング』を発表。

2012年Shibuya O-EASTで初の単独演。同年にはSUMMER SONIC 2012に出演し、一般ロックリスナーにも多大なインパクトを残し、出演者の最年少記録を打ち立てたり、インディーズライブ活動でも地に評価を上げていった。

2013年には『イジメダメ、ゼッタイ』でトイズファクトリーよりメジャーデビュー。そして、SU-METALさくら学院卒業に伴い、ユニットとして独立SU-METALメンバーとして、他メンバーさくら学院の課外活動として継続することに。なお、「世直し」というコンセプトも追加された為、以降の活動期間は不明。当初は知る人ぞ知るアイドルユニットという趣もあったが、メタルリスナーを中心にファン層が拡大いていく。

2014年には日本武道館演を敢行するほどの人気を獲得(女性グループ最年少)。
同年年発表のメジャー1stアルバム『BABYMETAL』もitunesチャートでは、日英でメタルチャート1位米国ではロックチャートも1位米国Billboard 200では総合187位(日本人最年少ランクイン)、ワールドミュージックチャート2位ハードロックチャート4位にランクインする。
同年は初のワールドツアーも行い、7月にはイギリスのフェス「Sonisphere Festival」(日本サマソニモデルとなったフェス)に初参加なのにメインステージ、大、どアウェー(しくじればペットボトルを投げられる)、最年少といった状況にも関わらず、前に興味本位の観覧客も含め65000人を集めた結果、見事にスタイルを貫き通したパフォーマンステクニック、歌とダンスを見せつけ、BECKばりにオーディエンスから大采を浴びる。前述の通りYOSHIKIも視察に訪れた。結果これが世界中のロックメタルファンに知れ渡り、更にメタル界を大きく騒がせる事となっていく。

以降は2015年海外ツアーツアーで活動を続け、世界最大級のフェスである「Reading and Leeds Festivals」(通称レディンメインステージ史上最年少で登場。こちらでも大成功を収める。

2016年2ndアルバムMETAL RESISTANCE』を世界同時発売。説明するのも面倒なくらい多くのランクインしているが、特筆すべきは全英チャートでは15位日本人単独名義史上最高・連名名義ではジョン・レノン&オノ・ヨーコが3位を記録している)、Billboard 200では39を記録し、これは坂本九以来の日本人53年ぶり2組TOP40入りとなった。
同年4月には日本人史上初のロンドンウェンブリー・アリーナ単独演(当初はX JAPANが先に行う予定だったが、PATAの入院に伴い2017年に延期された為、順番が入れ替わった)を成し遂げ、それを皮切りにツアーを開始。9月ツアーファイナル東京ドーム2days演で締める(東京ドームでのメタルバンドの単独演はX JAPANに続き2組)。
なお、ワールドツアーの途中にはアメリカツアー終了後の7月に、AP Music AwardsにおいてJudas Priestのロブ・ハルフォード、つまりはメタルゴッドと遂にコラボレーションを行い、SU-METALがロブと共にJudas Priestの楽曲(PainkillerBreaking The Law)を歌うという日本人初の偉業を果たす。

12月にはRed Hot Chili Peppersからのオファーにより、彼らのイギリスツアースペシャルゲストとして帯同、こちらは元々ジャンルの違うパンクロック体のバンドサポートのため、久々のアウェーとなった。初日オープニングでは半数程の客入りであり、彼らを沸かせるに留まったが、日が進むに連れオープニング時点での満席状態となり、レッチリメンバーもBABYMETALのグッズを身に着け、自らのステージにおいてコラボも行うなどサポートアクトというよりツアーゲストのような扱いとなっていた。

2017年にはBABYMETALが兼ねてより尊敬していると言していたMETALLICA、そしてHRの最高峰の一Guns N' Rosesワールドツアーにおいてのサポートアクトが発表されている。

メンバー

神バンド

2013年以降から参加しているサポートメンバー。コープス・メイク装束と見たブラックメタルホラーの集団。こちらは生演奏担当で、フロント3人を迫演奏で支える。

「恐ろしいほど上手い(ビルボード誌)」とまで言わしめた高度な技術故に、「演奏してみた」をやろうとすると、相当な技術がないとコピーは至難の業(特にドラムに至ってはYOSHIKIレベル)。

以下は現行メンバー

その他サポートメンバー

知っていると幸せになれる神様

キツネ
BABYMETALにおけるヘヴィメタル神様彼女らの活動を決める大事な存在でもあり、楽曲発注コンセプトもこのからのお告げを元に行っている。

関連動画

メジャー進出以降

インディーズ時代

その他

関連商品

関連チャンネル

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *カタカナ表記は公式サイトのバイオグラフィーexitより。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/babymetal

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

BABYMETAL

144 ななしのよっしん
2018/02/10(土) 02:53:32 ID: lFIjz+Cb82
メタル好きな人間として
勝手に聴かず嫌いのアンチベビメタだったんだけど、たまたまアクシデント的に聞いてみる機会があって、シンフォニックメタルの好きなバンドのような澄んで通る量のある歌と、大好きなヴァイキングメタルに通づるメタル国語(それでもあの歌詞はどうかと思うが)とかフォーク的な(今の日本のカルチャーがアイドル的な音ならそれはそれでありだと思う)ミックスが癖になってしまって一気にハマってモタ
安直にデスボに走らんとこもいいねー
でもどの曲から聞き込んで見ればいいんじゃろ?
145 ななしのよっしん
2018/05/08(火) 03:20:45 ID: +EZNaxOXAV
この子達のファンってやたら天才とか歌唱オバケとか持ち上げて、ついにはあの歌手よりもうまい!とかあの歌手と並んでる!とか言い出してるけどさ
結局アイドルとして評価してほしいのか歌手として評価してほしいのかどっちなのよ
アイドルとしてはぶっちぎりでうまいし年齢からみてもスゴいと思うけど
正直歌手としてすべてのアーティストを同列でったら全然まだまだこれからよ
はいいけど歌がのっぺりしすぎてて表現全然だし
歌手として評価してほしいならただ褒めちぎるだけの評価って邪魔でしかないぞ
146 名無し募集中。。。
2018/05/09(水) 22:27:48 ID: iiTg/miYqk
ゆいちゃんどうした…
147 ななしのよっしん
2018/05/09(水) 23:43:40 ID: fUdmxw7K0N
そもそもメタルに歌唱なんていらん。
148 ななしのよっしん
2018/07/04(水) 22:00:50 ID: WqOiaELehl
ノーベル平和賞受賞できるんじゃないかと一思ったけど、メタルなら反で権威に屈しなさそうだと思い直した
149 ななしのよっしん
2018/09/08(土) 17:44:51 ID: qCvEN/eSsp
まだまだ売り出し中だし、キッズみたいな質の悪い擁護も見受けられるのがね
メタルコミュニティにもBABYMETALにも思い入れはいけどBABYMETALメタルコミュニティ閉鎖性ぶち壊すのは野次として期待してるよ
150 ななしのよっしん
2018/09/16(日) 01:15:20 ID: VP1smu9UKt
たまたま見た動画コメおっさんが書いてそうな上から目線の褒めてるクッサイコメントで湧いてて結構キモかった
ベビメタ自体は可愛いと思います
151 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 14:59:56 ID: WqOiaELehl
であって欲しいと思うけど、やっぱりという予感もあった

ライブ一回も行けなかったのが残念だけど、ありがとうございました
152 ななしのよっしん
2018/12/19(水) 01:54:42 ID: lFIjz+Cb82
メディアへの露出の違いだろうけど、内では某数字がつくグループ関係とか数だけの踊りですごいでしょ(ドヤ)みたいな男グループみたいにニュースにならないのが若干苛立つ。
ツアーというかライブはあまりお金にならないって聞いたことあるので、メンバーにちゃんと活動に値する報酬が支払われてるのかも心配だし、やっぱ脱退するってことは満足できてなかったのかなって思ってしまうな。
ゆいがいないベビメタはもうベビメタじゃないって思っちゃうけど。
153 名無しさん@お腹いっぱい。
2019/08/12(月) 00:22:51 ID: 7g35JTnmqd
ついにB'z松本も認めたか
これで内で表立って批判してくるミュージシャンは減るだろう

急上昇ワード

2019/10/14(月)14時更新