SCP-682単語

エスシーピーロクハチニフジミノハチュウルイ

Item #: SCP-682 - Hard-to-Destroy Reptile (不死身の爬虫類)
Object Class: Keter

特別概要プロトコル

SCP-682のオリジナルの文章exitインターネット上に掲載されています。英語理解できない職員に向けた翻訳文章exitも存在します。閲覧は全てのクリアランスレベルの職員が利用可です。

SCP-682より強いオブジェクト創作は基本的に禁じられています。単に強いという理由以上の、オブジェクトが何かしらの注すべき性質を有していない限り、そのオブジェクトは終了されます。

説明

SCP-682は、英語圏のシェアワールド創作作品群「SCP Foundation」に存在するオブジェクトの1つです。SCP-682は「不死身の爬虫類」という名称が示す通り極めて生命が強く、SCP Foundationの初期の作品である事もあるため、SCP-682より強いオブジェクトの作成は基本的に却下される、一種の基準でもあります。

SCP-682は巨大な爬虫類に見える生物であり、写真ではワニのような口が確認できます。起は不明ですが、ヒトの言葉を話す事が可であり、高度なコミュニケーションが報告されている事からも高い知を有していると考えられます。しかしながら、SCP-682は全ての生命を憎悪しており、極めて敵対的です。あらゆる刺はSCP-682を激怒させ収容違反を起こす恐れがある為、職員は話す事も、近づく事すらも禁じられています。またSCP-682が動きや話す事などの動作を少しでもしたら全で対処する必要、脱走した場合の被害を最小限とする為、収容サイト-[編集済]はから50km以上離れた状態が維持されています。多くの努が払われているにも関わらず、過去に脱走を試みた回数は17回、脱走に成功した回数は6回であり、対処に直接関わった機動部隊だけでも30名が死亡しています。

財団の基本的な理念は「確保・収容・保護」であり、人命を含む多くの犠牲を払う必要がある物や、破壊し化する方が簡単な物も基本的には収容されます。しかしながらSCP-682はその例外であります。上記の通りSCP-682は極めて敵対的であるため、冒頭には「SCP-682はできるだけく破壊しなければなりません。」と書かれています。これは財団の報告書としては極めて異例の事です。

SCP-682は、通常兵器からSCiPまで、あらゆる手段を用いて破壊が試験されています。重なSCiPを喪失するリスク、及び報告書そのものが欺瞞情報であり実在しないとする立場を尊重する為、オブジェクト同士のクロステストは基本的に避けられており、これも異例と言えます。しかしながらSCP-682は、体組織や臓器の87%を喪失するような重症を負わす事まではできても、殺に至った事は一度としてありません。SCP-682は脱皮により素く体の変形や成長をする事が可であり、有機物機物に関係なくエネルギーを得る事も可です。クロステストに用いられたオブジェクトに対する耐性や、性質そのものを得る事も可ですが、後者全な取得は不可能なようで数時間後には喪失します。SCP-682は普段は内側を耐で補強し、で満たした収容所に入れられている状態であるにもかかわらず、この状態ですら鼻孔にある鰓で物質を濾過して消化を行っており、会話すら可です。

実験記録-T-98816-oc108/682

これまでに試みられた破壊試験の概要は以下の通りです。全ての記録は「実験記録-T-98816-oc108/682exit」を参照してください。

試みられた試験

  • SCP-409 - 伝染性の水晶: 崗岩以外が触るとその物体を生物・非生物問わず結晶化してしまう水晶
    体組織の62%まで結晶化が進行したものの、停止し破裂、その後回復しSCP-409自体への耐性が生ずる。以後の実験ではまず体組織で試験を行う事が義務付けられた。
  • SCP-689 - 暗闇の幽霊: 見た後で意識を逸らすと、その相手を殺する石鹸石の像。
    視させた後にりを消・再点させると、灰色黒色の液体の溜まり場の中で生命反応のい状態となっていた。しかしながら確認のためにDクラスを近づけさせたところ生、職員を殺しつつ収容を突破した。SCP-682は未知の方法で「生きて」いなかったか、SCP-689に対し免疫があったと考えられる。
  • SCP-162 - とげとげの塊: 付近にいる者に自身を触るように誘導し、触った相手とそれを助けようとした相手に絡みついて最終的には殺する鋭利な物体の塊。
    当初は問題なく絡みついた物ものの、途中で自らを切断し逃走、更にSCP-162を用いて脱走を試み、結果的に両者の再収容で多数の死傷者を生む結果となった。
  • SCP-173 - 彫刻 - オリジナル:視されていないときに高速で動き近くにいる生物を殺する彫刻。
    初めの6時間は収容室のに貼り付きながらSCP-173凝視。両眼を大口スナイパーライフル狙撃物理的に直視を中断させた結果、頭部・首・脚部に数ヵ所の損傷を負ったもののSCP-682は生存。更に体表面に透明な装甲に覆われた複数のを生成し、12時間に渡って観察の妨阻止した。SCP-173がSCP-682を殺出来なかったのは体格差が理由と考えられる。
  • SCP-063 - "世界最高のプラシ":触れたものが機物か死んでいる物体なら条件で消滅させる性質を持つ「世界最高のプラシ[原文ママ]」と書かれた歯ブラシ
    アーム装置に取り付けたSCP-063で体組織の20%を消滅させるのに成功したものの、再生した体組織はSCP-063に対する耐性を得る。更に装置を破壊しSCP-063を奪取。再収容されるまでに収容室の床と保安職員2名に深刻なダメージを与える。
  • SCP-702 - 商人の住まう場所: 人が触れると渡したものと等しい価値のものと交換してくれる実体(SCP-702-1)が現れる瓶。
    収容された状態のSCP-682の代わりに、金属の檻に入った1羽のワカケホンセイインコ提供されたものの、16時間後に収容されていない状態で、取引された部屋に複数の奇妙なアイテムの残骸と共に再出現。SCP-702-1はこの件に関する説明を拒否。
  • SCP-096 - "シャイガイ":自分の顔を絵以外の手段で見た生物をどこに居ても殺す人形実体。
    27時間に渡って叫びが聞こえた後、SCP-096は深刻な傷を負い、SCP-682は質量の85%を失った状態になったが殺には至らず。再試験はSCP-682がSCP-096の顔をひっかくという結果に終わる。シャイガイ一殺し損ねた事例。
  • SCP-536 - 物理法則試験室:密閉状態ならダイヤルで物理法則を変えることのできるチャンバー
    通常の1%までサイズが減少し、量子効果による未知の物質形態に変化していたものの、数値を通常に戻した後は元に再生した。
  • SCP-524 - 雑食ウサギウォルター:あらゆる材質、例え自分であろうと食べることのできるウサギ
    一部を捕食できたものの、SCP-524が届かないところまでをよじ登って逃げる。SCP-524が隔を食べ始めた為試験中止。
  • 高出レーザーによる切断: 2つに分離する事に成功したものの、それぞれが再生し2体のSCP-682となる。2体が動かなくなってから更に小片へと切断を試みたが、身体が面化しレーザーを反射するようになり、それ以上の破壊が出来なくなるばかりか、2体が協調し脱走。多数の死傷者と再利用不可能なほどの施設へのダメージを代償に再収容に成功した。1体は収容の試みで重症を負った後、もう1体にむさぼられ吸収された。

却下された試験

  • SCP-123収容されたミニチュアブラックホール
    「もしこいつがブラックホールに逆らって、それを利用して攻撃してきたらどうするつもりだ?」
  • 高度からの落下衝撃: 「こいつを航空機に乗せて落とす?正気とは思えないね、一体がやるんだ?」
  • 60メガトン級熱核爆弾: 「もしこれでこいつを殺せなかったらどうするつもりだ?」

その他


創作記録682

682-A: 映像記録

682-B: 静止画記録

関連付録

拡張リンク記録

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/scp-682

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SCP-682

13 ななしのよっしん
2018/11/29(木) 11:39:44 ID: m7lwN/7lWK
別に破壊がメチャクチャ強いわけではなく死ななくてとても攻撃的なのが問題なのね
単純攻撃ならシャイガイアベルの方が強そうだ
しかし相手の攻撃に対して耐性を得たり攻撃法をコピーしたりできるのに割と追い詰められてるのは何故なのか
14 削除しました
削除しました ID: gXks+lGBNy
削除しました
15 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 13:01:06 ID: Me1Ynm0JFK
まぁ厄介なことは厄介だけど、
一応意志の疎通は取れるし、現状攻撃そのものは物理的なものだから、そこまで怖くはないよね
16 ななしのよっしん
2019/01/16(水) 17:28:55 ID: da8sk4JE9N
こいつ爬虫類と言ってるけど、絶対にドラゴンの類の生き残りだろ
17 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 17:04:41 ID: ix/IIMPr2W
SCPがいっぱい増えてきてまともに収容できてないのも多いので
強いとか厄介とかいうより頑丈・タフってイメージ
18 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 15:16:57 ID: E5bhCpQiIz
緋色のSCP-444-JPvsこいつという悪夢のようなカードはよくネタにされるけど
これの膜にもねこは住まうのかだれかしてみてください
よろしくおねがいします
19 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 21:57:15 ID: NPtUkK/wNw
こいつの脱走事案で多くのエージェントとD職員が死んでる中、
2回の脱走事案に対処して両方とも生還してるD216は何者なんだ
20 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 01:44:51 ID: m7lwN/7lWK
クロステスト戦闘の結果シャイガイを怯えさせてるけど
これってシャイガイの方が強くね?
21 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 23:02:07 ID: 62ZTsEQ0TG
>>20
「顔を見た者を絶対に殺す」っていう性質のシャイガイと「絶対に死なない」っていう性質のトカゲぶつけて生き残ったんだからトカゲの勝ちってことでしょ
矛がを貫けなかったって話
22 ななしのよっしん
2019/08/05(月) 01:27:30 ID: m7lwN/7lWK
>>21
いや「顔を見たものを絶対に殺す」のはあくまでもシャイガイ暴力によるものでしょ?
そして不死身の爬虫類暴力でそれに対抗するわけで
そして>>20で言ってるのは「どっちの暴力が強いか」って話よ
結果はシャイガイは怯えて重傷だが五体は事、
爬虫類85欠損でほぼ塊化だろう?
結果を見れば「どっちが強いか」は明らかでは?

急上昇ワード