SCP Foundation単語

エスシーピーファウンデーション
1.8万文字の記事
  • 135
  • 0pt
掲示板へ

忠告: もしあなたがSCP-JPスタッフではないならば、外部サイトで作品のライセンスの問題を持ち出さないでください。

直に誤ったライセンス表記の作品を開している制作者や管理者をこのページexitに誘導したり、スタッフと話し合うように助言するのは構いません。また間接的に、ライセンスチームに問題を連絡し、解決するようにめるのもまた構いません。ですが、撤回しろと言外にめかすように脅したり、Wikiライセンスの所有者や責任者のように振舞わないでください。

こういうときのためにこそ、ライセンスチームはいるのです。私達があなたを手伝います。

SCP-JP ライセンスガイド序文exitより

SCP-2525-E


SCP-2525-E

アイテム番号: SCP-2525-E

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2525-Eのオリジナルを保存したCDは、サイト██にて、標準収容ロッカーに収容されています。 閲覧の際はインターネットに接続されていないパソコンを使用し、閲覧後はオリジナル以外の使用した記録媒体全てを、復元不可能フォーマット手順を経た後、破棄してください。ロッカーのHiroyuki博士が保管しています。

また、SCP-2525-Eの担当者は常に「ニコニコ大百科」の作成記事、及びSCP-2525-E-bにて示される、SCP-2525-Eに含まれるURLを監視し、SCP-2525-Eとその関連コンテンツがインターネット上に開される事を未然に防いで下さい。

説明: SCP-2525-Eは標準的なWebページ用のhtmlファイル、及びそれに付随するいくつかの画像ファイルCSSファイル等で構成されています。ソースコードには特筆すべき点はありませんでした。文章は日本語で記述され、「ニコニコ大百科」というwiki形式のwebサービスの一記事である事が読み取れます。記事中の文書はSCP-2525-E-aを参照して下さい。

ニコニコ大百科」は実在するwiki形式のwebサービスですが、該当する記事は過去一度も作成されていない事が確認されています。また、記載によればSCPレポートへのリンクを含む記事中URLは全て実在しないURLです。

記事の作成日は████/██/██であり、これはSCP-2525-Eの発見日より未来の日付となっています。

SCP-2525-Eは、[削除済]後、特に問題なく財団に回収されました。発見者は[削除済]。

SCP財団(SCP Foundation)とは、世界規模で活動する架の団体である。

概要

英語圏のシェアードワールド創作作品群「SCP Foundationexit」に登場する、世界規模の架の団体。「SCP財団」は創作する際の便宜的名称で、作品の中では単に「財団」と呼ばれる。

人類はこれまでにおよそ25万年もの歴史を歩んできた。しかしその歴史のうち特筆すべきは僅かこの4000年に過ぎない。

々は25万年に渡って何をしていたのか?そのほとんどを、理解の外にあるものを恐れて、洞窟の中で小さな焚火を囲み身を寄せ合って過ごしていたのだ。何故太陽が昇るのか、それを明らかにすることよりも、岩に刻まれた人頭を持つ巨大な秘こそがに迫るものであった。そして々はそのような存在を『』と、あるいは『悪魔』と呼び、許しを乞い、救済の祈りをげた。

時は流れ、それらは次第に衰え、々の数は多くに増えた。恐れるものは数を減らし、世界はより理に適ったものへとなり始めた。しかしそれでも、不可解なるものは決して消え去りはしなかった。まるで世界が不条理と不可能を必要としているかのように。

人類は恐怖から逃げ隠れていた時代に逆戻りしてはならない。他に々を守るものはいない、々自身が立ち上がらなければならないのだ。

人類が健全で正常な世界で生きていけるように、他の人類がの中で暮らす間、々は暗闇の中に立ち、それと戦い、封じ込め、人々のから遠ざけなければならない。

確保、収容、保護。

-管理者

SCP財団とはexit

以上の理念に沿い、財団は「SCPオブジェクト」と呼ばれる異常な物品/現生物/場所の

Secure(確保)・Contain(収容)・Protect(保護)」

的として活動。世界に支部が設立され、その存在はフロント企業によって隠蔽され、活動が表に出る事はない。

SCPオブジェクトの例を挙げると

これら異常性を発する存在の取扱方および概要を記したレポート(SCP Report)をめたWikiサイトが「SCP Foundation」である。

収容対には番号が振られており、「SCP-[番号]」と呼称される。また財団支部に独自に収容された対には、番号の後に名の略号が入る(例:日本支部=JPフランス支部=FRロシア支部=RU)。

Wikiの形であることからもわかるように、各SCPや関連文書は登録したメンバーによって集団で創作されている。こういった形式の場合は完成度が低いものが混じりがちだが、Wikiではプラスマイナス双方の「投票」制度があり、低評価(downvote)が一定数えた作品は削除されてしまう。これにより、一定以上のクオリティのものしか残らない仕組みになっている。

英語圏以外での創作、翻訳について

日本での活動については、記事「SCP財団日本支部」も併せて参照。

日本では有志がSCP Foundation 非公式日本語訳wikiexitを立ち上げて翻訳を、またSCP財団exit日本支部サイト)にて創作なども行っている。二つ日本語サイトがあることになり少しややこしいが、要するに前者は本家である英語版Wikiサイト翻訳を、後者日本語でのオリジナル創作メインとしており、協・分担して活動している。2017年4月23日を持って翻訳wiki更新停止となり、7月1日に予定されている日本支部サイトへの統合に向けて作業が行われた。それに伴い、今後翻訳作業は日本支部サイトの専用フォーラムで行われる。なお統合と同時に翻訳wiki閉鎖された。

日本語での活動は現在SCP財団exit日本支部サイトに統合され、活動している。詳しい経緯と内容は以下の日本支部サイトフォーラムを参照。

他にロシア語韓国語、簡体中国語フランス語ポーランド語スペイン語タイ語ドイツ語イタリア語ウクライナ語ポルトガル語チェコ語、繁体中国語版の支部サイトがあり、各国語本家からの翻訳創作を行っている。一方で各支部の記事の英語への翻訳International Translation Archiveで行っている。また、非公式支部としてギリシャ語北欧諸言トルコ語ベトナム語版がある。

ライセンスについて

SCP Foundationのコンテンツには、特に定がない限りクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0(CC BY-SAライセンスが採用されており、翻訳されたコンテンツにもこのライセンスが適用される。これに倣い、財団日本支部も同ライセンスを採用している。ライセンスの詳細については以下を参照。

これらの説明を解説した動画も存在しているので、そちらも見ておくことを推奨する。

以上を順守していれば、利用は基本的に自由である。ただしSCP-173の画像、SCP-111の画像、SCP-1926の画像および文章に限っては営利的での利用は認められないので注意(その理由については日本支部の「ライセンスガイドexit」のページを参照。SCP-173についての詳細は後述)。なお、SCP-111の画像は削除され、SCP-1926は記事が削除(本部、日本支部ともに)となったため、後者2つの問題は解消している。現在SCP-1926(Dream of Drugged Salvation 日本語翻訳)は削除後に新たに投稿されたSCPであるため、こちらは営利的での利用に支障はない。

分裂騒動について

2018年6月25日、SCP財団本部にてイデオロギーの対立が原因となり、分裂騒動が勃発。一部の参加者が離反して記事を削除、新団体「RPC Authorityexit」を設立した。

現状で日本を始めとした支部には見られていない。詳細はTogetterまとめexitを参照。

これから読み始める方へ

記事「SCP解説」も併せて参照。

まずは本部サイト内の「SCP財団とはexit」「評価が高い記事-ENexit」のページからいくつかレポートを読み、慣れてきたならば番号順に読み、その他の文書、という順番をお勧めする。SCP財団日本支部内の「評価が高い記事exit」から日本語オリジナルSCPSCP-JP)を読んでみるのも良いし、「FAQexit」も参考になる。読む順番はお好みで構わないが、「最初から読んでいこう!」といきなりSCP-001から読み始めるのはおすすめしない。

注意すべき点として、基本的にSCP Foundationはホラーテイストサイトである。中には「何だこりゃ?」といったジョークまがいのSCPカワイSCPもあるが、非常に恐ろしいSCPや、胸糞悪くなるような後味の悪いSCPが多い。写真などで視覚的に動揺させてくるケースも多く、中には実際の大怪医学写真などエグイ代物を流用したものまで混じっている。また性的な内容(あからさまなものは少ない)を含むSCPもあるので、閲覧の際にはある程度の心構えが必要である。

ところで数あるSCPの中には時に、一読しただけでは容易に理解が出来ないような難解な物や、オチや記事自体がSCPを受けてまともに記述されていないものも存在する(SCP-2719SCP-2747など2000番台以降に多い)。そんなときは前述の「SCP解説」を参照してみると新たな発見があるだろう。また、アニヲタwiki(仮)SCP関連の異様に充実した記事もオススメする。両者とも本家ページとは違いメタ視点からの解説が可なため格段にわかりやすいが、当然のことながらネタバレ満載である。初見ならではの楽しみがしたい場合は気をつけること。最近はニコニコ大百科でも記事が増えつつある(それでもわからないor載ってない場合は掲示板のやさしいお兄さんたちに聞いてみよう!)。

選択的なカノン

SCP財団の世界観については、大まかに共有されている設定はあるものの「正解」は存在せず、解釈は各個人にゆだねられている。

多くに共有された設定は「カノン」と呼ばれ、SCP財団の呼称・オブジェクトクラス研究員や機動部隊などの職種等がこれに当たる。しかしそれ以外の世界観や設定については、各個人によって自由に解釈が出来るようになっている。SCP財団という呼称、オブジェクトクラス研究員などの設定はカノンであるが、各SCPやTaleにおける解釈、SCP財団の規模などはカノンではない。特定SCPが存在しているかどうかすらもカノンではないので、「このSCP私の世界観に合わないからこの世界には存在しない」というのもアリ

そのため、特定SCPに関する解釈等を押し付けるのはNGである。「正解がない」ということは、逆に言えば「間違いもない」ということでもあるのだ。

Object Class(オブジェクトクラス)百アイコン

SCPオブジェクトは、その収容難易度が「Object Classオブジェクトクラス」という安で表示されている。

な7つのクラスは、

Safeセーフ
安全な扱い方がにわかっており、その扱い方に従えば危険なく収容を継続できる。
Euclidユークリッド)
未解明の部分もあり、安全に収容し続けられるとは限らない。
Keter(ケテル
確実に収容し続けることが困難もしくは収容不可能
Thaumielタウミエル
それ自体が他のオブジェクトの収容に利用される。
Neutralized(ニュートラライズド)
璧に破壊されるなど何らかの形で特異性を失っている。
Apollyon(アポリオン
収容不能で、差し迫った収容違反が予想される。
Archon(アルコーン
収容できる可性はあるが、何らかの理由により収容していない。

である。

気をつけなければいけないのは、前述の通り、判断基準が「安全性ではなく収容難易度である」ということ。例えSafeであっても、扱い方を間違えれば世界を破滅に導いてしまう可性もある。以前はKeterに「人類全体にとっての脅威となりうる」という要件も含まれていたが、現在ではオブジェクトの危険度は考慮されなくなっている。

分かりやすい判断基準として「のかかった」というたとえがあり、

  • に入れてをかけて放置しても何も起こらないなら「Safe
  • に入れてをかけて放置したら何が起こるか分からないのなら「Euclid
  • に入れてをかけて放置した場合、たやすく脱走するなら「Keter」
  • それがなら「Thaumiel
  • に入れられず、それが世界を終わらせようとしているなら「Apollyon」
  • に閉じ込められたとしても、そうしないのを選んだなら「Archon」

と言った具合になる。

またこの3つの他にも、非標準のオブジェクトクラスとして以下の3つのクラスがある。

特殊/物語クラス群(Esoteric/Narrative Classes)としては以下の例がある。

これらはわざわざ通常のクラスから外れてそのクラスを付ける意味を、多くの執筆者に納得できる形で書かなければならない。その為、執筆する上で非常にハードルが高く、上記のような例外的クラスはそう多いわけではない。

メジャーなSCPオブジェクト

ここでは著名なSCPオブジェクトについて紹介する。

下記を含め、大百科に記事が作成されているオブジェクト一覧については、記事「SCPオブジェクト一覧」を参照。

SCP-173 百アイコン

SCP-173 - The Sculpture - The Original(彫刻-オリジナル)exit」。最も有名、かつ代表的なSCP

英語圏の掲示板サイト4chanParanormal超常現象写真投稿され、怪談ネタとして創作されたのが最初である。これに触発されて4chanSCP創作する人が続き、「SCP Foundation」の誕生に至った。その名の通り、SCPの「起(The Original)」と言える。

二本足で直立し、奇怪な顔がスプレー塗装された、コンクリート筋製の彫刻。人間をゆがめたような不気味な彫像に見えるが、生きており、しかも人間に非常に敵対的な存在。かに見られている状態で全く動かないが、一でもを離すと高速移動で人間に接近、首を折るか締めるかして殺する。まばたきした間に殺される、命がけの「だるまさんが転んだ」である。

そのため、何らかの理由で収容室に入室する時には必ず3人以上で入らなければならないと規定されている。1人が用事を済ませている間、残りの者たちがをかけあい、交互にまばたきしながら見つめ続ける必要がある。

正体不明かつ危険な存在だが、「以前はの顔が描かれていて悪戯好きだがな存在だった」という話が付け加えられることがある。詳細はジョーク記事「SCP-173-Jexit」(ジョーク記事は末尾に「J」が付く)を参照。ただしあくまでジョーク記事内での設定であることには注意。

ちなみにこのSCP-173の画像は、芸術家加藤泉exit氏が2004年に発表した作品「無題 2004(Untitled 2004)」である。この写真を見て、余り不気味さにインスピレーションが刺された作者SCP-173創作した。加藤氏の展示会にこの作品が登場する事もあり、初見で身構えるファンもいるとかいないとか。

なお、SCP-173の画像の利用に際しては非営利に限定され、一切の営利的での利用が認められない。また彫刻の作者名を示した上で二次創作物であることを明記し、元の作品のコンセプトとは関係であることを留意する事としている。これは財団本家の人が加藤氏に利用の許可めた際に提示された条件で、非積極的な容認(reluctantly permit)をされている為。そのため、SCP-173二次創作で扱う場合は最大限の注意が必要である。

イギリスTVドラマドクター・フー」に登場する「び泣く天使Weeping Angel)」との関連性についてもたびたび言及される。これは顔を覆って泣く天使の彫像(の姿をしたエイリアン)で、「見られていると動かないが、視線を外すと高速で動いて殺しに来る」というSCP-173とそっくりな特徴を持つ。そのためパクリ呼ばわりされる事があるが、両者の特徴の一致は本当に偶然であると本家FAQexitで明言されている。双方の名誉の為に付け加えると、SCP-173の方がドラマより2ヶく発表されており、また天使の初出エピソードブリンク」はその完成度の高さから2008年ヒューゴー賞の短編ドラマ賞を受賞している。

SCP-682 百アイコン

SCP-682 - Hard-to-Destroy Reptile(不死身の爬虫類)exit」。

SCPの中でも古参で、そのデタラメな強さから「これ以上強いSCPを作ってはいけない」という標の一つになっている。また後続で発表されるSCPの「ぼくのかんがえたさいきょうのSCP」(メアリー・スー)化の抑止でもある。

でっかい爬虫類っぽい外見の怪物。甲羅があったり舌がアリクイのように伸びたり、必要に応じて全身に「」を形成したりと、特徴やサイズは決まっていない。で満たしたプールに沈められて化されているが、わずかでも動いたり脱走しようとしたら「その状況で使用できる全をもって対処」するよう決められている。

最大の特徴は、回復や耐性形成物理法則無視したレベル異常に高く、どんな手段を使っても殺せないこと。最初は重傷を与えたとしても死ぬには至らず、回復後に変異、破壊手段が効になってしまう。あるケースでは全質量の87を失っても生存し、しまいには損傷を上回るスピードで高速回復してしまった。更にたちの悪いことに高い知を持ち、人を喋り、あらゆる存在を憎悪している。財団の収容下から脱走しようとしてはたびたび甚大な人的・物的損を出す。そういった事情もあってか、「確保・収容・保護」をモットーとしている財団としてはしく殺方法を探しているが、成功したためしがない。
実験記録-T-98816-oc108/682exit

その異様なタフさから「SCP-682にこのSCPを引き合わせた時どうなるか」クロステストの対として、他のSCPの引き合いに出されることがある。本来、SCPオブジェクトクロステストは「何が起きるかわからない」為に厳しく禁止されており、財団トップの決定がなければ実行できないのだが、「SCP-682の終了」のメリットが危険性を上回るという事だろう。複数回の「脱走」を起こして財団に被害を与えている為に「収容違反」の典として時折描写される。

以上の性質から「クソトカゲ」呼ばわりされる存在だが、一方であるSCPオブジェクトによって爆笑させられのたうち回る羽になった(後に正気に返ってしく罵った)り、抵抗になった所をクレヨンで体に落書きされて遊ばれたりと、何だかんだされている節がある。

ちなみにSCP-682の画像は、2006年にロシアのサハリンの海岸で発見された、全長数メートルあるワニのような謎の生物の死体の写真exit元ネタ。実は爬虫類ではなく、シャチのような哺乳類の腐敗死体と推測されている。

SCP-096 百アイコン

SCP-096 - The "Shy Guy"(シャイガイ)exit」。恥ずかしがりの男。

奇妙に長い手足を持った、灰色肌で長身・細身の人怪物。普段はおとなしく、また知性も見せない。しかし第三者がSCP-096の顔を眼・映像写真を問わずに「見る」と、しばらく顔を覆って苦しはじめる。そしてその苦が終わるや、顔を見た人間の所に猛スピードで駆け寄って殺する。ただし例外として、模写を見てもこの現は発生しない。SCP-096から遠く離れた場所にいる者が映像等を通じて顔を「見た」場合でも、感知して上記の行動に入る。どんな障を用意してもそれをえるで突破されてしまい、殺行動を停止させることはできない。対を殺した後は大人しくなり、収容自体は簡単に出来る。顔さえ見なければ。

例として、上記の「模写」を行ったDクラス職員SCP-096から███km離れたニュージーランド、深度10,000メートル溝に沈められた潜水球の中で、写真を元にSCP-096の顔を模写するよう命じられた。直後にSCP-096は脱走、最短経路(あらかじめ民間人や記録装置が排除されていた)を踏破してに飛び込み、僅か16分後に標に到達して潜水球を破壊、殺している。
その後大人しくなったSCP-096は容器に収容された模写ともども問題なく回収されている。

これだけなら「顔に袋をかぶせとけばいい」で終わる話なのだが、「財団がSCP-096を収容する前に偶然SCP-096を遠くから映していた写真」が、財団が把握できない形で世間に出回っている。その写真の持ちたまたまある日写真に写っているSCP-096を「見る」と、SCP-096は財団の施設を破壊して収容を突破し、その人物の元に一直線に駆け抜けていく。その途上でSCP-096の顔を「見た」財団職員や地域住民も全員されてしまう。当該の事案exitでは、写真に写りこんでいたSCP-096の大きさはわずか4ピクセルだったにも関わらず、甚大な被害をもたらすこととなった。

SCP-076

SCP-076 - Able(アベル)exit」。

「able(エイブル)」は「可な」と言う意味だが、この場合は「Abel(アベル)」のアナグラムまたはフォネティックコードであると思われる。

約1万年前に造られたと推定されるい石造りのSCP-076-1」と、その中から現れる、人的身体を持った男性SCP-076-2」で構成されている。

SCP-076-2殺人を楽しむ異常人格を持っており、異間からを呼び出す超能力や、その弾を叩き落とす戦闘技術、頭を撃ち抜かれても戦闘を続けるタフネス素手で引き裂く怪力などを駆使して、出会う人間を皆殺しにする。一応不死身ではなく「で滅多撃ちにされる」「重量物で叩き潰される」「体内から焼き尽くされる」などの膚なきまでのダメージを負うと死亡となって消滅する。しかしその後に時間をおいて、SCP-076-1の中から復活する。

大変危険なSCP-076-2だが知は高く、人は解している。殺行動は楽しんでいるが、苦痛を与える事には興味を持っていない。人類を軽視し、等といった観念は全に欠如しているなど、ソシオパスの極みとも呼べる性格。ただし例外的に「敵に立ち向かう優れた戦士」には一定の敬意を払う。かつて自分を何度も「殺」したエージェントを気に入っていたようで、彼が別の作戦で殉職したと知った途端にやる気を失い、暴走を止めた事でそれが判明した。これを手掛かりにコミュニケーションをとって交渉を行うことに成功し、一定期間「財団」の機動部隊「オメガ-7」に所属して活動していた時期があった。最終的にSCP-076-2が制御不能となったために計画は破綻したが、この時期のSCP-076-2や「オメガ-7」は他のSCPの関連文書で登場することがある。

このように「人間すごいパワーを持っているSCP」は結構よく投稿されているが、そのほとんどは「X-MENに行け」「メアリー・スーっぽい」と言う否定的意見とともにマイナス投票が入り、々に淘汰されるようになっている。そんな中でSCP-076SCP-682と並んで創作標となっており、また初期SCPということもあってプラス投票が多く、アーカイブ化という形で削除から除外されている。

「牧畜の知識が豊富」「セム人(中東付近の各民族)の男性のような見た」「SCP-073 - Cain(カイン)exitと互いに知り合いで、SCP-073しく憎悪している」「古代シュメール語を好んで使う(旧約聖書物語シュメール語が使用された古代メソポタミア神話が起とされている)」などの点から、旧約聖書に登場する人物「アベル」を念頭に置いて創作されたSCPのようだ。

その・危険度とは裏に「財団の問題人物に○×ゲームを教えられ、引き分けという概念に納得できず3週間ゴネるexit」「死体に触れると[削除済]になるSCPの分泌物で作ったさわやかドリンクを飲まされるexit」「対象の好みのピザを具現化するSCPに肉てんこ盛り特大ピザを提供されるexit」「地上全ての枕を根絶する作戦に狩り出され、罵倒と共に所属異動を要請するexit」など、SCPやtaleによってはいじられる傾向にある。二次創作でも人気が高く、イラストやTaleが多数発表されている。

SCP-105

SCP-105 - "Iris" ("アイリス")exit」。

本名、アイリス・トンプソンヨーロッパ系のアメリカ女性が発現したのは10歳。両プレゼントされたポラロイドカメラSCP-105-B)で撮された写真に対し、遠隔視および物質操作を発現する。彼女写真を手にすると、画像がリアルタイム映像に変わる。更に手を伸ばすと撮場所から手の届く範囲の物品に触れたり操作できる。他のカメラで撮された写真でもは使えるが、SCP-105-Bで撮された写真が最もを発揮できる。

本人単体では異常性を発揮しない事、収容当時から模範的・協的態度をとってきた事から、現在は自身の収容される「サイト17」の職員として、限定的だが社会自由を許されている。制約として体には発信装置が埋め込まれており、認可のない限りSCP-105-Bを含んだカメラ類への接触が禁止されている。数多く登録されている人SCPの中でもしい存在。

一時期、機動部隊「オメガ-7」の一部隊「チームアイリス」のメンバーとして、調情報収集任務に従事していた事もある。在籍中はそのにより多くの成果を上げたが、諸々のトラブルにより部隊は解散してしまった。 それから10年後、サイト17が敵対する要注意団体からの襲撃を受ける。その際に命に関わるトラブルを自で解決した手腕を認められ、新たな機動部隊「アルファ-9」に所属、前線に復帰した事がTaleでられている。

わかりやすく汎用性の高いや、金髪碧眼&程よい身体データ(154cm/50kg)などの容姿設定のおかげか、二次創作ではSCP-076と並び人気のあるキャラクター。反面、一部のジョークSCPではヒロイン役…というかぶっちゃけ薄い本要員」として動員される傾向の高い苦労人でもある。

そしてとうとう日本ライトノベルにもヒロインとして登場することに。(関連商品参照)

SCP-231

SCP-231 - Special Personnel Requirements(特別職員要件)exit」。
7つの印、7つの指輪。淫王のための7人の
数あるKeterの中でも危険度はトップクラスで、XKクラスシナリオこと「世界終焉シナリオ」に結びつく事が明言されているSCPオブジェクトSCPを構成するのは7人の女性(10歳未満の少女も含まれる)で、何れも臨妊婦。とあるカルト儀式の結果、彼女達がんだ「何か」が生まれる事で世界滅亡が始まるとされており、財団は今までに「出産を阻する」処置、通称「110-モントーク」を実行してきた。
お前はここへ隠されたメッセージを探しにやってきた、そうだっただろう?
現在までに6名が処置の失敗により死亡、または自殺しており、全てにおいて重大な被害と死傷者が発生している。一残った1名「SCP-231-7」のみが最後の砦として強制的に生かされ、24時間ごとに「110-モントーク」を実施され続けている。
それはお前を惹きつけた、そうだろう?
この「110-モントーク」が何であるかは、実は具体的には記述されていない。しかし「処置の間、悲惨な悲鳴を上げる」「彼女の意識は明瞭に保たれ、何をされているのか理解しなければならない」「処置に携わった博士ストレスのあまり自殺した」「財団に反逆してでもSCP-231らを救出しようとして射殺された財団のエージェントがいる」など、極めて非人間的な行為が行われている事が示唆されている。このSCP解説を読んで「妊娠した女の子出産しない為にどんなことをされているのか」と想像した事全てが正解となり、読者は自分の中にある暗黒面を暴き出される。パッサパサのクッキーミルクなしで食べさせられて皆に笑われててもいいんじゃよ?
誘惑。陰謀。秘。お前は答えを探し続ける。お前が見ているのは間違った場所だ。
SCP設定および心理的トラップと共に、実はある仕掛けがページそのものに施されている。気になる人はHTMLを[データ削除済]

用語

SCPに関連して共通で使用される頻出用について記述する。

Dクラス

最低ランクの職員。Dは「disposable(使い捨て可)」のDとも。

「D-14134」といったように、囚人番号のような数字で呼称される。各政府と「財団」が取引して、死刑囚を徴用しているという設定である場合が多い。その他にも理由あって財団内で降格させられた元職員なども確認されている。

様々なSCPにおいて、実験探索の際の捨て駒として使われる。例えば「使用すると危険が及ぶと判明しているSCPをあえて使用させる」「内部がどうなっているのか不明なSCP建築物の中に、カメラ・通信機・GPSを装着させて侵入させる」など。多くの場合死ぬか、そうでなくともひどいに遭っている事が多い。

Dクラスが財団からの命に逆らう事は許されず、違反した場合には「終了」(原文は「terminate」。「解雇」「契約終了」とも訳せるし「殺」とも訳せる)される。また初期には「Dクラスは「雇用」から数十日で定期的に「終了」される」という設定が、ある程度普遍的だった。しかしSCPが増えるにつれて「いくら何でも死刑囚の数が足りないだろ」というツッコミもあり、その設定に基づく創作は減少傾向にある。

O5

O5(オーファイブ)評議会。

「財団」の最高責任者たちで、トップレベル情報アクセス権および決定権を持つ。その重要性から、SCPへの直接的な接触が厳禁となっている。SCP研究の現場からの様々な要請を時に許可し、時に却下している。「O5-1」や「O5-12」といった「O5-数字」で呼称される個人たちによって構成されており、その正体はtaleによってさまざま。

XKクラスシナリオ

様々な要因によって世界終焉に至る「K-クラスシナリオ」と呼ばれるもののひとつ。別名「漬けにされた地球」。

として、KeterクラスSCPの取扱いに失敗した時に起きると想定されているもの。直接再建することが不可能レベルで人類が絶滅し、文明が消滅する。これを避けることが「財団」の的であるとも言え、そのためにKeterクラスSCPは、厳重に対策が練られている。逆に言えばこのシナリオを起こしうSCPが幾つも存在しているという、恐ろしい現状にある。

財団はこれらの最悪のシナリオに備え、常に対策を講じている。また最悪の事態に対抗しうThaumielSCPSCP-2000 - Deus Ex Machina(機械仕掛けの神)exit 」を保有。もしXKクラスシナリオが実際に起きてしまった場合でもSCP-2000だけは守られるよう、幾つもの防御機構が備えられている。

人類が滅んでしまった場合にはSCP-2000が起動、内部の人類合成機が猛に人口を再生産し、文明を復元。おおよそ人口がもとに戻ったところで、また別の機構が起動して、まるでそんな出来事はなかったかのように、合成された人類の記憶を操作する。これによって世界歴史全体を「リセット」してやり直すわけである。

不思議なことに、財団はこのSCP-2000をどのようにして開発したのか把握していない。さらに、SCP-2000は既に2回起動した形跡がある。つまり…?

ミーム

進化生物学者、リチャード・ドーキンスが、1970年代に著書「利己的な遺伝子」の中で提唱した概念

情報は人から人に伝播し、変異し、進化する。この点が進化論における「遺伝子ジーン)」との振る舞いに似ていることに気づいたドーキンスが、これらの情報を「模倣子ミーム)」と表現した。

情報の伝播について研究する際に使い勝手のよい言葉であるため、この概念は他の学者たちによって研究・拡されている。特にネットにおいては流行りの画像ネタテンプレネタしてインターネット・ミームと呼ぶ。

SCP財団におけるミームは、ぶっちゃけると「感染を持つ異常情報」という扱い。誤解されがちだが、ミームSCP=内容が異常情報ではない。感染がなければ、それはミーム的(ミーマチック)とは言い難い。ミームSCPでは、SCPオブジェクトの記述時にが出る「情報災害」、認識や記憶められる「認識災害」、そこから更に精活動や行動が出る「ミーム災害」が発生する。

このようなミームSCPを多数「確保・収容・保護」する財団だが、往々にして収容違反を引き起こし、厄介拡散する。特に「SCP-571 - Self-Propagating Infectious Pattern(自己喧伝性感染図形)exit」など、拡散の高いミームSCPKクラスシナリオ生する可性がある。一方で「SCP-426 - I am a Toaster(私はトースター)exit」「SCP-931 - A Rice Bowl(茶碗)exit」「SCP-  -J - Procrastinati(先延ばs)exit」など、製作者&翻訳者の卓越したセンスによって高評価を受けるSCPもあり、楽しみ方も脅威も多種多様である。

現実改変と「ヒューム値」

オブジェクトの中にはの前にある物体の構造や存在そのものを書き換えるものが存在する。これが「現実変」と呼ばれるものである。レベルによって範囲は異なるが、Keterクラスになってくると世界を滅ぼすことすら容易なものも非常に多い。

現実性の強度を表すのが「ヒューム値」というもので、普通の状態のヒューム値を1としてこれよりヒューム値が低いとの前の「現実」にを及ぼす。逆にヒューム値が高い存在はそれより低いものの「現実」を変えることができる。基本的にヒューム値が1の存在がそれより低い物の現実を変えることはまれで、そのためには条件が必要となる(例:SCP-540-JP - ンボボボさんexit)。また、この数字は「カント計測器」と呼ばれる機械で計測が行われる。

高位の現実変者の中は自身のヒューム値が高い上に周辺のヒューム値を下げることが可な存在も居る。例えば「SCP-239 - The Witch Child(ちいさな魔女)exit」は自身のヒューム値が50で周辺のヒューム値を0.4まで下げることができる。

こういった現実変のを最小限に抑えるために財団によって製造されたのが「スクラントン現実」と呼ばれるもので、周辺のヒューム値を固定させることができるのだが近年ではこれすらもヤムチャみたいな扱いになってることがほとんどである。GPS「ぼくににてる」

Tale

Tale(テール)とは「物語」の意。

SCPの報告書」やその添付文書の形を取らない、小説めいたページ。報告書ではり切れない複雑なストーリーられていることが多く、シリーズものは「ハブ」としてまとめられている。ただし報告書とべると、カノン同様に非公式の趣が強く、「そのTaleの作者の個人的な二次創作」という印で扱われることが多い。

「財団」以外の団体(要注意団体)

詳細は、記事「要注意団体(SCP)」を参照。

ある一つのSCPストーリー背景として創作された団体が、他のSCPストーリーでも言及されていくうちに徐々に設定が付けされていったもの。以下は一例で、他にも多数の団体が登場する。

本家サイトでは「Groups Of Interestexit」の一覧ページがあり、「要注意団体exit」と訳されている。interestは「興味・関心・注意」を意味する為かと思われるが、「利」も意味するので、正確には「利関係にある団体」かもしれない。

クロスオーバー、二次創作

クロスオーバーとは、二つ以上の作品を互いにリンクさせ、混じり合わせること。オリジナル創作作品、とくにアメコミの分野でよく行われるが、インターネット上での二次創作作品でも多く見られる手法である。特に「ファンフィクション」や「SS」と呼ばれる、二次創作小説の分野に多い。

各々のSCPオリジナリティを重視するので、「他の作品の登場物をそのままSCPとして投稿する」といったような事はあまり評価されず、たいてい低評価が集まって削除されてしまう事が多い。しかし元々インターネット掲示板4chanの住人が集まってできたWikiでもあるので二次創作好きも多く、taleと言う形ではそれなりに存在している。それ専用のプロジェクトProject Crossover」(原語Wiki版exit日本語訳版exit)まである。

DOOMexit」や「マイリトルポニーexit」のような(日本でも知られてはいるが)海外の作品、カフカの「変身」exit「シャーロック・ホームズexit」のような文学作品、日本のアニメ作品exitもあるなど、ジャンルはさまざま。
また本家Wikiだけではなく、FanFiction.netexitのような英語圏の大手二次創作小説サイトなどでも、SCP二次創作小説クロスオーバー作品が多数開されている。

常的で特殊な存在」であれば何でもSCPになりうるので、クロスオーバーさせやすいのかもしれない。例えば、数々の異常なアイテムを格納した異次元収納機構を有する猫型自律機械頭足類と人間の少女の特徴を併せ持つ侵略生物人間の少女を異常存在へと変容させる力を持つ異星生命第二次世界大戦当時の軍事艦船をディフォルメさせた武装を備えた謎の生命体群多種多様な異常存在が内部で棲息している日本国某所の異次元的空間人間の血液を塗布すると着用者の肉体を異常存在へと改造する仮面接触した動物を人間の少女の姿に変容させる謎の物質など。これらがSCP Foundationの世界にあったとすれば「財団」がSCPとして収容しに来るのは間違いない。

新規ページを100件以上確認したいとき

SCP財団日本支部の場合

日本支部には「最近編集された記事exit」「最近作成された記事exit」と言うページがある。だが残念なことに、最新100件までしか表示してくれないようだ。しかも日本支部が利用しているWikiサービスwikidot」の仕様では「総ページ一覧exit」には「更新順」「作成順」の並べ替え機が用意されていない。

しかしながらURL末尾をいじることで並べ替えることが可
ページ一覧「最近編集された順」に並べたページがこちらexit「最近作成された順」に並べたページがこちらexitになる。この方法ならば100件以上遡ることができる。

関連動画

動画タグとしては旧サイト名である「The SCP Foundation」が最も多く使われているが、動画検索する際には「SCP」でキーワード検索する方がより簡便。
その他のSCP財団関連動画も含めてより多くヒットする。

SCP財団を題材とした二次創作ゲームSCP Containment Breach」や、その関連作品「SCP-087-B」の動画については「SCP Containment Breach」の記事に譲る。

解説系

記事「SCP解説」も併せて参照。

MAD系

記事「SCPMADリンク」も併せて参照。

Tale・報告書

他ジャンルとのコラボ系

その他

関連静画

関連立体

関連商品

ほとんどのSCPは「クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0(CC BY-SA)」のライセンスの元に開されており、営利的の利用や変が可である(ただし前述のように、SCP-173等の少数のSCPは例外であることに注意)。そのため、SCPを題材とした商業作品(衣服小物、書籍など)も販売されている。

なおライセンスが「継承」であるので、これらの商品もまた「クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0(CC BY-SA)」のライセンスを継承している。

関連コミュニティ

関連項目

SCPの関連項目一覧も参照。

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 135
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/scp%20foundation
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SCP Foundation

5789 ななしのよっしん
2022/09/19(月) 03:27:16 ID: Ds29qyauJo
>>5786
その設定はっきり言って説明放棄の言い訳設定で嫌いなんだよね
5790 ななしのよっしん
2022/09/19(月) 13:54:48 ID: Oqwf8PGV1K
嫌なら自分のヘッドカノンの中だけで全部存在する世界解釈で読んでり記事書いたりすれば良いんじゃないですかね…
そもそもの始まりからして執筆者全員が連絡取り合ったり全てのカノンオブジェクトの存在を把握した上で書くなんてどう考えても不可能な状態なのに、パラレル設定を放棄なんて出来る訳ないんだから
5791 ななしのよっしん
2022/09/20(火) 06:31:59 ID: Ds29qyauJo
SCP批判を絶対許さないような雰囲気が強すぎるんだよ
5792 ななしのよっしん
2022/09/20(火) 07:07:22 ID: F/3xsJRwYR
そんな雰囲気あるか?
ディスカッションとかでめちゃめちゃに批判されて消える記事とかかなりあるし、有名なでも感動系とか長い記事はネットのあちらこちらで嫌いとか言われてるのも割と見るけどな…流石に彫刻とかシャイガイかれてるのは見た事ないが
5793 ななしのよっしん
2022/09/20(火) 18:38:13 ID: IiKeX1szT+
正当な批判だと思って的外れな事とか言ってるのに気づいていないだけ説
5794 ななしのよっしん
2022/09/23(金) 22:53:43 ID: 41kDrMqPPN
scp-1983の動画久しぶりに見ようと思ったけど見つからない。削除されてしまったのかな
うみねこのなく頃にBGM使った素敵な動画だったのに。残念
5795 ななしのよっしん
2022/10/05(水) 21:01:03 ID: 3PIceV+FLH
>>5794
もそれ好きだったわ
消えちゃったなら残念
5796 ななしのよっしん
2022/10/06(木) 02:56:55 ID: Ds29qyauJo
>>5792
確かに財団内ではそんな感じだけど(言葉足らずでスマン)ここみたいに外部のコミュニティだと実際そういう潮を感じるんだよ
昔「たまにBLっぽいのがあって嫌だ」と愚痴っただけでかなり責められたし
5797 ななしのよっしん
2022/10/06(木) 08:08:06 ID: hXguBVC/5X
自分のやらかしじゃん
主語をでかくすんな
5798 ななしのよっしん
2022/10/07(金) 07:33:51 ID: X4IRfZjexE
scp解説でおすすめってあるかな?
妖夢とかそういうキャラ解説してるみたいな