しまうま(実況プレイヤー) 単語

7件

シマウマ

7.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

しまうまとは、2008年から活動している男性実況プレイヤーである。

プロフィール

居住地は関西方面。出身は三重県(第4回しまうま重力画)。動画上で本名を質問されて、「タケフジゲンゴロウ」と名乗っている。兄弟は4歳下のが1人(第10回しまうま重力画)

しまうま名前の由来は、名前を決めている時に映画の『ゼブラマン』を見ていたためとっている。(第6回しまうま重力画)

ミルクティーが好物で、ボス戦の前などによく飲む。ミルクティーとの出会いは、第8回しまうま重力画でられている。

嫌いな食べ物イカ刺身。(ドラクエ3実況part21より)

年齢については、「小学校低学年の時に幽遊白書リアルタイムで見ていた」とコメント(第2回しまうま重力画)

昭和時代のウルトラマンシリーズはほとんど見ていて、怪獣名前はだいたい言える(第5回しまうま重力画)

中学では卓球部。高校は勉強中心で帰宅部大学ではボランティアサークルに所属(第5回しまうま重力画)

称は「しまうー」。他にもしまうまの多面的な人柄を表す通称として「しもうま」「やさしまうま」「くろうま」等がよく見られる。

な口
・「かわいいねぇ」…に話し掛けた時に必ずコメントする。稀に例外あり。
・「よう!」…モブ住人に話し掛ける時のとりあえず挨拶
・「だもんで~」…しまうま独自の接続詞。意味は「だからして~」の様である。

特に「だもんで~」については一定数ファンが居るらしく、発すると大変喜ばれ時には弾幕が流れたりとかなりの人気を博している。彼らの事は「だもんで」と呼ぶのが通例である。
なお「だもんで」は東海地方独特のなまりであるらしいが、「しまうま以外の口から聞いた事ない」との懸念のもあり相は定かではない。

文化的な一面としては作詞作曲を得意とする節も見られる。
これまで「プロビナの歌」「マリベルぐ歌~フィッシュベルに咲く一輪~」「カジノ回のテーマ」等多数の自作曲リリースしている。クオリティに関してはリスナー各々の主観に委ねられるだろうが、動画上で見る限り評判はすこぶる良く、新曲を待つも少なくはい。

苦手モンスター友)マルチアイ(DQ7)、ガスダンゴ(DQ5)、メドーサボール(DQ2)、フロッガー(DQ3)など。極度のグロ嫌いであり、特にカエルに対しては天敵に出会ったかのような恐怖感をあらわす為カエルモンスターDQ4序章シンシア門である。なので決して市場カエル関連の商品を貼ったりしないようにしてあげよう。絶対貼るなよ!

2010年3月大学卒業したのち、現在実家住まいである。ペットとして、父親が飼っている室内が複数匹いる事が判明しており、そのうちの一匹はダックスフンドの「そら」と言うらしい。動画生放送等において時折(予期せぬ)ゲストとして登場している為、わんわん好きな視聴者を中心人気急上昇中。(∪^ω^)わんわんお!

実況動画

ドラゴンクエストⅦ~エデンの戦士たち~

2008年11月17日実況開始。2009年5月08日part136番外編は除く)総投稿数152でクリア特別編と題してクリア後のダンジョン探索2009年5月15日に開始し、2009年6月09日part6(総投稿数7)にて完結

動画タイトルは「ドラクエを知らないドラクエ7初プレイ実況

ドラクエ7以前はドラクエの経験が全くなく、最初はプレイにぎこちなさが立った。しかしコメントアドバイスをもらっていき、少しずつドラクエにも慣れてくる。ドラクエの経験がないので、作戦の「めいれいさせろ」は使わず、AIに任せることにしている。

時々ゲーム実況動画の最後に「しまうま動画重力画)」と称して、視聴者からの質問等に答えるコーナーをやっている。最初はドラクエ7動画Part84などでテスト的実行。その後Part87において正式に「第1回しまうま重力画」としてスタート。第2回以降は、 Part90,93,96,104,105,108,111,117,120,123,126,129特別編4と続く。全14回で終了。

最近では、part85で歌ったプロビナの歌人気が出始めている。(ドラクエを知らないドラクエ7初プレイ実況 Part85)マナブとシンタロウ初登場。

ドラゴンクエストⅣ~導かれし者たち~

2009年5月19日実況開始。2009年8月03日part63(番外編は除く)総投稿数68でゲームクリア特別編と題してクリア後のダンジョン探索2009年8月06日に開始し2009年8月13日part6で完結。その後、2009年10月26日に第3章のネネのボッタクリ商法を確かめるべく特別編7を2パートに分けて投稿

ドラクエ7クリアした後に開始したので、「ドラクエに慣れてきたPS版ドラクエ4初プレイ実況」というタイトルで始める。しかし実際にはそれほどドラクエスキルは上がっていなかったので、途中から「ドラクエに慣れてきた(笑)」と(笑)を挿入した。ゲームクリア直前でようやく(笑)を取る。

ドラクエ7で経験がほどんどなかった、1人の時に死亡立つ。ドラクエ7でやった命縛り継続

3章でお金を貯める際の手際が悪かったため、5章に入ってからトルネコを優遇して使っていくと宣言。その言葉通りに、他のドラクエ4実況者では見られないほどトルネコを頻繁にスタメンで起用した。

このドラクエ4から下ネタ発言が特に立つようになり、特に女性モブが出てくると必ず口説き倒すことから、視聴者からはいわゆる「しもうま」と揶揄されて以後定着するようになる。

スーパードンキーコング3~謎のクレミス島~

2009年8月22日実況開始。2009年9月15日part14でゲームクリア。その後、2009年9月22日より特別編と題して裏ステージを開始。2009年10月23日part4で完結

動画タイトルは「懐かしのスーパードンキーコング3麗に(笑)プレイ実況

ドラゴンクエストⅤ~天空の花嫁~

2009年9月04日実況開始。ドラクエ7,4に続いて命縛り継続

動画タイトルは「注意散漫なPS2版ドラクエ5初プレイ実況」。

5ではAI仕様がかなり違う(ルカナンなど補助呪文を多用する)ため、命縛りで進めていったらかなり苦戦をすることとなった。

特にフバーハなどの重要な呪文を、どの作戦にしても唱えてくれないので、後半のボス戦ではかなり苦戦をする。最後は「ラスボスに3回負けたら命を解禁してフバーハを使う」と宣言することになった。その結果は・・・動画を見ればわかる。

仲間モンスターネーミングセンスには定評があり、魔法少女・会社の同僚など個性的な裏設定が添えられた。元となるモンスターキャラとのギャップが一つの見どころになっている。

2010年2月10日part80(総投稿数94(修正版を除く))でゲームクリア。その後、2010年2月21日から特別編と題して裏ダンジョン及び隠し要素の探索等の実況を開始。どはクリアしているが、裏ボスターン内撃破に向け、パーティ育成中との事。

Part1から8年後の2017年11月04日、1周実況の時はビアンカを選択した為、フローラにした場合のルート実況を開始した。動画タイトルは「注意散漫なPS2版ドラクエ5初プレイ実況 Parallel」。2018年9月6日ゲームクリア

ドラゴンクエストⅥ~幻の大地~

2010年03月09日実況開始。動画タイトルは「注意皆無SFCドラクエ6初プレイ実況」と、ドラクエ5よりいっそう自虐的なネーミングになっている。

なお、Part1がデイリー ゲーム 総合ランキング176位を記録している。これは、リスナーニコニ広告による宣伝をしてくれたこと、DSリメイクドラクエ6が発売されて間もない話題性などの理由によるものであろうが、何よりしまうまが着実にファン層を増やしている左であるかもしれない。同時期に、ファンコミュニティ人数は300人を突破している。

ドラクエ6実況進行中、大学卒業して実家に帰省。その当時はネット環境がなく、実況を3週間ほど中断するなど、プライベートでいろいろある中の実況となったため、終了までにかなりの時間を要した。

最終的には、2010年9月25日part94(総投稿103再うp&軽量版は除く))でゲームクリア。その後、2010年10月07日より特別編と題し、裏ダンジョンクリアまでの実況を開始。201011月01日、裏ダンジョンクリア

現在、ほぼ全てクリアしているが、スライム格闘場とベストレッサーコンテストクリアしていない。今後、収録&うp予定だが、時期については未定

ロックマン&フォルテ

2010年1月7日実況開始。2010年4月11日part7で完結動画タイトルは「昔クリアできなかったロックマン&フォルテ実況プレイ

スーパードンキーコング2~ディクシー&ディディー~

RPGからしばらく離れるために、ドラクエ6終了後の2010年10月15日実況開始。動画タイトルは「麗さ皆無プレイスーパードンキーコング2実況プレイ10月28日part13でゲームクリア

間を開けることなく、クリア翌日には裏ステージ攻略特別編part1をうpし、僅かpart2つ、たった2日でクリア。既プレイという事もあって、全て通しても僅か2週間という非常に短い実況動画となった。

ドラゴンクエストⅠ

2010年11月2日実況開始。動画タイトルは「ひとりぽっちのSFCドラクエ1初プレイ実況」。
ひとりぼっちではなくひとり「ぽ」っちであることに注意されたい。

メインヒロインよりも町むすめグラフィックをいたく気に入り、出会っては口説いている。また非常に名前を間違える。 

例:正「ラダトーム」⇒誤「ラムダート」 正「ガライ」⇒誤「ラダイ

このように動画タイトルからは消えているものの相変わらずの注意散漫&皆無っぷりを惜しげもなく披露した。

2010年11月16日、見事完結。 ストーリー自体が短い為、ドンキー2と同じくらいの短い実況動画となった。

ドラゴンクエストⅡ~悪霊の神々~

2010年11月23日実況開始。動画タイトルは「やる気SFCドラクエ2初プレイ実況」。
ちなみに、1=75kg*m/s、1英=550lgf*ft/sと、かなり大きな仕事率であり、本人も「やる気がないといいう意味ではない」とっている。

動画内である仲間キャラクターに一時ペットのような名前をつけたため一部視聴者からクレームを受け、まともな名前名するも、要所要所で「動物ネタ」を引っり出して使っていることから、本人には着がある模様。その中から「ニャンニャンしてワンワン」という近年、稀に見る迷言名言を残した。

ゲーム後半はドラクエ2プレイした事がある人なら、もが苦しむ鬼畜ゲームバランスに弱音を吐いていた。ロンダルキアの洗礼を受けたのは言うまでもい。

なお、本作の戦闘曲をいたく気に入っており、インスピレーション歌詞を即するなど、しまうまの新たな一面が垣間見られる動画となった。2010年12月30日完結した。 

トゥトゥルトゥー♪

ドラゴンクエストⅢ~そして伝説へ~

2011年1月12日実況開始。動画タイトルは「向上心が1身のSFCドラクエ3初プレイ実況」。
前作までのドラクエ実況では主人公に「しまうま」と名前をつけていたが、今回は「しまうま」は仲間キャラクターの一人として登場する。

初のキャラクターメイキングシステム故、しまうまネーミングセンスが最大限に発揮される事となる。そして同時に、ドラクエ5と同様に個性的な裏設定が添えられる…ある者は変態紳士称号を受け、またある者は容姿に似つかわしくない笑いを付かされる…。

そして最大の注所はしまうまの役であろう。通常プレイにはあまり見られない前代未聞の転職ルートにより最後まで視聴者ハラハラさせた。その全容は是非動画内で確認していただきたい。

2011年4月06日part52(総投稿数59)でクリア。後にpart52‐3としてクリア後の世界巡り回をうpしている。2011年4月24日特別編と題して、裏ダンジョン実況を開始。2011年7月06日part8(総投稿数9)で完結

おまけとして2011年7月08日裏ボスクリアまでの育成の様子を、しまうまである春巻と一緒に実況している動画うpした。なお、隠しすごろく場をクリアする予定はいとの事。

ドラゴンクエストⅧ~空と海と大地と呪われし姫君~

2011年8月06日実況開始。動画タイトルは「注意が呪われしドラクエ8初プレイ実況」。    

視聴者からのコメントを見ず、その代わりにドラクエ8実況に関する質問返信動画を設けるなどかなり異例な試みである。初のテンションシステム錬金システムに翻弄されながらもいつものしまうまクオリティでお送りする。本作のヒロインはとある事情で呪いをかけられの姿をしているためが薄く、の序盤でパーティに加入する女性魔法使いの方がメインヒロイン扱いされる事が多いのだが、しまうまはむしろ前者に対して好印である。そしての中盤ではドラクエ史上最も救いようのい人格を持ち、ほとんどのプレイヤーが見放してしまうような王子が登場するのだが、その王子に対ししまうまは成長を期待するなどしい意見を述べる事が多いので一見の価値有り。

2012年3月1日 Part104-3をもって本編実況が終了。その後2012年7月10日 特別編18-2をもってドラクエ8全編の実況を終了。4年間に渡るドラクエ1~8実況を終えたしまうま感想に対しグッとくるプレイヤーもいるとかいないとか。

キミキス

2011年5月10日実況開始。動画タイトルは「恋愛偏差値24のキミキス初プレイ実況」。

元々驚くほど恋愛偏差値は低いが、何故か恋愛経験を重ねる毎に恋愛偏差値が下がっていくようである。主人公名前は「糸高史」。これはしまうまTwitter名前ともなっている。      

初の恋愛ゲーム実況という事もあり、今までにかったしまうまの一面が見れる実況となった。しもうまやきもうまが頻繁に出するとの噂。

本作ヒロインの1人・星乃結美ストーカー行為史の・糸高菜々と共に現れる日南ガエルIWAO事件等、数々の苦難があったが、これまでに里中なるみ咲野明日夏二見瑛理子の3人を攻略している。2011年11月29日以降、とりあえず実況プレイは終了しているが、アマガミ実況が終了し次第、再開する可性をしまうま自身が示唆している。

アマガミ

2011年12月23日実況開始。 

Re:Radio

しまうま会のゲーム実況者合同ラジオ動画である。

第1回は2012年1月29日現在3回行われている。第1回、2回、3回共にしまうま会だが、他の会者を募集中のようである。

少年ヤンガスと不思議のダンジョン

2012年9月2日実況開始。動画タイトルは「不思議少年ヤンガスと不思議のダンジョン初プレイ実況」。2012年12月19日本編完結

ドラゴンクエストモンスターズ1

2013年2月4日実況開始。動画タイトルは「白黒モンスターPS版ドラクエモンスターズ1を初プレイ実況」。

ドラゴンクエストⅩ~目覚めし五つの種族~

2013年10月26日実況開始。動画タイトルは「覚めし6種族が【DQXオフライン初プレイ実況」(part18以降はオンライン)。

2015年4月15日バージョン1のストーリー完結
その後、引っ越し等による長期休止なども経つつ、2017年10月09日Part229-3をもってバージョン2のストーリー完結

バージョン3以降のストーリーは保留とするとの事。

ドラゴンクエストⅪ~過ぎ去りし時を求めて~

実況11年となる2018年12月30日実況開始。動画タイトルは「過ぎ去りし注意めるPS4版ドラクエ11初プレイ実況」。

ドラクエ8実況の時と同じように、視聴者からのコメントを見ずに進めていくとの事。

なお、Part1が実況プレイ動画 デイリー 総合ランキング1位を達成した。

2019年現在実況プレイ中。

3人実況

友人あべかわ(開始当時の名前ちくわ)、エヴィアンとともにゲーム実況を行う。これまで3人実況したゲームは、ゴエモン2ゴエモン3星のカービィSDXスーパーマリオRPG

生放送

しまうま生動画

しまうまが不定期で行う生放送雑談である。

どの場合、事前予告をする事がく、ゲリラ的に放送を始めるのが特徴。

またコメビュを実装していないため、コメントしているのかは把握していない。

だがコメントは頻繁に拾って発言するので、動画視聴者達との交流の場となっている。

現在は1つずつ放送数を数えているが、以前は少数点で刻む等していた為、正確な放送数は不明。以前に放送数を数えた暇人が居たが、その情報が正しいかどうかは定かではい。 

モンスターファーム2

生放送で行っていたモンスターファーム2ゲーム実況である。 2011年2月23日開始。放送する際のタイトルは「野生モンスターファーム2殿堂入りして実況プレイ

東方シリーズ

様々なものをプレイしているが、数が多いので、詳しくはコミュニティ生放送履歴から見て頂きたい。

SFC版ドラゴンクエストⅤ~天空の花嫁~

2012年2月21日開始。PS2版は既プレイである為、サクサクプレイ(笑)が、この実況の特徴。

実況初日から、とあるおで細長い霊体モンスターフルボッコにあう等、経験者(笑)らしい、スーパープレイを連発しており前途多難である。今回の実況ではAI使用禁止で、全てしまうまの命プレイする。またPS2版仲間にしなかったモンスター中心でパーティ編成をするとの事。

2012年9月30日完結した。なお、多くの人が見れない時間帯に放送する可性をしまうま自身が示唆している為、後に視聴者から動画としてうpされた。生放送が見れない一般会員の方は、そちらを視聴してほしい。

その他

残念ながら、その多くは見る事が出来ないが、他にも数多くのゲームを生実況している。

ただクロノトリガーの生実況は途中から(part28)ではあるが、動画としてうpされているので、現在でも視聴する事が可part1~27の動画を録画して持っている方は是非、しまうまに了解得た上でうpして頂きたい。←byしまうまファン一同

ゲームの他にも多くのゲーム実況者達とのコラボ生放送を行っている。 雑談

関連動画

実況Part1集

単独実況

3人実況

関連リンク

関連コミュニティ

 

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/20(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/20(月) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP