今注目のニュース
投票所入場券に「性別」載せる必要はある? 自治体でバラバラ...「削除」署名も
夏休みに入る前に 海水浴場での「フロート事故」に注意
【ナニコレ?】「茶碗などの底の、輪形に突き出した部分」のなるほどな名前

はがねタイプ単語

ハガネタイプ

掲示板をみる(499)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ポケモンのタイプ一覧 > はがねタイプ

「はがねタイプって ごぞんじ ですか?
とっても かたくて つめたくて
するどくて つ つよいんですよ?
ほんと なんですよ?」

はがねタイプとは、ゲームポケットモンスターシリーズに登場するポケモン
またはポケモンが持つ技のタイプ属性)の一つである。
他のタイプについてはポケモンのタイプ一覧を参照のこと。

概要

 

タイプの特徴

ジバコイルの特性「じりょく」
その強力な磁力はだれ1匹として逃さない
ぞろぞろ

 

エキスパートトレーナー

ミカン ダイゴ トウガン ガンピ マーレイン
ミカン ダイゴ トウガン

タイプ相性




攻撃側のタイプ















































はがね ×
はがね/ほのお ×
はがね/みず ×
はがね/でんき ×
はがね/くさ ×
はがね/こおり ×
はがね/かくとう ×
はがね/じめん × ×
はがね/ひこう × ×
はがね/エスパー ×
はがね/むし ×
はがね/いわ ×
はがね/ゴースト × × ×
はがね/ドラゴン ×
はがね/あく × ×
はがね/フェアリー × ×






































攻撃側のタイプ

※ 防御側のタイプ名をクリックすることで、そのタイプの組み合わせを持つポケモンの一覧へ飛ぶことができます。




防御側のタイプ





































はがね技

 
  • ダメージ×2(こうかは ばつぐんだ!)
  • 欄…ダメージ×1
  • ダメージ×1/2(こうかは いまひとつの ようだ)
  • ×ダメージ×0(こうかが ない みたいだ……)
  • はがねタイプに分類される技は、大部分が体の一部を鋼のように硬くして攻撃する。
    少数だが、金属が反射するを利用するイメージの技なんかもある。
  • 第5世代以前は弱点の多いいわタイプこおりタイプの弱点しかつけない上に4タイプダメージを半減されてしまう貧弱さからサブウェポンどころか下手をするとタイプ一致ですら使われない有様だった。
    しかし、第6世代ではがねとどくでしか弱点をつけない(しかもかくとうを半減する)フェアリータイプが登場したことで、ほかのサブウェポンとの差別化が可になったためフェアリー対策として採用される場合が出てきた。
  • 全てのはがね技は何らかの特殊効果を持っており、他タイプの「タネばくだん」「シザークロス」などのシンプルな技はない。
  • 第3世代までは全てのはがねタイプの攻撃技は物理技扱いだったものの、第4世代のタイプ分離時もはがねタイプで特殊技に変更された技はジラーチ専用技「はめつのねがい」のみで、それ以降で追加されたも特殊技も2つだけといわタイプに次ぐ少なさである。硬さが武器なのだから当たり前といえば当たり前なのだが、第5世代で「ねっとう」のようなみず技が登場したため、化反応や磁線やイオンビームなどによる特殊技の登場を期待したい。

技一覧

はがねのつばさ / ぶつり技 威力70  命中90 PP25~40
10%の確率で自分の防御を1段階上げる。

技マシンが存在し、を持つポケモンの大部分が覚えるがこの威力技とするには心もとない。
追加効果あってないようなものである。一応エアームド徴のような技だが、実際対戦で使用されるのはステルスロックブレイブバードがほとんど。どうせなら両エンペルトのお供にどうぞ。

メタルクロー / ぶつり技 威力50  命中95 PP35~56
10%の確率で自分の攻撃を1段階上げる。

体の一部をメタル化し攻撃する技その2。名前だけは強そう。
の鋭いはがねタイプやいわタイプ、その他とくにが鋭いポケモンが低いレベルで覚える。
や命中率からいって、たいあたり的ポジションシナリオ中は嬉しいが対戦でこんな技が使えるもない。
制作スタッフへ一言、追加効果はいいから威や命中率の高い技をはがねタイプにも下さい…。

アイアンテール / ぶつり技 威力100  命中75 PP15~24
30%の確率で相手の防御を1段階下げる。

アニメでもピカチュウが使用する技として有名。威は高めだが、命中率が低い。
技マシンが存在し、シッポがあるポケモンであれば大部分が覚えるが範囲が狭いのでど使われない。
一応、追加効果確率はやや高めだが…制作スタッフへ:いいから命中率だ!

スマートホーン / ぶつり技 威力70  命中-- PP10~16
 必ず相手に当たる。

遂に登場したタイプの実用的な高命中技、命中100を通り越し必中技である。
70と言うと若干物足りない感じもあるが、元々はがねタイプは高威力技が少なで、つばめがえしなど他の必中技の威が大体60であることを考えると結構強いと言える。
レベル技として覚えるポケモンはいないが、わざマシンククイ博士から貰うことができのあるポケモンが幅広く覚えられる。はがね技にサブウェポンとしての需要が生じているということであろうか。

「スマート」には辞書的には「機敏な」や「狡賢い」などの意味があり他の必中技の必中理由を複数踏襲しつつ、スマートフォンやスマートボムなような「(電子機器が)高性な」という意味合いからはがねタイプ感を出すという絶妙なネーミングである。

アイアンヘッド / ぶつり技 威力80  命中100 PP15~24
30%の確率で相手をひるませる。

体の一部をメタル化して攻撃に使う技その4。ひるみ効果を持つ物理技。
はがね技の中では最も使いやすい技。タイプ一致なら多くのはがねタイプに採用できる。
ちなみに、特性「てんのめぐみ」をもつジラーチにこの技を覚えさせる(プラチナ以降で可)と、
ひるませ率60%となり、トゲキッスのような「ずっと俺のターン!」が可になる。

コメットパンチ / ぶつり技 威力90(第5世代までは100) 命中90(第5世代までは85) PP10~16
20%の確率で自分の攻撃を1段階上げる。

はがねタイプの技の中では最も威が安定して高く、命中もある程度信頼できる。
しかし覚えるポケモンは少なく最終進化系ではピクシーまたはメタグロスの技。
対戦ではほぼメタグロス専用技と化している。
うまくいけば相手を攻撃しつつ自分の攻撃を増強していける優れ技。

バレットパンチ / ぶつり技 威力40  命中100 PP40~64
すばやさに関係なく確実に先制攻撃をする。
お互い先制技を使った場合は現時点でのすばやさが高い方が先制する。

オーソドックスな先制技だが、効化タイプがないはがねタイプであるため信頼性も高い。
ハッサムが使うと特性テクニシャン」により先制技でありながら割とシャレにならない威になる。

はがねタイプは遅いイメージからかタイプ一致の使用者は少なで、寧ろかくとうタイプに覚えるポケモンが多い。かくとう技にも「マッハパンチ」という先制技が存在するのだが、これも習得者が意外と少ないためカイリキーハリテヤマチャーレムルカリオドクロッグが先制技を使いたい場合はこのバレットパンチを遺伝で覚えさせたりする。

マグネットボム / ぶつり技 威力60  命中-- PP20~32
必ず命中する。

オーソドックスな必中技。
最終進化系ではダイノーズジバコイル専用技物理で威も範囲も貧弱なこの技を使うことはいだろう。
より汎用的な物理必中技であるスマートホーンも登場した現在イメージ的にも使用者のためにもとくしゅ化したほうが良いのではないかとも思えてくる。

メタルバースト / ぶつり技 威力--  命中100 PP10~16
そのターンの最後に受けた攻撃技のダメージを1.5倍にして返す。

物理・特殊両方に使えるカウンターのような技。はがねタイプであるので効化タイプがなくどの相手にも返せるのも強み。
しかし反射ダメージが抑えられているので、中途半端な威の攻撃では倒しきれないことも多い。
さらにこの技の優先度は0であるため、相手より素さが高いと全く役に立たないので注意。

ギアソーサー / ぶつり技 威力50  命中85 PP15~24
2回連続で攻撃する。

ホワイトブラックで登場した、ギアルギギアルギギギアル専用技
技の性は優秀で、2回攻撃なためきあいのタスキ特性「がんじょう」対策にもなる。
しかしギアチェンジを数回積まない限り一撃で倒せる相手は少ない。

ジャイロボール / ぶつり技 威力1~150  命中100 PP5~8
攻撃の対象になるポケモンよりも攻撃するポケモンの素早さが遅いほど威力が高くなる。

特殊な威計算式をもつ技1。相手によっては最強のはがね技となる。
使うには相手より素さが低いことが前提となるため、「固い、強い、おそい!」なポケモン
相手の攻撃を受けつつ反撃するのが基本となる。トリックルームと組み合わせて使えばなお良し。
代表的な使い手はツボツボハガネールナットレイ
なお、どんなに鈍足なポケモンが使用しても相手も同じくらい鈍足だと使い物にならなくなってしまう。
相手のほうが遅い場合、ダメージはたったの1ということも。

ヘビーボンバー / ぶつり技 威力40~120  命中100 PP10~16
攻撃の対象になるポケモンよりも攻撃するポケモンの体重が重いほど威力が高くなる。

特殊な威計算式をもつ技2。ジャイロボールべると扱いにくい。
この場合の体重はポケモンずかんに記載されている種族ごとに固有の値が適用される。
最近は体重が変動する技や持ち物も登場してきているが、マイナーなのであまり気にしなくていい。

ブラック・ホワイトで新しく登場した技。他の体重依存の技としては既存の「けたぐり」「くさむすび」がある。

まず自分が相当重くなければならないことに加え、相手が軽いことがめられる。
しかし最終進化系は大抵の場合、それなりに重いことの方が多く有効な相手が少ない。
はがねタイプ以外では、ハリテヤマホエルオー等見るからに重そうなポケモンも覚える。

ミラーショット / とくしゅ技 威力65  命中85 PP10~16
30%の確率で相手の命中率を1段階下げる。

重な特殊技。だがそれだけ。

ラスターカノン / とくしゅ技 威力80  命中100 PP10~16
10%の確率で相手の特防を1段階下げる。

重な特殊技その2。追加効果のある技としては数値的には悪くない性
先述の通り第5世代以前ははがね技で弱点をつけるタイプが少なかったり特殊向けなポケモンがいないために出番が少なかったが、フェアリーの弱点をつけることで価値が向上した。
第5世代以前から仕方なく使用していたドータクンジバコイルのほか、特殊ギルガルドサザンドラなどが使用している。

はめつのねがい / とくしゅ技 威力140(第4世代までは120) 命中100(第4世代までは85) PP5~8
技を使用した2ターン後に攻撃する。

ジラーチ専用技ブラック・ホワイトで威と命中率がアップした。
すぐに攻撃できないが、相手の「まもる」を突き破って攻撃可
相手の出方をうまく読んで使えば大ダメージを与えられるかもしれない。

てっていこうせん / とくしゅ技 威力140 命中不明 PP5~8
自分のHPを半分消費する。

第8世代で初登場した技。
鋼タイプ最強クラスを謳っているだけあってすさまじい威を誇る半面、使用者自身のHPを半分消費するという大きなリスクを伴う技。
このHP消費がズガドーン専用技であるビックリヘッドと同様の処理なのかは今のところ不明。
技名はりゅうせいぐん同様コロコロコミック誌上の募集で決定したもの。
名前の由来は徹底抗戦と思われる。漢字表記にするなら「底鋼()線」といったところか。

てっぺき / へんか技 PP15~24
自分の防御を2段階上げる。

耐久用の技。プラチナ以降のおしえ技化により多くのポケモンが覚えるようになった。

きんぞくおん / へんか技 命中85 PP40~64
相手の特防を2段階下げる。

ノーマルタイプ技「いやなおと」の特防版。
イメージとしては黒板を引っかいたときのあの音か。十分いやなおとである。
相手の特防を下げる変化技は「うそなき」とこれだけだが、第5世代でどくタイプアシッドボムが追加された(こちらは厳密には特殊技だが、威が低く追加効果の起こる確率100%なので変化技として扱われることが多い)。
特殊方面に硬い相手を突破したいときにどうぞ。

ボディパージ / へんか技 PP15~24
自分の素早さを2段階上げ、さらに体重を半分にする。

ブラック・ホワイトで登場した新技。
フォレトスハガネールなど少数のいわ・はがねポケモンが覚える。
ずらしいところではバニプッチタマゴ技で覚える。
エアームドバイバニラ以外はロックカットも覚えることができるため、素当てなら好みでいい。

ボディパージを使うと体重が計算に含まれる「けたぐり」や「くさむすび」に一応強くなれる。攻撃前に使うことが出来れば一発程度はそれらを耐えられるかもしれない。
逆にヘビボンバーには弱くなる。

ギアチェンジ / へんか技 PP10~16
自分の攻撃を1段階、素早さを2段階上げる。

ブラック・ホワイト初登場にしてギアルギギアルギギギアル専用技2013年に劇場配布された色違いゲノセクトも使用可
りゅうのまいやロックカット上位互換
バトルサブウェイシングルノボリギギギアルギアチェンジ使用後にギガインパクトを放ってくることがある。

キングシールド / へんか技 PP10~16
そのターンの間相手の攻撃技を無効化し、直接攻撃技を使ってきた相手の攻撃を2段階下げる。連続で使用すると失敗しやすい。

ギルガルド専用技ギルガルドを引っ込めずにブレードフォルムからシールドフォルムに変化させる一の手段。
な効果であるがいかんせん使用を読まれやすい技であるので、使用するタイミングが重要になる。ギルガルドが相手の行動を読んでこそのポケモンと言われるな要因となっている。

なお、効化できるのは攻撃技だけであり、変化技は効化できないので注意。

最終進化系 種族値表

ポケモン


1



2
 
H
P










 

サンドパン
アローラ
こおり はがね 75 100 120 25 65 65 450
ダグトリオ
アローラ
じめん はがね 35 100 60 50 70 110 425
フォレトス はがね むし 75 90 140 60 60 40 465
ハガネール はがね じめん 75 85 200 55 65 30 510
ハッサム むし はがね 70 130 100 55 80 65 500
エアームド はがね ひこう 65 80 140 40 70 70 465
クチート はがね フェアリー 50 85 85 55 55 50 380
ボスゴドラ はがね いわ 70 110 180 60 60 50 530
メタグロス はがね エスパー 80 135 130 95 90 70 600
レジスチル はがね - 80 75 150 75 150 50 580
エンペルト みず はがね 84 86 88 111 101 60 530
トリデプス いわ はがね 60 52 168 47 138 30 495
ミノマダム
ゴミのミノ)
むし はがね 60 69 95 69 95 36 424
ドータクン はがね エスパー 67 89 116 79 116 33 500
ルカリオ かくとう はがね 70 110 70 115 70 90 525
ジバコイル でんき はがね 70 70 115 130 90 60 535
ダイノーズ いわ はがね 60 55 145 75 150 40 525
ヒードラン ほのお はがね 91 90 106 130 106 77 600
ドリュウズ じめん はがね 110 135 60 50 65 88 508
シュバルゴ むし はがね 70 135 105 60 105 20 495
ナットレイ くさ はがね 74 94 131 54 116 20 489
ギギギアル はがね - 60 100 115 70 85 90 520
(「プラス」「マイナス」発動時) 60 100 115 111~
122
85 90 561~
572
キリキザン あく はがね 65 125 100 60 70 70 490
アイアント はがね むし 58 109 112 48 48 109 484
(「はりきり」発動時) 58 164~
181
112 48 48 109 539~
556
コバルオン はがね かくとう 91 90 129 90 72 108 580
ギルガルド
シールド
はがね ゴースト 60 50 150 50 150 60 520
ギルガルド
ブレード
60 150 50 150 50 60 520
クレッフィ はがね フェアリー 57 80 91 80 87 75 470
トゲデマル でんき はがね 65 98 63 40 73 96 435
テッカグヤ はがね ひこう 97 101 103 107 101 61 570
カミツルギ くさ はがね 59 181 131 59 31 109 570
ツンデツンデ いわ はがね 61 131 211 53 101 13 570
均(禁止級・メガシンカ除く) 70 100 117 72 87 63 508
メガハガネール はがね じめん 75 125 230 55 95 30 610
メガハッサム むし はがね 70 150 140 65 100 75 500
メガクチート はがね フェアリー 50 105 125 95 55 50 480
(「ちからもち」
発動時)
50 230~
262
125 95 55 50 605~
637
メガボスゴドラ はがね - 70 140 230 60 80 50 630
メガメタグロス はがね エスパー 80 145 150 105 110 110 700
メガルカリオ かくとう はがね 70 145 88 140 70 112 625
均(禁止級除く) 69 105 124 74 87 64 521
ジラーチ はがね エスパー 100 100 100 100 100 100 600
ディアルガ はがね ドラゴン 100 120 120 150 100 90 680
ゲノセクト むし はがね 71 120 95 120 95 99 600
ソルガレオ エスパー はがね 137 137 107 113 89 97 680
ネクロズマ
(たそがれのたてがみ)
エスパー はがね 97 157 127 113 109 77 680
マギアナ はがね フェアリー 80 95 115 130 115 65 600
均(全て含む) 73 107 122 81 89 67 537

はがねポケモン全表

図鑑別

カントー
(No.001151)
027 サンドRF
028 サンドパンRF
050 ディグダRF
051 ダグトリオRF
081 コイル
082 レアコイル
---
---
---
---
---
---
---
---
---
ジョウト
(No.152251)
205 フォレトス
208 ハガネール
212 ハッサム
227 エアームド
---
---
---
---
---
---
---
ホウエン
(No.252~386)
303 クチート
304 ココドラ
305 コドラ
306 ボスゴドラ
374 ダンバル
375 メタング
376 メタグロス
379 レジスチル
385 ジラーチ
---
---
シンオウ
(No.387493)
395 エンペルト
410 タテトプス
411 トリデプス
413 ミノマダム
436 ドーミラー
437 ドータクン
448 ルカリオ
462 ジバコイル
476 ダイノーズ
483 ディアルガ
485 ヒードラン
イッシュ
(No.494~649)
530 ドリュウズ
589 シュバルゴ
597 テッシード
598 ナットレイ
599 ギアル
600 ギギアル
601 ギギギアル
624 コマタナ
625 キリキザン
632 アイアント
638 コバルオン
649 ゲノセクト
カロス
(No.650721)
679 ヒトツキ
670 ニダンギル
671 ギルガルド
707 クレッフィ
アローラ
(No.722~)
777 トゲデマル
791 ソルガレオ
797 テッカグヤ
798 カミツルギ
800 ネクロズマ(たそがれ)
801 マギアナ
805 ツンデツンデ

タイプ別

はがねのみ

メガボスゴドラ レジスチル ギアル ギギアル ギギギアル メルタン メルメタル
メガボスゴドラ レジスチル ギアル ギギアル ギギギアル

はがね/ほのお

ヒードラン
ヒードラン

はがね/みず

エンペルト
エンペルト

はがね/でんき

コイル レアコイル ジバコイル トゲデマル
コイル レアコイル ジバコイル

はがね/くさ

テッシード ナットレイ カミツルギ
テッシード ナットレイ カミツルギ

はがね/こおり

サンド
アローラ
サンドパン
アローラ
サンドパン(アローラ)

はがね/かくとう

ルカリオ メガルカリオ コバルオン
ルカリオ メガルカリオ コバルオン

はがね/じめん

ディグダ
アローラ
ダグトリオ
アローラ
ハガネール メガハガネール ドリュウズ
ディグダ(アローラ) ダグトリオ(アローラ) ハガネール ドリュウズ

はがね/ひこう

エアームド テッカグヤ アーマーガア
エアームド テッカグヤ

はがね/エスパー

ダンバル メタング メタグロス メガメタグロス
ダンバル メタング メタグロス
ジラーチ ドーミラー ドータクン ソルガレオ ネクロズマ
(たそがれ)
ジラーチ ジラーチ ドータクン ソルガレオ

はがね/むし

フォレトス ハッサム メガハッサム ミノマダム
ゴミのミノ)
シュバルゴ アイアント ゲノセクト
フォレトス ハッサム メガハッサム ミノマダム(ゴミのミノ) シュバルゴ アイアント ゲノセクト

はがね/いわ

ココドラ コドラ ボスゴドラ タテトプス トリデプス ダイノーズ ツンデツンデ
ココドラ コドラ ボスゴドラ タテトプス トリデプス ダイノーズ

はがね/ゴースト

ヒトツキ ニダンギル ギルガルド
シールドフォルム ブレードフォルム
ヒトツキ ニダンギル ギルガルド(シールド) ギルガルド(ブレード)

はがね/ドラゴン

ディアルガ ジュラルドン
ディアルガ

はがね/あく

コマタナ キリキザン
コマタナ キリキザン

はがね/フェアリー

クチート メガクチート クレッフィ マギアナ
第3世代 メガクチート クレッフィ マギアナ

関連項目

ポケモンのタイプ一覧
ノーマルタイプ ほのおタイプ みずタイプ でんきタイプ くさタイプ こおりタイプ
かくとうタイプ どくタイプ じめんタイプ ひこうタイプ エスパータイプ むしタイプ
いわタイプ ゴーストタイプ ドラゴンタイプ あくタイプ はがねタイプ フェアリータイプ

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP