ドゥラエレーデ 単語

20件

ドゥラエレーデ

7.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ドゥラエレーデDura Erede)とは、2020年生まれの日本競走馬黒鹿毛

な勝ち
2022年ホープフルステークスGⅠ

概要

ドゥラメンテルケッサ、オルフェーヴルという血統。
は故障に泣いた2015年二冠馬で、種牡馬入り後も9歳で世してしまったが、残された産駒からタイトルホルダースターズオンアースダートではヴァレーデラルナを送り出し、惜しまれ続ける悲運の暴れ
は5戦未勝利だが、半サトノダイヤモンドがいる。
言わずと知れた三冠馬にして、気性難で知られた「金色の暴君」。ダートでの産駒の大活躍が記憶に新しいが芝でも古を中心に中長距離で結果を出している。

競馬ファンならでも「気性がヤバそう」と思う血統だが、池添調教師によると「特に問題もなく調教もこなしているし、ゲート試験)も一発で合格しましたからね。気性も大人びたですよ」とのこと。

2020年1月29日ノーザンファームで誕生。2021年セレクトセールにて1億円(税抜)で落札された。
オーナースリーエイチレーシング一口馬主クラブっぽい企業名だが、個人馬主である橋本オーナー法人名義である。他の所有馬2022年朝日杯FSを勝ったドルチェモアなど。

名意味は「名より+イタリア語で『最高の後継者』」。名古屋弁で「とても疲れた」ではない。

暴れん坊の後継者

2歳

東・池添[1]厩舎に入厩。仕上がりく、デビュー宝塚記念当日の2022年6月26日阪神・芝1800mの新馬戦だったのだが、その1週前、競馬ファンの度肝を抜く動画拡散された。
それは19日のマーメイドSに出走するアイコンテーラー追い切り動画exitである。2頭の併せかと思いきや、画面外から突如として現れブチ抜いていくが1頭。それこそデビュー前のドゥラエレーデだった。この動画インパクトもあって、北村友一上に迎えた彼は、かなりの好メンバーされる中で単勝2.0倍の1番人気に支持された。
しかしレースではハミに頼って(みっぱなしで)走ってしまい、直線で伸びず5着。北村騎手は「を秘めていて、課題を善することができれば走ってくると思います」とのコメント

2戦8月6日札幌・芝1800mの未勝利戦横山和生上に迎え、2.5倍の2番人気スタートから押して逃げの手に出たが、番手で追ってきた同じドゥラメンテ産駒ドゥーラにかわされ2着。

3戦は中1週でなんとダートへ。札幌ダート1700mの未勝利戦池添謙一上に、押して2番手追走から3コーナー前でもう先頭に出ると抜群の手応えで抜け出し、シゲルカミカゼの追撃を振り切って勝利

これでダート転向かと思いきや、芝に戻って11月東京スポーツ杯2歳ステークスGⅡへ。上にはライアン・ムーアを迎えたが、20.1倍の11頭立て6番人気。2番手追走から直線で一度は抜け出したが、後続にまれ、ったものの3着とクビ差の4着。

そして迎えた2歳王者決定戦・ホープフルステークスGⅠ葉牡丹賞を圧勝したミッキーカプチーノ野路菊Sを快勝したファントムシーフ黄菊賞を勝ったセブンマジシャン東スポ杯勝ちガストリックと3着ハーツコンチェルトあたりで人気割れる中、ドゥラエレーデはというと……単勝90.6倍14番人気上は短期免許で初来日中カザフスタン騎手バウルジャン・ムルザバエフドイツのリーディンジョッキーとはいえ日本ではまだ未知数の騎手自身も勝利ダートのみとくれば軽視されるのも致し方なしか。
レースは明確な逃げがおらず先行争いが注される中、横山典弘の7番人気トップナイフ前ポツン逃げの手に出る。ドゥラエレーデは好スタートから2番手でそれを追う。スローペースの展開のまま、前2頭が並んで直線へ。後続を突き放してこの2頭の叩き合いとなり、最後はドゥラエレーデがぐっとトップナイフに並びかけたところがゴールだった。

中継の映像ではトップナイフが残したように見え、テレ東のウイニング競馬レース直後には横山典弘騎手 JRAGI最年長勝利!!  8 トップナイフ優勝!」のテロップを出してしまうほどの僅差となったが、写真判定の結果、僅かにハナ差だけドゥラエレーデが差し切っていた。
3着にも6番人気キングレインが後方から突っ込み、14番人気-7番人気-6番人気での決着。単勝9060円、ワイドはドゥラエレーデ絡みが両方とも万馬券3連単246万6010円という大荒れの配当となった。[2]JRAGⅠで14番人気以下の勝利2014年フェブラリーSコパノリッキー(16番人気)以来である。

ムルザバエフ騎手日本での重賞初制覇、そして日本での芝レース勝利GⅠで達成池添調教師もこれが嬉しいGⅠ初制覇。スリーエイチレーシング朝日杯FSドルチェモアでのGⅠ初制覇に続いて、なんと2歳GⅠを連勝となった。
ちなみに芝初勝利GⅠで飾ったグレード制導入以降で彼が17頭だが、上も芝初勝利というのは言うまでもなく史上初である。

なお、JRA賞最優秀2歳傷の3連勝で朝日杯FSを勝った同馬主ドルチェモアに持って行かれた。こっちは5戦2勝だし仕方ないね

3歳

明けて3歳はドバイUAEダービー(G2)と、アメリカクラシック三冠に予備登録。ドバイからの招待を受諾し、なんと芝の2歳王者がクラシックを蹴って海外ダート戦線に挑むことになった。上はクリスチャン・デムーロ
馬主ドルチェモアがいるから……と思いきや向こうはNHKマイルカップに向かうので、スリーエイチレーシングは2歳GⅠを両取りしながらどっちもクラシック1冠皐月賞蹴るということになった。
レースはというと、最内デルマソトガケ逃げを打ち、ドゥラエレーデは2番手でそれを追走。4コーナーでもそのまま2頭で後続を突き放していくが、手が動くドゥラエレーデに対してほぼ持ったままのデルマソトガケに直線では全に置き去りにされ、新馬戦辱を果たされてしまう。[3]それでもそのまま3着以下を突き放して2着

クラシック1冠を蹴っての海外ダート挑戦という異例の選択、勝てなかったものの結果は出したドゥラエレーデ。その後は球節に違和感があったため、ケンタッキーダービーには向かわず帰となった。

日本に戻ったドゥラエレーデの次走は、なんと芝に戻って日本ダービーGⅠホープフルSUAEダービー日本ダービーという前例のないローテで大一番に挑むことに。さらに上は坂井瑠星となり、デビューからダービーまで上が全て異なる騎手での出走となった。トーセンジョーダンビックリ

迎えたレース本番。17番からの出走となったが、何とスタートで躓いて落坂井騎手を落としてしまう。この時点で競走中止となりダービー2走は一にして終わってしまったが、ドゥラエレーデは競走中もそれほど他に迷惑をかけることなく完走。しかも周囲をしっかりと把握していたのかレース終了後は自分から地下入口まで戻ってくるという賢さも見せ、そのポテンシャルを世間に知らしめたのだった。シルソニが嬉しそうな顔で観てる気がする。
ちなみにダービーでの落による競走中止も30年前の1993年南井克巳騎手上のマルチマックス以来の事である。

この年のダービーでは2番人気スキルヴィングが最下位でゴール後に急性心不全死亡してしまうという悲劇があったが、幸いにしてこちらは人ともに事。坂井騎手はそのまま目黒記念バーデンヴァイラーに騎乗し、ドゥラエレーデも事きを得たのだった。
しかし芝2400の適正は分からずじまいで、ドゥラエレーデはローテがカオス上がコロコロ変わることからローテと上をサイコロで決めている」と言われだし、距離馬場適性もわからないという評価が広まった。産駒は芝ダートタイプだし…

レース後、自身には何の異常もみられなかったので、営はなんと宝塚記念GⅠへの参戦を発表。上は幸英明8戦連続の乗り換わり。そしてダービーと同じ大外17番ネタ恵まれすぎでしょ。
3歳宝塚参戦はマウントシャスタ以来11年ぶりの挑戦となる。時期が時期だけに3歳は古よりも5kg軽いハンデを貰えるが、それでも過去に挑んだ3歳ローエングリンの3着が最高で、二冠馬ネオユニヴァース(4着)やダービーウオッカ(8着)ですら勝利には遠かった。
ドゥラエレーデの挑戦は果たして……と迎えた本番、ハナするユニコーンライオンの後ろにつける2番手でレースを進める。だが、最初の1000mを589というペース逃げユニコーンライオン。この2頭で残り200m付近までレースを引っったが一気に後続が襲いかかる。終わってみれば10着と、古との初対戦はほろ苦い結果に終わった。

海外遠征の予備登録をしていたがこちらには出走せずクラシック戦線に復帰。始動戦にはセントライト記念GⅡを選択、上はダービー以来の坂井瑠星でようやく二度コンビとなった。前回ほとんど乗ってないも同然だけど…
スタートホープフルステークスを髣髴とさせる好スタートを切り、ウィズユアドリームグリューネグリーンと共に先頭集団を形成、第四コーナーまで先頭を保つも、中山の坂で尽き徐々に後退。中団から一気に差してきたレーベンスティールが上がり最速の末脚で交わし、外からソールオリエンスにも抜かれて8着入線。上り坂もだがハイペースの芝2200はやはり彼には苦しいようだった。

この後は休養を挟んで再びダートへ。ドバイ以来のダート戦、12月チャンピオンズカップGⅠに参戦となった。上は昨年のホープフルステークス以来となるムルザバエフ。
レモンポップクラウンプライドテーオーケインズメイショウハリオ一線級に加えて同期セラフィックコールなども参戦し、現役ダート最強決定戦に近いメンバーとなれば、海外ダートは走ったとはいえ中央ダート未勝利戦以来のドゥラエレーデは31.2倍の9番人気。ちなみにJBCレディスクラシックを勝って交流Jpnになったアイコンテーラーとも再会を果たした。
レースは大外レモンポップハナを切り、ドゥラエレーデは2番手でそれを追う。そのままレモンポップをぴったりマークして直線へ向かい、4コーナーではまるで手応えの違ったレモンポップに突き放されたが、伸びあぐねる後ろをに自身もり、外からカッ飛んできた12番人気ウィルソンテソーロにかわされたものの、内のテーオーケインズを振り切って、このメンバーの中でなんと3着ウィルソンテソーロとともに、1番人気レモンポップが勝ったのに3連単190万2720円というヒモ大荒れ決着をもたらした。

年内はこれで終了かと思いきや、有馬記念東京大賞典の両方に登録。どちらに出走するのか、まさか2007年デルタブルースのようにこの2レースを連闘するのか?と注されたが、結局有馬記念は回避し、東京大賞典(GI)を選択した。上は引き続きムルザバエフ。地方勢が敗の南関東三冠ミックファイア船橋マンガンの2頭しか出走せず9頭立ての少頭数となったが、アメリカ帰りのウシュバテソーロJBCクラシックを勝ったキングズソード、前走で一緒にヒモ荒らしウィルソンテソーロ、前年2着の大井2000巧者ノットゥルノなど好メンバーった。ドゥラエレーデはウシュバテソーロキングズソードミックファイアに次ぐ11.9倍の4番人気に支持される。
レース逃げ不在ということもあってが前に行くかが注されたが、ハナを切ったのはなんとウィルソンテソーロ。ドゥラエレーデは競り掛けてはいかず2番手でのレースを選択した。1000m631のスローペースの流れとなり、直線でもそのままウィルソンテソーロり込みを図る全な前残りの展開。ウシュバテソーロが大外からそれを脚で薙ぎ払い格の違いを見せ付ける中、ドゥラエレーデはウィルソンテソーロを追いかけたものの届かず3着。ムルザバエフは「前の2頭が強かったです」とのコメント

適性探しのサイコロローテを経て、年末のダートGIで2戦連続3着という結果を残したドゥラエレーデ。収得賞金を積めなかったのはちょっと痛いが、順当にいけばこのままダート路線に進むことになりそうだ。UAEダービー海外経験もあることから、来年の標は中東遠征になるだろうか。しかしそれより大事なのはいかにムルザバエフを確保するかということのような気もする。かしこローテを組む営だけに、正式発表が来るまではどこを走るかまだまだわからない。4歳を迎えるドゥラエレーデの明日はどっちだ?

4歳

大方の予想通り、サウジカップ(G1)へ予備登録を行ったわけなのだが、レーティング114(東京大賞典3着、チャンピオンズカップ3着どちらも114)とやや心もとないことになっているため、内のフェブラリーステークス(GⅠ)へ向かう事に。ここにもウィルソンテソーロが出走予定であり、前年から付き合いも長くなっているような気がする。

本番はレモンポップなどの有が不在な中、JBCスプリントを制しマイルチャンピオンシップ南部杯2着のイグナイターをはじめとした地方の強骨折明けかつ初の距離延長となる巨ドンフランキーや初ダートガイアフォースなどの芝らも集結。上は今年も短期免許を取得したムルザバエフ騎手が続投。4番手を追走したが前半600m33.9ハイペースでは持ち味を活かすことが出来ず、4コーナーでいっぱいになってしまい12着と、人気に応えることが出来なかった。

さて気になる次走だが、営は大阪杯(GI)川崎記念(JpnI)2択で両にらみをしていた。2000m戦で芝に再挑戦するか、ダート2100m戦でダート路線を突き進むのか。

ダートか。どちらでも勝負ができるドゥラエレーデ営が選択した次のレースは…

メイダン競馬場で開催されるダート最高峰のレースドバイワールドカップ(G1)だった。

実は同レースの招待が届き、営はそれを受諾したのだ。両にらみしていた2つのレースただ睨んだだけで、第三の選択肢を選んだ。取得賞がやや心もとないドゥラエレーデにとってはこれ以上ない選択であるのだが、相手は一線級の名たち。前走悲願のG1入りを果たしたセニョールバスドールに、リベンジと共に連覇がかかるウシュバテソーロ、もはや腐れ縁と化してきているライバルウィルソンテソーロ海外を転戦するBCクラシック2着のデルマソトガケ、ここまで11戦10勝でアルマクトゥームチレンジを制した地元UAEの総大将カビールカーンetc…と、とんでもないメンバーと走ることになってしまった。なお、上はガッチリB.ムルザバエフ騎手を確保。もはや相思相愛である。

3番からスタートしたドゥラエレーデはまずまずのスタートから内を活かし最内4番手を突き進んだ。中のペースは前年とべて明らかに緩んでおり、先頭を進むローレルリバーは前半1000mを1分フラットで通過。ドゥラエレーデにとって有利な展開となり、ムルザバエフもめに追い始める。

しかし、ローレルリバーの勢いは止まらず、それどころか持ったまま一気に加速。みるみるうちにグングン突き放すローレルリバーから大きく離されたものの、辛うじて5着と掲示板は確保した。ちなみにまたウィルソンテソーロの一個下の着順

ここまで破天荒ローテをこなし、段々とローテが定着してきた・ドゥラエレーデ。これから王道ローテを突き進むのか、また新たなを試すのか、そしてムル様は確保できるのか今後の動向が楽しみである。

血統表

ドゥラメンテ
2012 鹿毛
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ *ラストタイクー
Pilot Bird
アドマイヤグルーヴ
2000 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
エアグルーヴ *トニービン
ダイナカール
ルケッサ
2015 鹿毛
FNo.1-w
オルフェーヴル
2008 栗毛
ステイゴールド *サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート
*マルペン
2006 鹿毛
Orpen Lure
Bonita  Francita
Marsella *サザンヘイロー
Riviere

クロス:*サンデーサイレンス 3×4(18.75%)、Halo 4×5×5(12.50%)、*ノーザンテースト 5×5(6.25%)

関連動画

 

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *池添謙一騎手
  2. *ちなみにこのレースで1番人気ミッキーカプチーノが5着に敗れたことで2022年JRAGIは1番人気が24戦4勝、グレード制導入以来最低勝率更新する.167という結果に。詳しくは1番人気の呪いの記事を参照。
  3. *デルマソトガケもドゥラエレーデと同じ新馬戦に出走しており、ドゥラエレーデに1/2身差の6着に敗れている。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/30(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/30(木) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP