シュヴァルグラン単語

47件
シュヴァルグラン
4.5千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

シュヴァルグラン(Cheval Grand)とは、2012年生まれの日本競走馬である。栗毛

東・友康夫厩舎所属、安町・ノーザンファーム生産
馬主佐々木主浩(ハマの大魔神その人、名前に「ヴ」を入れている)

名はフランス語で「偉大な

な勝ち
2016年:阪神大賞典(GII)、アルゼンチン共和国杯(GII)
2017年:ジャパンカップ(GI)

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
シュヴァルグラン(ウマ娘)を参照してください。

概要

ハーツクライハルーワスウィートMachiavellianという血統。

ハーツクライ有馬記念ドバイシーマクラシックを制し、何よりディープインパクト内で一土を付けたとして名高い。本ハーツクライの5年産駒にあたる。
ハルーワスウィートは現役時代「尻尾」としてファンが多く、戦績は22戦5勝。マキャヴェリアンはMr. Prospector産駒種牡馬としてはドバイWC優勝Almutawakelなどを輩出。としても名高く、本以外にも欧州の名種牡馬Shamardalやヴィクトワールピサを輩出している。
4代Glorious SongシングスピールRahyDevil's BagSaint Balladoのとして知られ、一族にはダノンシャンティや本が名を連ねる、名門の出である。

ハルーワスウィートは前述の通りファンが多いであったが、ファンの中に往年の名投手佐々木主浩がいた。ハルーワスウィート繁殖入り後はその産駒を立て続けに落札。本ハルーワスウィートの4番として生まれ、半ヴィクトリアマイル連覇のヴィルシーナ、半秋華賞ドバイターフを勝ったヴィブロスがいる。本デビューする頃には既にヴィルシーナヴィクトリアマイルを連覇していた。また、2023年府中牝馬ステークス優勝したディヴィーナは姪(ヴィルシーナ)、みやこステークス優勝したセラフィックコール従弟である(シャンドランジュがハルーワスウィートの半)。

2歳となり、東の友康夫厩舎へと入厩した。

競走生活

2~3歳

2歳9月阪神2000mでデビュー。3番人気で迎えここタイムしの2着に入り、翌京都で勝ち上がる。その後京都2歳Sへ出走し、ここを5番人気ながら3着に入り、続くエリカ賞(500万特別)も3着に入って2歳時を終える。

3歳に入り若駒Sから始動を予定するも、レース前日に右肩の跛行を起こし出走取り消し。東京優駿標にするも毎日杯5着、京都新聞杯8着と敗れクラシック路線を断念。
休養を挟み8月末の札幌3歳上500万下から復帰し、ここを後の中山3600守護アルバートの2着に入り、距離を2400mに伸ばしたところこれが功を奏し、500万下1000万下オリオンS(1600万下)と連勝しての上がりとして期待させつつ、3歳シーズンを終えた。

4歳~5歳、VSキタサンブラック

年が明けて4歳となり京都名物日経新春杯へと出走。昇級初戦ながら1番人気に推され、レースではレーヴミストラルの抜け出しを許すもシュヴァルグランもじわじわ脚を伸ばして2着に入る好走を見せる。
その後阪神大賞典へ出走。ここでも1番人気に支持され、レースでは中団を追走。4コーナー手前から好位をがけて外からポジションを上げ、直線に入ると勢いよく先頭に躍り出る。すると最後軽く流す余裕を見せながら2身半差の快勝を収め、重賞初制覇となった。

そして人気の一として天皇賞(春)へ参戦。シュヴァルグランは3番人気に推された。
ここで現れたのはこれから2年間顔を合わせ続けるキタサンブラック。自分でペースを作って逃げて終いも伸びるという、ロングスパートに頼るほかないシュヴァルグランにはかなり分の悪い相手である。
レースではキタサンブラックが最内から淡々と逃げてシュヴァルグランは中団を追走。直線でインから伸びたもののキタサンブラックカレンミロティックの競り合いには入れず3着に敗れた。
その後宝塚記念に出走するも直線で進路を失い、またあまり伸びがく9着に敗れた。

場を休養に充て、アルゼンチン共和国杯から始動。58kgと最重量ハンデを背負ったものの、先団を見る位置から外を上がり、息の長い末脚で後続を並ばせず勝利重賞2勝を挙げた。
その後ジャパンカップに出走。ここを3番人気で迎え、レースではキタサンブラック中息を入れつつ逃げ、大外発走のシュヴァルグランは中団後方の外を追走。直線に入って大外から追い込みにかけるが2身半+クビ差と3着。その後有馬記念にも出走し中団からめに上がったものの6着に敗れた。

明けて5歳となり阪神大賞典から始動。ここでは前年菊花賞有馬記念を勝ったサトノダイヤモンドが単勝1.1倍に推され、2番人気にシュヴァルグラン。ここでは4コーナー捲るように上がっていったが直線でサトノダイヤモンドに交わされて2着となった。
続く天皇賞(春)は4番人気三度見えたキタサンブラックサトノダイヤモンドと再戦となり、シュヴァルグランはいつもより前、好位を進む。番手で控えたキタサンブラックがヤマカライデンを交わしたのと同時にシュヴァルグランも進出。必死に追いすがるものの差は中々縮まらず、1身1/4差の2着に敗れたがサトノダイヤモンドをクビ差いだ。
続く宝塚記念ではあっと驚く逃げ戦法に打って出たがキタサンブラックと共倒れになり8着。この敗戦で2016年阪神大賞典からコンビを組んでいた福永祐一は降となった。

5歳シーズン京都大賞典から始動。ここを1番人気に推され、レースでは後方から坂の下りで仕掛けるように動いたがインを突くスマートレイアートーセバジルには届かず3着となる。
そして次走に選んだのはジャパンカップ。ここでは京都大賞典上だったデムーロサトノクラウンを選んだ為、短期免許で来日中オーストラリア騎手、ヒュー・ボウマンが上となった。ここでは5番人気に推され、1番人気は前走天皇賞走したキタサンブラック
レースではやはりキタサンブラック逃げるが、シュヴァルグランは最内から先団を見つつ追走。直線に入ってキタサンブラック逃げ態勢に入る中シュヴァルグランは徐々に外へと持ち出されスパート。残り100mでキタサンブラックを捉え、しぶとい末脚でレイデオロの追撃を抑えゴールGI初制覇。
上のヒュー・ボウマンもJRAGI初制覇となった。
その後有馬記念に挑んだが、最後の直線でスワーヴリチャードが斜行し進路を失うも3着を確保した。

6~7歳

明けて6歳となり大阪杯から始動。ここでは三浦皇成上に迎え、4番人気で出走するが久方ぶりの2000m戦はキツいか13着に大敗。
続く天皇賞(春)ではボウマンを上に据え、キタサンブラック引退サトノダイヤモンド不在の中1番人気に推され、事実レースでも先行を見る好位から進み、直線入口で先頭に立ち押し切りを図る堂々としたものであったが、ゴール前でレインボーラインの最内強襲を許し2着。負けて強しもは得られず。

宝塚記念には出走せず場を休養に充て、京都大賞典から始動するがここではサトノダイヤモンド復活を許し、こちらは直線で一杯となり4着。
ジャパンカップではボウマンが地元豪州騎乗停止を受けC. デムーロ(ミルコ)を上に迎え、中団からしぶとく伸びてレコード対決の中アーモンドアイに離されたものの4着を確保。
続く有馬記念ではやっとボウマンが乗れるようになり、大外から控えて中団後方を追走し、最後の直線では群を割るように伸び、ブラストワンピースには届かなかったが2年連続の3着に入った。

有馬記念引退の予定だったが撤回し現役続行。ドバイシーマクラシックへと出走し、ここを中5番手から先に抜け出したOld Persianにスワーヴリチャードと一緒に追いすがるものの1身半届かず2着となった。尚半ヴィブロスドバイターフへ出走し、こちらもアーモンドアイの2着と好走した。
その後欧州へ遠征しキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスへと挑戦。ここでは凱旋門賞連覇のEnableや前年2着Crystal Oceanなど強った中、アスコットの起と稍重馬場に難儀し11頭中6着となった。Hurricane RunElectrocutionistの3着に入ったハーツクライは凄かったんだなあ。
その後インターナショナルSに出走。中団から進めたが直線伸びず9頭立て8着に敗れた。Electrocutionistの2着に入ったゼンノロブロイって(ry

ジャパンカップに出走し、中団から良いところく9着に敗れたが、続く有馬記念ではハイペースの中後方で待機し、直線で追い込んで6着に入線。11月末時点で有馬記念を最後に現役を引退することが予め発表されており、2019年12月25日付で競走馬登録を抹消した。

引退時点で内獲得賞は10億円をえ、ドバイSC2着の分を加えると合計11億3497万円と10億円ホースの中に名を連ねた。勝ちこそGI1つとGII2つと他の10億円ホースの中でも見劣りするものの、4歳から7歳まで海外含め一線で戦い、重賞での掲示板16回と確実に賞を稼ぎ続けた。

正に名通りの「偉大な」であったと言えよう。

種牡馬として

競走馬引退後はブリーダーズ・スタリオンステーション種牡馬入り。2023年に初年度産駒デビューし、8月27日小倉1R未勝利戦アートフォーム(ラテアートサクラバクシンオー)が産駒勝利を挙げた。

血統表

ハーツクライ
2001 鹿毛
サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス
1990 鹿毛
トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
ハルーワスウィート
2001 栗毛
FNo.12-c
Machiavellian
1987 栗毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Coup de Folie Halo
Raise the Standard
*ハルーワソング
1996 栗毛
Nureyev Northern Dancer
Special
Morn of Song Blushing Groom
Glorious Song
競走馬の4代血統表

クロスHalo 3×4×5(21.88)、Northern Dancer 5×4(9.38)、Natalma 5×5(6.25)

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シュヴァルグラン

34 ななしのよっしん
2023/05/28(日) 16:00:50 ID: QeNvI1d0rB
ドゥラメンテキタサンブラックサトノクラウンGI出したから、君もGI出してほしい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
35 ななしのよっしん
2023/06/01(木) 06:50:21 ID: lKVwzSv5J8
ドゥラキタサンの親父ハーツ同期なのはなにかのサインだと思ってます。
彼こそがハーツの後継者になるやもしれん
👍
高評価
0
👎
低評価
0
36 ななしのよっしん
2023/07/28(金) 09:11:54 ID: cGEKQsiCZ6
まだ初年度もろくに出ってない時期なんだから、初手で現実逃避してオカルトに走るのはまだすぎるだろ
ゆっくり見守ろう
👍
高評価
0
👎
低評価
0
37 ななしのよっしん
2023/08/27(日) 10:01:33 ID: 84cH+FnHuG
小倉1Rの2歳未勝利戦アートフォームが勝って、事に産駒が初勝利したな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
38 ななしのよっしん
2023/11/22(水) 08:06:22 ID: iZTMk9uiZG
>>29
あれで複垢疑うとはたまげたなぁ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
39 ななしのよっしん
2023/11/23(木) 13:33:42 ID: 64HhcCsEAZ
>>35
スワーヴリチャードがめっちゃ高騰してるし、存外ジェネリックスワーヴリチャードとして人気したりして
似た立ち位置のサリオスべるとヘイロークロスがどう見られるかだけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
40 ななしのよっしん
2023/12/09(土) 18:20:48 ID: rszvi00EDa
リオレム君がエリカ賞を勝ったぞ!
もうちょっと賞積んでクラシックに行ってくれ!
👍
高評価
0
👎
低評価
0
41 ななしのよっしん
2023/12/22(金) 21:44:26 ID: InZJgF+O1h
サリオスといい、ドウデュースといい、もしかしてハーツクライ産駒食いしん坊で太りやすい血統?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
42 ななしのよっしん
2023/12/23(土) 15:42:42 ID: y2RjE9GnhH
この子めっちゃ瞳大きいことに気づいた。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
43 ななしのよっしん
2024/04/29(月) 13:07:12 ID: Hg8jwupEUZ
アニメの特典映像で繋養先の人に趣味ウォーエンブレムと同じとばらされてて
👍
高評価
0
👎
低評価
0