市川團十郎単語

イチカワダンジュロウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

市川團十郎とは、歌舞伎役者の名跡である。
江戸時代中期に市川團十郎(初代)が名乗って以来十二代に渡り江戸歌舞伎、引いては歌舞伎界を代表する役者として最も権威のある名とみなされている。
因みに市川團十郎を襲名する前に名乗る名(江戸時代引退後)に「市川海老蔵」という名跡があり、
歴代の十郎の内、8人がこの名跡を襲名するなど深い関係にある。
また、海老蔵の前に名乗る名に「市川新之助」という名跡もあるが、こちらは歴代の十郎で名乗ったのが
3人しかおらず定着しているかは不明である。

歴代の市川團十郎

市川團十郎(初代)(16601704)…歌舞伎「荒事」と呼ばれる勧善懲悪アクションを持ち込んだ。
昭和初期に発見された系図によれば先祖は武田臣だったとか。
因みに有名な歌舞伎十八番の内、6つを初演した他、兵庫という名前で50以上の作品を作るなど
作家としても大活躍するマルチプレイヤーだった。
しかし、1704年に上演中に生半六という役者舞台上で刺殺されてしまった…。

市川團十郎(二代)(1688–1758)…初代の長男の死後、すぐに二代を襲名した。
の持ち込んだ「荒事」に男女恋愛ものでのイケメンを演じる所謂「和事」の要素を入れて完成させた人。
歌舞伎十八番の内、7つを初演している。
三代目に跡を譲った後、「二代市川海老蔵」を襲名している(初代はの本名であり十郎の前名)。
しかし、三代目が急逝した為、その後17年に渡り舞台に立ち婿の二代松本幸四郎四代目を襲名させて引退
その4年後に死去した。
因みによく言う「千両役者」は二代十郎の年収が実際に千両(約1億円)をえた事から来ている。

市川團十郎(三代目)(1721–42)…二代引退に伴い三代目を襲名。
しかし、大阪巡業中に病をこじらせてしまい22歳で急逝した。
因みに二代市川海老蔵を名乗っていた為、初めて「市川海老蔵」を名乗らずに「市川團十郎」を襲名した人である。


市川團十郎(四代目)(1711–78)…二代婿
実は二代松本幸四郎でもある。
前述の通り三代目の死から12年後に43歳で襲名した。
因みに江戸時代における最高齢での「十郎」襲名である。
初代、二代と異なり荒事が苦手だった事から「実悪」という冷酷非悪役人気を博した異例の人。
更に言うと四代目男の愛人がおり、別れた後に陰間屋(今に言うとショタ専門の風俗)を経営させてた…
因みに歌舞伎十八番の内、4つを初演している。

市川團十郎(五代)(17411804)…四代目長男
実は三代目松本幸四郎でもある。
みんな東洲斎写楽の浮世絵exitとして歴史の教科書で一度は見た事のある人。
荒事、和事、実悪、女形問わず何でも演じれてしまう所謂天才タイプ人間
性格は脱且つ揚で破りな人柄で、十郎引退後に「おれはえびえびでも雑魚えびとして
歴代の十郎の中で市川鰕蔵」として襲名した。(当然、歴代の海老蔵には数えられていない) 
また、息子の六代が急逝した後、俳名(俳句を詠む時のペンネームの様な名前)である「市川」を
あろう事か役者名として史上初めて使用して慣例化させてしまった…。
(因みに由来は「祖(二代)は筵(はくえん)だけど名人には毛が三本足らぬおれはというギャグ付き…)
、面い人だったらしい。

市川團十郎(六代)(1778–99)…五代の子。
実は江戸時代では初代以来となる海老蔵→十郎の順で襲名した十郎でもある。
五代引退後に六代を襲名するが風邪をこじらせて三代目と同じ22歳で急逝。

市川團十郎(七代)(17911859)…五代の孫で六代の養子。
前述の通り六代の急逝を受けてに10歳で襲名した。
因みに2016年現在息子の八代と並び歴代最年少での「十郎」襲名である。
有名な「歌舞伎十八番」を制定したのはこの人。
あと余りに有名な「勧進帳」を執筆・初演したのもこの人。
因みに江戸時代で初めて市川新之助市川ゑび蔵(海老蔵)→十郎の順に襲名した十郎でもある。
(この順番で襲名したのは他に息子である八代、十二代しかいない
一方で歌舞伎を潰したい江戸幕府に睨まれ江戸追放の憂きにもあった…。
また、長男の八代自殺で失ったり、次男が病気役者業、四男、六男が急逝など私生活は不幸だった。

市川團十郎(八代)(1823–54)…七代長男
1832年、と同じく歴代最年少の10歳で「市川團十郎」を襲名している。
歴代の十郎の中でもかなりのイケメンだったらしく、その人気ぶりは吐いた痰まで女性ファンに拾われたほど
その為、和事を中心に活躍したが、大坂突如自殺してしまった…。

市川團十郎(九代)(1838–1903)…七代の五男。本名堀越
五男だった為、当初は十郎の補にもならず、他の養子に出された。
しかし、上述の様に八代自殺後、三男を除くたちが次々と急逝・業した為、
八代自殺から20年後に養子先から戻り九代を襲名した。
(同時にの中で生存してた三男は市川海老蔵を襲名した)
その為、三代目、五代に次ぐ3人の「市川海老蔵」を名乗らずに「市川團十郎」を襲名した人となった。
明治時代に入ってからは古典の時代考を行うなど歌舞伎近代化に取り組み始めた。
(その革ぶりは晩年には舞台オルガンバイオリンの伴奏まで導入したほど)
明治20年(1888)には明治天皇の前で歌舞伎を行う所謂歌舞伎を成功させるなど歌舞伎の地位向上に努めた。
その数々の功績から現在は「」と呼ばれ敬われている。
一方で九代には男の子供が生まれないまま亡くなってしまい、初代以来続いてきた市川の血統はここで絶えた。
因みに写真・映像で残る最古の團十郎だったりもする。exit

市川團十郎(十代)(1882–56)…九代婿。本名堀越三郎
九代の死後、堀越及び市川一門の当となる。
元々銀行で九代とは恋愛結婚だった為、歌舞伎の知識は皆無な人だった。
しかし、九代の死から8年後に一門の猛反対を押し切りいきなり歌舞伎役者としてデビューした…。
香川照之な異色の歌舞伎俳優の誕生の間だった。
その後、大正6年(1917)に「五代市川」を襲名した。
(この名跡は経験0にも関わらず市川一門の当でもある彼に考慮して新たに作った名前である)
その為、4人の「市川海老蔵」を名乗らずに「市川團十郎」を襲名した人となった。
因みに当人も下手な自覚はあったのか、専ら台本も記録も残っていなかった十八番の演の復活上演
市川に関する研究に取り組み、市川系図を発見するなどかなりの功績をあげていたりもする。
死後にそれまでの功績から「十代市川團十郎」を追贈された。
なお生年については明治13〜15年(1880〜1882)といくつか説がある。

市川團十郎(十一代)(1909–65)…十代の養子。本名堀越治雄
は七代松本幸四郎
十代の養子に入り「九代市川海老蔵」を襲名しに和事芸などで絶大な人気を獲得し海老様」と崇められた。
そして九代の死から59年後の昭和37年1962)、53の時に十一代を襲名する。
因みに2017年現在、歴代最高齢での「十郎」襲名である。
しかし、内気ながら慢強い性格の為、慢が限界になるまで言わず爆発してトラブルになる事があった。
十郎襲名後も衝突やドタキャンが絶えず、その上十郎としてのプレッシャーが祟ったのか、
襲名から僅か3年後に56歳の若さで亡くなってしまった。

市川團十郎(十二代)(1946–2013)…十一代長男。本名堀越
である十一代の死から20年後の昭和60年(1985)に十二代を襲名する。
若い頃から口上に難があり、酷評されながらもそれを並々ならぬ鍛錬でし、
重厚な演技で安定した演技を魅せ九代以来の長きに渡って十郎として活躍した。
しかし、息子の十一代市川海老蔵襲名披露演中に白血病煩い以降闘病を余儀なくされる。
その後、事復帰を果たしたが、息子である海老蔵の六本木襲撃事件などの心労が祟ったのか2013年に逝去した。

歌舞伎十八番

市川團十郎と切っても切れないのがこの「歌舞伎十八番」である。
元々は保三年 (1832)に七代市川團十郎が息子に八代市川團十郎を襲名させた襲名披露行で配られた初代、二代四代目が得意とした17の演が記された冊子が起となっている。
それから8年後の保11年(1840)に新作である「勧進帳」を初演して加わった事で十八番として完成する。
しかし、いくつかの演は既に七代の時代には台本が散逸し、詳細が不明な物が十番もある有様であった…。
(これら全てが大正もしくは昭和時代にかけて大幅にリメイクされ全て復活上演されている)
更に言うと、残る7つの内、「勧進帳」、「助六」は七代十郎が、「暫」は息子の九代十郎の時に今伝わる形となった、言わば「新作同然」の状態であり、残りの4つは七代から九代の時代にかけて演じなかった事もありや言い回し等も分からなくなってしまい、明治から大正時代に新たにリメイクされた物が現在に伝わっている。
つまり、初代、二代四代目の初演当時の通り伝わる物は何一つ残っていない。
助六と暫は割かし初演時のや演出が残っているとされ、特に助六衣装は二代が最後に演じた時の衣装からは変わっていないとされている。

十八番一覧(…以下は現行伝わる創作者や復活上演した人、演に関する情報など)

  • 外郎売ういろううり)二代市川團十郎が初演した演現在も時折上演される演
    早口言葉練習する人に丁度いい見本になる位長いセリフ口で述べる。
    現在伝わるは十二代市川團十郎による物。
  • (うわなり)…初代市川團十郎と二代市川團十郎が初演した演
    役が女性である事から荒事芸が中心である十八番の中でもかなり異色な作品。
    長らく上演されなかったが昭和11年(1936)に十代市川團十郎により大幅に創作を加えて復活上演された。

  • 「押戻」(おしもどし)…二代市川團十郎が初演した演(というよりも一場面に近い)。
    その為、同じ十八番の「鳴」や「鹿場寺」等で「演出」の一部で披露される事がある。
    昭和9年(1934年)に十代市川團十郎により独立した一幕物として復活上演された。

  • 清」(かげきよ)四代目市川團十郎が初演した演
    因みに七代市川團十郎が江戸追放を喰らった名上の理由はこれを演ずる際に本物のを使用した為。
    明治41年(1908年)に七代松本幸四郎により復活上演された。
    後に昭和48年(1973年)に十二代市川團十郎によって再度復活上演されている。

  • (かまひげ四代目市川團十郎が初演した演
    明治43年(1910年)に九代市川團十郎の子である二代市川段四郎と息子の二代市川猿之助により復活上演された。
    その後も二代之助とその息子である三代目市川段四郎により再演されている。
    その為、近年は実質的には澤瀉屋のお芸となっている。

  • 関羽(かんう)…二代市川團十郎が初演した演
    ストーリー的には鎌倉時代の武将が関羽に化けて見栄を切るという内容である。
    何故関羽なのかは全く以て分からない。
    余談だが九代市川團十郎も「増補山譚」(通称 地震加藤)で何故か関羽に扮した事がある。
    その後昭和4年(1929)に二代市川次と十代市川團十郎により復活上演された。
    また、昭和60年1985年)に二代尾上(十一代市川團十郎の実)も復活上演を行った。
  • 「勧進帳」かんじんちょう)…上記の通り、十八番一の七代市川團十郎が初演した演
    厳密に言うと初代市川團十郎が初演した「合十二段」にの要素を加えてアレンジされた演である。
    九代市川團十郎の子である七代松本幸四郎生涯1600回も演じた事で有名。
    上記の事から高麗屋のお芸になっている他、現在市川に限らず数多くの役者によって上演される。

  • 解脱(げだつ)四代目市川團十郎が初演した演
    関羽」、「」、「」、「清」と並ぶ清物の一つ。
    大正3年(1914)に二代市川次が、昭和7年(1932)に十代市川團十郎により復活上演された。
    因みに現在では左の方で上演される事が多い。

  • 「毛抜」(けぬき)…二代市川團十郎が初演した演
    七代市川團十郎まで昔のが伝わっていたがそこで絶えてしまった(とされる)。
    現在明治42年(1909年)に二代市川次により復活上演された時のを十一代市川團十郎が定した物。

  • 「暫」(しばらく)現在も非常に多く上演される人気の高い演
    上記の通り、九代市川團十郎が現在完成させた。

  • (じゃやなぎ四代目市川團十郎が初演した演
    十八番の中で最も上演回数が少ない演
    その少なさたるや四代目の初演(1763年)から昭和22年1947年)に十代市川團十郎により復活上演されるまでの184年間の間、何と一度も上演されなかったほど…。
    因みにその次に十一代市川海老蔵によって復活上演されたのは66年後の2013年である…。
    250年間の間にたった3回しか上演されていない幻の演である。


  • 助六(すけろく)…二代市川團十郎が初演した演
    「勧進帳」、「暫」と並び十八番の中で上演回数が最も多い演でもある。
    因みに市川(十郎と海老蔵)が上演する時のみ外題(タイトル)が助六所縁江戸となる。

  • 引」(ぞうひき)…初代市川團十郎が初演した(とされる)演
    大正2年(1913年)に二代市川次と二代市川猿之助により上演された。
    (しかし、この時の脚本家「十八番の引きではなく新作」している)
    その後、昭和8年(1933年)に十代市川團十郎により大幅に創作を加えて復活上演された。
    タイトル通り2人の男がをただ引っり合うというシンプルな荒事芸(?)となっている。

  • 「七つ面」(ななつめん)…二代市川團十郎が初演した演
    「七つ面」とあるが舞台で登場するのは「尉」、「吹」、「般若」、「姥」、「武悪」の5つしかない
    十八番制定時には既に詳細不明で九代市川團十郎は「新七つ面」として上演した。
    昭和11年(1936年)に十代市川團十郎により大幅に創作を加えて復活上演された。
    因みに十一代市川海老蔵名探偵コナンに出演した際に出てきた「二表(におもて)の面」はこちらが元ネタ
  • 「鳴」(なるかみ…初代市川團十郎が初演した演現在もよく上演される演
    因みに正式には雷神不動北山という演の一幕でこの演の前が「毛抜」、次の幕が「不動」となっている。
    八代市川團十郎が上演したのを最後に途絶えていたが明治43年
    (1910年)に二代市川次により復活上演された。

  • 「不動」(ふどう)…上記の通り、「毛抜」・「鳴」と共に元は一つの演である。
    ただ単に役者不動明王に扮して出現するという単純極まりない演
    市川と縁の深い成田山新勝寺の成田不動に因んだとか何とか。
    昭和42年(1967年) に二代尾上により復活上演された。

  • 「不破」(ふわ)…初代市川團十郎が初演した演
    昭和8年(1933年)に十代市川團十郎により復活上演された。

  • 「矢の根」(やのね)…二代市川團十郎が初演した演現在も時折上演される演

関連動画

十二代市川團十郎

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B8%82%E5%B7%9D%E5%9C%98%E5%8D%81%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

市川團十郎

1 ななしのよっしん
2018/07/13(金) 03:21:02 ID: j8U6EVb6W3
引っり合うってマジ
2 ななしのよっしん
2019/08/29(木) 03:16:05 ID: dP8ITHrxRs
歴代の紹介だけじゃなく十八番の解説まであってすごいな

ただ1点、十代の生没年が十一代と同じ「1909–65」になってます
(正しくは1882–1956、もしくは1880年生まれ説もある模様)