望月冬夜単語

モチヅキトウヤ

望月冬夜とは、Web小説とそれをまとめたライトノベル及びそのアニメ化作品『異世界はスマートフォンとともに。』の主人公である。

スマホ太郎近影

神様の手違いによって異世界に転生し、チート行為の限りを尽くすことになる。ニコニコを初めとするネット上では「スマホ太郎」の別名で呼ばれている。

CV:福原かつみ

神様の手違いによる概要

望月冬夜は、15歳(物語開始時点)の高校生少年神様の起こした事故で手違いで死亡
気が付くと、中に浮かぶちゃぶ台を囲む和室という摩訶不思議な間にいた。相対した神様は直ちに手違いを詫びると、償いとして異世界に彼を転生させる。全てを受け入れた彼は条件として持っていたスマートフォンを転生先でも使えるようにしてもらった。さらに、身体も強化してもらい、ちょっとした荒事も気でこなせるようになる。
かくして、異世界に降り立った彼は、いきなり仕立屋に出会って着ている学生しがられ、高値で引き取ってもらう。[1]そので、詐欺まがいの脅迫行為にあっていた姉妹を助け、[2]彼女たちと冒険を始めることになる。

そして、いろいろあって一となり、9人のヒロインたちを婚約者として従え、果てはフレームギア(決して性がそっくりでも某ガンダムや某スーパーロボットでもない)というロボットに乗るところまで行ってしまう。
この末については、興味がもしあるならアニメを見るか原作を読んでみよう。ただし、観て(読んで)面いかは全く保できないので悪しからず。
ポイントは要所要所でスマートフォンを使い、様々なに役立てていることであり、これが本作のタイトルの理由でもある。ただしスマホタイトル通り作中活用できているかはこれも一切保の限りではない。


属性魔法7種類(普通は2、3種類使えればレアの部類)を使いこなし、底なしの魔法属性魔法(決まった体系がなく、使役者によっては異なる)も思うがままという万チートキャラである。さらに転生時にこれまた神様の手違いでとんでもいことになっているのだが、それは後に明かされることになる。

神様の手違いによる読者目線での評価

一見おとなし人畜無害少年だが、読者からの評価は賛否両論。というかネット上ではかなり評判が悪い。

まず、上記の如き万チートを、他人、いやから与えられただけなのに全て自分のと称してはばからない。

アニメではられなかったが、生前は祖のコネでヤクザと関係を持ち、不良脅迫したりスクーターを盗む等、とても善人に分類されるとはいい難い行為をおこなっている。さらに、ヒロインを侮辱したり敵対するものには周りが引くほど容赦がない一面を持つ。何でも、これも祖の「やるときはやる」という言葉に従った信条のようだ。
だが、その祖からは「人の過ちを許せる人間になれ」という教えを受けているにも関わらず、転生時に少し思い出していただけで、それ以後は全に頭にいようである。
例えば、単に気に入らないと言うだけで他人を故意に魔法で転ばせて階段から落としている。そして、勝手な仕事をしたロリのスリに怒りを露わにしていた先輩スリをで撃った上(一応フォローすれば非殺傷弾丸)に、ロリだけ官相手にかばう。そればかりか、そのロリメイドとして身内に囲っている。[3]これらのように、どう見ても過剰防衛倫理に外れた行為、偏った正義感による行動が立つ。

だがこの世界での評価は「人を思いやる優しさを持ち善人で達観し、非常にできた魅あふれる人間」らしい。[4]

神様の手違いによる事実説明

さて、ここでアニメ第2話「初、そしてサムライ」での主人公望月冬夜の振る舞いを、ツッコミは一切入れずに事実だけ書き出してみよう。一応ネタバレなので、ブロック表示にしておく。また、キャラへの思い入れを除くために固有名詞は使わない。第1話については、下記の無料動画で見られるので、そちらで確認してほしい。

主人公は第1話で合流済みの姉妹とともに、で移動。王都へ手紙を届けるミッションの遂行中。思わずスマホの居眠り顔を撮ってしまう。(スマホの出番はここだけ。あとは王都へのマップを見たぐらい。

途中で立ち寄った町で、悪に絡まれているサムライ少女を偶然見かける。

少女に加勢して、悪をひと通り倒したところでとんずら。

互いに自己紹介少女は路を落として一文のため、とりあえず食事をおごることに。彼女修行のため王都に向かう途中である。そのままづれに王都に向かうことに。美味いことに、彼女も扱える。

すがら、属性魔法の研究をする。物体を手元に引き寄せる魔法アポーツ」や、短時間対の摩擦係数を少なくする「スリップ」を発見。その場で実験として「アポーツ」でサムライを引き寄せようとする。これはが重すぎるせいか成功しなかった。
なお、この一連の流れはの所有者であるサムライ許可を取らずに行っている。主人公く「急になくなったら驚くかと思って」

その時、血の匂いを感じる。モンスターに襲われていた。襲っていたのはリザードマンを操る召喚士。速先ほどの「スリップ」を使用。召喚士はズッコケてあっさりお縄。
(ちなみに原作小説では召喚士はサムライにより首をはねられている。そのを見た主人公は「うわ…ちょいグロい…」と思った)

の中で矢を胸に受けて瀕死執事を助ける。またも先ほどの「アポーツ」で体内に残った矢を摘出し、これまたいつの間にか覚えた「キュアヒール」で治療。
原作小説では一応、本を読んで覚えたがぶっつけ本番だったとの記述がある)

助けた相手は偶然にも公爵嬢。王都までの護衛を依頼されたのでそのまま同行して屋敷へ直行。

公爵に面会。頭を下げ、礼を尽くす公爵。どうやら公爵の敵対勢嬢を略取することを狙っていた模様。

そこで嬢の、つまり公爵の妻の話が出る。5年前に大病を患い、その後遺症で盲目になってしまっているという。嬢が出かけていた的は、を治す属性魔法の手がかりを探すため。彼女の祖状態異常を治す魔法リカバリー」を使えたというが、属性魔法は個人技、同じ魔法を使えるものはそうそういない。

しかし、主人公は効果を知っているものであれば属性魔法をなんでも使用することができるため教えてもらった「リカバリー」であっさり治癒。

公爵から一連の謝礼として白金貨10枚(日本円にして4000万円)をもらう。そして検問所や貴族専用の施設も顔パスの公爵メダルを進呈される。王都について数時間で公爵のコネと後ろを手に入れたのだった。
主人公は最初はこの状況に驚き「もらいすぎだ」とは言ったものの、特にためらったり固辞したりすることもなく、「もらえるものはもらっておくか」ぐらいのフィーリングで受け取っている。ついでに嬢の好感度フラグも立った。

手紙を届けるミッションコンプリート。拠点の町へ帰ろうとする一行だが、サムライ主人公と人柄に感し、修行のために今後も同行することを申し出る。これでサムライの好感度フラグも立った。一行は快諾する。

主人公く「で人が笑顔になるっていいもんだな」 次回へ続く。

次回。「将棋盤、そして地下遺跡」→まるで将棋だな

どうだろうか。どのように感じるかはあなた次第である。

神様の手違いによる関連動画

神様の手違いによる関連商品

神様の手違いによる関連項目

脚注

  1. *だがその後出てくる装や様々な化学製品(石油化学製まである)素材をみると一体何がしかったのか全く理解できない。しかったのはデザインなのだろうか。
  2. *戦闘描写を見る限り救う必要がないのに恩を押し売りしたようにしか見えない。
  3. *これらは、まだアニメ範囲でのことであるが、その先の原作小説では更に苛かつ酷薄な面を見せている。
    自分の言うことを受け入れなかったからと、異次元生命体との戦闘によって大被害を受けた他を、一切救援せずに見捨てるに近い行為をする(他の同盟諸の王侯たちの意見もあったとはいえ)、
    敵の人物を、ヘドロボックス(ヘドロスライムという、基本だが死後一定時間で恐ろしい腐臭を発するものを、魔法で生成したに詰めたもの)に閉じ込め、精神崩壊するレベル拷問を加えたことも複数回ある。さらに、敵が苦しんでのたうち回ると、魔法の幻影で足元にゴキブリなどの姿を見せて、身動きすら取れなくする。隣で見ていた(当然主人公より長く生き、様々な残酷なも見てきたはず)がドン引きするほどである。さらには、「リフレッシュ」で全快させた上でもう一度同じ苦しみを味あわせようとした。さすがにそれはに止められたが。
    そして、自の民に対して行こなっている強制労働まがいの行為をある読者は「北の将軍様スマホ太郎」と評価していた。
  4. *洗脳されているのか。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E5%86%AC%E5%A4%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

望月冬夜

2880 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 12:16:28 ID: 7V2joQE+NH
スマホ太郎ってほかのなろう系べて知名度は抜群だよね(売れてるとは言っていない)
2881 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 00:27:30 ID: qB1hBy6d/O
そもそも覇王はなろうであってなろう系ではない
チートでもなければクズでもない、まあ自己申告でチートチート言ってはいるが。
2882 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 20:48:40 ID: 0cn0VdK3yN
>>2881
1行はともかく2行微妙じゃない?
その時代には存在しないものを使うのはチートといえばチートだし、覇王スマホ太郎同様常に自分の線でものを考えるクズだし
2883 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 00:35:00 ID: f/XRsmkPv9
アニメ賢者の孫を見てるけど、なんかいせスマと同じ。
周囲の権者や実者が主人公にだけ肩入れしてんのとか。
主人公は一応努してんのかもしれないけど、他の受験者達だってそうだろうにと地ほどの実差があるし結局チート人生イージーモード。もっと紳士的に対応したらいいのに敵対者を小馬鹿にしてたり、肩掴まれただけで相手の関節極めて地面に押さえつけてるし。常識がないってのは自由を振るわせるためのただの言い訳だろ。
2884 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 00:37:00 ID: OAE5WqunVR
なろうのテンプレの一つだから
話の流れを簡単にしやすいんだろうね
1から理由を作って何かをさせるってのが出来ない人ほど、安易に権者を助ける、権者のコネが出来てる
取り敢えず主人公を強くする、みたいな流れにしてると思う

この辺りを凝ってる作品もあるかもだけど、太郎も孫もこの辺りは死ぬほど雑
と言うか作者の想像の限界が見える
2885 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 01:21:39 ID: f/XRsmkPv9
スマホWebの16章読んだとこだけど酷いよな。強大なでやりたい放題やってる。
一般市民ライトニングジャベリンを降らせたのは意味じゃね?偽者ラルスが偽者にすげ替わっただけだろ。マジで何様なんだこいつは。
2886 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 06:37:44 ID: 0cn0VdK3yN
>>2883
紳士的に対応したらいいのに敵対者を小馬鹿にしてたり、肩掴まれただけで相手の関節極めて地面に押さえつけてるし」
この部分は多分常識ない設定とは関係ないと思うな
なろうだと「敵には何してもセーフ」っていうのが多いし、スマホ太郎も例にもれず自分に否定的な人間にはやたらと小馬鹿にするわ気に入らないだけで暴力振るったりしてるし
色々と倫理観がおかしいんだよな
2887 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 10:08:24 ID: NgTBUkgl1W
>>2883
気持ち悪いくらいに優遇されてるのがなろう系の特徴
俺様キャラが「世界だ」「世界を中心に回っている」ってよく言うけど
この作品は本当に主人公の為に世界が存在してる

元の世界ではやりたい放題していて
異世界に行ってもに気に入られてやりたい放題して
最後はになるとか
きっと前世(異世界に来る前の更に前世)ではよっぽど徳を積んだか悲惨な人生だったんだろうな

>>2885
16章はスマホ太郎ダブスタ自己中サイコっぷりと
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2888 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 13:17:01 ID: u7Zz0S/Ekf
とりあえず原作を9割ぐらい読んだので感想を。
うまくまとめられてないかも

良かった点
フレイズや異世界どうしのつながりなどの設定がかなり練られている。
・登場人物が膨大ながらもそれぞれに違うような個性がある。

「うーん…」と思う点
物語が進むとともに主人公がイキり始めること。炎と氷の二人の王に説教する場面は、恥ずかしさすら覚える。
主人公が助けた人が(彼がそう思ってなくても)女性が多すぎる。しかも、その女性に好意を持たれたりするがほとんど。
読んでて思わず舌打ちが出た。
・途中まで主人公ヒロイン心に全く気づいてないこと。鈍感主人公のつもりだろうが、いくら何でも露すぎる。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2889 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 12:48:16 ID: f/XRsmkPv9
闇の精霊倒すだけで終わりにしときゃいいのにわざわざ実の人々パニックに陥れといて、いざ復ってなったらバレたくないからやりませんとかどういう事だよ。一般市民の安全を犠牲にしてまで演出凝ったり下がんの分かってて信仰対すげ替えたくせにそういう時だけ控えめかよ。いつも人助けしてるかもしれんけど、こいつの場合かを潰すのと必ずセットになってて、むしろそっちのがメインだろ。
ヘドロボックスは相手も極悪だから許容できるけど16章は理だわ。
ていうか、たかが小説キャラに何をこんなに憤ってんだは。

急上昇ワード