黒死牟単語

コクシボウ
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

黒死牟(こくしぼう)とは、漫画鬼滅の刃』の登場人物である。

」の字には「むさぼる」「奪う」という意味がある。

概略

鬼舞辻無惨の抱える幹部「十二鬼月」の一人で、上弦の。いかにもというような装で、非常に長い間生きているとみられる。6つのを持ち、左の額と右ののあたりに炎のような痣がある。その威圧感は他の上弦とは一線を画すものがある。他のと異なりを携え、猗窩座が全く反応できない速度で抜することができる。

その貌は呼吸術の開祖によく似ている。また、剣術使いであり痣の形が炭治郎によく似ていることからも、殺隊と浅からぬ繋がりを感じさせる。

概要

人間だった頃の名前は「継国巌勝(つぎくにみちかつ)」で、である「継国縁壱(つぎくによりいち)」と共に殺隊として活動していた。の呼吸という非常にしい呼吸の使い手で、呼吸術をと共に殺隊に定着させた人物でもある。なんの因果か呼吸術の使えるとして十二鬼月になった。

如何に剣術を極めようともそれを余すことなく伝承することができる才を持った人間が現れないことに失望しており、自身の剣術が潰えることを嘆いていた。しかし縁は、を極めた者のたどり着くところは同じ、いつか自分たちと同じ高みに達するものは現れるだろうから何も心配することはない、と対照的な考えであった。

の呼吸には撃にかまいたちのような三日月形のを発生させる効果がある。本人の剣術と呼吸の練度が極めて高くただでさえ強いというのに、一振りで高速の三日月形のが広範囲に乱れ飛ぶ。また、6つあるはただの飾りではなく、相手のの流れや弱点を時に見抜く透き通った世界」を見通すがある。であるのでスタミナ切れも起こらない上に当然のように高い再生も備えているのでもはや手が付けられない強さである。さらに再生させ、体から生やすこともできるしノーモーションで三日月を発生させることもできてしまう。身には玉がたくさんついていて気持ち悪い

呼吸術で現れる炎やはあくまでもイメージであるということだが、の呼吸による攻撃は実際に複数の撃が発生する読者からは「三日月エフェクトファンシーオシャレ」「セーラームーン」「単なるイメージじゃなかったのかよこれ」「一人だけ魔法みたいなことできてずるい」「殺隊どうすんのこれ」などと驚かれた。

獪嶽は黒死牟の手引きによりになった。また、鬼舞辻無惨からは「ビジネスパートナー」であると見られている。ひたすら強さを追いめる猗窩座を評価しており、追いつかれることを楽しみにしていた節がある。柱の一郎は彼の遠い子孫である。

にて、岩柱、柱、柱、玄弥の4人が黒死牟と対峙した。の呼吸の撃を回避するだけで精一杯なほどのしい攻撃をかいくぐり、玄弥の血術の足止めと柱の始まりの呼吸により動きが止まったところを岩柱と柱の連携により頭部を破壊し、辛うじて黒死牟を退けた。しかし、玄弥と柱は命を落としてしまう。

背景

  • 物語の核心を含みます。

幼少期

には生まれたときから額に不気味な痣があった。双子であることが跡争いの種になる上に痣が縁起が悪いからと殺されそうになったが、気迫る抵抗により10になったら出させるという条件で育てられることになった。勝はになりを継ぐために剣術を習うが、縁は気にもかけられずいつものそばにいた。縁勝は着るもの住む部屋習い事何から何まで差をつけられて育てられた。縁が聞こえないのかいつまでたっても言葉を話さず、を見るといつも左にしがみつき、一緒に遊んであげても少しも笑わない子供だった。勝の剣術の鍛錬を遠巻きに眺めるときも、持ち物のをあげたときも無表情だった。勝は遇を不憫に思いつつ、いつまでものそばを離れられないほど幼く、同時に気味が悪く見えていた。

ある日の事。縁突然兄上の夢はこので一番のになることですか」とりかけた。大変驚いたが、自分もになりたいそうだ。剣術南役が試しにと木刀を握らせた。勝はその南役に一度も打ち込むことができていなかった。のそばを離れられない軟弱者にはになることなどできないとの事を侮っていた。しかし、縁は端から覗き口頭で手解きを受けただけにもかかわらず、熟練の南役を技で圧倒し倒させる腕前を見せつけた。それ以来、縁剣術を学びたいと言い出さなくなった。

技についてなんとか聞きだしたが、不可解なことをり、実に興味のなさそうな顔をする。にとっての話は児戯に満たないつまらないことだった。しばらく気が付かなかったが、縁は人体が透けて見えるという常的な知覚について言っていたようだ。勝も並々ならぬ才を持っていたが、かに越する童であった。

南役は縁の腕を報告しているだろう。跡取りはになり自分は狭い部屋に押し込まれ、出させられる。立場が逆転した。勝は気が気でなかった。しかし、は唐突にの死を伝え、が明けないうちにを出て行った。の死は寝耳に水だった。は貰ったと思って精進するという。笑顔でしゃべるだけしゃべり、去っていった。音の外れたがらくたのなにがいいのか。不愉快だった。

後に見た母の日記によると、縁は跡取りにされることを察し、出くしようと決めたという。また、はひどく体を悪くし、数年前から左半身が不自由だったらしい。

左半身。

その間、勝の感情が爆発した。縁といるときに常にの左にいた。縁に甘えてしがみついていたのではなかった。の病にいちく気付き、満足に動かせない左半身を支えていたのだ。

勝は縁をを内心見下していた。しかし現実は、素質も、人格も、振る舞いも、は何から何まで自分の手の届かないの上の存在だった。自分の欲しかったものを全て持ち、それに全く興味がないということが許せなかった。勝はしく嫉妬し、を憎悪した。心の底からの死を願い、がこの世に生まれてきたことを呪いさえした。

青年期以降

は寺にはついておらず、消息がつかめない期間が続き、縁は死んだことになった。その間に妻子を持ちを継いだ勝には穏な時間が流れた。しかしその後、縁は二度勝の前に現れた。

野営中にに襲撃され部下が全滅した勝の前に縁が現れ、を一太刀で葬った。縁は到着が遅れ部下を助けられなかったことを侘びた。嫉妬と憎悪がった。しかし、呼吸術を学べば強くなれると知り、を捨て殺隊に入った。呼吸術の導を受けてすぐに勝にも縁そっくりの痣が現れた。しかし縁の「日の呼吸」は習得できず、習得できたのは生に過ぎない「の呼吸」どまりだった。さらに痣が現れたものは寿命がすぐに尽きることが明らかになった。未だにに追い付けない。を極める時間も未来もない。

そんなときに無惨が現れ、になれと言ってきた。になれば寿命で死ぬことくなるという。強さをめ迷わずになった。になればを極めしがらみから解放されると確信した。

しかしになって数十年後、老人になった縁が現れた。痣があるにも関わらず寿命が来ず、を得た勝を老人でありながら圧倒した。一太刀量差を痛感させ、次の一太刀で死を確信させるものだった。しかし、次の一太刀が来ることはなかった。縁は老衰で死んでいた。勝には勝ち逃げ同然の結末だった。

強さを極めるために、を捨て、妻子を捨て、人間を辞めたというのに、縁に勝てなかった。日の呼吸の使い手をしらみつぶしに葬ったのに、縁日の呼吸は残り、自分の残したかった物はついに何も残らなかった。として死ぬ誇りさえ捨て、醜い怪物になり果ててまで、何をめたのか?何を得るというのか?

の才嫉妬し、憎悪し、嫌悪し、同時に惹かれ、焦がれ、太陽のようにしく覚える。勝は縁の存在をしく憎むと同時に、縁の生き方にしく焦がれていたのだ。考え得る全てを捨てて理想の生き様を追いめたのに、自分の理想は実現せずの言うを極めることはついにわなかった。

縁壱との対比

勝は名の跡継ぎという遇に恵まれ、妻子を持ち穏やかな庭を築き、立として生きるがあった。しかし、への嫉妬ゆえにに歪み、全てを犠牲にしてでも強さをめるようになった。

常的な知覚、肩するものは存在しない剣術の才、理を越した体を全て備えていた。しかし、縁は強くなることには興味がなく、小さなに住み、すぐ隣にする人がいるような、つつましやかだが穏やかな庭を望んでいた。

勝はを憎悪し、一でもの顔を忘れたいと思い、の存在が消えることを望んでさえいたのに、縁の顔はいつまでも鮮やかだった。の顔も妻子の顔も忘れたというのに。

は死の間までからもらったを肌身離さず持ち歩いており、黒死牟はそのを見てを流した。黒死牟はそのの体が滅びるまで肌身離さず持ち歩いていた。2人の兄弟憎入り混じった深い繋がりがあったのだ。環境さえ違えばあるいはもっと幸せな生き方ができたかもしれないが、ボタンの掛け違いですれ違い続けた2人だった。

ネットでの評判

  • 初登場時は縁勝が双子だと明らかにされていなかったので、呼吸の開祖が上弦のになったと予想されていた。
  • 一郎の祖先ということからおじさん称で呼ばれることもある。一郎に対する態度も親戚のおじさんっぽい。
  • 此方も抜かねば…無作法というもの…」というセリフがウケて、蜜璃さんたちで抜きたいときにこのセリフがよく書き込まれるようになった。その際は、縁の「お労しや 兄上」というセリフ兄上のお痛わしい書き込みに対するツッコミとして使用されるのがお約束
  • 本人も本編も至ってまじめなのに所々妙な雰囲気を醸し出していてネタにされやすい。
  • 威厳のある当初のイメージは話が進むにつれて崩れていった。知れば知るほどすれ違いが悲しくなる不幸さと縁へのひねくれた感情はとても人間臭く共感するも聞かれる。縁過去含め遇があまりにもお労しすぎてネタにしにくい雰囲気となることもある。
  • 黒死牟は生き恥してまで生きながらえることに抵抗を感じて自壊したが、無惨様生き恥などお構いなしの最高に生き汚い存在として描かれている。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%92%E6%AD%BB%E7%89%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒死牟

395 ななしのよっしん
2021/01/12(火) 01:19:21 ID: SeejPIbKUH
が六つあるからしゃーないけど生え際がかなりお労しい事になってるな
396 ななしのよっしん
2021/01/13(水) 23:13:15 ID: uAcwjUYg1O
黒死牟津田健次郎さんか大塚明夫さんあたりが良いと思うな
397 ななしのよっしん
2021/01/13(水) 23:49:05 ID: NYuT+ocRGR
も日も地上から見たら同じ高さに見えるからの呼吸の継承者も居ないのだろう
ただ、から見た日は地上で見た時よりずっと遠くに見えたんだろうな
398 ななしのよっしん
2021/01/14(木) 09:24:46 ID: T/0fUnKYA2
色のを持った隊士もそれなりにいたんじゃないかなあ
の呼吸に適性あるかと思って会得してみたけどあんまり合っていないみたいなオチになっていそうだけど

ただ、の呼吸はあの様子だと失伝していそう
兄上かに教えていたかどうかは分からんが
399 ななしのよっしん
2021/01/17(日) 18:13:23 ID: OL6FkjMWjW
炎や善逸のように呼吸の適正がなんらかの行動で
ちゃんこ高くなるorすると
髪の色でるんだろうか?
それとも適正が固定されるとが変わるんだろうか...
日の呼吸も適正特化させると使い手の体毛変わんのかな?
って色んな色が混じってる色だし、
他が抜け落ちる感じで。
400 ななしのよっしん
2021/01/17(日) 22:19:02 ID: /SrzDnWXR7
>>398
一応教えてはいたと思うが、「らに匹敵する実者がいない」と勝手に絶望してたからあまりに伝授しようとはしてないように思う
そもそも柱レベル剣士がそうそう現れるわけはないので、それに腐らずに技の伝授をした当時の柱の呼吸は五大呼吸として大正まで残り、そうでない兄上の呼吸は失伝したって感じじゃね
401 ななしのよっしん
2021/01/20(水) 20:58:46 ID: fa9E2OuTPR
老いた縁と相対して勝ったのに本人の中じゃ負け扱いってのが見てて
不思議に思ったわ、最後に立ってたのはだしが一番!じゃダメだったのか?
402 ななしのよっしん
2021/01/20(水) 21:11:30 ID: DMCL0PFDp6
>>401
単なる殺し合いならそれで理やり自分を納得させることはできるかもしれない
けど、妻子も仲間も捨てての寝返りをやってまで剣術を磨き上げるためのを選んだのに、劣等感の原因だったに最後まで『剣術』で負けたというのが本人の中で許せなかったんだろう
403 ななしのよっしん
2021/01/21(木) 07:53:07 ID: ARmPKwhp/W
寿命で勝ったわざまーみろ!なところまでいったらまごうことなき無惨様だからな。そういうところまで微妙に堕ちきらなかったというか
が痣者なのに高齢になってもなお生きてまだまだ生き残ってて戦えた分幸か不幸か(従来の短命なら死に逃げされたと思うのだろうか)。相手が老いても猶剣術で勝てなかったって点では屈辱だったろう
404 ななしのよっしん
2021/01/21(木) 13:41:05 ID: DMCL0PFDp6
その無惨様でも死を意識した恐怖感を何年も心の底で引きずってる部分があったというか、身体への傷と共に理やり刻み込まれていたから、縁さんの圧倒的な強さはやっぱりとんでもないな
でも縁さんでも妻子を守り切れずに絶望のどん底にいた時期があり、の心を命尽きるまで救えなかったから、どんなに才に秀でた者であっても人間一人にできることにはやっぱり限界があるね、って話か

急上昇ワード改

2021/01/24(日)03時00分 現在

おすすめトレンド