Slay the Spire単語

スレイザスパイア
  • 16
  • 0pt
掲示板へ

 
チーマー
お絵カキコ番号1番サムネ
とさかのような何か(?)をかぶった、落書きのような奇妙な生命体がにこやかに近づいてくる。
「やあ、わが友よ!私はチーマーだ!私がオススメするゲーム興味があるかね?!」その生命体は大で叫んだ。
[立ち去る] 呪い-後悔

Slay the Spireとは、2017年11月15日アーリーアクセスとして配信が開始され、2019年1月23日(現地時間)に正式版となったローグライクデッキ構築カードゲームである。

概要

Slay the Spire
(スレイ・ザ・スパイア)
基本情報
ジャンル デッキ構築カードゲーム
ローグライク(ローグライト)
対応機種 PC
Nintendo Switch
PlayStation4
Xbox One
iOS
開発/発売 Mega Crit Games
発売(CS) Humble Bundle
配信日 PC(アーリー)
2017年11月15日
PC(正式版)
2019年1月23日
Switch
2019年6月6日
PS4
2019年6月18日
Xbox One
2019年8月14日
iOS
2020年6月14日
価格 PC/Switch
2570円/$24.99
PS4
2618円/$24.99
Xbox
2900円/$24.99
iOS
1220円/$9.99
その他
ゲームソフトテンプレート

プレイヤーを登るく付きの一人となり、ランダムで出現するカードレリック(パッシブアイテム)等を駆使することで、入るたびに姿を変える50階(+α)建ての不思議な攻略していく。

『同じ初期デッキを使ってサプライからカードを獲得することでどんどんデッキを成長させていきゲーム終了時の勝利点を競う』という、新なシステムにより一世をしたドミニオン(ゲーム)が発祥のデッキ構築カードゲームの要素に、ランダム・パーマデス[1]といったローグライク要素が加わることで高いリプレイ性が生まれ、一度ハマってしまうと理想のデッキを追いめて何度も繰り返しプレイしてしまう中毒性がある。

その中毒性ゲームを遊ぶ側のみならずゲームを作る・批評する側にもを及ぼし、ダンジョンメーカーOverdungeonOne Step From Eden等の「スレスパフォロワー」を生み出し、2019~2020年にかけて受賞こそならなかったもののインディーゲームゲームメカニズムに関する数々の賞にノミネートされた。

ユーザー評論家双方からの評価は極めて高く、Steamレビュー2020年6月時点で6万件を97%が好評の「圧倒的好評」を、メタスコア89と名だたる名作と同等のスコアを記録している。

アーリーアクセスの段階で十二分に遊べる内容であり、アップデートも週一のペース(バカンス休暇除く)と熱心に開発が進められた結果、2019年1月23日(太平洋時間)に正式版の配信となった。
ゲーム中で使われている専門用は多い(当記事でも多くの訳注で解説を入れている)ものの、その多くはゲーム内でカーソルを合わせることで解説を見ることが出来るため、逐一用を覚えることなくゲームを進められる。

2020年現在進行形で一時代を築きつつあるゲームであるため、少しでも興味がある人であれば買いといえるが、特にドラフト(TCG)が好き・ドミニオン(ゲーム)等のデッキ構築カードゲームが好き・じっくり考えるタイプローグライクゲームが好きな人向けのゲームといえる。

戦闘の概略

クラス(プレイヤーキャラ)

最初から選べるクラスアイアンクラッドのみだが、前のクラスで1回プレイすると次のクラスアンロックされる。
それぞれのクラスには専用の初期レリック、共通のアタックストライク」・スキル「防御」に専用カードが少数加わった初期デッキが割り振られており、入手できるカードレリックには各クラス専用のものと全クラス共通のものがある。

アイアンクラッド

鉄仮面兵士の生き残り。悪魔を得るために魂を売り渡した。」

最初から選べるクラス、専用カード等のテーマカラー赤色。いかにも攻撃一辺倒な見たと説明だが、アタックマシマシデッキ・筋[3]を高める脳筋デッキだけでなく、HPが減らなければどうということはないブロック偏重デッキ[4]トリガー・自傷トリガー等のトリッキーデッキも構築可となっている。

アイアンクラッド初期レリック
バーニングブラッド 戦闘終了時、HPを少し回復
HP回復手段が限られているこのゲームにおいて、
少しのダメージかったことにできるこのレリックはかなり強
アイアンクラッド専用カードの例
クラッシュ 手札全てがアタックならプレイな0エナジー火力アタック
アタックカード偏重デッキ向けだが状態異常に弱い。
パーフェクトストライク デッキ内の「ストライク」と付くカードで強化されるアタック
初期デッキに入っている弱いアタックストライクが役に立つ。
ヘヴィブレード による火力アップが例外的に数倍乗るアタック
単発攻撃だが筋デッキでのフィニッシャーにもってこい。
ボディスラム 現在ブロック値に等しいダメージを与えるアタック
ブロックデッキ、防御を上げて身体をぶつければいい。
ヘモキネシス HPを消費して強な攻撃を行うアタック
自傷をトリガーとするカードとのコンボに。
エナジーを全消費して敵全体にエナジー数だけ攻撃するアタック
エナジー2以上で全体多段攻撃となり、特に筋を上げるデッキに向いている。
捕食 使うと棄されるアタックで、これでとどめを刺すと最大HPが増える。
それにしてもドーナツが食べたくなってきた…うう…ドーナツ
手札を全て棄、棄した枚数と同じ回数だけ攻撃するアタック
増やしたカードや邪魔なカードを処分しつつ大ダメージを与えられる。
レックス 使用したターン限定で筋を増やすスキル
攻撃ごとに筋分のボーナスが乗るため多段攻撃との相性が良い。
塹壕 ブロック値を2倍にするスキル
ブロック値を持ち越す手段があれば倍々ゲームガチガチに固められる。
ダブルタップ 次にプレイするアタックを2回使うようにするスキル
2回プレイエナジーを消費しないため高コストアタックと相性が良い。
リミットブレイク を2倍にするスキルアップグレード前後で使い捨てかどうか変わる。
倍々ゲームに持ち込めば筋肉モリモリマッチョマンと化す。
堕落 スキルエナジーを消費しなくなるが使い捨てになるパワー
使いどころは難しいがレリック等でシナジーが効けば一気に世界が変わる。
破裂 自傷するごとに筋が増す自傷シナジー系パワー
悪魔 悪魔を得ることで毎ターン開始時に筋が増すパワー
な効果と引き換えに、エナジーコストはかなり重い
闇の抱擁 カード棄する度にカードを引くパワー
使い捨てカードや手札を大量棄するカードと相性が良い。

サイレント

から来た女殺し屋。短で敵を屠る。」

二番クラス、専用カード等のテーマカラー緑色。説明にもあるように、手数で攻めるナイフ[5]デッキとじわじわと苦しめる(時には即死に至らしめる)[6]デッキな戦略となる。アイアンクラッドとべるとデッキ回しの手段や捨て札を起点とするコンボ、細かくダメージブロックを稼ぐ手段が多い。

サイレント初期レリック
指輪 戦闘開始時、カード2枚を追加で引く。
手数で攻めるサイレントらしい初期レリック
手札が多ければ捨て札コンボが決めやすくなる。
サイレント専用カードの例
はやぶさ斬り 敵に攻撃した後、デッキからカードを1枚引くアタック
ダガースロー 敵に攻撃した後、デッキからカードを1枚引いて1枚捨てるアタック
前述のはやぶさ斬りとの違いはほぼカードを捨てるか捨てないかしかない。
一見するとただの下位互換だが、捨て札コンボに使えるためそうともいえない。
スニーキーストライク 単体では消費エナジーに対する火力が低いアタック
そのターンに手札を捨てていればエナジーが増え、実質ノーコストアタックに。
破滅 普段はただの一回攻撃だが、敵が毒状態の場合さらに追撃するアタック
持久戦になりがちなデッキ火力を稼ぐ手段として有用。
とどめの一撃 そのターンに使用したアタックの枚数に応じた攻撃になるアタック
手数で攻めるナイフデッキで使えば、文字通りのフィニッシャーに。
グランドフィナーレ エナジーを消費せず、敵全体に火力の一撃を叩き込むアタック
その代わり山札にカードが1枚でも残っていると使えない制約があり、
デッキ=手札となるような圧縮デッキでなければまず腐るピーキーな一枚。
ダイダイダイ 世界中二病患者が使いそうな、使い捨ての高火力全体攻撃アタック
ドッジロー 使用したターンと次のターンに弱めのブロックスキル
敏捷性[7]を上げることでダメージ回避がしやすくなるいぶし銀な一枚。
剣の舞 ナイフを数枚手札に加える、実質アタックのようなスキル
単体ではただのアタックだが、ナイフデッキではナイフ補充手段として有用。
外套と短 ブロックりつつナイフを手札に加えるスキル
1枚で攻守を兼ね備えており、シナジーが得やすいカード
策士 使用不可能だが、他の手段で捨てるとエナジーが増えるスキル
触媒 敵のを2~3倍にする使い捨てスキル
長期戦になりがちなデッキにおいて、決着ターンの短縮が狙える切り札
バレットタイム そのターンカードが引けなくなるが手札のコストが0になるスキル
手札を増やしてから使えば強、そうでなくてもなかなか強
バースト 次にプレイするスキルを2回使うようにするスキル
コストスキル使い捨てスキル(特に触媒)と相性が良い。
死体爆破 敵一体にを与え、その敵が死亡した時に最大HP分の全体攻撃をするスキル
同程度の最大HPの敵が複数出る編成との相性抜群。
フットワーク カードから得られるブロック値にボーナスを与える敏捷性を得るパワー
得られるブロック値が低い代わりに追加効果を持つスキルがより強になる。
ガス ターン開始時に敵全体にを与えるパワー
通常であれば時間経過で減衰するが逆に増幅する、デッキの起点。
限の ターン開始時にナイフを手札に加えるパワー
ナイフデッキの起点となるが、ただの火力底上げとして見ても便利。

ディフェクト

「自覚めた戦闘オートマトン古代の技術がオーブの操作を可にした。」

アップデートで追加された三番クラス、専用カード等のテーマカラー青色。他のクラスとは異なり四種類のオーブを展開するためのオーブスロットを持つ。オートマトン(要するにロボット)らしくカード名はコンピュータ関連のものが多く、オーブを強化することで攻守を両立した安定デッキも狙える。

ディフェクト初期レリック
ひび割れコア 戦闘開始時、ライトニング1を生成する。
温存してよし、解放してよしと序盤の火力の底上げにもってこいなレリック
オーブ(ディフェクト専用)
ライトニング 攻撃用のオーブ
ターン終了時、ランダムな敵に小ダメージを与える。
解放時はターン終了時より多くのダメージを即時与える。
フロスト 防御用のオーブ
ターン終了時、少しのブロックを得る。
解放時はターン終了時より多くのブロックを即時得る。
ダーク 一回限りの攻撃に特化したオーブ
ターン終了時、解放した時の火力が上昇していく。
解放時、HPが一番低い敵に上昇した火力分のダメージを与える。
プラズマ エナジーを増やすオーブ
ターン開始時に1エナジー解放時は即時2エナジーを得る。
ディフェクト専用カードの例
FTL そのターンプレイしたカードが一定未満ならカードを引くアタック
     \ポーン/
ブリザード フロストの生成数に応じた火力の全体攻撃になるアタック
ブロックガチガチに固めるフロスト耐久デッキ火力担当。
溶鉱炉 敵のブロックを除去した後に攻撃するアタック
ブロックガチガチに固めるうっとうしい敵相手に有用。
オールフォーワン 攻撃後、捨て札の0コストカードを全て手札に加えるアタック
これを軸にした0コストカード特化の専用デッキは引きにもよるが強
サンダーストライク ライトニングの生成数に応じた回数の攻撃を行うアタック
ライトニングデッキのフィニッシャー担当。
デュアルキャスト 先頭のオーブを消費し、2回解放するスキル
初期レリックと合わせれば再序盤からかなりのダメージ叩き込める。
ホログラム 弱いブロックりつつ捨て札のカードを1枚手札に加えるスキル
デッキが一巡する前に強カードを使いまわせる便利なカード
再帰 先頭のオーブ解放し、同じオーブを生成するスキル
オーブを減らすことなく強解放の効果を得ることが出来る。
オーバークロック エナジー消費しにカードを2~3枚引くスキル
ノーコストドローの代償として、状態異常(火傷)を1枚捨て札に加える。
遺伝的アルゴリズム 一回の戦闘で一度しか使えない使い捨てブロックスキル
使うたびにそのゲームでのブロック値が増えていくため、使うなら序盤から育てたい。
再起動 手札を全て山札に戻してから一定枚数カードを引くスキル
手札を消費した後の再補充に。
ハロー・ワールド ターン開始時にランダムなコモンカードを手札に1枚加えるパワー
手札枚数は増えるが、長期戦になるとデッキがコモンカードだらけになる諸刃の剣
デフラグ オーブの効果を強化する集中を得るパワー
攻撃オーブフロストの両方に効果が乗るため、攻守を同時に強化できる。
電気力学 ライトニングの攻撃対が敵一体ランダムから敵全体になるパワー
パワーだが使い捨てスキルのようにライトニングを2~3個生成する効果もある。

ウォッチャー

を“評価”するためにやってきた盲目苦行者。性なるスタンスの達人。」

2020年1月アップデートで追加されたの四番クラス、専用カード等のテーマカラー紫色。かんざし・羽衣・和服といった見たや禁欲的・宗教的なフレーバーカード等のアジアテイストが強く、特に口布から忍者を彷彿とさせる貌の女性
静/憤怒/といったスタンスの切り替えと、ターン終了しても手札に残り続ける効果「保留」や山札のカードを一定枚数見てそれぞれ戻すか捨てるかを選べる効果「占術」[8]の付いたカードが特徴的で、既存の3クラスよりさらにトリッキークラスとなっている。

ウォッチャー初期レリック
清水 戦闘開始時、奇跡を1枚手札に加える。
奇跡は1エナジーが得られる使い捨ての保留カード
実質各戦闘一回だけ足りないエナジーを補えるレリック
スタンス(ウォッチャー専用)
スタンス自体には何の効果もなく、静のスタンス解除時に2エナジーを得る。
憤怒との相互の切り替えや静が条件となるカードとのコンボ向け。
憤怒 ウォッチャー・敵双方の攻撃が2倍になる。
攻撃される前に倒す・静のスタンスに入る・解除する・ブロックを稼ぐ等、
敵の攻撃2倍のデメリットをどうするかがポイントとなる。
3エナジーを得る上に攻撃が3倍になるが、ターン終了時に解除される。
マントラ(バフ)を10集めることで入ることが出来る。
ウォッチャー専用カードの例
噴火 攻撃した後に憤怒スタンスに入るアタック
:拳 攻撃した後にスタンスを解除するアタック
敵が攻撃する時の憤怒解除やスタンス変更が条件となるカードとの組み合わせに。
連打 スタンス変更時に捨て札から手札に戻るノーコストアタック
スタンスを中心としたデッキで細かくダメージを稼ぐのに向いている。
インドストライク 初めはコスパが悪く、保留するたびにダメージが上がるアタック
刻一刻 初めは4コスト重いが、保留するたびにコストが下がるアタック
編み上げ 占術を行うたびに捨て札から手札に戻るノーコストアタック
ブロックを得ると共に静のスタンスに入るスキル
第三の ブロックを得ると共に占術の効果を得るスキル
経絡秘孔 敵に点デバフを与え、点分だけ敵のHPを削るスキル
おまえはもう死んでいる
頂礼 少しのブロックと共にマントラを得るスキル
頂礼は五体投地とも呼ばれる、仏教における最も丁寧な礼拝方法のこと。
瞑想 捨て札のカードを手札に戻して保留の状態にし、
静のスタンスに入った後ターンを終了するスキル
アルファ ベータ」を山札に加える使い捨てスキル
その「ベータ」は「オメガ」を山札に加える使い捨てスキル
そして「オメガ」は毎ターンの終了時に敵全体へ大ダメージを与えるパワー
つまるところパワーカード引換券である。
全知 山札からカードを選び、そのカードを2回プレイして棄する使い捨てスキル
元々使い捨てカードパワーとの相性が良い、強な効果。
冒涜 スタンスに即入るが、次のターンに死ぬ使い捨てスキル
他のTCGでいう最後の賭けや無双竜機ボルバルザークのようなものといえる。
の召喚 エナジーを全消費して「殺の」というアタックを山札に加えるスキル
殺の」はの召喚で費やしたエナジーに応じた回数だけ攻撃するアタック
ベータアートのこれは慢心しそうな絵柄であった。
飛び越え ターンを終了し、追加の1ターンを得る使い捨てスキル
この超強力な効果が許されるのもシングルプレイならでは。
断食 と敏捷性を得る代わりにエナジーを失うパワー
効果が低くなりがちなノーコストカードとの相性は抜群。
の如し ターン終了時に静のスタンスならばブロックを得るパワー
スタンスそのものに何の効果もない静の補助になる。
その効果から老子の言葉「上善の如し」が元であると思われる。
制定 カードが保留されるたびにそのコストを下げるパワー
保留の効果を持つカードを軸にしたデッキにオススメ。
人化 ターン開始時に得られるエナジーが、毎ターン1ずつ増えるパワー
使用して数ターン経てばエナジーが2桁になるな効果。

関連動画

アーリーアクセス中の動画を含むため、現在とはカードレリックの効果、イベントの内容等が異なる場合あり。

関連リンク

関連項目

今週のおすすめ この記事は第618回の今週のオススメ記事に選ばれました!
これからもに登り、デッキ構築を続けていきましょう。

脚注

  1. *一度ゲームオーバーになれば最初から、クリアしても最初からというローグライク要素の一つに挙げられるゲームシステム
  2. *ライブラリーアウトによるゲームオーバーはない。この「捨て札を再利用する」システムは、ドミニオン(ゲーム)等のデッキ構築カードゲームではよくある。
  3. *と同じだけアタックの攻撃ボーナスがかかるバフ
  4. *棄はその戦闘でのみデッキから除外することであり、次の戦闘開始時にはまたデッキに戻っている。一方でイベント・店でそのカード削除することで、永続的にデッキから除去することが出来る。
  5. *カードレリックの効果で手札に入る、使い捨ての0エナジーアタック
  6. *敵のターン開始時にの蓄積量と同じだけのダメージを与え、蓄積量が1減るデバフ
  7. *敏捷性と同じだけカードから得られるブロック値にボーナスがかかるバフ
  8. *MtGの同名のキーワード処理が元ネタと思われる。厳密にはMtGの占術(Scry)は「ライブラリーの一番下に置くかライブラリーの一番上に置くか」という効果であり、StSの占術により近い「あなたの墓地に送るかライブラリーの一番上に置くか」という効果の諜報(Surveil)もある。

【スポンサーリンク】

  • 16
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/slay%20the%20spire

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Slay the Spire

73 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 22:57:22 ID: lPUghMS9C4
最近はアセ19がキツ過ぎてデイリーチャレンジ逃げてる自分。
ルール次第では難易度が跳ね上がるが、アセしなのが救い。何より適度に頭を使いつつ「つええぇぇッ!!」を実感できるのが楽しい。
74 ななしのよっしん
2020/06/19(金) 00:33:44 ID: E4ViMgS9ED
クラス心臓は一度倒しましたが、高アセは出来る気がしませんね。
19や20で心臓まで倒しにいける人は、どれだけ凄いプレイヤーなのやら。
75 ななしのよっしん
2020/06/28(日) 15:23:02 ID: DRK7AkNmX2
>>70
https://www.amazon.co.jp/dp/B08964ZZRN/exit

9月switch日本語パッケージ版もでるよ
76 ななしのよっしん
2020/06/28(日) 15:26:14 ID: 1RDDNCr++F
DL版はもうあるだろ。
パッケージ化されるってことか?
77 ななしのよっしん
2020/07/02(木) 15:28:36 ID: zaRGVQZ4M/
ようやくウォッチャーで初めてアセ20通常クリア出来た
ルーニックピラミッドと不動心は
やっぱりウォッチャーが一番難易度低いクラスだと思うわ

が下手なのもあるけどアイクラは何故か14から全く進めなくなった。バリケードで積んでもジリ貧なんだけど


78 ななしのよっしん
2020/07/12(日) 10:17:59 ID: E4ViMgS9ED
久しぶりにやったらサイレントのアセ2の一層すらボススライム
何度も死んでたでござる…その後は3層まで行ってクリアしましたが
引きの悪さはあったとはいえサイレント、どのビルドでも最初は火力系が必須ですなぁって
79 ななしのよっしん
2020/07/13(月) 23:12:58 ID: NHv5R1l2Pc
サイレントはとにかくブロックしながらで殺すのが一番安定かな
ナイフデッキは使うの楽しいけど強くするために必要なカードが多いから事故イメージしかない
80 ななしのよっしん
2020/07/27(月) 02:32:18 ID: p1PGZ5hmSu
つい一週間前に存在を知って4連休全に潰してしまった
一通り4キャラ心臓倒すだけで十二分に価格以上遊べたわ
アセ20とかしたら限に時間溶けそう
81 ななしのよっしん
2020/09/08(火) 13:13:52 ID: bYtHtwp8tM
動画シリーズPart1にリンクタグを付けようと思ってるんだけどもタグ名は「スレスパ実況プレイPart1リンク」でいいかな?
82 ななしのよっしん
2020/09/27(日) 05:56:00 ID: QGrKDt2swm
ウォッチャーはマントラビルドがあんま人気ないの以外はビルド人気が分散してるから
人によってカード評価・ビルド評価がまちまちなのが組む時にちょっと迷う

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

虚構新聞 Amazonプライムデー 原神 無印良品 官房長官 日清食品 残業 パリコレ