マーベル・シネマティック・ユニバース単語

マーベルシネマティックユニバース

5.9千文字の記事
掲示板をみる(829)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マーベル・シネマティック・ユニバース(Marvel CinematiUniverse,MCU)とは、MARVEL映画部門マーベル・スタジオによる作品が共通して持つ世界観のことである。

概要

MCUとは、2000年代後半から作られ始めたマーベル・スタジオ製の実写アメコミ作品が共通して持つ世界観であり、すべての作品はこの同一の宇宙の中、すなわちアース199999での出来事を描いている。

そのため、ある作品のヒーローが別の作品のヒーローと共闘できたり、あるいはヒーロー同士が戦うことができる。

この「すべては同一宇宙で起こっている出来事」というアイデアアメコミでは数十年前から一般的であり、だからこそMARVELの『アベンジャーズ』やDCコミックスの『ジャスティスリーグ』などのクロスオーバー企画が刊行できている。作品とキャラクターの版権が作者ではなく出版社に属する、という日本では見られない手法が生み出したアメコミ独自のスタイルである。本家アメコミでは大クロスオーバー企画は数年に一度開催され、そこでは複数の雑誌に渡って通常連載では出会うことのないヒーローヴィラン達が入り乱れるシリーズが構築される。

MCUでも同様に、各ヒーローが活躍するシリーズを作り、彼ら彼女らを数年に一度の『アベンジャーズシリーズで共演させるというスタイルをとっている。

作品は数年区切りでフェーズという分類がされ、各フェーズの終わりには『アベンジャーズ』が開されるのが通例となる、予定だったのだが、フェーズ2は『アントマン』がラストとなり、フェーズ3は『スパイダーマン/ファー・フロムホーム』がラストとなった。本来は『アントマン』はフェーズ3のトップに来るはずだったのだが、2014年フェーズ3のラインナップが発表されたときに修正された。[1]スパイダーマン/ファー・フロムホーム』は2019年4月の『アベンジャーズ/エンドゲーム開直前にフェーズ3への移動が発表された。

また、映画とは別にドラマシリーズの中にもMCUに含まれる作品が複数存在する。『エージェント・オブ・シールド』や『エージェント・カーター』は日本国内でもDLifeなどでにした視聴者も多いはず。その他、『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』などNetflixでの配信専用作品もある。他にもHuluでは『ランナウェイズ』が配信されている。だが、2021年時点では後述するディズニー+への配信媒体への変更により、既存のドラマシリーズの展開はすべて終了している。また、代表作ともいえる『エージェント・オブ・シールド』は全7シーズンを経過するうちに映画シリーズとは乖離した世界観に移行したという見解も出ている。

2020年以降のドラマシリーズディズニー配信サービスディズニー+」での配信がなものとなり、映画で活躍したヒーローたちのスピンオフ作品が多数作られている。

MCUに登場可能なヒーローと不可能なヒーロー

スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマンシリーズは当初権利の関係でMCUには参戦できなかったが、2015年に権利関連の問題をクリアし、再リブートしたうえでMCUに参戦した。しかし、実写版『X-MENシリーズおよびそのスピンオフである『ウルヴァリン』や『デッドプール』はやはりキャラクターの権利の関係でMCUには含まれない。一の例外としてクイックシルバー実写版『X-MEN』とMCU作品の両方に登場するが、設定も演者も異なる全な別人である。実写版『ファンタスティック・フォー』も同様でこちらも権利の関係でMCUには参戦しない…とされていた。

2018年に『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』の実写化権利を持つ20世紀フォックスマーベル・スタジオ会社であるディズニーに買収されることが判明し、それに伴い『X-MENシリーズディズニー配給に代わる予定である。これで『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』のMCU参戦を阻んでいた権利関係はクリアされたと見てよいだろう。
2021年5月現在では詳細は不明だが、2021年以降から『X-MEN』のリブートが予定されていた。新型コロナで予定は遅れたが、数年後にはMCUで活躍するX-MENFFの姿も見れるようになるかもしれない。だが、『デッドプール』はMCUへの合流は見送られるようである。もともとR-15映画と言う特殊なくくりとなっていたデッドプールは、子供向け作品も多く制作しているディズニー下で存続されるか心配されていたが、R-15定のままシリーズを存続させると発表された[2]

そんなMCU作品群であるが、作中では必ずと言っていいほどある爺さんが存在した。そう、マーベルコミックスの中核を担うスタン・リー本人である。[3]まったくもって出たがりなお爺ちゃんである。

MCUに含まれる作品

大百科に単独記事があるものは太字

フェーズ1

ヒーローの存在が明確になる『アイアンマン』における”私がアイアンマンだ”発言を皮切りに、ニックフューリーが各所で動く1週間”Fury's Big Week”を経て『アベンジャーズ』に至るまでの流れを描く。彼らがいかにしてヒーローになったのか、ヴィラン達はどのような的を持っているのか。そういった世界観やオリジンを取り扱う作品が中心。

フェーズ2

アベンジャーズ』でNY戦場になって1年後からの話。ビッグ3のその後の情勢にも切り込んでいき、地球を離れ宇宙で起こっている出来事からインフィニティ・ストーンの秘めたも徐々に明らかになっていく。一方で『アントマン』では縮小世界という、新しい舞台へも広がりを見せていく。

フェーズ3

エイジ・オブ・ウルトロン』でソコヴィアが壊滅、ヒーローの活動自体が世間から疑問視されるように。ヒーロー同士の轢が見え始め、混沌した関係に発展。『ドクター・ストレンジ』で新たに描かれる平行世界という概念、更なるインフィニティ・ストーンのブラックパンサースパイダーマンキャプテン・マーベルといった新世代ヒーローの出現がMCUに大きなうねりを起こす。

ここまでの23作品をまとめて「インフィニティサーガ」と呼ぶ。

フェーズ4

キャプテン・アメリカアイアンマンが本作で卒業となる『アベンジャーズ/エンドゲーム』以降もMCU作品は続いていく。

元々はフェーズ4の最初を飾るはずだった『スパイダーマン/ファー・フロムホーム』はフェーズ3最終作に繰り上げられた。代わりにブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ演の『ブラック・ウィドウ』がフェーズ4最初の作品になる。『ブラック・ウィドウ』は本来2020年5月開予定だった。 

しかし、2020年新型コロナウイルス世界中で猛威を振るったことにより、映画開や撮予定が延期される事態が発生した。MCUもこの流れから逃れることは出来ず、ブラック・ウィドウ以下6本の映画開が延期されているほか、映画ドラマの撮にもが出ている。制作会社の違うスパイダーマンもこの流れからは逃れることは出来ず、開時期が延期されたが、そのを受けてドクター・ストレンジは再延期されてフェーズ4のトリに移動する事になった。結果的に、2020年MCU関連作品の劇場作品が一つも開されない年となってしまった。

2021年に入ると、ネット配信のドラマワンダヴィジョン』が話題をさらい、それに続く『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』『ロキ』、さらにアニメ『ホワット・イフ...?』も新たな流れを作っている。

2021年7月には『ブラック・ウィドウ』が1年2ヵの延期を経て7月8日開された。劇場開の翌日にはディズニー+でのネット配信も開始された。9月には『シャン・チー/テン・リングスの伝説』、11月には『エターナルズ』が劇場開。これらの作品関しては45日間の劇場独占開を経た上でディズニー+で配信されるとアナウンスされている。

2021年10月19日アナウンスでは新型コロナによる制作の遅れに伴い、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のスケジュールが延期された。この延期に伴い、他の作品もところてん式に開日が後ろ側に移動し、2022年開予定本数が4本から3本になっている。

2021年11月12日にはディズニー+での新たなドラマシリーズムーンナイト』『エコー』『アガサ:ハウスオブハークネス』『シークレットインベージョン』などの制作が発表されている。

以下、フェーズ4に含まれる予定の映画ラインナップ。開日は内のもので変更の可性あり。

フェーズ4以降

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーvol.3』は監督ジェームズ・ガンが一時解雇されていたために開日時は未定となっている。また、本来は2020年に撮が開始予定だったが、実際には2021年10月に撮開始となった。2023年開をす。

FOXディズニーが買収して実写化の権利関係もクリアしたため、ファンタスティック・フォーの再リブートも予定されている。X-MEN関連作品にも期待が高まる。また、『ブレイド』もリブートが発表された。前者はフェーズ4の玉として扱われている模様。

ムスリム女性ヒーローという設定で話題を呼んだMs.マーベル映画化の企画が持ち込まれ、先にドラマシリーズ『ミズ・マーベル』が製作されたのちに劇場作品『マーベルズ』へ参戦予定。

ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー』は2020年8月ブラックパンサー俳優であるチャドウィック・ボーズマンの逝去が伝えられたが、制作サイドはボーズマン不在のまま代役も立てず、2021年に撮を開始。また、ケヴィンファイギは単独ドラマシリーズデビュー予定だったアイアンハートを本作に先行登場させる事もアナウンスしている。

キャプテン・アメリカ第4作』はドラマファルコン&ウィンター・ソルジャー』に引き続き、アンソニーマッキー演じるファルコン2代目キャプテン・アメリカとして登場する。

以下、制作が発表されているタイトル

2021年10月19日アナウンスで『ブラックパンサー』『ザ・マーベルズ』『アントマン&ワスプ』の開日が延期されたが、『ガーディアンオブギャラクシー』の開日延期の発表はなかったため、あるいは開順の変更があるかもしれない。

2022年4月29日に『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』と『ザ・マーベルズ』の開順が入れ替わったことが発表された。それぞれの開時期はアントマン2023年7月から2023年2月に、ザ・マーベルズは2023年2月から7月に変更された。

ドラマシリーズ

アメリカABC系列ドラマ

2021年からDisney+でも配信中

Netflix配信ドラマ

2022年3月からはDisney+での配信に変更
2022年3月時点では日本未対応)

その他形式による配信ドラマ

2021年からDisney+でも配信中

ディズニー+での配信ドラマ

配信予定作品。すべてディズニー+での配信予定。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *Marvel Releases Official Phase 3 Timeline Imageexit
  2. *『X-MEN』ディズニーで2021年以降にリブートへ ─ 『デッドプール』のみ存続、米報道exit
  3. *これに関してはMCU特有と言うよりもMARVEL原作実写全般に言えることであるが…。これまでX-MENサム・ライミスパイダーマン3部作、デアデビルに旧ファンタスティック・フォー2作にもカメオ出演していたが、MCUでも必ずと言っていいほど毎回顔を出していた。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/29(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/29(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP