単語記事: 鉄華団

編集

とは、テレビアニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する民兵組織である。
この項では前身である企業クリュセ・ガードキュリティCGS)についても解説する。

CGS参番組隊長だったオルガ・イツカが立ち上げた組織にして少年たちの「」。
オルガ「決して散らないとして鉄華団と命名した。
設立当初から、クーデリア・藍那・バーンスタインの依頼をCGSから引き継ぎ火星から地球への護衛を任されていたが、後に巨大複合企業体テイワズと関係を結ぶことでテイワズの仕事の下請けもするようになる。
そのためか14話においてサヴァラン・カヌーレが所持していた資料内では輸送業者として認識されている。
デクスターキュラスター等一部メンバークーリアの護衛には同行せず、火星CGS本部だったものを本部として利用し、農業手伝いなどを行っている。

後述のCGSが体となっており、参番組だった少年たちの大半がこちらに流れ、それ以外の一部メンバーも残留している。
その関係上、構成員は後に炊事係として入団したアトラ・ミクスタと、テイワズから派遣されたメリビット・ステープルトンを除き全て男性。また、少年たちは皆非合法な有機デバイスシステム頼耶識システム」の手術を受けており、就学経験のない人間でも支障なく業務をこなせている。
鉄華団が成り立ってから、治安維持組織ギャラルホルンが絡む襲撃を幾度となく切り抜けており、それ故に体勢への反乱の旗印と認識されている。

少年達が立ち上げた組織でありながら、数奇な巡りあわせによりモビルスーツを運用している。
戦闘時に鹵獲した機体や部品を取り込むことで、その戦は少しずつ向上している。
モビルワーカーCGS時代同様に

メンバー料理が出来ないわけではないが、アトラ・ミクスタの加入により食事クオリティの大半は彼女に託されている。他、クーデリア・藍那・バーンスタインアジー・グルミンなどが食事作りを手伝っている。
ど男所帯なのが原因か、宇宙行きにも関わらずメリビットが来るまで医療スタッフが居なかった他、何日も風呂に入らなくても気なメンバーが多いなど衛生管理も行き届いておらず、組織面では不全な部分も多かった。

2

1期での闘を潜り抜け、事にクーリアの依頼を成し遂げた鉄華団は、アーブラウ代表選挙での一件をきっかけに大成。
テイワズ直系組織にしてアーブラ軍事顧問という一大組織となり、資も潤沢、地球支部を持つ程になった。
入団希望者も増加しているが、やはり少年兵が戦場に出るという事実は変わっていない・・・。

新規に頼耶識の手術は行っておらず、既に頼耶識手術を受けている団員以外は頼耶識に対応していない。
これはオルガ達1期勢の視点で考えると当然のことなのだが、2期で鉄華団入りした新入りは頼耶識を「少し手術するだけで簡単にが手に入る」と楽観視している節があり、先輩の言葉も届かない、と大きな溝になっている。さらに、急速にテイワズ直系の組織となったことで、古参のテイワズ幹部の中にはその成り上がりぶりを面く思わない者も出始めている。その動きは、幹部の1人であるジャスレイ・ドノミコルスと、彼の協者であるイオク・クジャンによる名瀬・タービン事件を招く。鉄華団は名瀬の敵をとるべくテイワズを離脱し、マクギリス・ファリド率いる革命軍に合流するが、これが鉄華団壊滅のきっかけとなってしまう。

革命軍はラスタル・エリオン率いるアリアンロッド艦隊とぶつかり合うが多勢に勢で敵うはずもなく、さらに戦後の利権を狙っていた死の商人のノブリス・ゴルドンの暗殺者により代表のオルガ、そしてだったMS部隊のメンバーもほぼ全員死亡鉄華団は組織としては空中分解し、生き残ったメンバーは身分を竄して井に紛れるを選ぶ。

本編了後

後に「マクギリス・ファリド事件」と呼ばれた今回の紛争以降、ギャラルホルンセブンスターズによる合議制から民的な軍事組織へと移行し、ヒューマンデブリ禁止条約の締結、火星連合の発足による火星独立など、様々な形で革命がなされ、世界平和を取り戻し、火星経済状況も大幅に善した。ただ、その影に鉄華団が関わっていたことは世界から忘れ去られていき、ごく限られた人々がその活躍を知るのみとなっていった。

クリュセ・ガード・キュリティ(CG

かつて存在していた民間警備会社。社長はマルバ・アーケイ。
大人達で構成される一軍と、その大人達にいいように扱われる使い走りの少年たち「参番組」が要戦となっている。
戦闘車両モビルワーカー要戦としており、身柄を引き取った少年たちに「頼耶識システム」の手術を強いて、格下の待遇でいいように扱っていた。
表向きは通常の会社だが、頼耶識システムに加え、安値で取引される「ヒューマンデブリ」の人身売買の恩恵も受けている非合法な存在である。
クーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を引き受けたが、そこでギャラルホルンの強襲を受け、マルバは行方をくらます。
その後、一軍が参番組を迫したことをきっかけにして、遂に参番組の少年たちの怒りがクーデターという形で爆発。一軍のメンバーを射殺して導権を握った後、一軍メンバーどと参番組の僅かなメンバーの退職により、CGSは事実上消滅。
戻ってきたマルバ・アーケイも頼耶識システムの話が露呈したことによってテイワズにより強制労働施設に送られたことで、全に消滅している。

※以下ネタバレ注意↓

2期

主な成員

記事のあるキャラクターは太字で記載する。詳細は各個人のページにて。
記事のないキャラクターには担当声優を記載する。

赤字キャラクター死亡者(最終話時点)、取り消し線キャラクターは離脱者。両方キャラクターはケジメされました。

鉄華団代表。CGS時代は参番組の隊長だった。基本的に彼が中心となって鉄華団は行動している。
鉄華団の名を挙げることに成功し、巨大化する組織を守るために戦い続けている。
しかしビスケット死後はブレイン役が実質オルガ一人になってしまい、多くの選択を迫られることに……。
アリアンロッドとの決戦後、鉄華団の生き残りと共に地球行きをしていたが、ノブリス・ゴルドンの部下の独断で見りが動き、射殺された。

実質的な副官ポジション。参番組では一就学経歴があり、参謀役を務めていた。
しかし地球カルタ・イシューの追撃を受け、オルガ死亡ネームキャラクター初の死者となってしまった。

イサリビの操に担当。オルガが入るまでの参番組元リーダーであるが、カリスマ性は薄かった。
作戦の都合上、地球降下作戦オルガ達とは別行動になった。
その後も定期的に通信には出ていたが、別ルートでエドモントンにおける最終決戦に間に合い、合流する。
2期時点では正式に副団長になり、オルガに次いで揮を執ることが多く、多忙を極めるオルガの補佐のために戦術南書で勉強中。宇宙では操揮を同時に担当する。
オルガの死後、オルガのために用意されていた獅電を己が駆り、モビルスーツ戦闘と揮を同時にこなし、生存者をめ上げ脱出させることに成功した。
エピローグではアドモス商会の社員となり、クーリアの護衛と商会の経営に関わっている。

鉄華団不動のエースパイロットで、本編主人公。良くも悪くも少年兵のあこがれの存在。
ガンダム・バルバトスに搭乗しギャラルホルン絡みの襲撃を幾度となく退けた。
鉄華団を大成させたの立役者だが、頼耶識システム酷使の代償として、ガンダム・バルバトス非接続時は右と右腕の感覚を失っている。その状態でなお、オルガや団のために戦い続けているが、2期からの新入りは彼の文字通りのっぷりを知らない。
第38話でバルバトスのリミッターを解除し、モビルアーマーハシュマルを圧倒的なで破壊するが、その代償として右半身全体の麻痺という重い後遺症を背負うことになってしまった。それでもなお闘志は衰えず、オルガと団のためにバルバトスに乗り続ける。
最終話鉄華団の団員たちを地球に逃がすために殿を買って出るが、アリアンロッド艦隊のおびただしい物量と、ダイスレイヴによる撃により致命傷を負い、レギンレイズ・ジュリアとの戦闘中死亡アトラとの間に息子あかつき)をもうけるが、その顔を見ることはなかった。

兵戦を担当。モビルワーカーを使用して敵艦に突入し兵戦を行っていた。
ブルワーズ戦では突入部隊を揮するめ役でもあったが、多大な被を出した事に責任や限界を感じてか、モビルスーツパイロットに転向している。
しかし、三日月・昭両名とはモビルスーツ戦闘経験に明らかな開きがあり、そのためか危なっかしい。
ドモントンでの最終決戦においてグレイズ・アインの強襲を受け、生死も危ぶまれていたが生還。
2期では新人たちの練兵教官を務める傍ら、実働一番隊「流星隊隊長となっているが、隊の名前がダサいと不満を持たれている。
マクギリス率いる革命軍との合流後のアリアンロッド艦隊との戦いにおいて、絶望的な戦差を覆すためにラスタル・エリオンの座乗艦に「スーパーギャラクシーキャノン」を撃ち込むべく奇襲をかけるが、ジュリエッタ・ジュリスの妨により失敗。アリアンロッド艦隊の集中火を浴びて機のガンダム・フラウロスごと撃墜され戦死した。

鉄華団としての初戦からモビルスーツパイロットとなるヒューマンデブリ。
三日月らとは違い頼耶識システムなしでモビルスーツを動かせるという非な才を見せる。
後に三日月に次いで2人ガンダムパイロットとなり、その才覚とガチムチタフネスさを存分に生かし鉄華団を支えた。2期では元ブルワーズアストン、デルマの義理のとなり、実働二番隊の隊長を務める。
最終話三日月と共に殿を務めるが戦死。その直前にラフタ暗殺の黒幕とも言えるイオク・クジャンを討ち取り、満足のうちに息を引き取った。

ヒューマンデブリのナンバー2。1期ではイサリビのクルーを務めていた。
2期では地球支部をめ上げており、信頼は厚いが、監ラディーチェ・リロトと団の方針が噛み合わないことで挟みになっていた。
しかし、そのラディーチェの根回しを含めた原因により、苗東護ノ介をかばい負傷、意識不明の重体に陥ってしまう。視聴者からは「霊圧が消えた」だの弄られていたが後に事復活した。その後は地球支部から引き上げてきたランドマン・ロディの専属パイロットとして訓練に励んでいる。
地球にいる期間中(25-26話間)におやっさんメリビットが付き合い始めていたが、そんな鉄華団内のビッグニュースも教えてくれてなかった。その疎外感から「仲間なんだよな・・・?」と涙目く場面も。
エピローグではユージンと共にアドモス商会の社員となっている。

ヒューマンデブリのナンバー3。電子戦が得意で、兵戦にも参加する。
鉄華団モビルスーツが増えた2期では遂に念願のモビルスーツパイロット転向を果たした。
パイロットになってからも電子戦の腕前は変わらず、戦闘中にもかかわらず、撃破したモビルスーツから戦場情報を引き抜き皆に伝達するという離れ業を見せている。鉄華団地球支部を撤収した後は、支部から引き上げてきたランドマン・ロディを専用機とする。
エピローグではアドモス商会が設立した孤児院の保となった。

モビルワーカー整備士。だが、鉄華団立ち上げ後は専門外のモビルスーツの整備も担当することになってしまう。その後、合流したテイワズから技術協を受けたこともあり、徐々にモビルスーツ整備もこなせるようになっていった。
その他、輸送機「クタン参」の操縦も担当しているが、最初は操縦方法を知らなかった。
CGS時代から一参番組に積極的に接していた大人で、「おやっさん」と呼び親しまれている。実は25-26話間(1~2年)にメリビットとの交際が始まっており、身だしなみに気を使うようになった。
エピローグではメリビット結婚しており、くも二人の子供が生まれそうになっている。さらに「カッサパ・ファクトリー」という会社を設立した。

CGS時代から引き続き経理を担当。本来は退職希望だったが、大人の中ではオルガに引き止められる。
地球行きには同行せず、火星にて残留メンバーと共に業務を行う。その結果急成長企業の経理担当という勝ち組に成り上がる。
CGS時代に子どもたちが虐げられていることを知りながら、当時の自分では何もしてやれなかったことを悔いており、その罪滅ぼしとして最後まで鉄華団を見守り続けることを決意している。
エピローグではアドモス商会の経営として働いている。

当初のメンバーだったが、初っ端からギャラルホルンコーラル・コンラッドに情報を横流ししていたことが発覚し即刻追放処分を受ける。この処分は、2期に登場したラディーチェ・リロトとは違い、結果的に人的損を負うことがなかったのも大きい。
鉄華団最初の離脱者。しかし彼は別勢でピンピンしており、少なくとも27話にて、モンターク商会の専務としてどの面下げてか鉄華団に接触している。初対面の団員には先輩を吹かせているようだが、鉄華団が本格的に活躍した時には彼は部外者である。鉄華団在籍時は人間のクズとまで言われた彼だが、意外にもモンターク商会から世話になった男には最後まで尽くしていた。

年少組のリーダー格で雑用担当。モビルワーカーに搭乗しての任務を自発的に行うこともあった。
ブルワーズの襲撃に遭い重傷を負ったが生存、その後も五体満足の状態で地上にたどりついた。
2期では地球支部に配属されており、フウカと二人暮らし。チャドの負傷後は代行として鉄華団地球支部の実質的なリーダーとなるが、ガラン・モッサに地球支部の導権を握られ、出口の見えない消耗戦を延々戦わされる羽になる。
その戦いで、ガランの手により冷静な判断を奪われていたせいで、友人となっていたアストンを失ってしまい、彼の心に大きな傷跡を残す。後に、全ての元凶の一人であった裏切り者ラディーチェ・リロトに対して、自らケジメをつけると宣言。ラディーチェからすべての話を聞いた末、三日月から託されたで彼を射殺し、宣言通りケジメをつけた。
この時、モビルワーカーに搭乗しての揮や、ランドマン・ロディに乗ってのモビルスーツ戦闘を披露している。

地球での騒動が一件落着した後は、フウカとの生活のために鉄華団の退職を志願。オルガ達に温かく送り出され円満退職、地球にて新たな仕事に就いた。少年兵出身の彼が、鉄華団から「転職する」という新たなを選べたのは、彼らも鉄華団も大きな一歩を踏み出していたことの左である。その後は苗の事務所の職員となっており、アリアンロッドとの決戦で壊滅的被を受けた鉄華団地球行きに協する。
エピローグでは、亡くなった苗に代わってアーブラウ代表となったラスカー・アレジ議員の秘書として働いており、彼からも才を見出されて議員になることをしている。

年少組の一人で艦内作業員。自分達より幼い子供の面倒も見ている。
鉄華団の団章のデザイナーであり、流星号ペイントも担当するなど美術担当。
ドモントン決戦では新モビルワーカーパイロットをしていたが、2期ではモビルスーツパイロットになり、昭の部隊に配属されている。タカキの退職後は年少組の新たなリーダーとしての責務を果たすために、よりいっそう訓練に励んでいる。第36話では農業プラントを守るために獅電ハシュマルビームを受け止めた他、第37話ではシノが置いていった獅電改をぶっつけ本番で乗りこなしてハシュマルに対抗する勇気を見せた。この獅電改は第38話でシノから正式に譲り受け、黄色に塗り替えられると同時に「雷電」と名付けられた。ネーミングセンスシノとどっこいどっこいであるようだ。
49話でオルガをノブリス・ゴルドンの暗殺者に殺されたことを根に持ち続け、エピローグではテロリストとなってノブリスの首を狙い続け、彼がトイレに入ったスキを狙って←パンパンパン射殺した。この時に使った三日月オルガに貸した後、彼が死んでしまったため返されることがなかった、言わば三日月オルガの形見の品である。また、オルガが遺した物と思しきいストールも身に着けている。

年少組の一人で整備員の寡黙な少年
シノと話をしていることが多く、そのためかシノの「流星号」命名に一難色を示していなかった。ガンダム・フラウロスの初ではサブパイロットとして同乗し、ハシュマルの進路妨に一役買った。
当初からシノ恋愛感情を抱いている疑惑が取り沙汰されていたが、第46話でそれが事実であることが本人の口から明らかにされた。
最終的に彼は生き残り、彼かどうかは判別しづらいがエピローグでは「カッサパ・ファクトリー」で働いていると推測される。

三日月に想いを寄せる少女鉄華団最初の女性メンバーである。
CGS時代にも面識はあったが、鉄華団立ち上げに伴い炊事係として入団した。過酷な戦場三日月と共に渡り歩く中で、彼の身を案じるあまり「三日月戦場に行かないようにするには、彼の子供が出来ればいい」という極端な考えを持つに至り、クーリア三日月との子供を作って欲しいと頼み込むなどしていたが、自身でそれにつながる行為を実行に移した。
決戦前に一足先に保護され生存事に懐妊しており、三日月との息子」が生まれている。

テイワズから鉄華団派遣された財務アドバイザー。鉄華団に対してのお付け役でもあり、オルガは頭が上がらない。
医療にも心得があり、実質的に医療スタッフも兼任する他、通信士も務める。
2期でも立場は変わらないが、火星本部の経理担当となっている。
1期の頃から、二人で鉄華団を見守る大人の立場として絡みがあったが、2期劇中でやっさんと交際を始めていたことが判明する。だろ!?
前述の通りテイワズの社員ではあったが、第42話で鉄華団がテイワズを離れることになっても、彼らとおやっさんを見守り続けるためにテイワズに辞表を提出し、正式に鉄華団の一員となった。
エピローグではおやっさん結婚しており、二人の子供がもうすぐ生まれることになっている。

ブルワーズに所属していたヒューマンデブリの少年兵たちの生き残り。
ブルワーズとの抗争後、オルガの誘いにより彼等ブルワーズヒューマンデブリは鉄華団の一員として、新たな家族と成った。
その後暫く音沙汰はなかったが、ユージンらと共にイサリビに残留していたからであり、彼等と共にエドモントンでの最終決戦の最中、援軍として合流した。
2期では地球支部に配属され、ブルワーズでの経験もあってか支部で1、2を争うモビルスーツ操縦技術を持ち、同世代のタカキや彼のフウカとも仲良くなった。
アストンを含めブルワーズヒューマンデブリには名字を持たない者が多かったため、昭の提案から「アルトランド」姓を貰っている。
しかし地球での局地戦で消耗した末、ガラン・モッサの策略により鉄華団ビジネスパートナーだったはずのマクギリス・ファリドと戦闘する羽になってしまい、最終的にタカキをかばって戦死してしまった。ビスケットに続く、鉄華団ネームキャラクター二人の死者である……。

アストン仲間。1期では常にアストンと同行していたが、2期ではアストンと別配置になり、実働一番隊でモビルスーツパイロットを担当している。
彼も「アルトランド」の姓を貰っている。
場数の違いのためか、MSパイロットの中でも頼れる存在になっている。アストンの死後は彼の遺志を継ぐ意味もあり、獅電からランドマン・ロディ乗り換える。
アリアンロッド艦隊との戦いで片腕を失い、戦線から外されたことで非戦闘員として生存。後に義手をつけ、ダンテと共に孤児の世話をしている。

2期からの新入り。かつてスラムに住んでいたが、兄貴分の少年ビルスが(おそらく三日月と同時期に)頼耶識の手術を受け、失敗。ナノマシンが定着しなかったことにより半身不随かつ背中に夥しい炎症を抱えることになり、養うどころかお荷物になってしまった事などを苦に自殺したことが彼に大きな影を落としており、仲間を守るためのに執着を抱いている。
その時にビルスった『3回の頼耶識施術を乗り越えた』である三日月に対して複雑な感情を抱いており、態度が硬化していた。のちに三日月に自分もMSパイロットになりたい(そして三日月える)と直談判し、MSのシミュレーター訓練と、地球到着後の出撃の許可を得て初を迎えた。
だが、初めての実戦相手が戦場をめぐる傭兵という事もあり手も足も出ず、竦んでいるところをバルバトスに蹴り飛ばされて「チッ…ハァ~…邪魔。」の一言を投げかけられてしまい、しく落ち込む。だが飛び去るバルバトスの後ろ姿に、かつてCGSへと向かって行ったビルスの姿を幻視し、今の自分の覚悟のさを実感した。
その後は今までの態度はなりを潜め、自らを鍛え直すためにこれまで以上に訓練に励んでおり、三日月『さん』に付いていくことを決め彼の押しかけ舎になった。
第38話からは、右半身全体の麻痺を抱えた三日月お米様抱っこで運ぶ重要な役割を仰せつかる。
ギャラルホルンの大群相手に囮となる最終決戦まで食らいついていたが、その戦いで敵モビルスーツの攻撃がコクピットに直撃し、遂に尽きる

2期からの新入り。しかし入団的は「かっこいい男になりたい」であり、常にへらへらしているため、シノ教官にしごかれている。が、ある話をきっかけにシノとの関係が変化することになる。あ゛~も出世して~
鉄華団に入団する以前は学校に通ってコンピュータを専攻していたらしく、ハシュマル戦で不調に陥ったバルバトスとグシオンリベイクのシステムログから不調の原因を見破るという、隠れたインテリぶりを見せつけた。
他の少年兵たちとは違って実家家族が健在であり、数少ない「鉄華団を抜けても帰るがある」メンバーである。それゆえに鉄華団少年たちの中でも常識的な観点を持ち、それを他人にできる稀有な存在である。
第47話にて、補給物資も資も尽きた中でなおもギャラルホルンに立ち向かおうとする他のメンバーについて行けず、ハッシュから非難されながらも退職した。だがそれでも他のメンバー想が尽きたわけではなく、退職した鉄華団の人間すら一人たりとも逃がすまいとギャラルホルン包囲網を敷いていたため、他の人員とともに鉄華団に戻り、クリュセ伸びる地下トンネルの復旧を手伝う。
エピローグではカッサパ・ファクトリーの社員として働いている。

2期からの新入り。その巨に反し精密な動作が得意であり、整備班に所属。
口数少なくおっとりした性格であり、にふさぎ込みがちなハッシュの聞き役になっている。
殺人を幾度となく犯した過去があり、そんな自分を受け入れた鉄華団には強い恩義を感じている。
エピローグではカッサパ・ファクトリーの社員として働いている。

2期で設立されている地球支部の監役で、支部の会計事務を担当。合理的、理論的な判断で仕事を行うタイプだが、感情的・家族的な行動をする鉄華団のやり方とはそりが合わず、チャドと支部の方針で都度対立している。
後に企業としての運営方法が変わらない支部にしびれを切らした事と高額の報酬をちらつかされたことで、鉄華団を裏切りガラン・モッサと取引。アーブラウの苗代表を狙った爆弾テロの手引を行い、鉄華団本部と地球支部の情報網を自らの手で切り離した末に、少年たちを生贄にげ、自身は身の安全を保障してもらう算段であった。後に全ての企みを吐かされ、タカキに救いをめるが、タカキはラディーチェの話を全て聞いたその上で決断を下し、ラディーチェを射殺する
事後処理で判明したことだが、支部の団員が会計事務などの仕事が全くできなかった事もありラディーチェが一手に引き受けており、生まれ・育ちからきた裏方の人材不足が浮き彫りとなった。

戦力

記事のある機体は太字で記載する。詳細は各機のページにて。

  • イサリビ

CGSの所有していた強襲装甲艦。
そのまま鉄華団が運用しており、地球へと向かう彼らのとしても扱われる。
元の名前は「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」だったが、CGSの名残を嫌ったオルガ・イツカにより名された。
茹でた海老のようなカラーリングと、頼耶識システムによる操艦が特徴。
武装は4門、後部1門、対2門、ワイヤーアンカー2基。

紺色の強襲装甲艦。正式名称不明。
ブルワーズから賠償代わりに接収したものであり、接収後はイサリビで牽引していた。
最終的に囮兼として使われ、ギャラルホルンの手により損壊。

2期で鉄華団が戦として所有している武装輸送船。
通常の輸送船の中央にイサリビと同形状の船体を接続。MS母艦としての役割を務める。
アリアンロッドとの戦闘で複数のダイスレイヴを受け損を負い、最終的には囮として使われる。

CGSの運用していたモビルワーカー鉄華団がそのまま運用を引き継ぐ。
頼耶識システム対応機であることが最大の強み。
ドモントンに向かう際には頼耶識非対応の新モビルワーカー20台調達している。

CGSの動炉として機していたモビルスーツ
三日月・オーガスが搭乗し、鉄華団エースとして活躍を重ねていく。
数多くの敵を撃破する傍ら、度重なる修を受け、多様な姿を見せている。
2期では修に伴い「ガンダム・バルバトスルプス」に名した。
ハシュマルとの戦闘で中破、更なる修を施され「ガンダム・バルバトスルプスレクス」に名した。

CGS時代に鹵獲したギャラルホルンモビルスーツであるグレイズ修した機体。
昭弘・アルトランドが搭乗していたが、昭ガンダム・グシオンを譲り受けたため、ノルバ・シノの乗機となる。
元々は売り物にするため頼耶識システム非搭載だったが、ブルワーズ戦後の大修時に搭載。その修の際、シノの独断で「流星号」と名付けられたが、ヤマギ以外には不評。
長らく鉄華団を支え続けたが、エドモントンでの決戦時にグレイズ・アインにより大破させられる。その後頼耶識システムノーズアートなどが、後述の「獅電改」に受け継がれる。

ブルワーズから賠償代わりに鹵獲したものを昭弘・アルトランドが譲り受け、修。
元の姿とは似つかぬ姿に変貌を遂げた。修にはタービンズの面々が関わる。
1期後の修に伴い、バルバトス同様さらに名される。

鉄華団が新たに開発を始めたハーフメタル採掘現場に、モビルアーマーハシュマルを抑える形で埋まっていたガンダム・フレーム機。テイワズに預けられて復元され、シノの新しい「流星号」となった。あの色ノーズアートもバッチリ入っている。
最大の特徴である背部レールガン戦艦をも容易に貫く非合法兵器ダイスレイヴ」であり、ギャラルホルンによって使用を禁じる法律が制定されている。鉄華団は弾頭を別のものに変更することでギリギリ違法を免れている。アリアンロッド艦隊との戦いで撃墜された。

  • 漏影

地球降下時に降下メンバーに同行したモビルスーツ。・・・実はテイワズのモビルスーツ百錬」の装甲を偽装したものであり、テイワズの人間であるラフタ・フランクランドアジー・グルミン鉄華団支援する際、所属がバレない為に偽装した姿である。表向きの立ち位置が立ち位置の都合上記載する。
最終的に流星号同様グレイズ・アインの襲撃で破損する。

百錬」などのデータをもとに開発された、大量生産を前提とした汎用機であり、新フレームイオフレーム」のモビルスーツ一号シノ機以外に頼耶識システムは搭載されていない。
こちらは漏影とは違い、テイワズで戦闘力が買われているため正式に優先配備されている、ちゃんとした所有物である。しかも格安。通常仕様には2期でモビルスーツパイロットに転向したダンテ・モグロライド・マッス、デルマ・アルトランドら、そして新入りのハッシュ・ミディが搭乗。
26話では同仕様の機体に搭乗したラフタ・フランクランドによる訓練が行われており、彼女とアジー・グルミンも当機に搭乗して戦線に参戦する。
また、オルガ用に取り寄せていた機体もあったが、こちらは当人が搭乗することはなく、彼の死後ユージン・セブンスタークが搭乗している。
一般機ではあるが、モビルアーマーハシュマルビーム兵器が直撃しても爆散せず事に残っている。

シノ専用に修された獅電であり、専用機の名前を始めとしてノーズアートや後頭部アンテナを継承。
肩にスラスターを増設、ショートシールドを装備し機動を生かした戦闘により特化。また、頼耶識システムグレイズ改二から移植しているため、頼耶識対応の一の獅電である。
シノがフラウロスに乗り換えたことでライド・マッスが乗ることになり、黄色に塗り替えられ「雷電号」という新たなニックネームが付けられた。

  • 辟邪

テイワズが開発した最新鋭量産型MS。テイワズのこれまでのモビルスーツの集大成ともいうべき性を持ち、突撃形態に変形できることもあり機動が高い。
名瀬とラフタの形見分けとして、テイワズから離れる鉄華団に試作機が1機のみ譲渡された。
MS操縦歴が浅いハッシュ・ミディパイロットを務めるが、追従性の高さに思わずを上げる程だった。

ガンダム・グシオン同様ブルワーズから鹵獲したモビルスーツ修機であり、そのまま地球支部に配備されている。文字通り陸戦用に修されたマン・ロディであり、原機同様頼耶識システム対応のため、施術者が登場することで高い機動性を発揮する。原機「マン・ロディ」の記事も参照。
地球支部の戦として運用され、タカキ・ウノアストン・アルトランドらが搭乗している。地球支部の撤収後は引き続き火星本部で使用される。
陸上を意味する「ランド」が名前についているが、宇宙での運用にも支障はないようである。

  • クタン参

テイワズの所持している長距離輸送機ガンダム・バルバトスを輸送する際に使用されていた。
詳細は「ガンダム・バルバトス」の単語記事を参照。

この鉄華団そのものではなく、それの誤字ネタである「火丼」がガジェット通信アニメ流行語大賞2015」のランクインしている。ただし、ランクインの段階では「火丼」は広く浸透しているネタとは言い難く、疑問が残っている。

2期で組織が大きくなり、テイワズ下として本格的に活動していたからか、騒動の原因を鮮やかに処断するシーンが多く、暴力団鉄華団」「スペースヤクザ」「日曜日のけじめなど、視聴者から様々な方向でネタにされるようになる。

関連

関連

商品

関連項


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%89%84%E8%8F%AF%E5%9B%A3
ページ番号: 5399679 リビジョン番号: 2475618
読み:テッカダン
初版作成日: 16/02/07 20:32 ◆ 最終更新日: 17/04/03 00:53
編集内容についての説明/コメント: 概要に追記、協力者にマクマード・バリストンを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鉄華団について語るスレ

603 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 08:47:41 ID: 3M5nNBNSZu
バクシンガー主人公が体制側で反政府勢と戦うっていう血とは逆の立ち位置じゃん
仲間を守りたいといいつつ私欲のためなら危険なを渡るどころかテロすら行う矛盾した武装集団とは訳が違う
604 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 17:08:33 ID: IIsudvWyHZ
ストッパーというかスタビライザーとしての仲介役ならビスケットしかいなかったのでしょう、
故に彼を喪った後の鉄華団は一度核反応を起こしたら後は臨界まっしぐらという
制御棒のない原子炉みたいな存在だった。

オルフェンズという作品は善悪二元論では割り切れない熾現実
子にしていたのだから、もう少し鉄華団が実利を得る為ならば暗面に近づき
自分たちこそが徳や仁義に背く存在にならなければならないジレンマを描ければ…
視聴者鉄華団に感情移入できなくなることを恐れたのか?なんにしても残念だ。
605 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 17:39:29 ID: Kn8Uj21/aO
こいつらが生きる為なら仕方なかったって擁護がよく乱れ飛ぶが私欲がかったわけでもないのは見てれば分かる事で
606 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 20:01:04 ID: OHaj/q9szx
スパロボ出たら
自軍にで雇われる感じで
そのまま仲間になりそう
ある意味PMCみたいなもんだし
607 : ななしのよっしん :2017/07/18(火) 14:07:00 ID: cW8Em77HeA
>>605
荒れてる環境の人間に、体制側やその治安に守られてる恵まれた民衆の善悪論や価値観そのまま当て嵌めても意味じゃね?みたいな話だと思うが。私欲なんて人間だから当たり前だし、多少の殺人や悪行するくらいこっちじゃ当たり前すぎてそこまで悪いことではない、ともう住む世界が違う感じ。

こういう答えが出ない話ってどっちも正しい・間違ってるとも言えないって方向に持ってくもんだと思ったが、結局最後に「腐敗してようがギャランホルン側こそ正義で、鉄華団環境が悪かろうが悪」みたいな恵まれた側の価値観優先(しかも敵)の図式をスタッフが強く肯定してるのがな。

鉄華団は荒れてる環境の割に善良すぎだし、悪にしたいなら、単にグレーゾーンなとこに所属してギャランホルンや似た遇同士で諍いを起こすだけでなく、一般市民に直接的に危を加えて、略奪強奪する非人的な描写とかしないとちょっとね。
608 : ななしのよっしん :2017/07/18(火) 17:36:36 ID: rKJ39M40KX
>>607
カルタ部隊視して突撃からのコロニー落とし(未遂)

一般市民に直接危を加えてないんじゃなくて振り回されてる周りが頑った結果運良く被が出なかった事ばかりでしょ
結局マクギリス修羅世界否定する気もいんじゃGH支持する他ないわ

孤児院作っても自分たちが暴れるのを仕方ないで肯定して海賊デブリ増やして他人面する

いつか、っ当な事をすると言いながら経理すらまともに出来ない組織を拡大して手に余ってる状態のらなんて何年使ってもそんな事実不可能

生まれなんて関係ないねあいつ等がっ当になるのを待ってたら
何人巻き添えで死ぬかわかったもんじゃない
609 : ななしのよっしん :2017/07/19(水) 00:02:37 ID: 3M5nNBNSZu
>>607
住む世界が違うって言い訳するなら一生無法地帯火星で好き勝手生きてろよ
本編でアミダが言ってたが地球圏は法が機してるし
多少の殺人や悪行するくらいこっちじゃ当たり前すぎてそこまで悪いことではな
いなんてふざけた言い分は通らない

それでも好き勝手やってお咎めしだったのは
クーリア鉄華団のこと棚に上げてGH非難しまくったこと、汚職政治家と汚職警官が協者だったこと、GHの体制が揺らげばなんでもよい各経済圏とか色々な要因が重なってたから

それと味方に優しくても行動はマトモじゃなきゃ善良とは言えない
610 : ななしのよっしん :2017/07/19(水) 20:17:26 ID: cW8Em77HeA
鉄華団火星の極一部の団体だから支持する対でもないだろうし、善良ってのは、実際こういう立場の人だったら、この程度で済まないだろwって、一般人線の善良じゃなくて、荒れてる世界線で善良って意味合い。

あと言いたかったのは鉄華団を作中で「悪」としたいなら、運よく被が出なかったなんてことはせず、ちゃんと鉄華団の行動で被が出る描写を出せってこと。

まあ個人的には、孤児院々の責任な行動も「現実でもよくありそうなことじゃね?」って冷めた見方してたし、言い分が通らなかろうが、実際に「色々な要因」で世界に容認されちゃう程度の物だし、ギャランホルンやテイワズ始めグレーな組織達も存続してるから、言い訳もなにもこの世界観おいて正当性ることにさして意味あるの?って感じだが。

ラスタル達も世の中全体をよくするために、多少の悪や一般人の犠牲が出る可性を容認・黙認してるし(政治ってそういうもんだし、過な手段に訴えても犠牲は出るんだが)。
611 : ななしのよっしん :2017/07/21(金) 04:03:44 ID: IIsudvWyHZ
抜き差しならぬ極限の環境下において、見たいのは存在の正当性なんかじゃない。
直接的戦闘だけじゃなく、自分と相手共に血みどろになる壮絶な駆け引きや深慮遠謀。
自分達を親兄弟同然の寄り合い所帯としながらも生き残る為ならばそれらは論、
飼い犬さえも利用するまでに先鋭化させるのは荷が重かったのかな?

「まあ、いいや。こいつは死んでいいだから」一昨年三日月のこの台詞を聞いた時は
どれだけ綺麗事やタブーを蹴り飛ばした太作品が出来るのかと期待したんですがね…
下地なんだから、中途半端に込みしないで突き抜けていただければよかったのに。
612 : ななしのよっしん :2017/07/22(土) 02:03:14 ID: ObtMhWFpBm
内部で対立軸を作らなかったばかりに喧した拍子に過去エピソードが飛び交ってキャラを立たせるってベタな展開もできなくなったのは体ない使い方だったな
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829