アベノマスク単語

アベノマスク
6.8千文字の記事
  • 23
  • 0pt
掲示板へ

アベノマスクとは、安倍政権が2020年4月1日に表明した全世帯にマスクを配布する施策の俗称である。

俗称の由来は「アベノミクス」と「マスク」をかけたものである。

概要

2020年4月1日新型コロナウイルス特措法に基づく政府対策本部は、急速な蔓延を見せる新型コロナウイルスにより内でマスクの品薄状態が続くことへの対応として以下を表明した。

この政策の元になったと思われるのは北海道の一部自治体新型コロナウイルスの感染対策に使い捨てマスク日本郵政タウンプラスで全庭に送る施策が行われており、これを参考に全に拡大した形で行ったものと思われる。

なお使い捨てと誤解する人がいるが、布マスクなので煮沸消毒や洗浄により繰り返し使用可である。配られる布マスクの値段は1枚あたり約200円とされている。配布は日本郵政の配送システム活用され、東京都など感染者の多い都道府県から順次投されることになる。

前述したように医療関係者・介護従事者・高齢者・障がい者・児童などへの適切なマスク供給も行われるのだが、メディアによるニュース報道などでは「各世帯に2枚」という部分がクローズアップされたため、混乱する人々が現れることになった。

施策が表明された日は不運にも4月1日エイプリルフールであり、施策の偽を含め混乱に拍をかけてしまったことは否めず、翌日のTwitterのトレンドには「アベノマスク」がトレンド入りをしている。

マスクの配布で経済対策を疎かにしているというがあるが、このマスクの費用は予備費から捻出されたものであり、経済対策に用いられる補正予算とは別口である。

「アベノマスク」は海外メディアでも取り上げられた。ブルームバーグ通信の記事exitは「安倍総理マスク配布政策は日本SNS上ではアベノマスクの呼称で物笑いの種にされている」としたうえで、「アメリカの当局はマスク着用の効果を否定していたが立場を変えつつある」と布マスク普及の提言をリンクとして沿えるなど政策そのものは肯定的に伝える記事を掲載したが、朝日新聞共同通信はこれに対し記事前半部分を抜き出し、『「アベノマスク」海外でも報道 マスク配布に「冗談か」exit』『「アベノマスク」、米でも失笑exit』と、あたかも海外メディア失笑しているかのようなタイトル・記事で報道している。

その後の海外の動向

Q&A

情報の内容は2020年時点のものです。

Q:何のためにマスクを配るの?
A:一般市民マスク需要を再利用可な品で少しでも埋め、使い捨てマスク病人や医療機関など本当に必要な人々に届けるため。
現在使い捨てマスクは全世界で品薄の状態にあり、感染拡大が進んだ海外では輸出禁止や他マスクの「押収」を始めるなど争奪戦の様相を呈している。当然それらのは既に需要を賄えておらず、一般市民処方箋いと買えないというも。
海外からの輸入が停滞する中で日本内生産を大幅に増強して調達数を増やしたが、それでも調達できるのはに7億枚。通常時のマスク需要でさえ年平均3.6億枚/月、ピーク時5.8億枚であるexitから、品薄の解消に十分とは言い難い。状況が悪化し続ければ一般人の購入は不可能に、果ては医療機関でさえろくに使えなくなるという事態に発展していく。だから今のうちに再利用できる品を各世帯に送って、全な枯渇を防ぐか遅らせようという話。「民には布マスクを普及させて使い捨ては医療機関へ」という動きは現在海外でも広まりつつある。

Q:マスク配る以外に具体的な経済対策とかやらないの?
A:もうやってるが、即効性がないため、倒産件数が増えている。
現時点で事業者には休業中の従業員給与など雇用を守るための助成金雇用調整助成金)や納税の猶予、休業・失業者へは生活資の援助などが行われている。事業者に対する支援経産省パンフレットexitweb配布している。

しかし、雇用調整助成金は最大日額8330円と給与の補償としては心もとない額である上に、提出する書類が膨大、その上支給まで時間がかかり使い勝手がよいものとは言えず、現に4月30日現在相談件数は20万件以上に及ぶが、申請までたどり着いたのはわずか2541件で、交付決定は282件にとどまっている。このことについては野党どころか自民党議員すら批判を挙げており(4月21日世耕参議院幹事長記者会見4月28日岸田政調会長による衆議院予算委員会での質疑を参照)、政府5月に入ってようやく日額上限を引き上げる検討を始めた。なお、参考までに、新型コロナウイルス関連倒産件数は5月1日現在115件である。

なお民への現給付をはじめ本丸となる事業規模100兆円経済対策は、税金の猶予や民間がこれぐらい使うだろうという予測を含めたものexitであり、地方自治体が今回新たに支出するお金19兆円にとどまことに注意を要する。

(ちなみにSNS上では「各で受け取れる現額」と称したコピペが出回っていたおり、実際に振り込まれたという報告も多数存在するが、支給スピードを速めるためチェックを簡素化した結果、ドイツでは100億円もマフィア詐欺られた、というニュースがある。これを民の命を守るための経費と取るか、税金の無駄遣いと取るかは民の感性によるものであろう)

Q:布マスクなんかで新型コロナウイルスに効果はあるの?
A:患者が他人にうつさないようにする効果はある。
米国CDCの内部資料によれば、普通の布マスクやスカーフでさえ新型コロナウイルス感染症に罹患している人のくしゃみ等による飛沫感染を抑える効果があるとし、従来の「医療従事者、病人、介護者のみマスク着用を推奨」としている指針の変更を検討している。exit新型コロナウイルス感染症患しても症状である場合が多く、全民が布マスクを着用することは、全くの意味ではない。

着用者をウイルスから守る効果に関しては、少なくともフィルターとしての機はあまり認められていない(これに関しては不織布製のいわゆるサージカルマスクも大して期待されていない)。しかし無意識に口や鼻に触れることによる接触感染を防ぐ効果と、気道の粘膜を乾燥から防ぐ効果はあるため非感染者の着用にも一定の効果があるexitとの専門の意見がある。

Q:一世帯に2枚じゃ足らない所も出るんじゃないの?子持ちの世帯はどうするの?
A:各世帯と別口で小中学校へも配られる。
また二世帯住宅へは追加の配布も検討中とのこと。ただし「ひとまずどのにも使えるマスクがある」という状態を作るものあって、安倍首相が発表で言及している通り必ずしもこの配布で全マスク需要を満たすという性質のものではないことには留意。

評価

熱心な安部政権支持者でもなければ大不評と言ってよいものとなった。

ようやく一律で配られたものがマスクというガッカリ感

発表前の時点でによってはロックダウン措置の代償として民に一で現などの支給で生活に支障がないように政府支援しており、「生活費保するから感染広げないように出回らないでくれ」と民を支える姿勢をとっていたが、日本では一保障と言えるものが乏しく一給付金めるが上がっていた。その中で出てきたのが1庭に布マスク2枚である。これで生活していけるのだろうか。

マスクの性能

販されている不織布マスクは鼻からあごまで覆える大きさなのだが、配布されたマスクは大きな布を折りたたんで15枚重ねにした13.5×9.5(cm)の大きさ。鼻と口を覆えるがあごまで届かず、明らかに不織布マスクよりも小さい。

配られたものの中にはあごまで覆える立体のものもあったのだが、紐が伸縮性のあるものではなくにひもが届かなくて痛いと感じる人もいた。

出来の悪さからアベノマスクを解体してリメイクして使う情報開される始末である。また布とひもを購入してから自分でマスクを作る人も現れた。

不良品混入

衛生面が問われる製品にもかかわらず、カビの混入が確認されるなど前代未聞の品質となっていた。民間企業でこんなことが起きたら、たちまち社長など重役が出てきて記者会見になること間違いなしである。

4月中旬に先行配布となる妊婦向け布マスクについては全戸配布を行うのではなく、まず市区町村に配布され検品の後に配布される予定であったが、ばみ・カビの疑い・汚れなど不良品が報告されたため、厚労省不良品を回収した。結果、46934枚が不良品として送り返されてきた。

更に4月下旬に全戸配布用マスクにもカビが生えたものがあるとの報道が出て、検品することになった。8500万枚の検品は視で行われて、その費用にも8億円かかることとなった。だがそこまでしても「顕微で確認したらが確認できた」という報告が出ている。

遅すぎた供給

不良品の検品の結果、全戸配布は予定より大きく遅れることとなった。その間に中国で生産されていた不織布マスク工場の稼働が再開し、4月下旬がピークだったマスクの値段はどんどん下がり、入手は容易になっていった。

当時安倍政権支持者の一部は「アベノマスクの発表により売り惜しみで高値でマスクを売っていた店が、使いまわせる布マスクの供給で重要がなくなってくるから安値で売るようになった」としていた。だが実際は需要に合わせて大量生産を行い、などで日本までの輸送までのかかった時間の結果、発表と供給を満たす時期が重なったように見えただけである。

配布が了したのは6月15日。1回緊急事態宣言はとっくに終わっており、マスクの供給体制も戻っていた。

大不評にもかかわらず再配布!?

あれだけ性や品質に問題があったにもかかわらず、7月下旬には介護施設や保育所向けの布マスクの調達を続けて8000万枚の配布を行うことが発表される。この発表に新聞テレビではメディアグループを問わず批判的な報道が出て総スカンを食らう状態となり、最終的に配布を断念することとなる。

第2次安部政権は解散前までの任期で何をやろうがその後の選挙で当然のように勝ち続けることもあり、政策で問題を摘されても基本的に間違いを認めず最終的に強引に物事を進める傾向があり、今回の介護施設や保育所向けの布マスクの配布続行も「ここでやめたらアベノマスクは失敗だったと認めるようなもの」だという考えが働いたのではと考えたくなってしまう。

配布はされなかったマスクは配布予定分の調達が終え、あとは配布するだけの状態まで準備してしまった8300万枚が残っており、2021年10月には会計院の摘で総額約115億円分あり、保管に8か間で約6億円の費用がかかっている。年9億円保管に使い続けるぐらいなら焼却処分したらどうだろうか。

不透明な契約

福島瑞穂からの質問で厚生労働省布マスク調達の契約について当初、和・伊藤忠商事マツカコーポレーションと非表の1社と発表。政府との契約にもかかわらずなぜか非表の企業というの存在が出てきたうえ、厚生労働省はなかなかその企業明らかにしない。

最終的にユースビオと明かしたのだが、開された3社にべて明らかに規模の小さい企業だった。大串博志からユースビオ3月時点に法人登記簿にマスクの生産・輸出入についての記載がないと摘。すると新たにシマトレーディングが生産・輸出入をしているなど、ユースビオについては複雑な状況で契約が行われていることが判明した。

更に介護向けに横井定、5月には新たな契約先としてワークスブルマーレ・東洋繊維・RELIEF・TSO Internationalと次々企業が現れている。

一世帯に二枚のマスク

アベノマスク発表間もないころに投稿されたイラスト北村ヂンはこの施策に対して『サザエさん』の磯野の7人(+1匹)が支給されたマスク2枚を家族全員で使うシュールイラスト投稿して話題を呼んだ。

J-CASTニュースの記事ではこのイラスト海外でも取り上げられ、韓国公共放送KBS」、フィンランド新聞社「ヘルシンギンノマット」の公式サイトイギリス新聞社「ガーディアン」で伝えられたという。[1]

一方でこの時点で小中学校への配布は行われる事が表明されており、イラストが描かれた時点の情報だけでも磯野ケースでは最低でも4枚配布される事(後からの発表であるが二世帯住宅へ追加で配布される事がめて知らされた、つまりこの場合では6枚のマスクが貰える)、当初から「世帯によっては必ずしも十分な量ではない」事は明示されいる事、布マスクの配布は「繰り返し使えるマスクの利用によって急速に拡大する需要に対応する為」であり、使い捨てマスクも7億枚の供給を確保できている等、政府からの表明の内容をよく確かめもせずに描かれており、発表後の不全な情報拡散による混乱ぶりを徴するイラストになっている。

その他

関連動画

関連静画

予言者によるアベノマスク

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *「マスク2枚」皮肉ったサザエさんパロディー 海外の大手メディアで紹介相次ぐexit

【スポンサーリンク】

  • 23
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アベノマスク

3238 ななしのよっしん
2021/12/30(木) 12:51:04 ID: IrZm/Rwoqh
>>3230

決めたのは3月末(閣議決定は4月半ばだけど、実質3月末に決まってる)
5月の輸入量がどうなるかは5月後半頃まで不透明(いつ中国規制再開するかも不明)
これで3,4月頃に駄だと判断できる人は未来予知者くらいでしょ
3239 ななしのよっしん
2021/12/31(金) 20:51:49 ID: jSXEoJU8ek
>>3236
滅菌処理もされてないまま1年以上保管されていたマスクをガーゼとして使いたいとか、神戸市歯科医院ヤバくないか。
めて滅菌処理するなら相当な手間と費用が掛かると思うのだが。
3240 ななしのよっしん
2022/01/01(土) 03:29:09 ID: DiBiywmI4D
>>3238
「3,4月頃に駄だと判断できる人は未来予知者くらいでしょ」ではアンカー先のレスに対して反論になってないぞ
しかも未だにのとこに届いてないし保管費はかさんでるし
3241 ななしのよっしん
2022/01/04(火) 16:19:19 ID: tL8bVMCfia
https://www3.nhk.or.jp/news/special/covid19-money/post/index01.htmlexit
アベノマスク”を巡るナゾ

布マスク”事業 標達成度100%のナゾ
最終報告で消えた “布マスク”事業
3242 ななしのよっしん
2022/01/04(火) 16:53:56 ID: DiBiywmI4D
>>3241
「全体の予算額に占める割合が小さくなったので記載をやめたという説明でした」

すげえな。保管費6億かかってるのにその理由で通せちゃうんだ。同じあったらやれることいくらでもありそうだが。
与党側からこの件についてロクな総括がないというのもいい味出てるよね。
3243 ななしのよっしん
2022/01/05(水) 06:18:25 ID: VK4TeQE4FG
>>3238
悪いんですけど、その頃すでに貿易事務の間では中国マスク製造装置投資ブームのこと知れ渡ってたし、マスク卸売業者と話す機会があれば4月ぐらいに不織布マスクの輸入量が回復するって情報手に入ってたんすよ。
3244 ななしのよっしん
2022/01/07(金) 22:40:52 ID: TovLftKskD
もう米軍に在庫配ったらどうや?
カイワレの栽培にハマって外出控えてくれるかもしれないよ
3245 ななしのよっしん
2022/01/08(土) 12:37:58 ID: DiBiywmI4D
沖縄じゃ米軍からオミクロンが拡がっちゃってるし、マジ米軍に配って欲しいね
3246 ななしのよっしん
2022/01/08(土) 15:53:03 ID: WfTrknnvxs
白人黒人がするのには小さすぎるだろw
3247 ななしのよっしん
2022/01/15(土) 12:47:18 ID: GIOOaQfZpl
安倍政権時代に新型コロナウイルス対策として配布された布マスクアベノマスク」について、販売業者との契約をめぐる情報開示しないのは違法として、神戸学院大の上博之教授開示などをめた訴訟で、大阪地裁(山地修裁判長)は14日までに、厚生労働省文部科学省から派遣された「マスクチーム」の実務責任者2人を人尋問することを決めた。
原告側の代理人弁護士明らかにした。5、6月の2回にわたり発注契約の過程を尋問する。
これまでに側は、業者とやりとりした文書は契約書や納品書を除いて保有しておらず、メールも「棄した」と説明。原告側は、契約の単価や発注経過を明らかにするようめていた。
地裁は13日の弁論で、原告側の申し立てを認め人採用を決定。ユースビオ福島市)や伊藤忠商事などの受注企業に対し、側とのメールの任意提出をめることも決めた。
代理人弁護士は「民の財産500億円が支出された経過は明らかにされるべきだ。当時の担当者の口から開でられる意義は大きい」としている。