海堂尊単語

5件
カイドウタケル
2.7千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

海堂尊(かいどう たける)とは、日本小説家医師本名は非開ということになっているがググれば出てくる。

概要

2005年医師として働く傍ら書いた「チーム・バチスタの崩壊」で第4回このミステリーがすごい!大賞を受賞、『チーム・バチスタの栄光』と題の上出版されデビュー。本作が映画化・テレビドラマ化されベストセラーとなるとともに、その後も立て続けに作品を送り出し人気作家となる。

端的に言えば、医者としてAiオートプシー・イメージング死亡時画像診断)の重要性を訴えるために小説書いてみたベストセラ作家になっちゃった人。現在も病理専門医として働く傍らで小説を執筆しており、医師としてノンフィクションも書くなどしてAiの普及に尽している(それに関連するブログの文面を巡って他の医師から訴えられたなんてことも……)。そんな動機で小説を書き始めたため、小説中でもしょっちゅうAiについての話題が登場する。

現役医師として働きながら、ノンフィクションも含めると年4冊以上のペースで新刊を出すという速筆。いつなんどき、どこででも執筆できるらしい。単行本から文庫化する際にも大きく手を入れることがある。2011年以降はノンフィクションの出版数がかなり増えている。2016年からはチェ・ゲバラを描く四部作予定の『ポーラスターシリーズに注しているためか、刊行ペースは落ち気味。

作品は「メディカル・エンターテイメント」と称される医療ミステリーを中心に、一も二もある登場人物たちが活躍する幅広いエンターテイメントを執筆している。代表作は田口白鳥コンビが活躍する『田口白鳥シリーズ』だが、その他の作品も基本的に全て同じ世界観で描かれており、海堂作品全体が大きなシリーズを為している(作品のほとんどが東海地方にある架都市」を舞台としているため、「サーガ」とも呼ばれる)。そのため、なるべくならデビュー作の『チーム・バチスタの栄光』から全作品を刊行順に読んでいくのが望ましい。

チーム・バチスタの栄光』が作品構成に合わせて上下巻で文庫化されヒットしたためか、初期作品の文庫版は上下巻で刊行されることが多かった。普通なら分冊するほどの長さでなくとも上下巻になるので、『螺鈿迷宮』や『ブラックペアン1988』のように約200ページずつという非常に薄い上下巻本になることもあった。上下巻商法おいしいですね。しかしさすがに不評だったのか、その後上下巻で出ていた作品はそれぞれ合本した1冊本の新装版に切り替えられた。

ブラックペアン1988』『マドンナヴェルデ』で山本周五郎賞補、『ブレイズメス1990』で吉川英治文学新人賞補。新書の『死因不明社会』で科学ジャーナリスト賞を受賞している。

作品リスト(小説のみ)

マークは記事のある作品。

  1. チーム・バチスタの栄光 2006年宝島社2007年宝島社文庫[上下巻]→2015年宝島社文庫[新装版])
  2. ナイチンゲールの沈黙 2006年宝島社2008年宝島社文庫[上下巻]→2015年宝島社文庫[新装版])
  3. 螺鈿迷宮2006年角川書店2008年角川文庫[上下巻]→2013年角川文庫[新装版])
  4. ジェネラルルージュの凱旋2007年宝島社2009年宝島社文庫[上下巻]→2016年宝島社文庫[新装版])
  5. ブラックペアン1988 2007年講談社2009年講談社文庫[上下巻]→2012年講談社文庫[新装版])
  6. 見る黄金地球儀2007年東京創元社2009年、創元推理文庫
    → 黄金地球儀20132019年講談社文庫
  7. 医学たまご2008年理論社→2020年角川文庫
  8. ジーンワルツ2008年新潮社2010年新潮文庫
  9. ひかり2008年文藝春秋2010年、文文庫
  10. イノセント・ゲリラの祝祭2008年宝島社2010年宝島社文庫[上下巻]→2016年宝島社文庫[新装版])
  11. ジェネラルルージュ伝説2009年宝島社文庫) ※ファンブック、短編の収録あり
  12. 極北クレイマー (2009年朝日新聞出版2011年朝日文庫[上下巻]→2013年朝日文庫[新装版])
    → 極北クレイマー20082019年講談社文庫[題])
  13. マドンナヴェル2010年新潮社2013年新潮文庫
  14. ブレイズメス19902010年講談社2012年講談社文庫
  15. アリアドネの弾丸 2010年宝島社2012年宝島社文庫[上下巻]→2016年宝島社文庫[新装版])
  16. モルフェウスの領域2010年角川書店2013年角川文庫
  17. ナニワ・モンスター2011年新潮社2014年新潮文庫
  18. 極北ラプソディ (2011年朝日新聞出版2013年朝日文庫
    → 極北ラプソディ20092019年講談社文庫[題])
  19. 玉村警部補の災難2012年宝島社2015年宝島社文庫
  20. ケルベロスの肖像2012年宝島社2013年宝島社文庫
  21. スリジエセンター19912012年講談社2018年講談社文庫
  22. 炎上2013年角川書店2014年角川文庫
  23. ガンコロリン2013年新潮社
    → ランクA病院の愉悦2016年新潮文庫[題])
  24. カレイドスコープ箱庭2014年宝島社2015年宝島社文庫
  25. アクアマリン殿2014年KADOKAWA2016年角川文庫
  26. スカラムーシュ・ムー2015年新潮社2018年新潮文庫
  27. ポーラスター ゲバラ覚醒2016年文藝春秋2019年、文文庫
  28. ポーラスター2 ゲバラ漂流2017年文藝春秋2019年、文文庫
  29. 玉村警部補の巡礼2018年宝島社2020年宝島社文庫
  30. ポーラスター3 フィデル誕生2019年、文文庫
  31. 2019年KADOKAWA2021年角川文庫
  32. コロナ黙示録 (2020年宝島社
    → コロナ黙示録 2020災厄の襲来2022年宝島社文庫
  33. ポーラスター フィデル出2020年文藝春秋
  34. 医学ひよこ2021年KADOKAWA2023年角川文庫
  35. 医学つばさ2021年KADOKAWA2023年角川文庫
  36. コロナ狂騒録 (2021年宝島社
    → コロナ狂騒録 2021五輪の饗宴2022年宝島社文庫
  37. コロナ漂流録 (2023年宝島社
    → コロナ漂流録 2022弾の行方2024年宝島社文庫

関連動画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

海堂尊

1 ななしのよっしん
2011/10/04(火) 08:02:06 ID: ef3FyOvVxm
バチスタの頃は批判込みで面かったけど最近のは批判メインなりすぎてそこだけくどく見えてしまう人。
その意見に対する対抗意見も欲しいなと思う今日この頃。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2011/10/22(土) 23:46:06 ID: aoVYLR4oIS
確かにバチスタとべると最近の著作(イノセントゲリラとか)は大衆小説エンターテイメント)というよりかはキャラの口を借りた医療評論本という感じは否めない。
アリアドネはエンタメ寄りに回帰していたけどね。
やっぱり小説家とうよりかは、学者なんだろう。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2014/04/28(月) 00:48:55 ID: VzhXoQon4r
性格クズ過ぎ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2015/07/24(金) 22:38:33 ID: vy6Krj8zDt
最近忙しくて読んでないが、読んだものの中では『ブラックペアン1988』が一番好きだな。

>>1
  大筋の意見は近いんだけど、ドクターヘリ医師が同乗する必要があるのかっていう問題提起(本田115ページ以下)は鋭いと思った。多くの病院では既に医師不足である以上、その少数の医師をわざわざ病院から遠ざける必要はない。ヘリに同乗すべきは救急救命士や専門看護師だと、こういうことらしい。
  本田氏は(小説方面の物書きじゃないから当然だけど)海堂尊以上に医療費亡論やおの医療行政に対してのスタンスラディカルだよ。興味があればご一読を。


>>az4800305659exit_nicoichiba
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2016/12/15(木) 22:07:34 ID: Z22ExmcE9a
最近は『ポーラスター』に注してるのか(あるいは単に興味がなくなったのか)、
それ以外の作品が少なくて寂しい。
せめて未収録の短編をまとめた本あたりは出ないものか。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2020/06/20(土) 12:10:50 ID: vy6Krj8zDt
👍
高評価
0
👎
低評価
0
7 ななしのよっしん
2022/01/16(日) 21:24:28 ID: kL+LfA0dvN
久々名前を聞いたと思ったら、ワクチン接種推進してた他の医者反ワクと一緒にネトウヨ呼ばわりしててドン引きした
最近の作品も何の捻りもない皮だけやし全に作家として終わってたんやな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2023/02/07(火) 21:42:27 ID: vy6Krj8zDt
>>6の記事のリンクが切れていたので訂正

海堂尊「そのマスク、清潔? に届いた実物を調べてみると…――海堂尊の死ぬまで生きる(5)「アベノマスク」の危険性について」NIKKEI STYLE,2020/11/16.
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO66277640W0A111C2000000/exit
👍
高評価
0
👎
低評価
0
9 ななしのよっしん
2023/04/11(火) 02:44:05 ID: peupgdPhN9
なんというかこの人、池井戸潤と差がついちゃったな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
10 ななしのよっしん
2023/04/11(火) 09:10:51 ID: vy6Krj8zDt
池井戸潤も副業で小説書いてるんだっけ
海堂尊は本業が医者で副業が物書きって宣言してたけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0