エルネスト・メックリンガー単語

エルネストメックリンガー

エルネスト・メックリンガーErnest Mecklinger)は「銀河英雄伝説」の登場人物。

石黒監督アニメでのCV土師孝也(「わが征くはの大」では戸谷公次)。
Die Neue These」でのCV大場真人

ラインハルト・フォン・ローエングラム麾下の提督
艦隊旗艦はクヴァシル(石黒監督版)、ガンダルヴァ(Die Neue These)。

星を砕く者・黎明編~風雲編

登場は外伝を砕く者」にて、ブラウンシュヴァイク邸の警備担当者としてミューゼル姓時代のラインハルトと出会う。この時の階級は准将アンネローゼの友人のヴェストパーレ男爵夫人を通じてラインハルト情報を流し、誼を結ぼうと接触をはかる。艦隊参謀としてラインハルトの艦隊に配属され、第四次ティアマト会戦に従軍。

アスターテ会戦時には転属しているが、ラインハルト元帥府を開設すると、中将・艦隊官として諸将に加わる。同盟軍の帝国領侵攻では同盟軍第8艦隊を攻撃して後退させた。リップシュタット戦役でも武勲をたて、敵地を占領するや即座に美術館博物館に駆け込み、戦火から美術品の保護を行っている。

ラインハルト帝国宰相になると、大将に昇進。統帥本部次長に就任。この時、統帥本部総長代理であるオーベルシュタインの部下となっていると思われるが、接点は描写されていない。

ある時にヒルダの依頼をうけて、彼女従弟のキュンメル男爵の見舞いに訪れている、その時、重篤の病をかかえながらもペットを飼うような代償行為を行なっていない男爵の様子に違和感をいだく(キュンメル男爵意が分かるのは後の事となった)。同僚であるケンプが戦死した時には、その妻子の所へ訃報を伝えるべく使者をつとめた。

ラグナロック作戦では後方待機となり、軍務元帥府の事務を決裁し、補給と後続部隊編成の大任にあたった。

飛翔~回天編

ラインハルトが新王を開き皇帝となると、上級大将に昇進。大本営がフェザーンに移されるとオーディンに残留し、後方総司令官に任命され旧帝国領の閲・揮権を預かった。

回廊の戦いの開始にともないオーディンを発ち、イゼルローン回廊の反対側に艦隊15,900隻を布してヤン艦隊の背後を扼して侵入、しかしヤンは20,000隻以上の艦隊を率いて迎撃。メックリンガーは戦略的合理性からヤンの全戦50,000隻以上と見積もらざるを得ず、一戦も交えずに後退する事となった。結局ヤンの戦は迎撃分が限界で、ブラフによって後退した事で迎撃から急転したヤンに大敗したビッテンフェルトから批判される。これについて、根拠のある言い分はあったものの高に反論する事はなかった。

都がフェザーン遷都されると、ケスラーの代わりにオーディンの防衛も任される。

第二次ランテマリオ会戦では、11,900隻の艦隊を率いてイゼルローン回廊から新領土に進軍、二正面作戦の一面を担った。同時にイゼルローン政府が、帝国か叛乱軍か、どちらに協するかの反応を問う外交使節も兼ねた。
回廊の通行を許したイゼルローン政府に対しては礼節を示し、全軍にヤンの霊に対して敬礼示を行う。会戦は短期決着に終わった為、戦闘の機会は得られなかったが、一方面を扼して戦略的には寄与を果たした。艦隊はヴルヴァシー治安と、同地事件の捜にあたり。そこでアルフレット・グリルパルツァー大将が自身を利する為に不正を働いた事を知り、手厳しく弾劾する。後にフェザーンに帰還。

落日編

ヒルダ皇妃となり、大本営幕僚総監の職を辞すると、その後任となる。

ハイネセンの混乱の収容に赴いたラインハルトに随行。シヴァ域会戦では、総旗艦ブリュンヒルトに搭乗し、ラインハルト席幕僚として補佐を行った。ラインハルトが重体に陥ると代わりに艦隊中央部を統率し、長官ミッターマイヤーとの言の連携を行う手腕を見せたものの、情報の統制での混乱ミッターマイヤーラインハルトの容態への懸念から判断を狂わせ、イゼルローン軍のブリュンヒルトへの強襲を許す事となった。

後にフェザーンに僚友達と共に帰還し、ヴェルゼーデ仮皇宮にてラインハルトの臨終を見届ける事となった。ラインハルトの死の場面を「……かくて、ヴェルゼーデはなる墓となった」と記している。

ラインハルト崩御後に摂政皇太后ヒルガルドにより元帥に列せられ、僚友とともに「獅子のの七元帥」として後世に名を残した。

能力

軍人としても芸術としても優れたを備え、芸術提督」「文人提督の異名をとる。
艦隊官としては手堅い量を有し、大艦隊を率いて多くの武勲を立てたが、それ以上に参謀としての手腕は得がたいものがあった。後方から戦の配置、投入を図る戦略の将帥。軍人として、実戦(一個艦隊官)、軍(統帥本部次長、大本営幕僚総監)、軍政(軍務尚書補)の三系統の分野でのを認められていた。

軍官僚としても有能で、ラグナロック作戦ではオーベルシュタインが前線に赴いていた為、実質的に帝国軍後方を預かっていた。ミッターマイヤーオーベルシュタインの更迭を上奏した時に、軍務尚書職の後任としてケスラーなりメックリンガーなりがその任に耐えましょう」と名を挙げている。

リップシュタット戦役以降、前線に立つ機会が少なくなった。
回廊の戦い、第2次ランテマリオ会戦においては別働部隊の官として用いられたが、共に実際に戦闘には突入していない。メックリンガー艦隊はおそらく帝国軍中で最高の生存率を維持した艦隊であろう。

原作において艦隊旗艦の名称は登場しないが、石黒監督OVAにおけるメックリンガーの艦隊旗艦クヴァシルは他の提督達と違い、戦艦というより巡航艦という標準巡航艦の強化に位置する特徴的なもの。

芸術としては、ピアノ奏者・散文詩人として帝国芸術アカデミー批評家から高い評価と名を得ている。その多芸多才振りからレオナルドダ・ヴィンチ曹操、ラザール・カルノー、トゥグリル・ベグを崇拝するキュンメル男爵からもある意味理想的な人物像とみられた。

PCゲーム銀河英雄伝説4EX(ボーステック版)での
統 率 運 営 情 報 機 動 攻 撃 防 御 陸 戦
64 96 92 60 72 60 40 50

人物

ヤン・ウェンリーと同じく望んで軍人となったわけではないが、軍才に恵まれたが為に栄達を遂げる事となった。

外見も内実も、優で端正な紳士然とした人物だが、軍人としての苛な一面も持ち合わせた。民階級出身ながら、芸術的洗練度では帝国軍諸将で随一の教養人。ロイエンタール貴族的な落者だが、この面では一歩譲った。董の収集オーディンの邸宅にはコレクションが収められている(石黒監督アニメではメイド付き)。

色の口ひげをきれいに整えた貌(アニメでは黒色)。ラインハルト提督達では較的年長者明編≒33才~落日編≒38才)であるが独身者。

提督連の中では慎重で、ビッテンフェルトの急進論を制するのはメックリンガーあたりの役とも。ルビンスキーの暗躍時には拘留されていたラングとの司法取引をあえて提案するなど、ともすれば武断的になりがちな諸提督に対しアンチテーゼともいえる文治的、あるいは多面的な意見を述べることもある。

ラインハルト影武者を立てる事を進言するも、ラインハルトの不を被ったという(進言したのはケスラー又は両者という説もあり)。後方総司令官の時に帝国軍事が旧同盟領、フェザーン方面に傾斜するあまり帝国本土が空白になっている事を問題と考えていた。また、ミュラーと同席した時に、現在の軍制革に不安を抱き、将来ラインハルト(中央)にもしもの事があった時、地方が割拠するのではないかと懸念していた。ミュラー々の方が先に死にませんかね?という反応を示して同調しなかった。


ヴェストパーレ男爵夫人と親しいが、男女の関係にならなかったのは、すでに芸術として名を得ていたメックリンガー名好みの男爵夫人の好みから外れた為といわれる。男爵夫人はマリーンドルフ伯爵とも縁があり、そのラインヒルダから件の見舞いを引き受けたとも推測できる。

ケスラーとワーレンとは自宅に招いて食事を共にする等の付き合いがあった。ロイエンタールと初めて会った時は最終的に他人の下に立つ男ではないとの印を残している。彼を智と勇の均衡では随一の存在と評して高く評価する一方、漁色ぶりについては、「去年のは今年のにあらず」と皮げにノートに書き記している。
「探検提督グリルパルツァーとは直接の上下関係はなかったが、文化人として通じるものがあり先達として尊敬され、メックリンガーの方でもグリルパルツァーの才幹に期待をしていた。

ルビンスキーの火祭りにおいて、ハイネセンの国立美術館の仮設大本営にいたラインハルト速に救出したビッテンフェルトの功績を讃えながらも、ビッテンフェルト国立美術館みず、旧同盟の重な美術品が焼失した事に念を覚えた事を書きとめている。彼を評価しつつも、その野人振りには辟易していたようで、ラインハルト不予の際の混乱時には、えせ詩人野郎よばわりしたビッテンフェルトの罵に、と呼んで応じたこともある。

としての見識も持ち、当時のローエンラム中枢の動向、人物についての記録、私見を残しており、作中にもたびたび引用されている。ラインハルトの事は君として尊敬しながらも、その特異な個性を興味の対ともしていた。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エルネスト・メックリンガー

69 ななしのよっしん
2018/10/23(火) 07:52:29 ID: tYanagIgZC
OVAの旗艦名クヴァシルはに関連する名前だったけど
DNTの旗艦名は音楽に関する名前に変えたのね

メックリンガー提督が後年書いたという回顧録
これ帝国側の人物(特に7元帥)の後世での一般イメージを作るのに一役買ってそう

例えばビッテンフェルトは熱血馬鹿ミュラーは穏やかな人格者イメージがあるけど
ビッテンフェルト会議での発言内容見る限り馬鹿じゃないし
エーレンベルクへの切り替えしや「血文字で書かれている」発言からするとそう粗野な印も受けない
地の文からは「猛将」っぽいキャラを敢えて演じているとも読み取れる

ミュラーは「ヤンの首を取る」や「芸術鑑賞より内乱がマシ」など過な発言が散見され
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
70 ななしのよっしん
2018/10/26(金) 07:37:23 ID: AudX0DRR9g
まあ、潮流を回しなかったり「ミッターマイヤー朝食をry」の台詞とかも考慮するとビッテンが意図的に熱血馬鹿を演じてる面があるのは確かだろうし、成り行きで交渉役を引き受ける役回りとなったミュラーを殊更に人格者扱いする必要が帝国にあったのも事実だろう。
その辺の「演出」がメックリンガーであった可性も否定できないが、むしろ「一般的なイメージはこうだけど、実際にはこういう側面もあるんだよ」的なエピソードをさりげなく遺してる、あるいは本人も自覚のうちに列伝考える上で重要そうなエピソードを拾ってる、というのが実際なのかも。
(後年資料を整理するまで、カイザー病気の事書きまくってたことに気付いてなかったってエピソードもあるし、性の芸術はその時点では意味がわからなくても重要そうなものを直感的に見分けてるのかもしれない)
71 ななしのよっしん
2018/11/16(金) 15:10:40 ID: zIuCyEZuRG
メックリンガービッテンフェルトが個人として仲が悪いのって「インテリと脳筋」みたいな構図じゃなく、美意識の方向性の違いのせいでイラッとくるみたいな感じじゃないかな。
例えば宴席において、メックリンガー古典的な作法に基づいた拡高い立ち居振る舞いをするけど、ビッテンフェルトフリースタイルというか当意即妙な受け答えで場を盛り上げる。
でも内容自体はおかしなことは言ってないから批判はできないけど、それだけに一緒にいるとそれだけでが立ってくるって具合かな。
72 ななしのよっしん
2018/11/16(金) 15:30:25 ID: DBlPnJjyk5
>>71
そもそも小説版の描写を見る限り、年代が進むまではビッテンフェルトと個人的に仲の良い提督自体が居なかったように思う。

ついでにいうと、メックリンガーだってケスラーやワーレンと私的な交流は有ったようだけど、ミッターマイヤーロイエンタールと私的な交流はなかったはずだし。
73 ななしのよっしん
2018/11/18(日) 05:56:07 ID: AudX0DRR9g
一応、ミュラーのすべらない話/オーベルシュタイン編に対する反応が後世に残ってる(実際に描写あるのはOVAだけど)し、10巻でも「温和なミュラーはともかく~」って記述があったりしたから、ビッテンとミュラーそれなりに仲良さそうだけどな。メックリンガー>>71のいうようにワーレンケスラー
いうなれば、若手組と大人組? いや、全員若いんだけど。
74 ななしのよっしん
2018/11/21(水) 21:07:12 ID: tYanagIgZC
OVAだとアムリッツァで叱られたビッテンフェルトっ先に駆け寄った三人のうちの一人ですな
(残りはケンプとワーレン
落ち着いた年長者と子持ちが選ばれてるあたりでなんとなく元帥府中でのビッテンフェルトの立ち位置が推察できる
75 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 20:48:07 ID: bT3i43spNz
子供www
 まあ年少者なんだろな。確かビッテンはワーレンロイエンタール、ヤン、ラップと同い年だった。ミッタマがその一個下やろ。で更にミュラーが来てそのさらに下がラインハルトキルヒアイスあれ?w

ラインハルト営で一番年上はケスラーだった気がす。その次にメックリンガーケン
76 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 21:15:40 ID: FU0G2R19Qs
ミスターレンネンやシュタインメッツもと思ったけど単にヒゲのせいか
ワーレンが「毎度ビッテンが癇癪を起こすせいで他が気を遣わなあかんのじゃ(意訳)」と言ってたけど
メックリンガーはわりと口に出して文句言ってたし、
多芸を一流まで極める芸術肌だしわりとった性格だったりするのだろうか
77 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 19:24:40 ID: tYanagIgZC
確かラインハルト営は
ケスラーケンプ=オーベルシュタインメックリンガーレンネンカンプファーレンハイトルッツアイゼナッハロイエンタール=ワーレンビッテンフェルトミッターマイヤーミュラー

のはず。シュタインメッツだけ分からなくて涙目
ちなみにキャゼルヌとオーベルシュタインシェーンコップレンネンカンプが同い年。

元帥に限ってもメックリンガーは上から数えた方がいので
ヒゲ補正を差し引いても年上なイメージは間違ってないと思う
78 ななしのよっしん
2019/01/14(月) 15:54:39 ID: bT3i43spNz
名前が日中系でないのに人相がどこかモンゴロイドチックなお人
同盟だとアレックス・キャゼルヌ
同盟は混血はしくもいし(ヤンも母親フランス系の苗字
 メックリさんは民とはいえ帝国人、ルドルフ趣味ゲルマン(コーカソイド系)一色にされて500
帝国にコーカソイド以外がいる可性は、恐らく民以下の階級の人達だと思うんだが…
帝国の遺伝子事情皇族も含めホントどーなってんだろ