キャプテンパワー単語

キャプテンパワー
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
CAPTAIN POWER AND THE SOLDIERS OF THE FUTURE

「キャプテンパワー」とは、1987年製作・放映されたバイオ・ドレッド帝国と戦う未来戦士達を描いたアメリカSF特撮TVドラマである。Landmark Entertainment製作

日本でもテレビ朝日系列にて1987年円谷プロ制作日本語版が放送された。

※初回放映時は最終回まで放送されず途中打ち切りに。後日の再放送衛星放送にて最終回までが放映された。 

未来戦士達キャプテンパワーとパイロットロゴソロンとブラスター帝王ドレッド

STORY

時は、21世紀の後半。
地球は、戦争をするために作り出された機械軍団バイオ・ドレッドによって制圧された。
自らが作り出したメカニカル・サイボーグに・・・人類は敗れ去った・・・

バイオ・ドレッド帝国に君臨する帝王レッド
彼は巨大コンピュータオーバーマインド」と頭を接続。
自らをサイボーグと化し、地球制覇を見る恐怖帝王となった。

しかし、廃墟の中から立ちあがった勇者たちがいる。

人類最後の望みを担って、帝王レッドとその帝国を倒すために生まれ、訓練された未来戦士たち。

若きリーダーキャプテンジョナサンパワー
パワースーツオンにすれば、彼ら一人ひとりが強な攻撃軍団変身する。

ホークことマシュー・マスターソン少佐戦士

タンクことマイケルエリス中尉は地上の戦車隊!

スカウトことロバート・ベイカ軍曹情報と通信担当!

パイロットことジェニファー・チェイス伍長、戦術とメカの担当!

彼等に課された使命は、帝王レッドの手から人々を救い、地上に生命と平和を取り戻す事!

行け!未来戦士達よ!

概要

人間的な感情を排除した全なる世界映画リベリオン」の様な世界?)をして、コンピュータオーバーマインドと共に人類に対して戦争を仕掛けたバイオ・ドレッド帝国帝王レッドと、パワースーツと呼ばれる強化を装着してバイオ・ドレッド帝国に対抗する未来戦士を率いるキャプテンパワーとその仲間達の戦いのドラマである。

1987年制作され、1987年2月25日より木曜18:2019:20で放送された(放送局により差異あり)。

日本特撮ヒーロー番組を元にしたと言われているが、この作品の後に

らにより、アメリカドラマらしく、キャプテンパワーの帝王レッド(の人間時代)は友人関係にあり、を亡くしたキャプテンパワーと帝王レッドは個人的な確執で争わない関係や、元々はバイオ・ドレッド軍の軍人で感情をくしていた紅一点パイロット未来戦士達とのコミュケーションにより感情を取り戻していくといった重厚なキャラクター造形や掘り下げが行われている。

※所謂味方用巨大ロボットは出てこないところもアメリカらしいところか。

1987年当時はまだ出始めたばかりだったコンピュータグラフィックスを使用して、メインキャラクターソロンやブラスターを表現するといったCGも特徴の一つで、現代の視点からみれば陳腐に見えるかもしれないが、放送当時は愉快さと冷酷さが共存するキャラクター性もあってかソロンとブラスターは絶大な人気を得、キャプテンパワーの売りのひとつとなった。

また、マテル社より番組本編と連動して遊ぶ「テレビパワー」と言う玩具が発売され、日本語版放映時にもバンダイが輸入販売していた。

しかし、裏番組に「北斗の拳」を抱える等、視聴率的に伸び悩み、TV朝日地上波放送時には最終回まで放映されずに終わると言うにあった。なおやっと放送された最終回は、紅一点パイロットが基地に攻め込んだバイオ・ドレッド軍もろとも基地を爆破して戦死するという悲劇的な鬱エンドだったことで知られてる。これは本アメリカ製作予定であらすじまで出来ていた第二部を想定したものであったのだが、結局第二部は製作されなかった。

結論としては失敗に終わったキャプテンパワーではあるが、性が特化されているうえにきを帯びた独特のパワースーツデザインは今も褪せるものではなく、また脚本を担当したJ・マイケル・ストラジンスキーが後に大ヒットさせたドラマバビロン5」に重厚なドラマ性やコンピュータグラフィックスを使用した雰囲気作りが活かされたと言っても過言ではい。

未来戦士達

”キャプテンパワー” 演:ティム・ダニガン CV:田中秀幸

”ホーク” 演:ピーター・マクニール CV:青野武

”タンク” 演:スヴェン=オーレ・トールセン CV:郷里大輔

”スカウト” 演:モーリス・ディーン・ウィント CV:田中亮一

”パイロット” 演:ジェシカ・スティーン CV:小山茉美

メンター/スチュアート・ゴードン・パワー 演:ブルース・グレイ CV:塩屋浩三

 バイオ・ドレッド帝国

帝王ドレッド 演:デイヴィッド・ヘンブレン CV:柴田秀勝

オーバーマインド CV:郷里大輔

ソロン CV:塩屋浩三

ブラスター CV:堀之紀

ラッキー CV:田中亮一

主題歌

日本語版では、オープニングテーマ堀江美都子が歌う「ふりむけばDanger!」が、エンディングテーマZIG ZAGの「FLASH BACK」が採用され、「ふりむけばDanger!」はイメージソングShining Dream」とのカップリングでEPがリリースされた。

OP「ふりむけばDanger!
堀江美都子
作詞 知子
作曲 小杉保夫
編曲 山本健司
ED「FLASH BACK
ZIG ZAG
作詞 小泉章治
作曲 小泉章治
編曲 ZIG ZAG

EPリリース後は、幻の音状態が続いた「ふりむけばDanger!」は、1992年3月21日リリースされた堀江美都子CD「歌のあゆみ6~今日から明日への前奏曲~」に「Shining Dream」と共に収録された他、1995年8月19日リリースCD堀江都子 ベスト&ベスト」に収録された(こちらは「ふりむけばDanger!」のみ)。

キャスト&スタッフ

キャスト

”キャプテンパワー”
ジョナサンパワー
演:ティムダニガン
CV田中秀幸
帝王レッド
ライマン・タガート
演:デイヴィッド・ヘンブレン
CV柴田秀勝
ホーク
マシュー・マスターソン
演:ピーター・マクニール
CV青野武
オーバーマイン CV郷里大輔
”タンク”
マイケルエリス
演:スヴェン=オーレ・トールセン
CV郷里大輔
ソロ CV塩屋浩三
スカウト”
ロバート・ベイカ
演:モーリスディーンウィン
CV田中亮一
ブラスター CV堀之紀
パイロット
ジェニファー・チェイス
演:ジェシカ・スティーン
CV小山茉美
ラッキー CV田中亮一
メンター
スチュアート・ゴードンパワー
演:ブルースグレイ
CV塩屋浩三
ナレーション 内海賢二

スタッフ

製作 ゲイリー・ゴダード、トニークリストファーダグラス・ネッター
プロデューサー ジョン・コープランド、デビッドソート
脚本 ラリー・ディティリオ、J・マイケル・ストラジンスキー
監督 オット・ハンスジョージ・モンテジ

放映リスト

話数 日本語タイトル 原題
1 驚異のパワーオン 5人の未来戦士登場 SHATTERED
2 ホーク参上 ドレッド軍団阻止せよ!! WARDOGS
3 キャプテン危機一発 決闘ゴーストティ THE ABYSS
4 ソロン撃墜!?大逆襲 怒りのデジタイズ!! FINAL STAND
5 壮絶!中戦!ソロン対ジャンプシップ PARIAH
6 激突! 1対1!?キャプテンVSレッド A FIRE IN THE DARK
7 強敵!!悪のキャプテンパワー現わる THE MIRROR IN DARKNESS
8 恐怖!!悪の最新メカ ブラスター登場 THE FERRYMAN
9 弱点なし!?無敵怪物ブラスター AND STUDY WAR NO MORE
10 大乱射!皆殺し兵器フィンガー速射 THE INTRUDER
11 未来戦士全滅!?サイバーウェーブ決闘 FLAME STREET
12 脱出なるか?パイロット悪の基地へ潜入 GEMINI AND COUNTING
13 陰謀・悪魔未来戦士分裂か? AND MADNESS SHALL REIGN
14 ソロンとブラスター、二大メカの連続攻撃 JUDGEMENT
15 恐怖のドレッド軍団ソロン誕生の秘密 A SUMMONING OF THUNDER, PART1
16 衝撃パワースーツに秘められた願い A SUMMONING OF THUNDER, PART2
17 ブラスター錯乱か?標的はドレッド軍団 THE EDEN ROAD
18 妖しき地獄のワナ!真夜中の大決戦!! FREEDOM ONE
19 読み開始!!ボルカニへ決死の潜入 NEW ORDER PART1: THE SKY SHALL SWALLOW THEM
20 断末魔!!ソロン大破!!ブラスター炎上!! NEW ORDER PART2: THE LAND SHALL BURN
21 決戦?!パワーベースにつかの間の平和 RETRIBUTION, PART1
22 パイロット自爆 嗚呼!パワーベースの最期 RETRIBUTION, PART2

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キャプテンパワー

1 ななしのよっしん
2012/01/22(日) 00:21:43 ID: zyNPIZLd3o
キャプテン ジョナサンパワー助けてやった相手に名前を名乗った時、
「えっ、それ本名だったの?」と言われた場面を何故か今でも憶えてる。
2 ななしのよっしん
2012/01/22(日) 19:32:46 ID: e7OpxYH3SC
海外ユニバーサルスタジオで観客参加アトラクションやってたな
放送終了して何年も後だったから続編制作が困難だっただけで人気自体はあったのか
3 ななしのよっしん
2012/02/01(水) 02:52:29 ID: jSa5x4LXy9
とりあえずパイロットことジェニファー嬢のパワースーツ
「全身レオタードおっぱいアーマー」姿のお世話になった思期の
男の子はけっこう居たんじゃないだろうか。
パワースーツってオフ時は、金属や回路を貼り付けた全身タイツ状態
軍服の下に着込んでるって設定だったから、男性メンバーでそういう
描写があるたびに「パイロットのも見せろ~!」とか。
4 ななしのよっしん
2015/11/16(月) 18:46:01 ID: 8g12wU983i
バビロン5やアース2のメカニックデザイン同じ人だったけか
どっちも時々切ない話挟んできたな
5 ななしのよっしん
2016/11/21(月) 08:39:10 ID: VTW0QB/hgw
OPの内海さんの熱いナレーションを入れるとは実にワカッてる!

個人的にパイロット過去に犯した悪行に苦悩する回が印深かった
6 ななしのよっしん
2018/02/09(金) 05:17:19 ID: TIVbcKNm3w
すげぇ記事あったのか

確か最終回まで放送された再放送版では直前の時間にトランスフォーマーVが放映されてて

どっちも役の田中秀幸氏&レギュラー青野武氏(かたや宿敵かたや主人公の片腕と立場が逆転してるのが面く)と最高に俺得な一時間だったのを覚えてます(´`)

あ、そういえば郷里さんも一緒だった
7 ななしのよっしん
2019/02/03(日) 20:40:59 ID: 0gbdFvtGVq
>>sm34561758exit_nicovideo


いいセンスだ