ダート(競馬)単語

ダート
2.4千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ダート(競馬)とは、競馬場コースに使われる素材である。

概要

「Dirt」の意味は、メリアム=ウェブスター大学辞典exitによると「loose or packed soil or sand」、すなわち「疎であったり密であったりする土または砂」となっている。

日本では気の違いから質の違うダートが採用されている。

ダート(北米)

ではが少ないために芝の育成が難しく、ダートでの競走が流である。芝のレースの需要がないわけではないために、多くの競馬場が多量のを撒いて芝コースを造成・維持しているものの、「を追って土の荒野の新大陸を西へ向かい開拓した」という歴史的なアイデンティティもあり、芝のレースダートレースより位置づけが落ち、競馬場の構成もスタンドに近い外回りメイントラックダートコース、遠い内回りサブトラックが芝コースとなっている。実際アメリカ三冠競走はすべてダートで行われ、またブリーダーズカップワールドサラブレッドチャンピオンシップではダート競走のブリーダーズカップ・クラシックは芝のブリーダーズカップ・ターフより賞が高くなっている。

この北の土のダートは、日本ダートで採用されている砂にべてスピードが出やすい。近年に設立された高額賞ダート際競走「ドバイワールドカップ」のコースアメリカから土を持ち込んで作ったものである。さらにアメリカの競馬場はその多くが1周1マイル1600mほどと小回りで、直線も短くかつ坂もない。こうしたアメリカトラックでは直線で差される可性が低いため、スタートからハイペースで先行しそのスピードを最後まで維持できるが有利となる。このようなレースで選抜されたからは、ノーザンダンサーサンデーサイレンスのように、全く競走環境の異なる欧州日本において、それらのの血統を全に一新するほどのを及ぼす種牡馬も出た。

ダート(日本)

イギリスを中心とする欧州競馬に範を取った日本では、日本ダービー有馬記念などの多くのレースは芝で行われている。しかし、欧州べての暑さやの多さなど厳しい気にある日本環境では、芝の養生と維持のために芝コースの使用頻度を抑える必要があり、その的のためにダートコースが導入された。

また、蹄によって掘り返された人力で埋め戻しては新たに芝の種をく必要がある芝にべると、鍬(ハロー)という農具で整地すれば整備が了するダートは、管理が容易でコストが低廉なことから、サラブレッドの競走が行われるすべての競馬場で採用されている。中央の競馬場は全て芝コースとの併用だが(1988年までは札幌競馬場ダートのみだった)、地方競馬場は盛岡競馬場以外全てダートコースのみである。

中央競馬では長く芝が中心でダート重賞もろくに存在しないような状態だったが、1995年中央競馬から地方レースへ・地方競馬から中央のレースへの出走が可となった「中央・地方交流元年」以降、順次ダート路線が整備されていき、1997年にはフェブラリーステークス日本で最初のダートGⅠとなった。

2022年現在は中央に2つのGⅠ地方に1つのGⅠと、地方に9つのJpnⅠ(日本独自格付けのGⅠ級競走)が存在する。
そのGⅠ級12レースも含めた、中央の全ダート重賞と、地方交流重賞(中央所属が出走可レース)をまとめて「ダートグレード競走」と総称する。

の多い日本ではアメリカのように土を採用すると管理が難しくなる。そのため、はけのよさに適した砂を採用している。柔らかくクッションの効いたこの砂の馬場攻略するには、スピードはあれば越したことはないが芝コースほどでめられるほどのものは必要ではなく、逆により大きなパワーが必要となる。そのためダートの強は大柄なが多い。また、芝とべてもの実差は大きい。

砂であるため、いてサラサラの状態よりも、分を含んで締まった方がスピードが出やすくなる。そのため、芝とは逆にダートでは良馬場より重馬場の方がタイムが出る
またコースが柔らかいのでの脚元への負担も少ない。そのため、本当は芝を走らせたいけれど脚元に不安のあるや身体が硬くて過度な負担をかけたくないが、体質が良化するまでダートを走るということは多い。
の負担が少ないので、ダートは芝にべて出走数が多くなる傾向にある。地方では調教代わりや出走手当当てに毎週のようにレースを走るしくない。さらにダートは芝にべると種牡馬需要が高くないので、脚元の負担の少なさもあってGⅠ級を何度も勝つような一流でも7歳ぐらいまで現役を続けることはしくない。

日本と北ダートの違いから日本ダート王が海外ダート走することも多く、また逆に旧ジャパンカップダートで招待した北の有走することも多かった。
しかし2021年11月ブリーダーズカップ・ディスタフ(デルマー・ダート9ハロン)でマルシュロレーヌ日本生産・調教初の海外ダートGIを制することとなった。

その他の国のダート

でもダートレースは行われている。情報が少ないためはっきりとはわからないが、アルゼンチンのパレルモ競馬場では砂80石灰岩14粘土6ダートコースが使用されているようであり、どちらかといえば北より日本に近いといえるのかもしれない。

UAEでは先述の通りアメリカの土を使用したダートコースが整備されている。

韓国日本統治時代に日本人が始めた競馬ルーツとなっているためか、日本のものに近い砂のダートを使用している。なお、日本地方競馬と同様ダートのみで開催されている。

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%88%28%E7%AB%B6%E9%A6%AC%29
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダート(競馬)

8 削除しました
削除しました ID: 4HZ4b4x0l0
削除しました
9 ななしのよっしん
2022/02/21(月) 21:42:09 ID: PSfwYOcYy7
ダートG1オープンクラスとか言う戯言は置いておいて浮いたジャパンカップの賞に上乗したところでそう簡単に誘致はできんだろ
10 ななしのよっしん
2022/04/12(火) 15:56:32 ID: mzO5vnuVzl
>>4
日本競馬に関して言うと、1980年代までは、芝とダートが「性質の違い」」で分けられていたのではなくて「の違い」で分けられていた
つまり、血統的に芝向きダート向きという意識はもちろんあったけど今ほどではなくて、それよりも「の高いが芝で劣るダート」という意識の方が高かった
ダートグレード競走開始前では、そもそも中央にはダート重賞自体片手のほどもなかったあたりでお察しかな
(今みたいにレーティングで格付けしてたわけでもないけど、同じやり方してても多分そうなってたはず)

今は配合を決めて育成のときからダートか芝かってことをきちんと意識するから、賞差は依然としてあるとはいえ、的に劣るという潮はなくなってると思うけど、ある年代以上では昔の名残がまだ幅を利かせてるだろうね
11 ななしのよっしん
2022/04/27(水) 23:24:40 ID: vG4EfLvHvW
勝利を含む年間ダートジーワン8戦」といえばタイムパラドックスが思いつくけど、他にいるのかな
12 ななしのよっしん
2022/05/22(日) 19:29:58 ID: DZeaYSwBEw
>>9
昔のJCがそうだったように、賞で有を引き込むことは可
13 ななしのよっしん
2022/06/06(月) 22:34:10 ID: /yn6JIlXNq
>>10
今でも体感では1クラスぐらい差があるように思う
使いなら芝を使っちゃうから
14 ななしのよっしん
2022/06/21(火) 01:47:01 ID: 2jMYb22gfl
あの砂はダートといって砂遊びをする為のものじゃないんだ
15 削除しました
削除しました ID: UvRGXSTtwM
削除しました
16 ななしのよっしん
2022/06/22(水) 02:36:39 ID: 2wjemUvTTN
2024年から内での3歳ダート三冠を整備開催していくとか何とか
https://www.keiba.go.jp/topics/2022/06/2015003324361.htmlexit
17 ななしのよっしん
2022/08/01(月) 06:29:23 ID: 2TozIm9cJ9
ダート声優(元芸能人)って何となく似てるのは気のせい?

本線だと活躍できないけど、路線変えたら一躍有名(ただメインには劣る)みたいな。

で、近年は見直されて扱いがどんどん良くなってる所も。