serial experiments lain単語

シリアルエクスペリメンツレイン

岩倉玲音

プレゼント・デイ

プレゼントタイム

Ahahahaha...

serial experiments lainとは、書籍+イラスト雑誌連載、ゲームアニメが相互に補しつつ同時進行進むという、当時はしかった「マルチメディア企画」、である。通称lain

特にアニメ版の評判が高く、同作は実写デジタル映像の組み合わせなど、現在デジタルアニメーションに影を与えた。中村隆太郎監督作での傑作のひとつではあるが、その構成の複雑さと極めて機質に統一された表現手法は、非常に人を選ぶ。

また、アニメ版は内以上に海外での人気が高く、現代でもgeekの間で時々引用されている。

serial experiments lain」は直訳すると「lainについての一連の実験」。その通りの野心・実験作である。

概要

存在は認識=意識の接続によって定義され、人はみな認識によって繋がれている。
記憶とはただの記録に過ぎない。

コミュニケーション端末が普及し、Real_World現実)とWiredワイヤード)が普通に扱われる世界。14才の中学生岩倉玲音(レイン)の体験する不思議な出来事が、玲音視点で展開していく。

その頭を表したのは1998年iMacが発売された年である。

現在ではあまりしくない「技術の発達により現実と仮想が曖昧になる」類の世界モチーフにしているが、似たようなテーマを持ち、テレビで放映されて人気を博した「電脳コイル」や「攻殻機動隊」とは大きく異なる。
また「Web上での事件を共有する世界」「メディアミックス」という類似点を持つ「.hack」ともひどく異なる。

まず「ネット世界を扱う」とあるものの、スタッフに専門的な知識を持つ人物、いわゆるハッカーgeekが多いためか、遠慮解釈もなしに(当時の)ハッカー文化や、自作PCにまつわる設定・描写が取り込まれている。
そして非常にSFチックな、しかし技術的には現実自作PCベースにした擬似PCNAVI」と、現実Web進化したような仮想世界ワイヤード(Wired)」にまつわる描写、そしてワイヤードやリアル上で狂奔する98年当時のハッカーらの"アナーキーぶり"がものすごく濃く描写され、異常なほど鋭い非現実感が演出されている。

他にも、当時のアングラ文化やIPv6に関わる陰謀論ネタ、「の活動は(PC内で行われている事に近い電気信号である」というテーマからアプローチしたネタ、「リアル」と「ワイヤード」を繋ぐ精世界についての心理学やそれにまつわる疑似科学ネタ、さらにナノテクノロジー精神病、「は遍在する」という点でのの定義にまつわるネタなど、従来の商業作品では禁じ手とされていたネタさえも扱っており、色々と「実験的」なことになっている。
そのため、その内容は当時にしては極めて「ユニーク」であり、上述のようにこれらの世界観に魅を感じなければ不気味、得体の知れない雰囲気しか感じられないかもしれない。海外でウケるのもむべなるかな。
詳しくは、ウィキペディアを参照するか、自分でググったほうがいいだろう。

下記内容では、「serial experiments lainプロジェクトまたはその根幹設定の略称として「lain」を、それらの作品に共通して現れる女の子を「岩倉玲音」「玲音」として用いる。

ゲーム版lain

ゲームlainプレイステーションから発売された。このページexitに詳しい説明がある。
冒頭に挙げたように「ゲームアニメと雑誌が相互に補する」という設計の元、lainを構成する一要素になっているが、特にゲーム版には「プリミティブ」な設定が多く、そのため岩倉玲音に関わる描写もより多くなっている。

その内容は今でも「ゲームなのか」という議論を呼んでいる。なぜならば、このゲームでは「精神病に関するカウンセリングを受けている玲音」と「そのカウセラーである子」たちの、日記と備忘録と治療記録を、文章と映像で追っていくという、サウンドノベルともまた違う構造になっているからだ。いわば、ゲームで見るオフラインニコニコ動画、というよりyoutube
そのため、プレイヤーは常に2人やその他の人物がつけた「記録」を読み、そこからlainにかかわる設定や心理を類推するよう強いられる。よって、単体ではその意味が分かりづらく、他と相互に補することでその機を果たす。

メディアでは大人の事情で描写できなかった暗部がられており、かなり「病院逃げて」感が強い。
特にエンディングは、あまりにも掟破りの演出とED後の隠し要素のために、凄絶に過ぎる後味の結末を呈しているが、それは同時に他の作品への訴求力を高めている。

どちらかというとファンディスク的なゲームであったため、、これ単体での売り上げは非常に少ないまま盤になってしまい、かつlain世界観を知るためには必須なため、現在でも高値をつけている中古ショップも多い。
アーカイブスでの配信を希望するもあるが、扱っているネタネタだけに難航しているという…。)

アニメ版lain

こちらはテレビ東京深夜1時に放映。後にビデオDVD化されており、復刻版のBDも発売された。
こちらのlain岩倉玲音を一般生活を営む中学生女の子として描写し、それが後に起こる事件へと関わっていく、という設計になっているため、ゲーム版とべると精面に関する描写は若干おとなしいが、初見では不可解になるほど他との相互補を重視しつつ、視聴者の理解をある程度助けるようになっているため、見やすくまたハマりやすい。

地上波で放映されるためか、極端に陰惨な描写は省略されているが、そこに残ったものでさえ当時の深夜でもかなり危ない状態になっている。昔の深夜アイキャッチに「JUNGLE」があったが、あれに近い。
ハッカーとしての才を開させていく岩倉玲音と、彼女の気が遠くなりそうな才に振り回される(?)中学校の友人、"ビルドされた"家族の集団「ナイツ」と総合研究所の陰謀、そして「に成ろうとする男」との関わりを描く。

設定を監督らが気に入ったためか、上述のネタのほとんどがアニメ版でも使われている。
また、放映当時lain放送次枠天気予報であったため、キャラデザ安倍吉俊天気予報ネタにした落書きを書き、視聴者がどんな内容の落書きを書いたのかを当てるという「ウェザーブレイク」というコーナーがあった。

TVアニメスタッフ

Blu-lay版lain

Blu-lay版DVDBOXは2010年10月17日に発売された。詳細はプロデューサーの制作日記exitにて。

初回限定版特典として、20ページの小誌と300ページ程度の設定資料集、サウンドトラックCD(Cyberia-Mix)、放送時素材映像プロモ映像、予告、エンドカード(ウェザーブレイク)集などを収録している。それ以外にBlu-ray共通特典映像として絵コンテが全話全カットフルデジタル収録されている。ほぼアニメ版の内容網羅に留まった

紙媒体版lain

アニメと同時進行するようにソニーマガジンズの雑誌『AX』にlainに関する漫画が連載された。
その内容はゲームアニメ渡し的な存在であり、イラストテキストを交えて作品のイメージ世界観といったものが描写されていた。

scenario experiments lain」(公式シナリオブック)、「visual experiments lain」(公式ガイブック)、「an omnipresence in wired」(「lain」画集)などの書籍も発売されていた。そのほとんどが絶版となっていたが、2010年11月に「scenario experiments lain」が、2013年6月に「visual experiments lain」が、2018年9月に「an omnipresence in wired」が復刊されている。

関連動画

関連商品

的なアニメオープニング題歌のDUVET(デューベイ)はサントラ盤には収録されておらず、イギリスロックバンド、bôa(ボア)のマキシシングル"tall snake ep"(トールスネーク・EP)またはアルバム"THE RACE OF A THOUSAND CAMELS" に収録されている(他に8cmシングルもある)。純DUVET当てならば、オリジナル版の他に別アレンジが2曲収録されている"tall snake ep"(トールスネーク・EP)のほうがお勧めかもしれない。
また、上述初回特典版Blu-rayBOX内の特典CDTVサイズDuvetが収録されている。

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/serial%20experiments%20lain

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

serial experiments lain

353 ななしのよっしん
2018/10/09(火) 07:21:14 ID: QmReo+1GK0
別にコンソール機じゃなくてもGOGとかSteamとかで出してくれればいいのになあ
354 ななしのよっしん
2018/10/13(土) 22:46:01 ID: 20Ilsu4tHs
移植作を今やるとキツいからリメイクの方がいい
355 ななしのよっしん
2018/11/05(月) 08:06:10 ID: vyBFCJPd4j
ライムで一気見したけど映像表現がにとっては新鮮ですごいかった 話はよく分からなかったけど純文学みたいに感じて楽しむものなのかな
ゲーム版もやってみたいんだけどプレミアついてるんだよね…アーカイブとか出ないのかなぁ
356 ななしのよっしん
2018/11/30(金) 20:44:54 ID: 6W6x/5ZX/C
Lainってさ、ワイヤードの中で生まれた存在で伝説なんだよね?
なんかそれ聞いて、野獣先輩かな?って思ったの俺だけ?
357 ななしのよっしん
2018/12/14(金) 17:34:11 ID: 20Ilsu4tHs
>>356
否定はしないがそういう話はやめてほしい
358 ななしのよっしん
2018/12/27(木) 00:14:00 ID: Gj/NDLeF+c
アニメ名作やがゲームは色んな意味で苦行やぞ
359 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 21:49:48 ID: 5aWL3C6KUw
もしネットが普及した今の時代にlainが出ていたらどんな作風になるのだろうか
360 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 20:06:45 ID: 0OBR9+YDnm
SAOほどじゃないとしても少しだけ.hackっぽくなる…というかアングラ感は抑え気味になるんじゃないかなぁ。ネットの得体の知れなさみたいなのが今の時代じゃ薄れてるから
でもlainの内容を今にみせるとどうなるかっていうのを具体的に想像できるか?っていうとには理だ…

あと、今日中のブロードウェイに行ったけど、Tシャツほとんど売り切れてたw
361 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 01:58:33 ID: MIrop1pLa7
よくこんなんTVでやれたな
今時こんなつかみがわけわかんない作品できるか?
こういう作品は好きだけど、色んな意味で過去の存在だわ
362 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 02:06:03 ID: MgBvjPh1CV
.hack//SIGNも大概アングラだった気がするけど。あの頃はネットオカルトが成立した時代だった。携帯電話ホラー映画も作られた。現代のネット環境スマホだろうがSNSだろうがあの頃の雰囲気なんて見るほうも作るほうも出せないし没入感もいだろうね。

その点SCPスレンダーマンは頑ってるほうか。